*

日本株・日経平均等のインデックスはどこで下げ止まるのか?

更新日: マーケット・経済の分析

濃霧

8月下旬の株価暴落以降、短期で急速に戻りましたが、再度下落してしまいました。

急落後は、リバウンド→二番底→再反発というのがよくあるパターンです。

どこで日本株・日経平均等のインデックスは下げ止まるのか。


9月4日(金)は安値は8月下旬に安値を下回りました。まだギリギリでダブルボトムというチャートを死守しています。以下チャートは楽天証券マーケットスピードです。

日経平均日足チャート(2015年4月13日~9月4日)

ここを明確に割ると直近安値を割ったことになり、チャーチストの損切りが出てくるところです。

次の節目としては、24ヶ月移動平均線や、異次元緩和2後の急騰後の揉みあい局面があった17,000円弱くらいが想定されます。

日経平均週足チャート(2013年10月11日~9月4日)

日足と週足のボリンジャーバンドは既に-2σ近辺であり、月足の-2σは17,173円です。17,000円近辺まで下落したら、日足・週足・月足がトリプルで-2σとなります。

2009年以降はこの局面で押し目買いしたら例外なく報われてきました。ただし、リーマン・ショックに至る2007~2008年の急落局面では傷を広げる結果となってしまいました。

日経平均月足チャート2007年5月31日~9月4日)

やはり大局的な下落トレンドへの転換なのか、それとも上昇トレンドの一時的な押し目かの判断が極めて重要となってきます。

ファンダを見てみると、日経平均の2016年3月期の予想EPSは約1,252であり、PERが2010~2013年の平均から標準偏差-1σだとPER13.7倍となり、17,104円です。

PER 予想EPS-10% 16年3月期予想EPS 予想EPS+10%
リーマン前ピーク 23.8 26,808 29,787 32,766
2013年4月 23.4 26,369 29,299 32,229
節目 20.0 22,538 25,042 27,546
標準偏差+2 18.9 21,275 23,639 26,003
標準偏差+1 17.1 19,315 21,461 23,607
10-13年PER平均 15.4 17,354 19,282 21,210
標準偏差-1 13.7 15,393 17,104 18,814
標準偏差-2 11.9 13,432 14,925 16,417
2008年10月 9.5 10,739 11,932 13,126

ファンダメンタルに変化がないと仮定するならば、8月下旬に述べたのと同じように、17,000円台前半が下値の目処となります。

問題はファンダの変化が起こっているかです。株価はファンダに先行して動く場合がほとんどです。

2008年もPERは世界的に12~13倍近辺まで下落して「割安」という話になりましたが、結局は株価の下落にファンダが追いつく形となりました。

昨今の株価下落で2007年と今は雰囲気が似ている、天井ではないかという声も増えてきました。

前回の上昇トレンドは、2003年~2004年の急騰→2004年~2005年の横ばい、2005年~2006年の急騰、2006年の20%近い下落、2007年にかけての再上昇→天井という流れでした。

今回の上昇トレンドは、2012年末~2013年の急騰→2013年~2014年の横ばい、2014年~2015年の再上昇、2015年の15%近い下落(現段階)となっています。

日経平均月足チャート2003年1月31日~9月4日)

チャートだけならば今は2007年というよりも2006年に似ていると感じます。2006年は量的緩和の解除がありました。今回は米国の利上げが近づいています。

世界経済が暗転するか否かを正確に予測するのは極めて難しい(前回は正確に予測できた人はほぼ皆無)ため、最終的には一定のベットが必要になります。

個人的には上昇トレンドの押し目という見解に変わりはありません。米国の利上げ前の反落局面という認識です。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

夜の道路と光

消費税増税の景気条項が消えた。解散総選挙後の株価・為替はどうなるか?

安部総理は「18カ月後(消費税を)さらに延期することはないとはっきり断言する」と会見で述べま

記事を読む

桜まつりの提灯

3月末の株価が参院選直前に激烈な注目を集まる宿命!実弾投入も?

1~2月は金融市場が大きく調整して、戦慄的な状況となりました。しかし、ここに来て落ち着きつつあり、ム

記事を読む

山道

2016年、日本株(日経平均)の株価はどうなるか?

海外の株価市場の急落に伴って、日経平均先物が週末に急落しました。 日経平均先物 CME(円建て)は1

記事を読む

岩崎邸

天下の三菱に救われた一ヶ月。MUMSSがなかったら地獄だった

10月は何と言ってもJR九州の一ヶ月でしたね。私は最低5,000株、できれば1万株という目標を立てて

記事を読む

外国人OL

2015年は軟調!しかし、米国株の株価は再上昇と判断

ここ最近、米国株の株価が軟調な展開が続いています。FRBの利上げがいよいよ近づいており、それを意

記事を読む

ニューヨーク・タイムズスクエア

2016年の購買力平価からドル円の買いどころを探る

為替の変動要因は、時間軸によって異なります。需給による短期的動向、金融政策・金利差・景気循環などによ

記事を読む

海辺を歩く2人

インフレ率は2%にならなくてもいい。

2013年4月、日銀が2年で2%を達成するための異次元緩和を発動しました。その期限の2015

記事を読む

兜

勝って兜の緒を締めよ

電子レンジで温めたらすぐできる食品をこよなく愛しているまつのすけです。一例としては、ボンカレーです。

記事を読む

ドル紙幣の山

2015年のドル円は円安・円高どっちに動くか予想!

2014年もドル円は円安となり、1995年~98年に続いて3年連続円安の連続記録に並びました

記事を読む

ラデュレのマカロン

株主優待新設と東証一部昇格と私

2月14日に自分で自分にスイーツを買ったまつのすけです。バレンタインなるものはスルー予定だったの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

アメックスの当サイト限定タイアップキャンペーン
カード発行だけでAmazonギフト券5,000円分プレゼント!初年度の年会費も無料

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

セントラル短資の限定タイアップキャンペーン
最大25,000円キャッシュバック!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
SBI証券 商品開発部の杉本部長、稲葉さん
SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!

幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券

3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

ダイヤモンド・ザイ(通巻203号)
ダイヤモンド・ザイ3月号に登場!合計119銘柄の株主優待 内容別ランキング

ダイヤモンド・ザイ(Diamond ZAI)3月号に掲載させていただき

フュージョン
新規上場!フュージョンのIPOの初値予想

フュージョン(3977)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング

レノバ
新規上場!レノバのIPOの初値予想

レノバ(9519)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は

→もっと見る

PAGE TOP