*

今後の政局と株価を大胆予想!

更新日: マーケット・経済の分析

走りだす男性

急遽、年内の解散総選挙に向けて動き始めましたね。本日は政治家の発言で株価が乱高下しました。消費税増税延期と解散総選挙については様々なご意見があると思います。

本エントリーでは個人的意見は排して、今後の政局と株価を予想します。


増税は確実に景気悪化作用をもたらします。中には消費税増税で財政健全化が図られ、将来の日本に期待が持てるようになるため、むしろ消費にはプラスなどという凄まじい論者もいますが、GDPの6割前後を占める個人消費に悪影響をもたらし、確実な景気減退圧力・デフレ圧力が及びます。

現在は消費税増税を1年半延期して、2017年4月にする方向のようです。財政健全化が遠のき、長期的には悪い円安・インフレのリスクが増すことは否定できませんけれども、当面の1~2年の経済には大きなプラスです。株価にもプラスです。

最近はTOPIXに比べて日経平均が大きく上昇しています。全世界のトレーダーが活発的に日経平均をトレードしていると思われます。

日経平均とTOPIXのチャート

消費税増税延期、解散総選挙があるか否かが重要なイベントです。選挙&増税延期があるなら株価は上昇、ないなら下落で反応するでしょう。特に日経平均は有無によって大きく乱高下します。今後しばらくはボラティリティが高いかもしれません。

私はドタ感で選挙&増税延期があると思います。

安倍政権にとっては、ここでの解散が政局面では有利だからです。

総選挙を消費税増税延期のシングルイシューで乗り切りつつ、公約集の一角に色々と記載することで、来年の諸々の難題の法律を「選挙で信を得た」と通せること、野党が選挙体制が整っていないこと、消費税増税の延期は有権者受けが良いこと、最大野党の民主党の党首が海江田万里氏であること、公明党にとって都合がいい日程であること等から、可能性は高い気がします。

先程、日経平均先物ラージを1枚ロングしました。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

ニューヨーク・タイムズスクエア

2016年の購買力平価からドル円の買いどころを探る

為替の変動要因は、時間軸によって異なります。需給による短期的動向、金融政策・金利差・景気循環などによ

記事を読む

ラデュレのマカロン

株主優待新設と東証一部昇格と私

2月14日に自分で自分にスイーツを買ったまつのすけです。バレンタインなるものはスルー予定だったの

記事を読む

素麺

このまま上昇か。波乱の9月か。

暑さが落ち着いてきましたね。暑い夏は素麺がさっぱりして食べやすいです。鳥越製粉や音通など、そ

記事を読む

日差しを浴びる男性

どんなに酷い敗北でも、そこに教訓を見出して自分の血肉にできたら

女性から一つも誕生日プレゼントがもらえないまつのすけです。ライトオンの株主優待で服を買ったらギフト包

記事を読む

山道

2016年、日本株(日経平均)の株価はどうなるか?

海外の株価市場の急落に伴って、日経平均先物が週末に急落しました。 日経平均先物 CME(円建て)は1

記事を読む

カンガルーボクシング

底打ちか?チャートが最も美しいのはあの国!

金曜日に発表された米国の雇用統計(9月)は、非農業部門雇用者数が+14.2万人となり、市場予想の

記事を読む

100ユーロと500ユーロ紙幣

ユーロドルはどこまで下落するか?ユーロ安の行方

ユーロドルが急速に下落していました。ここに来て一旦は下げ止まりました。今後のユーロドルはどう

記事を読む

迎春

【2017年版】大納会・大発会のアノマリー!大発会の初値に注目!

12月30日は2016年の株式市場のフィナーレを飾る大納会であり、2017年1月4日は株式市場のスタ

記事を読む

外国人OL

2015年は軟調!しかし、米国株の株価は再上昇と判断

ここ最近、米国株の株価が軟調な展開が続いています。FRBの利上げがいよいよ近づいており、それを意

記事を読む

ギリシャのエーゲ海

ギリシャが国民投票実施&EUが支援延長を拒否!今後、株価はどうなるか?

ギリシャが欧州の支援の条件について是非を問う国民投票を7月5日に実施することを表明し、ギリシャ国会で

記事を読む

Comment

  1. いつもお世話になっておりますので情報提供です。 より:

    >私はドタ感で選挙&増税延期があると思います。

    すでに、ご存知かもしれませんが、いずれも、政府に近い人達から、今月の早い時期に、リークされていました。

    2014年11月2日放送
    http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-50797.html
    上の動画の、16分過ぎから、飯島氏が、選挙日程も含め、リークしました。

    2014年11月5日放送
    http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-51004.html
    青山氏が、なぜ総選挙なのか、解説しています。
    これも、政府内部からの情報です。

    遅くても10月最終週には、総理は、消費税増税の延期、解散総選挙の方針を決めていたとの事です。

    • まつのすけ より:

      10月最終週には決めていたんですね。

      10月末から急展開で色々なイベントが発生しています。事実は小説よりも奇なりという言葉を実感するここ1ヶ月です^^

  2. GDP速報値 より:

    相当悪かったですけれど、
    それでも、
    消費税増税延期⇒衆議院解散
    で、株高予想は変わっておられませんでしょうか?

    私は、
    8%⇒5%に戻す、を争点に、
    選挙すべきだと思いますが。

    • まつのすけ より:

      株高予想は変わっていません。

      5%に戻す、いいですね!^^
      増税延期ではなくて、増税凍結でいいと思います。その方が解散の大義は立つ気がします。

      ただ、凍結だと財務省等の官邸の猛反撃があるかもしれませんね。第一次安倍政権の記憶から、官僚は敵にまわしたくないのでしょう。

  3. easy より:

    まつのすけさん、こんにちは。
    いつも参考にさせていただいています。

    自民党にとっては雲行きが怪しくなってきましたが、万が一自民党が政権を失った場合、これは株高の終焉だと思っていますがいかがでしょうか?
    理由としては、野党はアベノミクスを批判している手前、金融緩和の継続をよしとしないと思われるからです。

    • まつのすけ より:

      ありがとうございます!^^

      おっしゃるとおりだと思います。マーケットは不透明感を最も嫌うので、自公が過半数割れしたりすると、衆院・参院でねじれ状態が発生して、株価は調整するはずです。政策の是非は抜きにして、不透明感の発生だけで懸念されると思います。

      新聞の世論調査が出た段階で株価は反応する可能性もあります。英国のブレアの2期目のように議席減少で済めばOKで、2007年の参院選のようになるとNGでしょう。

      過去50年間では解散日から総選挙前日まではほとんど上昇しているというアノマリーは心強いです。

      • easy より:

        早速のお返事ありがとうございました。

        ぜひともマーケットにマイナスの影響がでないようがんばってもらいたいところです。
        私の持ち株のためにも(笑)←本音はこっち

        • まつのすけ より:

          消費税増税延期ではなく、凍結まで打ち出すとインパクトが強そうです。

          ただ、財務省を筆頭とする官僚の猛烈な抵抗や、リーク多発も懸念されるので、そこまでは無理かもしれませんね。

  4. 安倍総理と小泉元総理の違い より:

    今思うと、安倍総理は、
    昨年の消費税8%への引き上げの判断時点で、
    国会に法改正案(増税延期)を提出し、
    財務省の国会議員切り崩しによる法案否決、
    → 衆議院解散 → 国民に信を問う
     をすべきでしたね。

    小泉元総理ならば、郵政解散のように、
    それができていたかもしれません。

    それが、安倍総理と小泉元総理の違い
    (いい政治家かどうかは別にして、役者の違い)
    かもしれません。

    安倍総理は、
    財務省グループ(黒田、取り込まれた政治家含む)に気を遣い、8%増税を決定し(結果、景気後退)、
    派閥に気を遣い、内閣改造し(結果、閣僚不祥事)、
    国民生活に配慮せず、支持率を下げました。

    火曜日の記者会見で、
    微妙な内容(単なる増税の1年半延期)を発表し、
    選挙の必要性の訴えかけに失敗し、
    今回の選挙で微妙な結果なら、
    政治生命・政権の命運も、短命になるかもしれません。

    • まつのすけ より:

      安部総理は「18カ月後さらに延期することはないとはっきり断言する」と述べたようですが、これは微妙だと思います。

      それなら消費税法についている付帯の景気動向で判断すればいいだけの話でなんで解散するのという批判が説得力を持ってしまいます。また、リーマン・ショック的なイベントが勃発しても上げるのかという話になり、ソ連の計画経済かという批判も浮上する余地がある気がします。

      消費税増税すべきという方々は真面目なんだと思いますが、行政は余裕があるとあるだけ使うのがデフォルトでして、実際に毎年の概算要求もクレヨンしんちゃんの様相を呈しており、ひどいもんです。増税して余裕ができたら、余裕ができた分だけ使っちゃう恐れもあります。

      小泉元総理は賛否両論が強く、立場によって賛否がわかれると思いますが、消費増税はせずに歳出に切り込んだという点では米国の共和党的な側面があり、日本の政治家としてはとても珍しい稀有な存在だったのは万人が認めるところですね。

  5. 今後の見込み(主に株価・為替) より:

    >安部総理は「18カ月後さらに延期することはないとはっきり断言する」と述べたようですが、これは微妙だと思います。

     おっしゃるとおりでして、景気条項を付けるかつけないかが、一つの論点でした。
     ここ数日、消費税増税の延期はやむなしとみて、
     財務省が次の増税を確実にするため、次善の策として景気条項削除に動いたみたいです。
     http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141115-00010003-bjournal-bus_all

    >増税して余裕ができたら、余裕ができた分だけ使っちゃう恐れもあります。

     そもそも、『財政再建のための消費税増税』は嘘なので(トータルの税収が減る)、
     『予算を沢山使うための増税(税率増)』なのでしょう。
     予算配分の権限(+国税)が、財務省の権力の源泉だと思います。

     さて、本題ですが、
     結構微妙な会見(織り込み済・インパクト無)だと思っておりまして、
     この後、選挙まで買いでしょうか?
     単に、与党の議席減で、支持率も低落の可能性さえあり、懸念しております。
     
     日経平均先物や、円ドル為替も、どちらに動くべきか、
     悩んでいるような動きです。
     
     ぜひ、今日の会見を受けて、
     本記事のアップデート版の記事をお願いいたします。

    • まつのすけ より:

      微妙な会見でしたね。

      アップデートのエントリーをアップしました!

  6. easy より:

    財務省はやはり強敵ですね。
    増税先送りと引き換えに付帯の景気動向を削除されてしまったのだと思います。
    真正面から財務省と戦ってしまうと政権をつぶされる、あの小泉元総理でさえ財務省とは戦わなかったそうです。

    個人的には、内閣参与にあの浜田氏や本田氏が居てもダメだったか、という思いです。

    • まつのすけ より:

      第一次安倍政権では公務員制度改革に本気で取り組もうとした結果、閣僚の不祥事を次々にリークされましたもんね。

      聖域なき予算の組み替えを標榜した民主党政権も官僚のサボタージュで潰れましたし、官僚組織の意図にそぐわない政策を貫徹するのは非常に難易度が高いと思います。

      増税延期で景気条項なしではなく、増税凍結がベストでしたね・・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

アメックスの当サイト限定タイアップキャンペーン
カード発行だけでAmazonギフト券5,000円分プレゼント!初年度の年会費も無料

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

JALの飛行機
JALカードでマイルが貯まらない支出対象一覧!

日本を代表する航空会社の一角が日本航空(JAL)です。近年では政府専用

マクドナルド
マクドナルドが全店でdポイント導入!最大で約13%還元!

マクドナルドが2017年3月1日から全店舗でdポイントを利用可能になり

お店でショッピングする女性
ヤフーカードのショッピングガード保険を極めよう!安心・安全でお買い物できる!

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)というYahoo! JA

マネックス証券 営業本部の西尾さん、岩井さん (2)
マネックス証券に取材インタビュー!Vol.4 債券・FX・マネックスラボツール・その他サポートについて聴き倒しました!

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次

→もっと見る

PAGE TOP