*

次の米国長期金利のピークと、FX・米国債投資について

更新日: マーケット・経済の分析 ,

ドル紙幣

FOMC終了後に2017年末にかけて政策金利であるFF(フェデラル・ファンド)金利が3.75%まで上昇するとの見通しが示されました。2015年末は1.375%、2016年末は2.875%、2017年末は3.75%と上振れました。

2015年中に4~5回の利上げ(1回当たり0.25%利上げ)が実施される可能性があります。今後の債券投資についてまとめます。


非伝統的金融政策の経済への影響については諸説ありますが、利上げが経済に悪影響である点については議論が少なく大多数のコンセンサスがあります。

したがって、もちろんFRBとしてはイエレン議長が述べたように「利上げのペースは経済次第」であり、経済情勢によっては利上げが棚上げとなる可能性もあるでしょう。インフレ率は落ち着いているので金融引き締めを急ぐ理由はありません。

しかし、大局的にはいよいよ米国の金融政策は引き締め方向に舵が切られており、次のリセッションの前にある程度高い政策金利を確保しにいく方向です。

金利のピークでできる限り長い長期債に投資するのが債券投資に際しては望ましいです。

iPhoneに映る夕日

私は現在、FXでドル円のロングポジションを持っています。国内債券は0%です。2012年12月に作ったポジションを2年近く維持しています。なぜ債券ではなくFXかというと、大局的には金利が上がっていくという考えがあったのと、FXはレバレッジがかけられるため、資金を有効活用できるからです。

例えば1000万円分のドル円のエクスポージャーを持ちたい場合(ドル円を買いたい場合)、債券だと1000万円を投資しないといけませんが、FXだと例えば400万円の証拠金を入れておけば(レバレッジ2.5倍)、残りの600万円を株式・トレーディング・IPO・PO・TOB・タダ取り等に活用できます。

レバレッジ2.5倍だと36%近く下落しない限りはロスカットされません。短期間でここまでドル円が暴落する可能性は低いですし、市場で急速に円高が進む場合はファイナンスしてすかさず入金すればロスカットを回避できるため、緊急時のファイナンスの手段を確保しておけば問題ありません。

同一の証券会社に株式口座とFX口座を開設しておくと、両口座間でスムーズにリアルタイムで資金移動できるため、アラームを設定しておけばロスカットリスクは低くなります。

つまり、ドル円の場合はレバレッジ2.5~3倍程度であればロスカットのリスクは低いため、例えば1000万円分のドル円をロングしたい場合は600~667万円を有効活用できます。

しかしながら、債券市場がピークアウトする場合(金利が頂点に達する場合)は、長期債を保有しておくと、その後に金利が下がった場合は債券価格が上がりますし、下がらない場合でもトレーディング等と比べるとリスクが低い債券投資の妙味がある状況です。

今後、米国の金利が上昇していき、ピークアウトするような場面になった場合は、FXのドル円ロングを解消して、米国10年債等の長期債に乗り換えようと考えています。

手を舐める猫

ではどこまで米国10年債の金利が上昇するのか?です。

これまでは、米国10年債の金利が直近のボトムから2.5%前後上昇すると、何らかのショックや金融危機、リセッション等が勃発して株価・金利がピークアウトすることが多かったです。

直近のボトムは2012年7月25日の約1.43%です。1.43%+2.5%=3.93%という数字が一応の目安になります。

10年債利回り等の長期金利は、長期資金の需要・供給の市場メカニズムの中で決まります。理論的には、期待インフレ率(将来の物価変動)、期待潜在成長率、リスクプレミアム、将来の短期金利の推移(将来の金融政策)に対する予想などが影響を及ぼします。

米国の期待潜在成長率はかつてと比較すると低下していると思われ、期待インフレ率も落ち着いています。米国は依然として超大国で経済のダイナミズムがあり、リスクプレミアムはゼロに近いままで変わりありません。

米国の将来の短期金利は、余程のインフレ昂進やバブル発生がない限りは低めに抑えられるはずです。金利上昇は経済に明白に悪影響で政府債務も増加している状況下、日本同様に米国も金利は低位安定させるのが望ましいです。

したがって、米国10年債のピークは以前と比較すると低くなると考えます。

根拠に乏しいドタ勘となりますが、以上を総合考慮して、米国10年債の次のピークは、ズバリ3.5~4.5%程度になる可能性があると想像しています。米国10年債利回りが3.5%を超えた場合、数度に分けてFXのドル円ロングを解消して米国10年債等の長期債に乗り換えようと考えています。

3.5~4.5%であれば、現在はPO等に回している資金の一部を移すのに妙味が出る利回りです。その時の為替レート、長短金利差の動向によっては、FXでドル円をショートして、為替リスクをヘッジして金利差を抜くことも検討します。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

img_水と薄明かり

日銀の追加緩和はあるのか?異次元緩和と株価は今後どうなるか

日銀は2015 年度のコアCPI 見通しを10 月の+1.7%から+1.0%へ下方修正したに

記事を読む

双子の女性

日銀が買い入れているJ-REIT銘柄は?

日銀の追加緩和で、J-REITの買い入れ額も3倍になりました。日銀の年間買い入れ額の900億

記事を読む

下を見る猫

押し目は買い

バズーカ2が発動されて3連休をはさみ、初日の戦いとなった昨日は、大方の予想通り寄り天となりま

記事を読む

秋味

勝てる勝負と勝てない勝負の見極め

秋だけの限定醸造ビール「秋味」を翌年の春に飲んでいるまつのすけです。棚の奥で塩漬けになってい

記事を読む

ラスベガスの絶叫マシン

まれに見るジェットコースターの1ヶ月。そして勝負の1ヶ月へ

最近はログインに際して、秘密の質問と回答を設定するサイトが増えました。初めてのPC・タブレット・スマ

記事を読む

ヨンドシーのファミリーセールの案内

史上最凶の大損失

4℃(ヨンドシー)の株主ということがあり、ファミリーセールの案内が定期的に届きます。最大70%は非常

記事を読む

プレミアムフライデーのロゴ

プレミアムフライデーの導入企業・メリット・デメリット・特典・過ごし方まとめ

2017年2月24日から「プレミアムフライデー」が始まります。毎月末の金曜日は午後3時(15時)頃に

記事を読む

ローソンのやみつき鳥

下落相場と上昇相場と私

コンビニのチキンのスーパー・ヘビーユーザーであるまつのすけです。独身男としてはコンビニの惣菜は便利な

記事を読む

Colorful Night Bokeh

日本株はどこで下げ止まるのか?

世界的な株価の調整が続いています。上昇トレンドでの押し目、各種テクニカル指標、今回の株価下落

記事を読む

コンビニの食品

順調だった3月。末日と翌月初日にポジションを落としました。

私の典型的な食事のおかずをご紹介します。セブン-イレブンのめかぶ、ローソンの鮭、ファミリーマートの1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
NEC LAVIE Direct HZ
山形県米沢市のふるさと納税は、NEC・レノボのパソコンが激熱!2017年7月31日までインターネットで申し込み可能!

山形県に米沢市という自治体があります。米沢市はふるさと納税がかなり充実

NHK
NHK受信料の支払い方法はクレジットカードがお得!Yahoo!公金支払いで継続払いも可能に

NHKは放送受信料の多様な支払い方法を導入しており、現在はインターネッ

seagulls
【前年の株不足&逆日歩・今年のMAX逆日歩】2017年6月末 権利付最終日

2017年6月末優待について、昨年の株不足(融資残高-貸株残高)、逆日

ダイニングダイニングの株主優待のシャンパンで乾杯
ダイヤモンドダイニング(DD HD)の株主優待まとめ!良好な雰囲気と美味しい飲食を堪能

ダイヤモンドダイニングというゆったりした居酒屋、地方料理の専門店、おし

ホテルニューオータニ幕張 千羽鶴の白ワイン
ワイン・シャンパン好き必見!ラグジュアリーカードのポイントは最高3.3%還元!

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカード(Luxury Card

→もっと見る

PAGE TOP