*

2016年のパフォーマンスを振り返る

更新日: マーケット・経済の分析

投資法人みらいとZMPの目論見書

2016年12月は日興でZMPが上場中止となり、イノベーションはもらえず、私に残ったのは投資法人みらいだけだったという日興マンスリーでした。

みらいの未来は視界が見えない右肩下がりでした・・・。クリスマスは今年も一人で過ごしました。一句できました。

クリスマス 毎年いつも クリぼっち

(´;ω;`)

さて、2016年12月はTOPIX・日経平均・東証2部指数・JASDAQ指数・東証マザーズ指数・東証REIT指数はいずれも上昇しました。

MSCI Kokusai(海外先進国・円建)、MSCI Emerging(新興国・円建)も上昇でした。


2016年12月の売買

短期売買は概ね順調でした。ここ最近期待値が低下していると感じていたトレードを控え目にしたのが助かりました。

今月は恒例の誤発注があり、トータルで約10万円損しました。10万円あったら色々なものが買えるので非常に勿体無いです。何歳になってもこの癖が直らないので、反省の日々です。

IPOセカンダリーはセグエグループで笑い、ティビィシィ・スキヤツトで泣きました。シンシアは残念ながら不参加でした。

短期売買しない方とも立場を共有できると考えている2ヶ月以上保有予定の銘柄は以下の通りです。

購入(2ヶ月以上保有予定)

  • ピックルスコーポレーション
  • エコス
  • 日立工機
  • 日新製鋼
  • カルソニックカンセイ
  • ハイデイ日高

売却

  • サイネックス
  • ローソン
  • 日立国際電気
  • 一蔵
  • トレックスセミコンダクター
  • ブロードリーフ

2016年の振り返り

光の前に立つ男性

今年の運用成果は+43.3%でした。税引後・配当込み・優待抜きの数字です。個人的に計算が最も短時間で済む形で算出しています。

時間加重などの調整はせずに、単純に「2016年の運用収益÷2015年末の資産残高」で計算しています。

TOPIXの-1.85%、日経平均の+0.42%を大幅に上回ることが出来ました。FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスなど外国株を含めた指数にも大幅に勝つことができました。

株式を始めたのは2005年9~10月くらいであり、2005年は3~4ヶ月だけだったので除くと、2006年以降インデックスに対して10勝1敗となりました。

計算が面倒な優待は計算していませんので、それを考慮するとプラスαの上積みもあります。また、指数には約20%の税金がありません。税引き前でしたらもっとパフォーマンスは向上します。

時期によって異なりますが、概ねリスク量はTOPIX・日経平均よりもかなり低いので、リスク比でのリターンという観点では満足できる成果をあげられた年でした。

前半は市場が軟調な中でイベント投資家らしく絶対リターンを積み上げていくことができました。

ただし、1~2月、Brexit、米国大統領選直後などは瞬間的に7桁が余裕で吹き飛びました。自分のリスク許容度についてより深く知ることができた気がします。

トランプ氏当選後はロングポジションを迅速に復元して、その後の上昇もそれなりについていき、指数には終始優位性をもってフィニッシュできました。

銘柄としては、日経マネーでの取材でも挙げたヤマハ発動機とフジ・コーポレーションがスマッシュ・ヒットとなった1年でした。ヤマ発はBrexitの際の大幅下落の際に大ロットで買ったのが報われました。

+43.3%という成果はそれなりに高いと思いますけれども、要因はひとえに自分の運用資産額が、底なし沼の鯨さんが多い投資家の世界においてはさほど大きくない所以です。

運用額が増えれば増えるほど高いリターンを維持するのが難しくなり、かつドローダウンの金額も大きくなって精神的にキツくなります。

また、自分が得意としていたパターンのトレードの1つが、ここ半年ほど上手く機能しなくなっていて視界不良となっています。

2017年はおそらく今年よりも厳しい戦いになると予想しています。引き続き気を引き締めてマーケットに臨みます。

四半期ベースでドローダウンしたのは2011年7~9月期まで遡りますので、目標としている安定運用がここ5年間はできています。

ただし、紆余曲折ありながらも大局的には右肩上がりの市況に助けられているのが大きいです。

基本ロング・オンリーの事が多い身にとってはとても難しいところですが、いつか訪れる下落トレンドで上手く立ち回れるようにできればと思います。

いつも年末に心がけているとおり、また来年は0からのスタートという気持ちで謙虚に臨みます。

今年も当サイトをご覧いただき、ありがとうございました。深く感謝しております。今後ともよろしくお願いいたします。

皆様の幸せを心からお祈り申し上げます。良いお年をお迎えくださいませ。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

夜の光

黒田日銀の異次元緩和2(バズーカ2)の表と裏

日銀が「バズーカ2」とも形容されている追加緩和しましたね。マネタリーベースの拡大ペースを10

記事を読む

ヨンドシーのファミリーセール

ポジションのロットの重要性

ヨンドシーホールディングス(4℃)からファミリーセールのハガキが届いたまつのすけです。ジュエリーが5

記事を読む

真冬の雪が降る街

【1月まとめ】スカイマーク散る!

ディズニーランドでアナと雪の女王のスペシャルイベントを開催しているみたいですね。オリエンタル

記事を読む

USJの出口

会心の進撃と痛恨の撤退の一ヶ月

USJに一人で遊びに行こうとしたまつのすけです。一人USJという武勇伝を作って箔をつけたかったんです

記事を読む

似ている2人

テクニカル指標から見た異次元緩和1と2

2012年の時の解散~総選挙~4・5月の異次元緩和の時のテクニカル指標と今回との比較について

記事を読む

雪の中を歩く猫

英国離脱とジェットコースターと私

先日、マンションのチラシをスルーされて貰えなかったまつのすけです。私は定期的にスルーされてしまいます

記事を読む

img_水と薄明かり

日銀の追加緩和はあるのか?異次元緩和と株価は今後どうなるか

日銀は2015 年度のコアCPI 見通しを10 月の+1.7%から+1.0%へ下方修正したに

記事を読む

5ユーロ・10ユーロ紙幣

ECB理事会(2015年1月)で歴史的QE決定!コンセンサス以上の緩和でユーロ安へ

2015年1月22日にECB(欧州中央銀行)の政策金利が発表されます。金利は下限と述べている

記事を読む

夕暮れのギリシャ・エーゲ海

ギリシャのユーロ離脱・破綻があったら、底値の株式投資のチャンス!

ギリシャ問題の帰趨は不透明となっていますね。仮にユーロ離脱・独自通貨の導入に至った場合、株式投資の大

記事を読む

やがて消えるろうそく

中国・韓国・香港・シンガポールの人口ボーナスは、2015年前後に終わる

幾多の有名な株価指数を算出しているMSCIが、株価指数の分類見直しで中国A株をMSCI新興市

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

iPad mini 4
【3/25・26限定で復活】ふるさと納税でiPad等のタブレットが続々と終了!ゲットする最後のチャンス!?2017

ふるさと納税でiPadなどのタブレットがもらえる自治体があります。ふる

ダイナースクラブ プレミアムカードで発行したプライオリティ・パス
プライオリティ・パスが無料のクレジットカード一覧!家族・同伴者まで徹底解説

「プライオリティ・パス」という空港ラウンジのサービスがあります。プラチ

窓辺に足をかけて考える男性
みんなのクレジットに行政処分!ソーシャルレンディングのリスクを徹底解説

「みんなのクレジット」という投資商品があります。maneo、SBIソー

桜の花びらと子供の手
手間なしの金券関連の株主優待まとめ!3月末は権利確定が多すぎるので厳選

3月末の株主優待のデメリットは権利確定の企業が多すぎることですね。細か

→もっと見る

PAGE TOP