*

日本株が暴落!2015年8月以降、株価はどう動くか予想

更新日: マーケット・経済の分析

夜の月の明かり

2015年8月24日の日本株は、久しぶりに暴落と言える下落でした。特に個人投資家主体の新興市場の中小小型株は大きく下落しました。

先週から軟調な展開が続いており、株式の買い方には辛い展開となっています。今後の日本株の株価について予想します。


2009年の大底から今年は6年目であり、そろそろ下落トレンドの可能性が時節的には出てくる頃合いです。

この下落が「終わりの始まり」なのか、それとも上昇トレンドにおける一時的調整なのかが重要ですね。

株価は上昇はゆっくりで、下落は急落となりがちです。イメージ的には高値警戒感が出ている雰囲気です。

日経平均の2016年3月期の予想EPSは約1,267であり、PER15倍で19,010円です。現在は程よい水準まで価格調整が進んでいます。

PER2010~2013年の平均から標準偏差-1σだとPER13.7倍となり、17,311円です。ファンダメンタルに変化がないと仮定するならば、ここらへんが下値の目処となります。

日経平均先物は一時的に17,000円に接近しており、この水準となっています。

PER 予想EPS-10% 15年3月期予想EPS 予想EPS+10%
2013年4月 23.4 26,689 29,655 32,620
節目 20.0 22,811 25,346 27,881
標準偏差+2 18.9 21,534 23,927 26,319
標準偏差+1 17.1 19,549 21,722 23,894
10-13年PER平均 15.4 17,565 19,517 21,468
標準偏差-1 13.7 15,580 17,311 19,043
標準偏差-2 11.9 13,596 15,106 16,617
2008年10月 9.5 10,870 12,077 13,285

相場の短期的なボトムを推測するのに役に立つと思われる信用評価損益率(買い方)は、松井証券の最新のデータで約-17%まで悪化しています。

ITバブル崩壊、2003年の日本の金融危機、リーマンショックなどの余程の下落相場でない限りは、-20%前後で相場は下げ止まる事が多いです。

信用評価損益率

過去4年のボトムは以下の通りでした。

  • 2014年4月・・・-15.61%
  • 2013年6月・・・-14.57%
  • 2012年6月・・・-20.02%
  • 2011年8月・・・-19.33%

株価がひたすらに上昇し続けることはありません。どんな上昇トレンドでも大抵は押し目があります。前回の上昇トレンド(2003~2007年)は、以下の通りでした。

  高値 安値 下落率
2003年 11,239 9,615 -14.4%
2004年 12,196 10,490 -14.0%
2005年 11,975 10,771 -10.1%
2006年 17,563 14,046 -20.0%
2007年 18,300 16,533 -9.7%

今回の上昇トレンド(2009年~)は、以下の通りです。

  高値 安値 下落率
2009年 10,577 9,076 -14.2%
2010年 11,408 8,796 -22.9%
2011年 10,892 8,136 -25.3%
2012年 10,255 8,239 -19.7%
2013年 15,943 12,416 -22.1%
2014年 16,164 13,885 -14.1%

2015年は6月30日の20,952.円→18,540円まで約-11.5%の調整となっています。

大局的な上昇トレンドにおいても、10~25%の調整は普通にあります。短期間に大きく下落しているのでインパクトが大きいですが、今回もまだ調整の範囲内と言えます。

6月30日の高値からは-15%は17,809円、-20%は16,762円です。

以上を総合考慮すると、「終わりの始まり」でない限りは、日経平均17,000円前後で下げ止まるのではないかと考えています。

そして、今回の中国問題はまだ世界的金融危機に発展するようなイベントではなく、2009年からの上昇トレンドの終焉はまだ先だと個人的には考えています。

どこまで下落するかは誰にもわかりませんので、「頭と尻尾はくれてやれ」の精神で、まとまった金額は下げ止まったような動きになってから投下する予定です。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

赤い輝き

スイスフラン大暴騰!日銀のパンドラが開く時は

スイス中央銀行が、1ユーロ1.2スイス・フランに設定していたフラン相場の上限を撤廃し、スイス

記事を読む

ハートマークの雪跡

涙が枯れた!過去最大の損失はこうして勃発

ドコモのライトユーザー向けの新しいプランが腑に落ちないまつのすけです。家族3人で使えば一人5,000

記事を読む

草原の道にかざしたガラス

波乱の幕開け!2015年、株価は上がるか下がるかを予想

2015年の大発会は下落に終わり、軟調な展開が続いています。米国も軟調な推移となりました。2

記事を読む

暗闇の中でうつむく男性

人生最大に集中投資した結果

8月も終わろうとしていますね。お盆休みや夏休みの季節ですけれども、1日たりとも平日に休むことはできま

記事を読む

ドル紙幣

2016年、円高はどこまで進むか?ドル円の方向性を予想

ドル円が急速に円高になり、一時は108円を割れました。円高トレンド転換を唱えるアナリスト・ストラテジ

記事を読む

ラスベガスの絶叫マシン

まれに見るジェットコースターの1ヶ月。そして勝負の1ヶ月へ

最近はログインに際して、秘密の質問と回答を設定するサイトが増えました。初めてのPC・タブレット・スマ

記事を読む

我々は経常赤字に備えてどう対策すべきか?

2013年度の経常収支は約7899億円の黒字となり、比較可能な過去30年間で最少となりました

記事を読む

Colorful Night Bokeh

日本株はどこで下げ止まるのか?

世界的な株価の調整が続いています。上昇トレンドでの押し目、各種テクニカル指標、今回の株価下落

記事を読む

ヴァイオリンを弾く女性

衆院選の情勢が発表!衆院選後、株価・為替はどうなるか。

日本経済新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞などの大手新聞社から衆院選の世論調査が発

記事を読む

夜の光

黒田日銀の異次元緩和2(バズーカ2)の表と裏

日銀が「バズーカ2」とも形容されている追加緩和しましたね。マネタリーベースの拡大ペースを10

記事を読む

Comment

  1. saaki より:

    そろりと買い始めませんか?
    ドカンとはこわくてまだかもしれないけれど…。

    • まつのすけ より:

      8月・9月の優待銘柄がメチャメチャ下がっていたので、落下している最中に拾ってしまいました。
      最低単元が多いので、銘柄数は多いけど金額は大きくありません。

      1週間程度の短期リバウンドのあと、2番底が訪れて上がり始めるというのが、
      よくあるパターンですね。

      しばらくは不安定だと思いますが、
      徐々に値固めして年末までには2万円回復を期待しています。

  2. saaki より:

    事故?が続きすぎて不気味で買えません
    利上げが怖くて買えません
    どうしましょう
    んー

    • まつのすけ より:

      リバウンドのあと、少し調整して二番底になり、再上昇というのがよくあるパターンだと思います。
      何とか値固めしてほしいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


アメックス・ゴールドのバナー
外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

ダイヤモンド・ザイ 2017年9月号
ダイヤモンド・ザイ9月号に登場!5大共通ポイント大研究!株主優待目的別ベスト117

ダイヤモンド・ザイ(Diamond ZAI)9月号に掲載させていただき

イオン銀行
イオン銀行は評判・口コミ通りなのか?悪い側面まで赤裸々に公開!メリット・デメリットを徹底解説

イオン銀行というイオングループの流通系銀行があります。全国各地のイオン

モスカード
モスカードはキャンペーンとクレジットチャージがお得!最大14.5%OFF&6%還元

モスバーガーでお得に食事を楽しむストラテジーの一つが「モスカード」です

藤田観光グループ・メンバーズカードWAON
セイコーマートでWAONが利用可能に!クレジットカードとの比較、キャンペーンまで徹底解説

セイコーマートがイオンと提携して、2017年7月25日(火)より、全国

→もっと見る

PAGE TOP