*

ギリシャ炎上!イタリア・スペイン・ポルトガル・アイルランドは大丈夫なのか?

更新日: マーケット・経済の分析

barcelona

ギリシャの大暴れで混乱が生じていました。ここに来て、ユーロ導入直前に将来のユーロ圏脱退の可能性を排除するため、ドラクマの輪転機をすべて破壊したため、今は通貨を作る能力がないと報道されました。

行き当たりばったり感が半端ではないですね。笑えないお笑い劇場はまだまだ続きそうです。

ギリシャの混乱が他の重債務国に波及するかは心配ですね。イタリア・スペイン・ポルトガル・アイルランドは問題ないのか。


仮にギリシャの国民投票で欧州の支援が否決されて、デフォルトやユーロ離脱に至っても、問題は大きくはないという見解が多いです。

欧州の銀行・企業のギリシャへの債券はもう少ないこと、幾多のセーフティネットがあること、ECBが量的緩和を実施中で仮に他国の国債が暴落したとしたら、量的緩和を強化して金利を抑えこむ金融政策が考えられること等が理由です。

もちろん一時的に株式市場や為替市場は大きく混乱するでしょうが、一時的な調整を経て元の軌跡に戻るでしょう。

問題は、イタリア、スペイン、ポルトガル、アイルランドといった重債務国に危機が再び訪れるかです。2010~2012年にはギリシャ同様に騒動となり、これらの諸国の国債も大きく下落しました。

国際金融支援を受けた国もありましたが、既に支援プログラムを終了しています。財政状況も諸々の政策が功を奏して好転し、既にプライマリー・バランスはスペインを除いて黒字転換しています。

スペインも改善しており、黒字まであと一歩という状況です。

プライマリー・バランスの推移(イタリア・スペイン・ポルトガル・アイルランド)
(出展:世界経済のネタ帳

国債を一斉に売り浴びせられて金利が上昇する流動性危機がない限りは、債務の安定化が見えています。

イタリア・スペイン・アイルランドは、危機以前は長らくプライマリー・バランスの黒字を確保していました。ポルトガルだけは慢性的な赤字が続いていましたが、ここに来てプラ転しています。

スペイン・アイルランドは住宅バブルの崩壊等による大量の不良債権を抱えた金融機関を公的部門が救済したことなどによって債務危機に陥りました。

構造的な問題というよりは、一時的な危機という色彩がありました。ギリシャとは危機の構造的な根深さは格段に異なります。各国ともに経済成長率もプラス転換しつつあります。

経済成長率の推移(イタリア・スペイン・ポルトガル・アイルランド)
(出展:世界経済のネタ帳

もちろん、再度経済が垂直落下したり、何らかの金融危機が再勃発したり、経済統計・債務の統計をギリシャ同様に偽装していたことが発覚したり、ポピュリズムの愚劣な政党が政権をとったりするリスクはあります。

しかし、加盟国の国債が売り浴びせられて危機が起こったとしても、ギリシャのように「ルビコン川を越えない限りは」、ECBが全面的に買え支えるでしょう。

現時点では、イタリア・スペイン・ポルトガル・アイルランドにギリシャのようなクライシス再来のリスクは小さいと考えます。

唯一危なそうなのはポルトガルですが、ポルトガルのみなら何とか解決は可能と思われます。

また、スペインのGDPの20%を占めるカタルーニャが離脱したら、スペインは大混乱となるでしょう。GDPの20%というのは大きな数字です。

平成24年度の日本の県内総生産(名目)では、東京都は日本の18.37%です(内閣府:県民経済計算)。

つまり、スペインからカタルーニャが離脱するというのは、日本から東京が離脱するようなインパクトがあります。

ギリシャ以外の欧州のリスクとしては、英国のEU離脱、カタルーニャのスペイン離脱、フランス大統領選で極右で欧州懐疑のルペン氏が勝つことなどですね。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

そろそろ底入れが近いと判断した3つの理由

日本株が軟調な展開が続いています。外国株やJ-REITに比較すると、TOPIX・日経平均・東

記事を読む

img_水と薄明かり

日銀の追加緩和はあるのか?異次元緩和と株価は今後どうなるか

日銀は2015 年度のコアCPI 見通しを10 月の+1.7%から+1.0%へ下方修正したに

記事を読む

東証IRフェスタ2015でもらったタオル

痛恨のミスで給料○ヶ月分が吹き飛んだ!泣きたい。

3月は東証IRフェスタに行きました。東証一部昇格のイベント時にかなりお世話になった銘柄のブースにも立

記事を読む

駅に差し込める日差し

自民党圧勝!2014年衆院選後、株価は上昇するか下落するか

2014年12月14日に行われた第47回衆院選は事前の予想通り、自民党が300議席前後の圧勝

記事を読む

暗い夜道

日本株の終わりの始まりを示唆するサポートラインは?

2015年9月のシルバウィークの連休が終わろうとしています。24日・25日もお休みにして9連休の方も

記事を読む

岩崎邸

天下の三菱に救われた一ヶ月。MUMSSがなかったら地獄だった

10月は何と言ってもJR九州の一ヶ月でしたね。私は最低5,000株、できれば1万株という目標を立てて

記事を読む

困った顔の女性

マイナンバー制度の最大のデメリット!金融資産課税の恐怖

マイナンバー制度が2015年10月から始まることが決まっています。当初はマイルドな制度となりますが、

記事を読む

やがて消えるろうそく

中国・韓国・香港・シンガポールの人口ボーナスは、2015年前後に終わる

幾多の有名な株価指数を算出しているMSCIが、株価指数の分類見直しで中国A株をMSCI新興市

記事を読む

食事

会心の一撃と痛恨の乱れ雪月花

私の典型的な食事をいくつかご紹介します。コンビニのミネストローネ、チキン、スーパーの真空パックの野菜

記事を読む

親子

NISA枠拡充&子どもNISA(未成年対象)はいいね!ただ若者の利用拡大は夢物語

政府が、少額投資非課税制度(NISA)の非課税枠の増加や、「20歳以上」の対象年齢の引き下げ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


アメックス・ゴールドのバナー
外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

ダイヤモンド・ザイ 2017年9月号
ダイヤモンド・ザイ9月号に登場!5大共通ポイント大研究!株主優待目的別ベスト117

ダイヤモンド・ザイ(Diamond ZAI)9月号に掲載させていただき

イオン銀行
イオン銀行は評判・口コミ通りなのか?悪い側面まで赤裸々に公開!メリット・デメリットを徹底解説

イオン銀行というイオングループの流通系銀行があります。全国各地のイオン

モスカード
モスカードはキャンペーンとクレジットチャージがお得!最大14.5%OFF&6%還元

モスバーガーでお得に食事を楽しむストラテジーの一つが「モスカード」です

藤田観光グループ・メンバーズカードWAON
セイコーマートでWAONが利用可能に!クレジットカードとの比較、キャンペーンまで徹底解説

セイコーマートがイオンと提携して、2017年7月25日(火)より、全国

→もっと見る

PAGE TOP