*

ID・パスワードがなくなる!楽天証券がブロックチェーンの本人認証を導入へ

更新日: 証券会社, 金融機関

赤いコートを着た女性

楽天証券が、 日本初のブロックチェーン技術など最先端のフィンテック技術を活用して、ID・パスワードが不要となる本人認証サービスを導入すると発表しました。

マートフォンによる指紋認証などの生体情報を使うことで、ID・パスワードの入力が不要になります。画期的で便利な新サービスとなります。2017年10月を目途に開始する予定です。


生体認証によるログインシステムは、セコムトラストシステムズ株式会社が、 ソラミツ株式会社のブロックチェーン、「Hyperledger いろは (Iroha)」の技術を用いて開発する本人認証プラットフォームを利用します。

Hyperledger いろは (Iroha)とは、Hyperledger Projectにおいて、世界で3番目のIncubationプロジェクトとして採用されたブロックチェーンです。

独自開発の合意形成アルゴリズム「スメラギ」により、 2秒以内のファイナリティを実現して、対面型決済、KYCをはじめ、様々な業界で利用できる汎用的なプラットフォームとなっています。

また、 iOS、 Android、Webのライブラリが用意されていることから、 モバイルプラットフォーム「いろは」としての利用も可能となっています。

楽天証券では、 このプラットフォーム上で本人認証サービスの開発を行い、 2017年10月に開始する予定です。

昨今、 なりすましやフィッシング詐欺など、 本人認証情報の不正な取得に関する脅威が増加しています。先日もマイクロソフトからのスパムメールが飛んで来ていました。

クレジットカードでは、本人認証サービスによるセキュリティ強化が図られています。Visaは「VISA認証サービス(Verified by Visa)」、MasterCardは「MasterCard SecureCord」、JCBは「J/Secure」という名前です。

しかし、これらはいずれも事前に設定したパスワードを入力する方式でした。

2016年には、三井住友カードが先陣をきってスマホアプリによるワンタイムパスワードを導入しました。JCBも追随しました。

三井住友VISAカード
三井住友カードが、ネットショッピングや電子マネーチャージ時の本人認証サービスで、ワンタイムパスワードを導入しました。スマホのアプリ...
JCBの本人認証ワンタイムパスワード
日本が誇る世界5大国際ブランドの一角・JCBが、 ネットショッピングにおける本人認証サービス「J/Secure」で、スマホアプリを...

これらは斬新で便利でセキュリティ面でも高いですけれども、コピー&ペーストの手間は発生しました。

しかし、楽天証券の新しい本人認証サービスでは、生体認証のみとなってやや簡便となります。

これまでは証券会社へのログインにおいては、 ユーザー個人と金融機関の2者の間のみでの認証キー(ID・パスワード)による本人認証を行っていました。

2017年10月に始まる新しい本人認証サービスは、認証キーをユーザー、楽天証券、第三者機関としての役割を担うセコムトラストシステムズが分散保有し、 3者の認証キーの突合により本人認証を実施する仕組みとなります。

このシステムにはフィンテックのブロックチェーン技術が用いられており、本邦初の仕組みとなります。

ID・パスワードが不要となり、 認証キーの外部からの不正取得の懸念がなくなり、不正ログインが根絶される可能性があります。

ネットでの取引がより一層安全になります。セキュリティ面の懸念からネット証券・ネット銀行は一切使わないという方もたまにいらっしゃいますが、そのような方でも利用可能になる画期的なシステムです。

これらの認証は、 楽天証券とソラミツの間で2016年8月より 共同開発を行ってきた「ブロックチェーン技術を利用した本人確認(KYC)システム」、「Hyperledger いろは (Iroha) 」の技術をベースとした「分散認証技術」を利用しています。

セコムトラストシステムズはセコムグループでの高度な情報管理技術・ノウハウを提供していくことにより、 頑健な環境での認証キーの分散保管を実現する方針です。

楽天証券は将来的には、 認証キーの分散保管、 高セキュリティな環境を利用した本人確認に係る各種業務の代行や、 情報メンテナンス等を行うサービス提供を検討していく方針です。

いわゆるB to Cサービスだけではなく、B to Bの領域にも踏み込むことを検討しているようです。

クレジットカードの世界でも、カードによる読み取り、サインや暗証番号の入力を不要にできる生体認証の仕組みが研究されています。

一例として日本が誇る国際ブランドを運営しているJCBは、手のひらで決済できる技術の実用化を目指しているようです。

スキャナーで手のひらの画像を読み込み、登録してある手のひらと一致すれば、クレジットカードで決済できるようになる予定です。

いずれはカードがなくても手のひらだけでOKになる可能性があります。こうなるとますます便利ですね

証券の世界でもクレジットカードでも、今後は急速に生体認証が進化していく可能性があります。

楽天証券の動向に注目するとともに、生体認証でのログインの普及に期待します。懸念点としては、ログインのスピードが遅くなることです。

セキュリティが向上するのは素晴らしいことですけれども、読み取りエラーが起きやすいなどで、ログインに手間がかかるようだと不便になります。

ぜひ正確な生体認証による迅速なログインを可能になるように頑張っていただきたいと思います。

楽天証券はリーズナブルな取引手数料と、幅広い商品ラインナップが魅力的なネット証券です。

楽天銀行との口座連携「マネーブリッジ」を設定すると、楽天銀行の普通預金の金利が0.1%と高金利になるのがメリットです。

銀証連携は口座間の振替が不要な操作性となっており、幾多のネット証券・ネット銀行の中でも秀逸なクオリティです。

レインボーブリッジ
楽天銀行には「マネーブリッジ」というサービスがあります。無料で利用できます。楽天銀行と楽天証券の口座を連携することで、銀行の金利が...

一般信用売りが可能である点も大きなメリットです。つなぎ売りというストラテジーで着実なリターン獲得が可能になります。

イベントパーティー
嬉しいビッグニュースが飛び込んできました。楽天証券が2016年12月19日(予定)より、 信用取引サービスの一般信用売建において、...

一般信用売り以外にも信用取引が充実している点がメリットです。一日信用は現引も可能です。

楽天
楽天証券は信用取引の環境が充実しています。他社が先行リリースした制度も導入して、総合力でネット証券屈指のクオリティに向上してきまし...

リーズナブルな手数料、優良な低コストインデックス投信にエッジ・優位性がある確定拠出年金(個人型)も大きなメリットです。

SBI証券のiDeCoと並んで魅力的な確定拠出年金(個人型)を提供しています。iDeCoの口座を開設する有力候補の一つです。

サングラスをかけて遠くを見る女性
確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく...

以前に楽天証券にインタビューに行き、個人型確定拠出年金も含めてサービス内容について取材したことがあります。数多くのエッジ・優位性があるネット証券だと感じました。

楽天証券 小林さん、土井さん、まつのすけ
楽天証券という楽天グループのネット証券があります。日本の大手ネット証券の一角であり、大人気で存在感がある証券会社です。業界最安水準...

楽天証券は日々のトレーディング、中長期的な資産運用の両面で優れており、将来的な資産形成で活用できるオンライン証券です。お得な口座開設キャンペーンも開催しています。

楽天証券 公式キャンペーン

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

武蔵と小次郎(巌流島)

むさし証券のトレジャーネットは安価な手数料と信用金利、IPOが魅力!個人的口コミまとめ

大正8年創業の歴史がある「むさし証券」という証券会社があります。もうすぐ100周年です。顧客に支持さ

記事を読む

楽天銀行のキャッシュカード

楽天銀行のメリット・デメリット・使い方まとめ

楽天銀行というネット銀行があります。振込手数料やATM手数料を無料にすることもでき、上手く使うと家計

記事を読む

ゆうちょ銀行のATM

ゆうちょ銀行の振込手数料が月4回目以降は有料化!10月以降も無料にする対策を徹底解説

ゆうちょ銀行の同行充ての送金手数料(ゆうちょ銀行の口座→ゆうちょ銀行の口座の振込手数料)が、2016

記事を読む

笑顔で手を叩く子供

おすすめのネット証券!マネックス証券は完全抽選のIPOや米国株・端株が魅力

おすすめのネット証券の一つがマネックス証券です。個人投資家は口座開設しておくと役に立つネット証券です

記事を読む

SMBC日興証券のキャッシュカード

口座開設のチャンス!SMBC日興が最大20万円キャッシュバックキャンペーン!

SMBC日興証券が、現物株式・株式投資信託の買付手数料をそれぞれ上限10万円(最大20万円)もキャッ

記事を読む

トルコ国旗

FXのトルコリラ/円のスワップポイント徹底比較!ランキング1位はあそこ!2017年最新版

FXには多様な高金利通貨があり、ロングするとスワップポイントを得られます。その中でも一際スワップポイ

記事を読む

ニューヨーク証券取引所

SBI証券の米国株式手数料が大幅ダウン!貸株サービスも開始!

SBI証券の米国株式取引の売買手数料が大幅にダウンしました。マネックス証券と並んで日本最安となります

記事を読む

質問に答える社員のイラスト

SBI証券は顧客のリクエストを続々と実現!ユーザーに寄り添うNo.1ネット証券!

SBI証券はユーザーのリクエストに積極的に応えして、サービスの拡充に努めているネット証券です。常に進

記事を読む

英語で「いいね!」という雲の図

楽天銀行の「Facebookで送金」は無料!便利!SNSの友達に簡単に送金

楽天銀行には通常の銀行振り込みとは別に、「Facebookで送金」という振込方法があります。最近話題

記事を読む

2種類の金メダル・銀メダル・銅メダルのイラスト

みんなの株式の2016年ランキングで各ネット証券のメリットを徹底分析!意外な利点も!

 「みんなの株式」という株式SNSサービスがあります。運営会社の株式会社みんかぶはIPOも取り沙汰さ

記事を読む

Comment

  1. sophie より:

    3Dセキュアの次期バージョン、2.0はリスクベース認証でパスワード求めずフリクションレス、危険な取引にはワンタイムパスワードが用いられ利便とセキュリティを両立したグローバルな本人確認手段になります。
    これが入ると、例えば三井住友カードを使って決済し、その決済が不正だとしたら、不正利用に用いられたデバイス情報の危険なデバイスとして履歴が残ります。
    この履歴に残ったデバイスを使って楽天銀行のデビットカードが決済されようとしたら、この取引をブロックする、これがリスクベース認証です。
    ※不正利用と判断する一例。

    これら危険情報は3Dセキュア2.0では共有されます。
    つまり、三井住友カードの取引ネガを楽天銀行に使用しているわけですね。
    このネガ情報をブロックチェーンで共有することもスコープに入ってます。

    • まつのすけ より:

      それは凄いですね!
      ますますセキュリティが向上して安心にクレジットカードが使えるようになっていきそうですね。
      技術革新を期待します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

looking-away
【逆日歩速報】2017年5月末 権利確定日

2017年5月末の逆日歩が発表されました。貸借銘柄では、タマホーム、ラ

イオンモール店内のsmart WAONの旗
スマートワオン(smart WAON)のお得なポイントの使い方・メリット・デメリットまとめ

イオンが「smart WAON」(スマートワオン)というサービスを新し

WAON POINTカードとイオンカード
WAON POINTの交換を極めた!商品一覧・方法・手順を徹底解説

イオングループの共通ポイントのWAON POINTがありますね。スマー

楽天プレミアムクーポン(2017年6月)
ミスタードーナツのポン・デ・リング等がタダ取り!楽天ポイントカードの楽天プレミアムクーポンが激熱

2017年6月は楽天ポイントカードとミスタードーナツがコラボして、毎週

→もっと見る

PAGE TOP