*

ドル円はどこまで円安になるか?

更新日: マーケット・経済の分析 ,

米ドル紙幣

長らく続いたドル円のヨコヨコ推移・極限の低ボラティリティは、日本の為替市場・株式市場の住民の期待通り(?)、円安方向に突き抜けました。昨年の秋に続いて2度めのもみ合いからの上振れとなりました。

ドル円のチャート(2013~2014年)

米国は異例の大規模金融緩和の停止が近づいており、来年は出口戦略も視野に入りつつあります。日本はインフレ率2%はまだ先であり、黒田日銀総裁からは、封印されていた「追加緩和」という言葉が飛び出る状況で、日米の金融政策のベクトルは正反対の方角を向いています。

どこまでドル円の円安は進むのか?が注目事項になります。


底打ちしつつあるドル・インデックス

変動相場制への移行後、ドルインデックス(実効為替レート)は、レーガノミックスの時期と1995~2001年のアメリカ黄金期を除くと、大局的には下落基調となっています。

実効為替レートとは、関係が深い貿易相手国に対して貿易量でウエイト付けした数値を加重平均した指数です。米ドルの下落は、経常赤字の拡大と軌跡を共にしています。

しかし、世界各国は膨大な米国債と米ドルを保有しており、売ると自国通貨高になって自らの首を絞める状況になってしまうこと、米ドルが基軸通貨であること、米国債は格段の流動性を誇ること、米国が資本流入対象として魅力があること等によって、これまでは米国の経常赤字は安定的にファイナンスされてきました。

こうした状況下では、米国にとっては基本的にはドル安が望ましいと言えるかもしれません。借金の価値が下がる一方で、対外資産の勝ちは増加するからです。ドルが基軸通貨であることがアメリカには絶大なるプラスとなっており、為替差損を気にすることなく、貿易や投資を自由に行なえます。

わかりやすいイメージで表現すると、ドル紙幣を刷ることで世界から無制限に借金できます。財政赤字のみならず、企業赤字や家計赤字もいくらでもドルを発行することでファイナンスできます。

ドル安が望ましい米国の意図、経常赤字、しっかりとしたインフレ率等に沿う形で、大局的にドル安が続いて来ました。しかし、ドル・インデックスは、2011年をボトムとして底打ちしつつある形状となっています。1990年代前半の調整局面と似ている印象です。

ドルインデックス

今後は米国経済の順調な回復、世界的低金利、金融緩和の終焉・出口戦略への方向性などによって、ドルが堅調な展開を見せそうです。

ドル円の円安余地

実質相場

1973年の変動相場制への移行以来、41年以上のドル円の歴史において、ドル円の実質相場が元も円安だったのは、1983年前後です。

現在のドル円実質相場からは17%程度の上昇余地があります。歴史的なドル円実質相場のピークは、現在の名目相場に勘案すると124~125円ほどです。

過去の名目為替レートの推移

過去の円高のピークからの円安までの幅は以下の通りでした。

年月 円高の底 年月 円安の頂 円安の幅
1978年10月 177.05 1980年4月 261.4 47.6%
1981年2月 202.9 1982年11月 277.65 36.8%
1984年4月 222.7 1985年2月 262.8 18.0%
1988年11月 121.1 1990年4月 160.2 32.3%
1995年4月 79.75 1998年8月 147.66 85.2%
1999年11月 101.25 2002年1月 135.15 33.5%
2005年1月 101.69 2007年6月 124.14 22.1%
2011年10月 75.35

円高のピークから円安のピークまでの過去平均を今回の局面に適用すると、ドル円105円です。これは既に突破しました。過去2番目の円安局面の騰落率を今回に当てはめると111.22円、過去最大の騰落率を当てはめると139.55円です。

どこまでいく? ドル円レート
過去平均(約39.4%) 105.00
過去2番目の円安幅(約47.6%) 111.22
過去2番目と最大の中間(約66.4%) 125.38
過去最大の円安幅(約85.2%) 139.55

過去2番目と最大の中間(約66.4%円安)は125.38円です。イメージ的には、為替市場・株式市場の住民の期待はここあたりでしょうか。2016年あたりに向けてこのゾーンに向かっていくというイメージは浮かべやすいです。

購買力平価

ドル円の購買力平価(1973年基準)での企業物価の購買力平価は約99円です。10~20年の超長期では為替レートは購買力平価に沿うと考えます。そこからするといいところまで円安になっています。

ドル円購買力平価
公益財団法人 国際通貨研究所より)

しかし、注目すべきは購買力平価の向きです。日本のインフレ率上昇、米国のインフレ率安定に伴い、これまで40年近くひたすらに円高方向に向いていた購買力平価が、底打ちして円安方向に向かう気配を見せ始めています。

ドル円購買力平価の向き

結論

結論としては、ここから長期保有を前提とした米ドル・ロングはあまり気乗りしません。特にFOMCで声明文の文言に変化が生じた場合、「噂で買って事実で売る」、「材料出尽くし」によって、短期的な円高調整があるような気もします。

しかし、為替は時としてオーバーシュートしがちであり、日米の金融政策の方向性が正反対である以上、既存のロングポジはしばらくそのまま維持します。

イスラム国やロシアとの紛争深刻化、スコットランド・カタルーニャ等が続々と独立へ向かい既存の国際秩序が不安定化、米国経済が垂直落下の阿鼻叫喚調整になどの余程のリスクイベントが勃発しない限りは、一時的調整はあるにせよ、大局的にはドル円は底堅い動きを見せて110円へと向かうと予想しています。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

日差しを浴びる男性

どんなに酷い敗北でも、そこに教訓を見出して自分の血肉にできたら

女性から一つも誕生日プレゼントがもらえないまつのすけです。ライトオンの株主優待で服を買ったらギフト包

記事を読む

ヨンドシーのファミリーセールの案内

史上最凶の大損失

4℃(ヨンドシー)の株主ということがあり、ファミリーセールの案内が定期的に届きます。最大70%は非常

記事を読む

壊れたサンリオの株主優待

燃え尽き症候群&人気投資本が50%ポイント還元で超お得

サンリオの株主優待で綿棒入れをもらっていました。親が家に来て「綿棒はない?」と聞かれたので、

記事を読む

森のなかの鉄道

ムーディーズが日本国債を格下げ!格下げ後の日経平均株価の推移を振り返る。

大手格付け会社のムーディーズ(Moody's)が、日本の政府債務格付け(日本国債の格付け)を

記事を読む

馬

日本株の上昇が終る4つの条件

異次元緩和第二章の開幕後は、GU→揉みあいとなっており、急騰後に値固めという典型的なよくある

記事を読む

赤い輝き

スイスフラン大暴騰!日銀のパンドラが開く時は

スイス中央銀行が、1ユーロ1.2スイス・フランに設定していたフラン相場の上限を撤廃し、スイス

記事を読む

考え事をする女性

なぜGDPが悪くても株価が上がるのか?

7~9月のGDP1次速報がマイナス成長だったのに、なぜ株価が大きく上がっているのか、また、改

記事を読む

ライブ

下に上にボラが激しい一ヶ月。買った銘柄と売買行動を振り返る。

株式投資で20億を築いた片山晃氏(五月さん)がテレビ東京のWBSに登場しましたね。私は彼と同

記事を読む

img_水と薄明かり

日銀の追加緩和はあるのか?異次元緩和と株価は今後どうなるか

日銀は2015 年度のコアCPI 見通しを10 月の+1.7%から+1.0%へ下方修正したに

記事を読む

父の日のPR広告

勝てる勝負しかしない

5月の母の日に続いて6月は父の日がありますね。「大好きなお父さんへ」という父の日に向けたPRを店頭で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

アメックスの当サイト限定タイアップキャンペーン
カード発行だけでAmazonギフト券5,000円分プレゼント!初年度の年会費も無料

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

JALの飛行機
JALカードでマイルが貯まらない支出対象一覧!

日本を代表する航空会社の一角が日本航空(JAL)です。近年では政府専用

マクドナルド
マクドナルドが全店でdポイント導入!最大で約13%還元!

マクドナルドが2017年3月1日から全店舗でdポイントを利用可能になり

お店でショッピングする女性
ヤフーカードのショッピングガード保険を極めよう!安心・安全でお買い物できる!

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)というYahoo! JA

マネックス証券 営業本部の西尾さん、岩井さん (2)
マネックス証券に取材インタビュー!Vol.4 債券・FX・マネックスラボツール・その他サポートについて聴き倒しました!

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次

→もっと見る

PAGE TOP