*

新規上場!PCIホールディングスのIPOの初値予想

更新日: IPO

PCIホールディングス

PCIホールディングス(3918)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は7月16日(木)~7月23日(木)です。上場日は8月4日(火)です。

新規上場する市場は東証マザーズです。想定価格は2,530円(1単元25.3万円)です。仮条件は2,330~2,530円と下振れました。公開価格は仮条件の上限である2,530円となりました。

初値予想はプラスリターンです。大手初値予想会社の初値予想は3,000〜3,500円となっています。

PCIホールディングスは、「Potential Up of Venture」の旗のもと、安心して任せて頂ける企業として事業成長を目指すことを基本理念として、ソフトウェア開発、自社ソリューションの開発・保守、IT技術者の派遣等の情報サービス事業を営んでいます。

監査法人は三優監査法人です。本社所在地は東京都江東区南砂2-1-12 東陽町スクウェアビル7Fです。


PCIホールディングスのIPO

PCIホールディングスとは

PCIホールディングスの事業は、情報サービス事業の単一セグメントであり、「テクニカルソリューション事業」、「ビジネスソリューション事業」、「IoT/IoEソリューション事業」の3つの事業に区分されます。

従業員数は14名、平均年齢は45.2歳、平均勤続年数は3.17年、平均給与は659.8万円です。

テクニカルソリューション事業

当事業では、顧客企業におけるシステム開発プロジェクトにおいてPCIホールディングスグループが保有するIT知識・ソフトウェア開発技術・経験・ノウハウ等を活用し、ソフトウェア開発業務を行っています。

当事業における契約形態は、請負契約、準委任契約及び派遣契約に区分され、顧客企業の要求するシステム開発体制に応じて、柔軟に契約形態を決定しています。

現在の契約形態別の売上高比率は、請負契約あるいは準委任契約の比率が8割程度、顧客企業の指揮命令下で業務を遂行する派遣契約の比率が2割程度となっています。

サービス提供形態別の売上高比率は、エンベデッドシステム開発の特徴から顧客企業先での常駐型によるソフトウェア開発が7割程度となっています。

PCIホールディングスグループにおけるシステム開発プロジェクトへの参入形態は、以下2つに区分されます。

  • 大手SIer等がエンドユーザ企業よりシステム開発を一括受託し、その内、PCIホールディングスグループが得意とする分野でのソフトウェア開発業務に関して発注を受ける形態
  • PCIホールディングスグループがエンドユーザ企業より直接、ソフトウェア開発業務に関して発注を受ける形態

エンベデッドシステム分野

エンベデッドシステム分野では、自動車、重機、建機等に必要不可欠な制御ソフトウェアの開発、移動体通信等の通信インフラとなる電気通信分野向け装置の開発及びその他情報家電機器、各種産業機器や半導体製造装置等の制御ソフトウェアの開発を行っています。

自動車、重機、建機関連におきましては、駆動系・ボディ系等の各種ECU、車載情報端末、CAN通信、衛星通信モジュール制御プロセス等に組み込まれるソフトウェア開発を行っています。

通信インフラ系システムにおきましては、通信機器・伝送装置開発として、組込OSやネットワーク監視制御ソフトウェア開発等を行っています。

また、モバイル端末に搭載される各種デバイスを制御するソフトウェア開発、ミドルウェア開発やアプリケーション開発を行っています。

その他、デジタルカメラに係る撮影制御等のファームウェア開発や半導体検査装置を制御するソフトウェアの開発等を行っています。

ビジネスシステム分野

ビジネスシステム分野では、金融・製造・流通・その他企業向けの一般情報系ソフトウェア開発及び交通・放送等の社会インフラ系ソフトウェア開発を行っています。

一般情報系ソフトウェア開発では、銀行・証券・生損保・クレジット・信販会社やその他企業向けに基幹業務系ソフトウェア開発や各種一般業務系ソフトウェア開発、一部システムインフラ系ソフトウェア開発等を行っています。

また、同様に航空会社、鉄道会社、放送局等、社会インフラサービスを提供する企業向けに業務系ソフトウェア開発を行っています。

当分野においては、特定の業種に特化することなく、ソフトウェア開発に必要とされる技術軸をベースに顧客要求に応え、幅広い業種にわたり開発実績を重ねることで業務ノウハウを蓄積し事業を展開しています。


ビジネスソリューション事業

オープンソースソフトウェアをコアとした顧客の要求に基づくITシステムの構築、PCIホールディングスグループにて独自に企画・開発したパッケージソフトウェア製品を活用したソリューションの提供、システムの運用・保守、その他ハードウェアの仕入販売等により顧客企業の事業拡大、業務効率化、生産性向上等の課題解決を行っています。

ITシステムの構築に関しては、顧客企業の情報システムのコスト削減傾向に焦点をあて、LAMP等、オープンソースソフトウェアの特性を十分に活かしたWebシステム等クラウド型のITシステム構築を中心に展開しています。

パッケージソフトウェア製品に関しては、主としてカルチャースクールやオープンカレッジにおけるカウンター業務全般をカバーしたクラウド型業務パッケージソフトウェア製品「Lesson」の販売、必要に応じて導入支援サービスや追加機能の開発、並びに保守サービスを提供しています。

ハードウェアの仕入販売といたしましては、主として流通・サービス業の店舗で利用されるPOSシステムの取扱いを行っています。販売の際には、一般レジ業務に係るPCIホールディングスグループのパッケージソフトウェア製品を併せて提供しています。

IoT/IoEソリューション事業

当事業では、テクニカルソリューション事業における数多くの開発実績を背景に、IoT/IoE技術のベースとなる通信技術・組込制御技術・アプリケーション技術といったPCIホールディングスグループの強みを活かし、ソリューションの提案あるいは顧客企業との共同開発を行っています。

IoTとは、コンピュータ等の情報・通信機器だけでなく、様々な「モノ」に通信機能を持たせ、インターネットに接続、相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測等を行うことです。

IoEとはIoTよりも広い概念であり、ヒト・モノ・プロセス・データ等がインターネットにつながり、相互に通信が可能となる技術や状態、仕組みのことです。

自動車業界向けソリューションとしては、自動車販売店向けに、認定中古車検索サイトと販売店向け在庫情報システムとが連動したシステム、試乗車予約システム、タブレット端末でオリジナル提案資料の作成を可能とするシステムやタッチパネルによる検索システム等を開発しています。

また、従来のエンベデッドシステム分野での技術をベースとして、高速で移動する自動車と自動車との通信を可能とするプラットフォーム(V2X)の開発を行っています。

加えて、IoT/IoE技術をより有効活用するために、車載情報端末やスマートフォンで複数のアプリケーションを同時に動作・連携させることを可能とするアプリケーション制御ソフトウェアを開発しています。

エネルギー業界向けソリューションとしては、主に、太陽光等の再生可能エネルギー発電施設における発電状況モニタリングのための遠隔監視システムの開発を行っています。

加えて、それに付随する再生可能エネルギー発電施設の運用・維持管理支援サービス(O&M:Operation & Maintenance)を提供しています。


業績推移

業績面では売上高・経常利益・純利益のいずれも減収・減益の年度があるものの、大局的には右肩上がりの傾向となっています。特にここ2事業年度は急速な成長を遂げています。

PCIホールディングスの業績推移

営業キャッシュフローは純利益を上回っている年度と下回っている年度があります。前期の自己資本利益率(ROE)は44.1%であり、自己資本比率は44.5%です。

決算年月 平成25年9月 平成26年9月
売上高 (千円) 6,782,806 6,906,589
経常利益 (千円) 36,256 436,249
当期純利益 (千円) 383,199 449,419
包括利益 (千円) 389,565 449,742
純資産額 (千円) 794,495 1,242,978
総資産額 (千円) 1,732,437 2,793,951
1株当たり純資産額 (円) 643.37 910.41
1株当たり当期純利益金額 (円) 334.41 354.5
自己資本比率 (%) 45.9 44.5
自己資本利益率 (%) 66.4 44.1
株価収益率 (倍)
営業キャッシュ・フロー (千円) 217,320 582,361
投資キャッシュ・フロー (千円) △136,708 △96,068
財務キャッシュ・フロー (千円) △591 △140,337
現金等 (千円) 476,890 894,692

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズは美しい右肩上がりとなっていましたが、ギリシャ大暴れでGDとなり、翌日は値を戻しました。

東証マザーズのチャート(2015年3月30日~2015年6月30日)
(※マネックス証券より)

上場規模

PCIホールディングスのIPOの規模は最大で約10.5億円であり、東証マザーズとしてもやや小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約26%と標準的です。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は44%です。

以下の株主には、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

貸株人かつ売出人である株式会社Y&U、売出人である関谷恵美、天野豊美、KSP3号投資事業有限責任組合並びにPCIホールディングス株主である株式会社日比谷コンピュータシステム、TIS株式会社、株式会社三菱総合研究所、濱川洋三、株式会社三菱東京UFJ銀行、岩橋正治、栗田健史、三菱UFJキャピタル株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社東雲、宮本進、伊藤賢吉、臼田浩義、藪内一郎、株式会社八千代銀行、りそなキャピタル株式会社、上田倫功、奥田一政、萩原佳彰、久野式子、株式会社クレスコ、SMBCファイナンスサービス株式会社、冨田哲夫、白岩直人、杉山悟、木村重雄、大石大介、クンスト将充、廣瀬周平、中川幸雄、酒井克哉、椎名仁郎、中村まち子、池田貴恵子、土屋時枝、杉薗和也、春田義幸、株式会社こうどうホールディングス、株式会社ライフワーク、NSK株式会社、日本NCRビジネスソリューション株式会社、図研エルミック株式会社、梅村智明、三井住友海上火災保険株式会社、天野卓哉、麓美子、原口直道、天野美佳
株主名 保有割合 ロックアップ
(株)Y&U 12.13%
従業員持株会 7.51%  
(株)日比谷コンピュータシステム 6.42%
関谷恵美 6.27%
TIS(株) 6.26%
天野豊美 4.35%
KSP3号投資事業有限責任組合 4.24%
(株)三菱総合研究所 4.07%
安田企業投資3号投資事業有限責任組合 4.07%  
濱川洋三 2.15%

まとめ

業種面ではソフトウェア開発、自社ソリューションの開発・保守、IT技術者の派遣等の情報サービス事業ということで、IPOにおける人気度はそこそこ高いと思われます。

約10.5億円という上場規模は東証マザーズとしてもやや小型であり、需給状況に大きな不安はありません。成長性・収益性も文句ない水準です。

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。ただし、ギリシャ問題の深刻化によって市況が不安定となっています。

ギリシャの国民投票(7月5日)において、欧州の支援受け入れが決まればよいですけれども、もし否決されたらしばらく金融市場は不安定となり、日本の株式市場・IPOにも悪影響が及ぶでしょう。

主幹事はみずほ証券です。その他は、三菱UFJモルスタ証券、野村證券、SBI証券、SMBC日興証券、岡三証券、東海東京証券、岩井コスモ証券、マネックス証券、むさし証券で申し込めます。

カブドットコム証券でも取扱いが期待できます。カブドットコム証券は当サイトとスペシャルタイアップキャンペーンを開催しています。口座開設で1,000円のプレゼントがあります。

東海東京証券は口座数が少なくてライバルは少なめです。IPOを狙う際には口座を持っておくと確率が上がります。9月末まで現物・信用手数料が無料となるキャンペーンもあります。

岡三オンライン証券でも取り扱いが期待できます。口座数が少なくてライバルは少なめです。IPO当選を目指す上で口座開設しておきたい証券会社です。今なら投資本のプレゼントが有ります。

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

<投資スタンス>
やや強気
(※強気・やや強気・中立・弱気の4段階)

※過去1年間のIPO初値予想の履歴

銘柄名 発表時 BB直前 結果
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 中立 中立 5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング 中立 中立 -7.7%
ムゲンエステート 中立 中立 10.0%
フリークアウト 強気 強気 250.0%
ポバール興業 中立 中立 6.6%
OATアグリオ 中立 中立 -6.3%
メドピア 強気 強気 131.3%
レアジョブ 強気 強気 169.7%
VOYAGE GROUP 強気 強気 40.0%
鳥貴族 やや強気 やや強気 120.7%
イグニス 強気 強気 342.1%
日本ビューホテル やや弱気 やや弱気 -2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザー やや強気 やや強気 126.3%
ロックオン 強気 強気 284.6%
リアルワールド 強気 強気 79.8%
AMBITION やや強気 強気 62.0%
ジェネレーションパス 強気 強気 119.2%
リボミック 中立 やや強気 -20.4%
FFRI 強気 強気 176.5%
ホットランド 中立 中立 -1.7%
ヤマシンフィルタ 中立 中立 19.6%
すかいらーく 中立 中立 0.0%
リクルートホールディングス 中立 中立 2.3%
GMOリサーチ 強気 強気 133.3%
セレス 強気 強気 55.4%
オプティム 強気 強気 260.0%
アルファポリス 強気 強気 93.2%
エラン やや強気 やや強気 70.3%
日本ヘルスケア投資法人 やや強気 やや強気 48.1%
SHIFT 強気 強気 361.5%
CRI・ミドルウェア 強気 強気 462.5%
日本PCサービス 中立 やや強気 67.7%
トーセイリート投資法人 やや弱気 中立 11.6%
積水ハウス・リート投資法人 やや強気 やや強気 22.7%
弁護士ドットコム 強気 強気 215.4%
クラウドワークス 強気 強気 73.2%
スノーピーク やや強気 やや強気 134.3%
ビーロット 強気 強気 422.4%
GMO TECH 強気 強気 135.2%
テクノプロ・ホールディングス 中立 中立 -5.0%
アトラ やや強気 やや強気 77.4%
マークラインズ 強気 強気 77.3%
メディカル・データ・ビジョン 強気 強気 135.9%
U-NEXT やや強気 中立 31.7%
SFPダイニング やや弱気 やや弱気 -16.5%
今村証券 中立 中立 27.4%
フルッタフルッタ 強気 やや強気 51.5%
竹本容器 中立 中立 2.0%
gumi 中立 中立 0.0%
大冷 やや弱気 やや弱気 -6.7%
アドベンチャー 強気 強気 127.2%
メタウォーター やや弱気 やや弱気 -6.0%
サイジニア 強気 強気 125.8%
インターワークス やや強気 やや強気 16.7%
イーレックス 中立 中立 11.2%
データセクション 強気 強気 73.1%
綿半ホールディングス やや弱気 やや弱気 6.3%
ヨシックス 中立 中立 29.4%
東京ボード工業 やや弱気 やや弱気 -8.0%
カヤック 強気 強気 222.0%
エクストリーム 強気 強気 296.4%
MRT 強気 強気 309.4%
Keeper技研 やや強気 やや強気 49.1%
ケネディクス商業リート投資法人 中立 やや強気 13.3%
ファーストロジック 強気 強気 52.5%
ファーストブラザーズ やや弱気 やや弱気 2.5%
ホクリヨウ 中立 中立 8.9%
ALBERT 強気 強気 115.7%
シリコンスタジオ やや強気 やや強気 102.0%
コラボス 強気 強気 137.6%
エムケイシステム 強気 強気 332.0%
ショーケース・ティービー 強気 強気 193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人 やや強気 やや強気 54.5%
エスエルディー 強気 強気 15.3%
ヒューマンウェブ やや強気 やや強気 11.7%
イード 強気 強気 46.4%
ファーストコーポレーション やや強気 やや強気 25.0%
RS Technologies 中立 中立 -23.6%
シンデン・ハイテックス やや強気 やや強気 12.2%
ハウスドゥ やや強気 やや強気 47.2%
Aiming 中立 中立 12.2%
モバイルファクトリー 強気 強気 99.4%
日本動物高度医療センター やや強気 やや強気 44.2%
プラッツ やや強気 やや強気 70.2%
sMedio やや強気 やや強気 58.7%
サンバイオ 弱気 弱気 -14.5%
海帆 やや強気 やや強気 76.5%
Hamee やや強気 やや強気 67.2%
日本スキー場開発 中立 中立 9.9%
シーアールイー 弱気 弱気 -7.3%
三機サービス 中立 中立 37.1%
レントラックス 強気 強気 53.1%
リンクバル やや強気 やや強気 27.9%
ジグソー 強気 強気 236.4%
Gunosy 中立 中立 0.0%
デザインワン・ジャパン やや強気 やや強気 50.9%
テラスカイ 強気 強気 350.0%
ヘリオス 中立 弱気 22.5%
スマートバリュー 強気 強気 344.9%
マーケットエンタープライズ 強気 強気 167.0%
デジタル・インフォメーション・テクノロジー 強気 強気 246.2%
エコノス 弱気 中立 120.0% 
中村超硬 弱気 弱気 11.8%
メニコン やや強気 やや強気 73.5%
冨士ダイス 弱気 弱気 50.9%
ファンデリー 強気 強気 102.1%
ナガオカ 中立 中立 40.6%
サムティ・レジデンシャル投資法人 中立 中立  -2.9%
富士山マガジンサービス 強気 強気  
クレステック やや強気 やや強気  
平山 やや強気 やや強気  
アイリッジ 強気 強気  
デクセリアルズ 弱気    
ジャパン・シニアリビング投資法人 やや強気    
イトクロ 中立    

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

デザインワン・ジャパン

新規上場!デザインワン・ジャパンのIPOの初値予想

デザインワン・ジャパン(6048)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は4月13日

記事を読む

セレス

セレスのIPOの初値予想

セレス(3696)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は10月3日(金)~10

記事を読む

ミズホメディー

新規上場!ミズホメディーのIPOの初値予想

ミズホメディー(4595)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は11月30日(月)~1

記事を読む

パソコンの画面を指す手

新規上場!ソネット・メディア・ネットワークスのIPOの初値予想

ソネット・メディア・ネットワークス(6185)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は1

記事を読む

かんぽの宿青梅のベッドルーム

新規上場!日本郵政のIPOの初値予想

日本郵政(6178)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は10月8日(木)~10月23

記事を読む

ALBERT(アルベルト)

新規上場!ALBERT(アルベルト)のIPOの初値予想

ALBERT(3906)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2月2日(月)~

記事を読む

青空と雲

新規上場!グローバルウェイのIPOの初値予想

グローバルウェイ(3936)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は4月4日(月)~4月

記事を読む

あんしん保証

新規上場!あんしん保証のIPOの初値予想

あんしん保証(7183)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は11月2日(月)~11月

記事を読む

ランドコンピュータ

新規上場!ランドコンピュータのIPOの初値予想

ランドコンピュータ(3924)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は11月25日(水)

記事を読む

スノーピーク

スノーピーク(snow peak)のIPOの初値予想。株主優待に期待!

スノーピーク(7816)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は11月26日(水

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

アメックスの当サイト限定タイアップキャンペーン
カード発行だけでAmazonギフト券5,000円分プレゼント!初年度の年会費も無料

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

セントラル短資の限定タイアップキャンペーン
最大25,000円キャッシュバック!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
SBI証券 商品開発部の杉本部長、稲葉さん
SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!

幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券

3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

OKポーズの女性医師のイラスト
三井住友カードのドクターコール24で健康・医療の相談をしてみた!個人的口コミまとめ

三井住友カードが発行しているクレジットカードの中では、「ドクターコール

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは支払いまでの猶予期間が長い!支払サイトは日本でトップクラス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードという法人カ

ビジネス
Yahoo! JAPANも導入した「通年採用」が拡大の傾向!転職がより一層便利になる方向へ

Yahoo! JAPANが「ポテンシャル採用」(通年採用)を導入すると

→もっと見る

PAGE TOP