*

2015年は軟調!しかし、米国株の株価は再上昇と判断

更新日: マーケット・経済の分析

外国人OL

ここ最近、米国株の株価が軟調な展開が続いています。FRBの利上げがいよいよ近づいており、それを意識して上値が重くなっているのかもしれません。

2009年3月のボトムからは既に6年以上、7年近く上昇トレンドが続いているため、高値警戒感が出てくる局面です。

ただし、米国株が調整する局面ではまだ買いのチャンスであり、大天井はまだ先だと考えます。


FRBの利上げが12月までズレこむ可能性はあるものの、余程のことがない限りは2006年以来の利上げが近づいてきています。

先日発表された雇用統計では、非農業部門の雇用者数が21万5000人増となり、失業率は前月から横ばいの5.3%となっています。これは概ね予想通りですけれども、労働時間が増加しました。

米国の失業率の推移

米国の利上げが着々と近づきつつあることはマーケットに織り込まれ始めており、ドルインデックスは、レーガノミックスの時期、1990年代のアメリカ黄金期に次ぐ第3の上昇トレンドが続いています。

ドルインデックス

これに伴い、米国のグローバル企業はドル高でドルベースでの業績に影が出ています。米国株は軟調な展開となっています。

ここ半年間は円ベースのS&P500のETFとTOPIX-ETFでは、分配金落ちがあったのにTOPIXの圧勝でした。

TOPIXとS&P500の比較

前回の利上げ局面は2004年6月から2006年6月まで約2年間でした。その局面ではS&P500は一時的に下落したものの、その後も2007年半ばまで上昇を続けました。

FFレートとS&P500

今回も利上げ前後で米国株は軟調な展開があるかもしれませんが、大天井はまだ先だと考えます。

最初の利上げで株価が崩れることはほとんどなく、何度か利上げして、利上げが打ち止めになってからしばらくして崩れることが多いです。

警戒すべきは、最初の利上げではなく、最後の利上げです。

「NYダウに三尊天井が現れた」、「米株、大天井サイン点灯か」という記事が日本経済新聞に載りましたけれども、今年の米国株が調整する局面は押し目だと考えます。

経常赤字で実質成長率が悪化している新興国は為替・株価のいずれも軟調ですが、米国の利上げがあったら一旦は材料出尽くしとなり、反発する可能性もあると思います。

大局的には2016年までは株価はまだ持つのがメインシナリオです。

既に保有ポジションは満足しているリスク量なので現時点で買い増しはしませんが、底を打って再上昇するような値動きになったら、買い増しも検討します。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

Kid

財産税の導入の方向か?財産税から逃れる方法

日本政府は6月末に公表予定の「骨太方針」で、歳入強化策を盛り込み、富裕層が対象の資産課税強化

記事を読む

焼肉

ダメポジの見切りの悪さを反省!良い失敗と悪い失敗

一人焼肉の頻度では日本全国でもトップ1,000位以内に入るのではないかと考えているまつのすけです。休

記事を読む

草原の道にかざしたガラス

波乱の幕開け!2015年、株価は上がるか下がるかを予想

2015年の大発会は下落に終わり、軟調な展開が続いています。米国も軟調な推移となりました。2

記事を読む

我々は経常赤字に備えてどう対策すべきか?

2013年度の経常収支は約7899億円の黒字となり、比較可能な過去30年間で最少となりました

記事を読む

夜の光

黒田日銀の異次元緩和2(バズーカ2)の表と裏

日銀が「バズーカ2」とも形容されている追加緩和しましたね。マネタリーベースの拡大ペースを10

記事を読む

空を見上げる男性

金融抑圧で債務安定化を企図?定期預金・債券保有者は大打撃に

「資産運用では株価だけではなく為替も考慮しよう」において、金融抑圧について言及しました。詳細

記事を読む

海辺を歩く2人

インフレ率は2%にならなくてもいい。

2013年4月、日銀が2年で2%を達成するための異次元緩和を発動しました。その期限の2015

記事を読む

濃霧

日本株・日経平均等のインデックスはどこで下げ止まるのか?

8月下旬の株価暴落以降、短期で急速に戻りましたが、再度下落してしまいました。急落後は、リバウンド→二

記事を読む

ライブ

下に上にボラが激しい一ヶ月。買った銘柄と売買行動を振り返る。

株式投資で20億を築いた片山晃氏(五月さん)がテレビ東京のWBSに登場しましたね。私は彼と同

記事を読む

ニューヨーク・タイムズスクエア

2016年の購買力平価からドル円の買いどころを探る

為替の変動要因は、時間軸によって異なります。需給による短期的動向、金融政策・金利差・景気循環などによ

記事を読む

Comment

  1. ppn より:

    FRBの利上げは、素人的には9月ではなく12月が相場環境が良くて実施に向いていると思っていたのですが、FRBがそんなことを考えるはずはなく9月利上げが一番可能性が高いかなと思っていました。しかし今回の議事録で9月はむつかしい、やっぱり12月以降かなと。年内にこだわれば12月ということでしょうか。それにしもFRBが景気に悪影響であっても利上げをしたいというのは、やっぱりQEという異常事態からの脱却、金融の正常化という狙いでしょうか。

    • まつのすけ より:

      政策金利0のまま再びリセッションになると、いきなりQEということなってしまうので、やはり中銀としては利下げという金融緩和の伸びしろを用意しておきたいのでしょうね。

      9月はなくなって12月に利上げするかどうかが当面のフォーカスですね。「毎回利上げするとは限らんよ~」というアナウンス付きの利上げかなという印象です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

楽天カード(JCB・VISA・Mastercard)
楽天カードの国際ブランドを丹念に比較!JCBとVISAとマスターカードの違いを解剖

楽天カードの国際ブランドには、JCB、VISA、Mastercard(

ダイナースクラブ プレミアムカード
ダイナースが使えない!?使える店と使えない店を徹底解説

ダイナースクラブカードは使えるお店が少ないというイメージがあります。し

KASUMIカード
KASUMIカードのメリット・デメリット・他のイオンカードとの比較まとめ

KASUMIカードというクレジットカードがあります。毎月5日・15日・

LUXURY CARD VIP HOTEL & TRAVEL
ホテル&トラベル特典が豊富すぎる!LUXURY CARD VIP HOTEL & TRAVELが豪華

金属製であること、Mastercardのワールドエリートのステータスが

→もっと見る

PAGE TOP