*

2015年は軟調!しかし、米国株の株価は再上昇と判断

更新日: マーケット・経済の分析

外国人OL

ここ最近、米国株の株価が軟調な展開が続いています。FRBの利上げがいよいよ近づいており、それを意識して上値が重くなっているのかもしれません。

2009年3月のボトムからは既に6年以上、7年近く上昇トレンドが続いているため、高値警戒感が出てくる局面です。

ただし、米国株が調整する局面ではまだ買いのチャンスであり、大天井はまだ先だと考えます。


FRBの利上げが12月までズレこむ可能性はあるものの、余程のことがない限りは2006年以来の利上げが近づいてきています。

先日発表された雇用統計では、非農業部門の雇用者数が21万5000人増となり、失業率は前月から横ばいの5.3%となっています。これは概ね予想通りですけれども、労働時間が増加しました。

米国の失業率の推移

米国の利上げが着々と近づきつつあることはマーケットに織り込まれ始めており、ドルインデックスは、レーガノミックスの時期、1990年代のアメリカ黄金期に次ぐ第3の上昇トレンドが続いています。

ドルインデックス

これに伴い、米国のグローバル企業はドル高でドルベースでの業績に影が出ています。米国株は軟調な展開となっています。

ここ半年間は円ベースのS&P500のETFとTOPIX-ETFでは、分配金落ちがあったのにTOPIXの圧勝でした。

TOPIXとS&P500の比較

前回の利上げ局面は2004年6月から2006年6月まで約2年間でした。その局面ではS&P500は一時的に下落したものの、その後も2007年半ばまで上昇を続けました。

FFレートとS&P500

今回も利上げ前後で米国株は軟調な展開があるかもしれませんが、大天井はまだ先だと考えます。

最初の利上げで株価が崩れることはほとんどなく、何度か利上げして、利上げが打ち止めになってからしばらくして崩れることが多いです。

警戒すべきは、最初の利上げではなく、最後の利上げです。

「NYダウに三尊天井が現れた」、「米株、大天井サイン点灯か」という記事が日本経済新聞に載りましたけれども、今年の米国株が調整する局面は押し目だと考えます。

経常赤字で実質成長率が悪化している新興国は為替・株価のいずれも軟調ですが、米国の利上げがあったら一旦は材料出尽くしとなり、反発する可能性もあると思います。

大局的には2016年までは株価はまだ持つのがメインシナリオです。

既に保有ポジションは満足しているリスク量なので現時点で買い増しはしませんが、底を打って再上昇するような値動きになったら、買い増しも検討します。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

下を見る猫

今回も押し目は買い

10月下旬から上昇を続けていた株価についに調整が訪れました。日本株のみならず、他の国でも軟調

記事を読む

プレミアムフライデーのロゴ

プレミアムフライデーの導入企業・メリット・デメリット・特典・過ごし方まとめ

2017年2月24日から「プレミアムフライデー」が始まります。毎月末の金曜日は午後3時(15時)頃に

記事を読む

カンガルーボクシング

底打ちか?チャートが最も美しいのはあの国!

金曜日に発表された米国の雇用統計(9月)は、非農業部門雇用者数が+14.2万人となり、市場予想の

記事を読む

ドル紙幣

次の米国長期金利のピークと、FX・米国債投資について

FOMC終了後に2017年末にかけて政策金利であるFF(フェデラル・ファンド)金利が3.75

記事を読む

素麺

このまま上昇か。波乱の9月か。

暑さが落ち着いてきましたね。暑い夏は素麺がさっぱりして食べやすいです。鳥越製粉や音通など、そ

記事を読む

暗闇の中でうつむく男性

人生最大に集中投資した結果

8月も終わろうとしていますね。お盆休みや夏休みの季節ですけれども、1日たりとも平日に休むことはできま

記事を読む

暗い夜道

日本株の終わりの始まりを示唆するサポートラインは?

2015年9月のシルバウィークの連休が終わろうとしています。24日・25日もお休みにして9連休の方も

記事を読む

考え事をする女性

なぜGDPが悪くても株価が上がるのか?

7~9月のGDP1次速報がマイナス成長だったのに、なぜ株価が大きく上がっているのか、また、改

記事を読む

駅に差し込める日差し

自民党圧勝!2014年衆院選後、株価は上昇するか下落するか

2014年12月14日に行われた第47回衆院選は事前の予想通り、自民党が300議席前後の圧勝

記事を読む

ニューヨーク・タイムズスクエア

2016年の購買力平価からドル円の買いどころを探る

為替の変動要因は、時間軸によって異なります。需給による短期的動向、金融政策・金利差・景気循環などによ

記事を読む

Comment

  1. ppn より:

    FRBの利上げは、素人的には9月ではなく12月が相場環境が良くて実施に向いていると思っていたのですが、FRBがそんなことを考えるはずはなく9月利上げが一番可能性が高いかなと思っていました。しかし今回の議事録で9月はむつかしい、やっぱり12月以降かなと。年内にこだわれば12月ということでしょうか。それにしもFRBが景気に悪影響であっても利上げをしたいというのは、やっぱりQEという異常事態からの脱却、金融の正常化という狙いでしょうか。

    • まつのすけ より:

      政策金利0のまま再びリセッションになると、いきなりQEということなってしまうので、やはり中銀としては利下げという金融緩和の伸びしろを用意しておきたいのでしょうね。

      9月はなくなって12月に利上げするかどうかが当面のフォーカスですね。「毎回利上げするとは限らんよ~」というアナウンス付きの利上げかなという印象です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


アメックス・ゴールドのバナー
外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

ダイヤモンド・ザイ 2017年9月号
ダイヤモンド・ザイ9月号に登場!5大共通ポイント大研究!株主優待目的別ベスト117

ダイヤモンド・ザイ(Diamond ZAI)9月号に掲載させていただき

イオン銀行
イオン銀行は評判・口コミ通りなのか?悪い側面まで赤裸々に公開!メリット・デメリットを徹底解説

イオン銀行というイオングループの流通系銀行があります。全国各地のイオン

モスカード
モスカードはキャンペーンとクレジットチャージがお得!最大14.5%OFF&6%還元

モスバーガーでお得に食事を楽しむストラテジーの一つが「モスカード」です

藤田観光グループ・メンバーズカードWAON
セイコーマートでWAONが利用可能に!クレジットカードとの比較、キャンペーンまで徹底解説

セイコーマートがイオンと提携して、2017年7月25日(火)より、全国

→もっと見る

PAGE TOP