*

日本株はどこで下げ止まるのか?

更新日: マーケット・経済の分析

Colorful Night Bokeh

世界的な株価の調整が続いています。上昇トレンドでの押し目、各種テクニカル指標、今回の株価下落の要因、私の投資行動について述べます。


上昇トレンドでの押し目

株価がひたすらに上昇し続けることはありません。どんな上昇トレンドでも大抵は押し目があります。前回の上昇トレンド(2003~2007年)は、以下の通りでした。

高値 安値 下落率
2003年 11,239 9,615 -14.4%
2004年 12,196 10,490 -14.0%
2005年 11,975 10,771 -10.1%
2006年 17,563 14,046 -20.0%
2007年 18,300 16,533 -9.7%

今回の上昇トレンド(2009年~)は、以下の通りです。

高値 安値 下落率
2009年 10,577 9,076 -14.2%
2010年 11,408 8,796 -22.9%
2011年 10,892 8,136 -25.3%
2012年 10,255 8,239 -19.7%
2013年 15,943 12,416 -22.1%

2014年は、1月16,164円→4月13,885円まで約-14.1%の調整がありました。直近の16,374円から14,529円までは-11.3%の調整です。

つまり、大局的な上昇トレンドにおいても、10~25%の調整は普通にあります。短期間に大きく下落しているのでインパクトが大きいですが、今回もまだ調整の範囲内と言えます。

テクニカル指標

騰落レシオ

東証一部の騰落レシオ(25日)は、69.42%まで下落しました。メガ・ボトムの60%まであともう少しとなりました。昨年のバーナンキ・ショック、2010~2012年に繰り返された欧州危機のボトム水準に接近しています。

騰落レシオ(長期推移)2014年10月17日時点

過去7年の騰落レシオのボトムは以下の通りでした。

  • 2013年・・・68.1%
  • 2012年・・・59.3%
  • 2011年・・・63.3%
  • 2010年・・・65.3%
  • 2009年・・・57.6%
  • 2008年・・・52.7%
  • 2007年・・・56.6%

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは日足は-2σ近辺を突破しており、週足・月足も-1σを割りました。週足の-2σは14,053円、月足の-2σは14,066円です。

先日も述べましたが、騰落レシオが60~80で、ボリバンの日足・週足・月足のいずれも-2σ近辺まで下落している局面は、年1回程度しか表れない現象であり、向こう1年スパンでは底値圏となることが多いです。

その領域に近づいてきました。以下のチャートは楽天証券のマーケットスピードのものです。

ボリンジャーバンド週足(2014年10月17日時点) ボリンジャーバンド月足(2014年10月17日時点)

信用評価損益率

信用評価損益率は10月10日基準で-12.59%まで下落しています。現在はもう少し悪化しているでしょう。松井証券の ネットストック信用取引指標では、-15.58%まで悪化しています。

信用評価損益率は-15%~-20%がボトムの目安ですが、そのゾーンに突入しつつあります。過去3年のボトムは以下の通りでした。

  • 2013年6月・・・-14.57%
  • 2012年6月・・・-20.02%
  • 2011年8月・・・-19.33%

世界的株価調整の真相

10月に入って世界的に株価が急速に調整しています。確かに各国で今ひとつの経済指標は出ており、ウクライナ・ロシア問題等もあって欧州は軟調な展開となっています。いますが、経済のファンダメンタルズに大きく変化はありません。

バリエーション面では、日経平均はPBR1.18倍、予想PER13.98倍、予想配当利回り1.61%と十分に買える水準まで低下しました。

問題は今回の調整が、「本格的な上昇トレンドの終焉」、「一時的な押し目」のどちらであるかです。個人的には後者だと思います。

世界的な株価調整の原因ははっきりしません。世界的景気減速も欧州もロシアも10月に入ってからの話ではなく、以前からある話です。

他の下落要因としては、QE3の終了が今月であり、QE1とQE2終了時に株価が調整したことから、それの連想ゲームで株価が下落していること、ヘッジファンドの解約売り・手仕舞いが続いていること等が挙げられています。

FRBは何が何でも金融引締めという方向ではなく、もし仮に世界的に景気減速・株価下落が発生したら、利上げは先送りにし、場合によってはQE4もあり得る可能性はあるでしょう。世界各国の短期金利も落ち着いています。金融危機的な状況は皆無です。

以上から、今回の下落はエボラ出血熱の世界的な拡大に起因しているような想像をしています。空気感染の可能性が取り上げられています。もし空気感染するとなると、一定程度感染者が拡大したら、指数関数的に急速に拡大する懸念が生じています。

ファットテールリスクとして、エボラ大感染による世界経済麻痺の懸念が出ているのかもしれません。その可能性はゼロではないでしょうが、エボラ大感染が勃発せずに収束したとしたら、やがて株価は戻すと思います。

結論

「落ちてくるナイフはつかむな」、「頭と尻尾はくれてやれ」という格言があります。短期的には相場にはオーバーシュートはつきものです。どこまで下げるかは誰にもわからないので、下げ止まり、相場が落ち着いて反発して、底を打った値動きになってから買うのが無難です。

それからでも間に合います。しかし、私は我慢しきれずに本日、日経平均先物ミニ、その他諸々の個別株、ETFの第一次買いを行いました。落ちている最中に買いたくなるのが私の悪い癖です。リクルートのIPOもサントリーのイメージが有り、MSCIとFTSE採用も決まったので我慢して持ち越しています。

最悪で13,000円(直近の高値から20%下落)~14,000円(ボリバン-2σ)までは下落する余地はあると思いますので、まだ余力は45%くらい残しています。ここが底で反発したらそれはそれでOKです。

私の行動としては、第一次買いは行いましたので、しばらくは様子見です。次は13,500円程度まで下落したら第二次買いを検討します。そこまで下落せずに反発した場合、底打ちを確信したら追撃買いをする可能性はあります。

エボラ大感染のテールリスクを考慮し、第二次買いはキャッシュが30%程度残る範囲で行います。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

ギリシャのエーゲ海

ギリシャが国民投票実施&EUが支援延長を拒否!今後、株価はどうなるか?

ギリシャが欧州の支援の条件について是非を問う国民投票を7月5日に実施することを表明し、ギリシャ国会で

記事を読む

岩崎邸

天下の三菱に救われた一ヶ月。MUMSSがなかったら地獄だった

10月は何と言ってもJR九州の一ヶ月でしたね。私は最低5,000株、できれば1万株という目標を立てて

記事を読む

5ユーロ・10ユーロ紙幣

ECB理事会(2015年1月)で歴史的QE決定!コンセンサス以上の緩和でユーロ安へ

2015年1月22日にECB(欧州中央銀行)の政策金利が発表されます。金利は下限と述べている

記事を読む

大阪の陣400周年ののぼり

2014年の投資成績を公開!

先日、出張で大阪に行きました。仕事を終えた後に観光して、夜は道頓堀に行きました。客引きのプロ

記事を読む

迎春

【2017年版】大納会・大発会のアノマリー!大発会の初値に注目!

12月30日は2016年の株式市場のフィナーレを飾る大納会であり、2017年1月4日は株式市場のスタ

記事を読む

マンション

暴落をやり過ごせた一ヶ月

街で配っていたマンションのチラシをスルーされたまつのすけです。私、マンションを買えそうな人に見えない

記事を読む

米ドル

米ドルのボラティリティが過去最低水準。大きく動く可能性

ドル/円のボラティリティ(予想変動率)が異次元緩和発動後の2013年半ばをピークに下落を続け

記事を読む

国債保有の新規制(新バーゼル規制)は大きな悪影響

これまでの国際規制では、自国政府が発行する国債は、リスクゼロとして計算されていました。

記事を読む

森のなかの鉄道

ムーディーズが日本国債を格下げ!格下げ後の日経平均株価の推移を振り返る。

大手格付け会社のムーディーズ(Moody's)が、日本の政府債務格付け(日本国債の格付け)を

記事を読む

夜の月の明かり

日本株が暴落!2015年8月以降、株価はどう動くか予想

2015年8月24日の日本株は、久しぶりに暴落と言える下落でした。特に個人投資家主体の新興市場の中小

記事を読む

Comment

  1. 底打ちを確信したら追撃買い より:

    どうもありがとうございます。追加の悪材料(世界的な戦争、エボラの急激な拡大)が無い限り、最悪で13,000円(直近の高値から20%下落)~14,000円(ボリバン-2σ)と、目処が分かったので安心です。
    『底打ちを確信したら追撃買い』の時も、ぜひ、購入前後に記事化お願いいたします。
    ちなみに、『底打ちを確信』って、何の指標から判断できるのでしょうか?

    • まつのすけ より:

      底打ちはデータでは判断できないので、相場の流れを見ての定性的な判断となります。
      まだ金融引締めは何も起こってないし、金融危機のネタになる事象もなく、もう一度は戻るような気がします^^

  2. trk より:

    私も、昨日付でINDEXものを買いに走ってしまいました

    保有するロシアファンドも下がり調子なのですが、日本モノもついロングしちゃいました。

    • まつのすけ より:

      インデックスは銘柄を考えなくていいのが楽ですよね。日経平均、海外ものETFをロングしました!
      来年4月には花開くことを期待します^^

  3. ブログ主さまが、しばらく日本株に強気なのは より:

    日銀が金融緩和を続けているからでしょうか?
    もし仮に消費税の再増税が決定しても、日銀の異次元緩和が同じペースで来年4月以降も、1~2年続く場合は、やはり日本株に強気のまま(上昇相場の見込みのまま)でしょうか?

    • まつのすけ より:

      日米欧のいずれも金融引締め前であり、米国もそのペースは非常にスローと思われます。インフレの予兆もないのでしばらくは金融緩和の環境が続き、日本株も大局的には上昇を続けると思います。

      異次元緩和の国債買入は尋常ではない量で、マイナス金利でも買い入れて、短期金融市場は市場が麻痺状態に陥っています。今のペースを来年以降も続けるだけでも、本格的に長期債を大々的に買い入れていく必要があります。

      株安が深刻化すると、日銀の追加緩和(国債はなしでETFのみ追加購入)も期待できますし、米国や欧州や中国で深刻な危機が勃発しない限りは、問題ない気がします。

      懸念材料としては、世論が円安や金融緩和に反対の方向に振れて、バブル期のように金融引締め待望論が浮上すると、非常にセンシティブな動きになるでしょう。実体経済への効果がどの程度あるのかの議論はさておき、「金融緩和縮小=売り」がルールであり、HFも相当しかけるはずです。

  4. 中長期のまつのすけさま銘柄の公開のお願い より:

    ブログ主様含め投資で成功されておられる方々は、消費税増税云々よりも、金融緩和か引締めか、というのを重要視されておられるのが分かりました。
    株式市場にとって、中長期的には、金融緩和・縮小が最重要なのですね。
    お願い・質問ばかりで申し訳ないのですが、中長期で保有予定の、現状のまつのすけさま銘柄を公開して頂けないでしょうか。

    今回の下落局面で、私を含めポートフォリオが傷んでいる人は、買い余力が限られるため、自分で勝手に個別銘柄を判断するより、自分よりはるかに賢い人が中長期目的で買っている銘柄から選んで、今回の局面でコツコツ買いした方が将来のパフォーマンスがよさそうです。
    時期も時期(相場の低迷期・皆買いたくない)ですし、まず、今公開されても『買い煽り』とは誰にも思われないでしょう。

    半年後に報われるための、中長期で保有予定の、現状の(1)まつのすけさま銘柄(各銘柄をなぜ中長期保有しようとお考えかの一言コメントがあると嬉しいです)、最近的中率が素晴らしい、(2)次の一部昇格期待銘柄、是非記事化をお願い致します。切望しております。

    • まつのすけ より:

      嬉しいお言葉、ありがとうございます!

      私はあまり個別銘柄に厚くウエイトをかけて勝負せず、広く薄く分散させています。相場のリズムに上手く乗ってパフォーマンスを上げることを意識しています。

      今なら日経平均ETFかTOPIX-ETFでもいい気がします。私も日経平均先物ミニをロングしました。保有している個別株はかなり数が多くて整理が必要なので、来週末にでもまとめようと思います。今コメントを拝見して今日は時間がない状況です。

      ウチヤマHD、アサンテ、ディーブイエックスあたりは今の株価だと保有してもいいのではと思っています。東証一部昇格ではエバラ食品工業はあり得ると思います。

      ダイヤモンドダイニング、マックスバリュ九州、イオン北海道は、優待の権利確定に向けて来年1月末まではいい気がします。100株ずつ持って上がったら売る作戦をしている最中です(ダイヤは200株)。ただ、あまり自信はありません(笑)

  5. 銘柄のご紹介どうもありがとうございました。 より:

    早速、各会社の内容を確認していきたいと思います。
    過去のブログ記事を拝見しても、的中率も素晴らしいですし、慎重で誠実な方だというのが伝わってまいります。
    お持ちのポジションが多岐に渡るとの事で、(相場低迷の今だからこそ、半年後に向けての期待を込め)『まつのすけさまが選ぶ中長期での期待銘柄』の記事と、(今年の的中率が素晴らしい)『次の一部昇格期待銘柄』の記事、楽しみにしております。
    その頃には回復していることを期待し、少し早い、クリスマスプレゼントということで。

    • まつのすけ より:

      ありがとうございます!^^
      来年4月ころにはこの10~11月に仕込んだ株/ETFは花開くと思っています。
      銘柄について今週末にまとめます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
NEC LAVIE Direct HZ
山形県米沢市のふるさと納税は、NEC・レノボのパソコンが激熱!2017年7月31日までインターネットで申し込み可能!

山形県に米沢市という自治体があります。米沢市はふるさと納税がかなり充実

ダイナースクラブ フランスレストランウィークの記念撮影
ダイナースクラブ フランス レストランウィーク 2017のプレス発表会に参加!レストランウィークは至高の美食イベント!

2017年もダイナースクラブ フランス レストランウィークが開催されま

ザ・リッツ・カールトン東京のスパ
スパ(Spa)やエステの特典もアメックス・プラチナは卓越!癒やしが捗る!

アメックス・プラチナにはスパ(SPA)、エステ、リラクゼーション、エイ

スクエアでラグジュアリーカードで支払う場面
Square(スクエア)でJCB・ダイナース・DISCOVERが利用可能に!VISA・Mastercard・アメックスに加えて主要国際ブランドを完全網羅

Square(スクエア)というスマホやタブレットがあれば、クレジットカ

鳥
【逆日歩速報】2017年6月末 権利確定日

2017年6月末の逆日歩が発表されました。コード銘柄名株 数今年 貸借

→もっと見る

PAGE TOP