*

スイスフラン大暴騰!日銀のパンドラが開く時は

赤い輝き

スイス中央銀行が、1ユーロ1.2スイス・フランに設定していたフラン相場の上限を撤廃し、スイスフランが大暴騰、スイス株は大きく下落とボラティリティが急上昇しましたね。FX業者の破綻や約定レートの勝手な取り消しなど、余波が続いています。

私はハードな出張の真っ只中で朝から晩まで缶詰で、これを知ったのは相場が一山越えた後でした。バズーカ2に続いて、出張中にハイ・ボラティリティとなりました。。

スイス・ショックから得られる教訓と日銀のパンドラが開く時についてまとめます。


リスク管理の重要性

リスク管理の重要性を再認識できます。資産は過去最高で7億円あったそうですが、昨年11月に資金が尽きた有名トレーダー、両津さんの最後のツイートが実に参考になります。

99.9%勝てる勝負だったとしても、レバレッジは0.1%が発生した時に一発KOとならない範囲に留めるのが無難です。東日本大震災の時も、日経平均のオプションを大量に売っていて、一発KOとなった方がいました。

流動性リスク・カウンターパーティーリスクにも注意が必要ですね。何らかの事件が勃発して流動性が崩れて値が飛ぶことはよくあります。商品先物でハイ・レバレッジをかけていると陥りやすい罠です。

私は資金の一部を使って裁定でロング・ショートを行っています。レバレッジをかければかけるほどリターンが膨らむため、レバを拡大する誘惑にそそられます。

異次元緩和2が勃発した時にレバレッジをかけていたショート側が丸焦げになり、強制ロスカット寸前まで追い詰められました。

当時も出張中で銀行のワンタイムパスワード生成機がなく、入金できない状況でした。ショート側が切られて、そこがピークで反落したら笑えないダメージが生じるところでした。

この教訓を活かして、レバレッジは程々にしておいたので、今回の混乱もほぼ無風でした。

キャリーのショート側にあったスイスフランの状況激変、ポジの解消などで、しばらくはボラが高止まりするかもしれません。注意が必要です。

日本でパンドラの箱が開く時

スイス中銀は負けるはずはありませんでした。ロシアのような外貨売り・自国通貨買い介入ではなく、外貨買い・自国通貨売りには上限がなく、無限に為替介入が可能だからです。

しかし、ECBの量的緩和が開始して、それがどんどん拡大すると、スイス中銀が買入れるユーロが尋常では無いほどに膨張する恐れがあり、最終的に上限を廃止する際に生じるコストが天文学的なものに拡大する懸念があり、まだギリギリ引き返せる土壇場で引き返したのでしょう。ルビコン川の直前で大ブレーキとなりました。

スイスフランの暴騰とともに、スイスの金融政策に対する信頼は暴落しました。注目はスイス中銀同様に異次元の金融政策を発動している日銀に集まります。

スイス中銀はユーロのQEでギブ・アップとなりました。日銀のギブ・アップの条件として意識されるのは、インフレ率の上昇です。

日銀が異次元緩和を行っているのは、インフレ率2%を安定的に達成するためです。インフレ率が2%を超えていくと、異次元緩和を続ける正当性がなくなります。

その時に金融緩和を打ち止めにできるかですが、FRBのように相当に丁寧に漸進していかないと金融市場には大きな波乱が発生して、少なくても一時的に大きな株安が起こるでしょう。

パンドラの箱はインフレ率の上昇が止まらないことです。2.5%、3%、3.5%と上昇していった時に異次元緩和を打ち止めにできるかというと、日本国債の暴落(金利急上昇)、株安による大混乱が起こる可能性が高いので、インフレ放置しかないと思われます。

日銀はインフレ率を上げたいわけですが、上がり過ぎた時は苦悶に陥ると思います。その時に混乱を引き起こさずに済む対策があるかというと難しいかもしれません。

インフレ率が適度に上がって2%近辺で安定推移したらよいですけれども、インフレ率が上がり過ぎた時は、株式市場に相当大きな動揺が走る可能性がある点は留意した方が無難です。

当面はインフレ率は0%台を低空飛行する可能性が高く、しばらくは全く無用の心配ですけれども、将来的なファットテール・リスクです。日本のパンドラの箱はインフレ率の上がり過ぎです。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

ボストンのビルのアメリカ国旗

トランプ氏の米国大統領当選後、日本株の株価はどうなるか?

トランプ氏が米国大統領に当選した2016年11月9日、日本の株価市場や為替相場は大荒れになりました。

記事を読む

ハートマークの雪跡

涙が枯れた!過去最大の損失はこうして勃発

ドコモのライトユーザー向けの新しいプランが腑に落ちないまつのすけです。家族3人で使えば一人5,000

記事を読む

雪の中を歩く猫

英国離脱とジェットコースターと私

先日、マンションのチラシをスルーされて貰えなかったまつのすけです。私は定期的にスルーされてしまいます

記事を読む

Kid

財産税の導入の方向か?財産税から逃れる方法

日本政府は6月末に公表予定の「骨太方針」で、歳入強化策を盛り込み、富裕層が対象の資産課税強化

記事を読む

葡萄を運ぶトラック

騰落レシオがピークアウト!目先は調整か

日経平均は3月に入って上値が重くなり、続落となりました。 騰落レシオの推移からは、目先

記事を読む

東証IRフェスタ2015でもらったタオル

痛恨のミスで給料○ヶ月分が吹き飛んだ!泣きたい。

3月は東証IRフェスタに行きました。東証一部昇格のイベント時にかなりお世話になった銘柄のブースにも立

記事を読む

父の日のPR広告

勝てる勝負しかしない

5月の母の日に続いて6月は父の日がありますね。「大好きなお父さんへ」という父の日に向けたPRを店頭で

記事を読む

ヨンドシーのファミリーセール

ポジションのロットの重要性

ヨンドシーホールディングス(4℃)からファミリーセールのハガキが届いたまつのすけです。ジュエリーが5

記事を読む

地方の道

日本株の株価(日経平均・TOPIX)の2015年の予想をアップデート

2015年は開始早々にロシア情勢の混迷、スイス・ショック、ギリシャの再度の尾崎豊化、原油逆シ

記事を読む

兜

勝って兜の緒を締めよ

電子レンジで温めたらすぐできる食品をこよなく愛しているまつのすけです。一例としては、ボンカレーです。

記事を読む

Comment

  1. ppn より:

    米の出口戦略を日銀の金融緩和が支える形になるという見方がありましたが、今は円キャリーが始まっていると見ますか。

    • まつのすけ より:

      キャリーの調達で使われていたスイスフランがドボンとなり、主要通貨では円かユーロが有力になりますかね。ただ、ユーロはリスクオンのときに強くなることもあり、そうなると残るのは円ですね。引き続きドル円ロングポジはホールドしています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

アメックスの当サイト限定タイアップキャンペーン
カード発行だけでAmazonギフト券5,000円分プレゼント!初年度の年会費も無料

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

JALの飛行機
JALカードでマイルが貯まらない支出対象一覧!

日本を代表する航空会社の一角が日本航空(JAL)です。近年では政府専用

マクドナルド
マクドナルドが全店でdポイント導入!最大で約13%還元!

マクドナルドが2017年3月1日から全店舗でdポイントを利用可能になり

お店でショッピングする女性
ヤフーカードのショッピングガード保険を極めよう!安心・安全でお買い物できる!

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)というYahoo! JA

マネックス証券 営業本部の西尾さん、岩井さん (2)
マネックス証券に取材インタビュー!Vol.4 債券・FX・マネックスラボツール・その他サポートについて聴き倒しました!

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次

→もっと見る

PAGE TOP