The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

楽天銀行の1週間定期預金と2週間定期預金

更新日: 定期預金・普通預金

楽天銀行の1週間定期預金・2週間定期預金

楽天銀行の定期預金がパワーアップ

楽天銀行が1週間定期預金と2週間定期預金を開始しました。金利がかなり高めです。

  • 1週間定期預金・・・年0.5%
  • 2週間定期預金・・・年0.3%

既存の同じ期間の定期預金を上回る日本一の金利となっています。中途解約も可能です。預入金額は10万円からです。


楽天銀行の1週間定期預金(年0.5%)に1週間預け入れた場合の利子の一覧は以下の通りです。20.315%の税金を引いた後の数字です。

元本 利息
100,000 8
500,000 38
1,000,000 77
2,000,000 153
3,000,000 229
4,000,000 306
5,000,000 383
6,000,000 459
7,000,000 536
8,000,000 612
9,000,000 688
10,000,000 765

他の銀行との比較

これまでの1週間定期預金のNo.1は、東京スター銀行が年0.3%でした。No.2はSBJ銀行が年0.25%でした。楽天銀行の新定期預金は、東京スターを0.2%、SBJを0.25%上回っています。

2週間ものは、新生銀行が年0.15%でした。楽天銀行は0.15%上回っています。

定期預金の金利比較については、以下のページにまとめています。随時更新しているので、ブックマークしていただき、定期預金を検討している際はアクセスしていただけると幸いです。

定期預金キャンペーンの金利比較!2014年
資産運用の基本の基本といえば、定期預金ですね。一行あたり1000万円までは元本保証ということで、数多くの方が利用している運用です...

1週間・2週間定期預金とは

1~2週間定期預金は、満期が1週間もしくは2週間後に訪れる定期預金です。

楽天銀行の場合、元利自動継続、元金自動継続、満期自動解約の3種類があります。それぞれの定義は、以下の通りです。

  • 元利自動継続・・・満期時に元本+利息を同じ定期預金に再び預け入れるシステムです。利息を含めてロールオーバーしていくイメージであり、複利となります。
  • 元金自動継続・・・満期時に元本だけを同じ定期預金に再び預け入れて、利息は普通預金口座で受け取るシステムです。元本だけをロールオーバーしていくイメージです。
  • 満期自動解約・・・満期時に定期預金は終了し、元本と利息の合計額を普通預金口座で受け取ります。

結論

楽天銀行の1~2週間定期預金は解約が可能なので、普通預金に準じた流動性資金の預入先として有力です。満期時の取り扱いは中途解約が可能なので、1~2週間後に確実に使用する予定がある場合以外は、「元利自動継続」でいいでしょう。

1週間定期預金の方が高金利なのは、単純に競合他社の金利状況が理由なので、預け入れるのは1週間の方で決まりです。

留意点としては、確定している金利は1~2週間であり、いずれ下がる可能性があることです。すぐに下げることはないと思いますが、預金があまりにも集まりすぎた場合などは、引き下げられる可能性があります。

ただし、このデメリットは楽天銀行に限る話ではなく、東京スター銀行、SBJ銀行、新生銀行なども同じです。また、イオン銀行や住信SBIネット銀行等の高金利普通預金も常に金利が下がるリスクはあります。

楽天銀行の新定期預金は魅力が高いです。できる限りこの高金利を維持してほしいですね。

※6月30日に楽天銀行の1週間定期預金・2週間定期預金は、年0.05%に金利が大幅に引き下げられました。7月7日には小幅に引き上げられています。1週間定期預金は0.1%、2週間定期預金は年0.06%になりました。

1週間毎に3週連続で金利が変動しており、迷走しています。

進撃の楽天の歴史に新たな伝説!楽天銀行の1週間定期預金が1週間で終焉

その他、楽天銀行の詳細については、以下で徹底解説しています。

楽天銀行のメリット・デメリット・使い方まとめ
楽天銀行というネット銀行があります。振込手数料やATM手数料を無料にすることもでき、上手く使うと家計を大きく助けることが可能です...

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-定期預金・普通預金
-

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.