*

P-one Wizは年会費無料で還元率1.5%!メリット・デメリット・年会費の仕組まとめ

更新日: クレジットカード

P-one Wiz

P-oneカードから、P-one Wizというクレジットカードが登場しました。

年会費無料で還元率1.5%(入会から3ヶ月間は2.5%)、Tポイントに即時交換可能、ポイントモール経由でネット通販が高還元などのメリットがあります。

P-one Wizの特徴、メリット、デメリット、審査についてまとめます。


P-oneカードは知名度は低いと思いますが、ファミリーマート、TSUTAYA、ZOZOTOWN、コーナン商事等との提携カードを合わせると、全国に約500万人の会員がいるクレジットカードです。

P-oneカードを発行しているポケットカードは東証一部上場企業です。東証一部上場の要件を充足しており、一定の信頼感があります。親会社はファミリーマートです。

2015年7月から、P-oneカードのラインナップに「P-one Wiz」が加わりました。申し込めるのは、(1)18歳以上(高校生は除く)、(2)電話連絡が可能、(3)安定した収入がある方、またはその配偶者です。

P-one Wizの「Wiz」は「Wizard」や「With」の意味が込められています。付帯している様々な特典を掛け合わせる(With)ことで、賢く(Wizard)お得に買い物できる便利なカードです。

P-one Wizの決済ブランドはMasterCard、VISA、JCBから選べます。どのブランドでもセキュリティが高いICチップが搭載されています。

カードフェイスは、レッドとシルバーの二種類です。レッドはボルドーのような落ち着いた色合いです。

P-one Wiz

P-one Wizのメリット

P-one Wizは、既存のP-oneカード(Standard)と比較してメリットが大きいクレジットカードです。

P-one Wizを利用すると、使った金額が自動的に1%OFFになって、請求されるカードです。100円毎に1円割り引かれます。これはStandardと同じです。

例えば1万円使ったら、銀行口座から9,900円が引き落とされることになります。割引は100円単位なので、9,980円使ったら、9,900円×1%=99円が割り引かれて、9,881円が請求されます。

P-oneカードの自動割引の仕組み

一ヶ月あたりの上限はありません。利用限度額が50万円なら最大で50万円まで1%割引となります。普通の加盟店ではもちろん、携帯電話の料金、電気代・ガス代などの公共料金の支払にも割引が適用されます。

P-one Wizの場合は、1%OFFに加えて更にポケット・ポイントが1,000円あたり1ポイントもらえます。

ポケットポイントは1ポイント3円相当が基本ですが、P-one Wizは特別に優遇されており、Tポイントへの交換なら1ポイント5円相当に交換できます。ポケットポイント1ptをTポイント5ptに交換できます。

つまり、P-one Wizは利用金額からの1%OFFに加えて、0.5%相当のポイントがもらえるので、合計の還元率は1.5%です。Tポイント以外への交換だと1.3%となります。

しかも他のP-oneカードは300ポイントが最低交換ポイントですが、P-one Wizは100ポイントから交換できます!

Tポイント反映まではこれまでのP-oneカードは最長6週間でしたが、P-one Wizは即日~最長翌日へ短縮します。

厳密には1%OFFされた利用金額に対してポケットポイントが付与されます。99%×0.5%になるので、Tポイントの還元率は0.495%となります。合計で1.495%還元となります。

年間30万円使えば4,500円のリターンがあります。年間50万円だと7,500円、年間100万だと15,000円です。まとまるとかなりの金額ですね。

最近はかなり多くのお店でクレジットカードを使えますし、固定費も支払えます。ネット通販はクレカ決済が便利です。

0.5%や1.0%、1.25%のクレジットカードと比べるとかなりの差が出てきます。

年間利用額 P-one Wiz 0.5%のクレカ 1.0%のクレカ 1.25%のクレカ
100,000 1,495 500 1,000 1,250
200,000 2,990 1,000 2,000 2,500
300,000 4,485 1,500 3,000 3,750
400,000 5,980 2,000 4,000 5,000
500,000 7,475 2,500 5,000 6,250
600,000 8,970 3,000 6,000 7,500
700,000 10,465 3,500 7,000 8,750
800,000 11,960 4,000 8,000 10,000
900,000 13,455 4,500 9,000 11,250
1,000,000 14,950 5,000 10,000 12,500
1,500,000 22,425 7,500 15,000 18,750
2,000,000 29,900 10,000 20,000 25,000

浮いた分で美味しいものを食べたり旅行したり、貯金したり色んなことができますね。P-one Wizならではのメリットです。

サンリブ、マルショク、ポケットカードトラベルセンター、電子マネーチャージ、金券類、生損保等の各種保険料、ETCカード利用分、キャッシング利用分、その他一部の取引は1%OFFの対象外となります。

電車の定期券が対象か否かについてポケットカードに問い合わせたところ、1%OFFの対象というご回答でした。

ほとんどの買物の度に1%割り引かれるので、ポイントを貯めて交換という手間がありません。請求額から割り引かれるのは驚異的に便利ですね^^

また、残り0.495%のポイントは、ファミリーマート、マルエツ、すかいらーくグループ、TSUTAYA、Yahoo!ショッピング・LOHACOなど多数の加盟店で1ポイント1円で使えるTポイントに交換できます。

Tポイントカード
有名なポイントカードの一つに、Tポイントカードがありますね。TSUTAYAとレンタル契約していなくても、ポイントカードのみを持つこ...

Tポイントも現金同様の利便性があるカードです。P-one Wizは本当に便利です。

入会から3ヶ月間は約2.5%還元と驚異的にお得!

笑顔で抱きあう女性

入会から3ヶ月間は、ポケットポイントが3倍の約1.5%となります。1%OFFと合わせて、入会から3ヶ月間は還元率が最大で約2.5%還元(厳密には2.485%)となります。

これは驚異的にお得ですね^^

差分ポイント(1.5%-0.5%=1.0%)はボーナスポイントにて付与されます。ボーナスポイントは通常付与の翌月明細で付与されます。

P-one Wizの入会から半年間のキャンペーン

自動車や家電など何か大きな買い物、海外旅行、引越し、結婚、出産、留学などの大きなイベントが予定されている場合は、P-one Wizに入会して支払うと極めてお得になります。

クレジットカード決済ができる自治体にふるさと納税をする場合もお得です。ふるさと納税でも還元が適用されます。

P-one Wizの利用明細(ふるさと納税)

入会から一定期間ポイントアップのキャンペーンがあるクレカで最もお得だったのは、Orico Card THE POINTです。しかし、2%にすぎません。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)
オリコが発行している高還元率のクレジットカードがあります。「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)で...

それを考えると、P-one Wizの2.5%という数字は圧巻の高還元です。とても太っ腹でお得過ぎるキャンペーンです。

年会費が無料

これだけお得なカードだと年会費がいくらなのかが心配になりますよね。ご安心ください!

本人カード

P-one Wizの年会費は永年無料です。年会費がかからないのは嬉しいですね^^

P-one Wizはリボ払い専用カードです。初回はリボ払いの手数料が無料です。

全額払いが希望の場合は、カード入会後、「ネットカウンター」という会員サイトから手続きすれば変更することは可能です。

ショッピング利用枠の上限は200万円であり、キャッシング利用枠の上限は150万円です。

家族カード

P-one Wizには家族カードがあります。本人会員と生計を同一にする家族(高校生を除く18歳以上)の方が申し込めます。本人会員カード1枚につき、家族カードは3枚まで発行できます。

本人会員が学生・未成年の場合、家族カードは申し込めません。家族カードの年会費・管理費はいずれも無料です。

P-one Standardは入会次年度より1枚につき年200円(税抜)かかるので、P-one Wizが無料なのはお得感があります。

家族カードの利用代金のお支払いは、本人会員カードご利用代金に合算され、本人会員カードご利用代金お支払い口座からの自動振替となります。

ETCカード

新規発行手数料は1,000円(税抜)であり、有効期限を更新する際は手数料:1,000円(税抜)がかかります。

ETCカードは1%OFFの対象外なので、P-one WizでETCカードを使う場合の還元率は0.5%のみとなります。

ETCカードは別のクレジットカードで発行する方がお得です。2枚持ちがOKならば、以下の年会費・ETC年会費がいずれも無料のクレジットカードを使うとお得です。

ポケットモール(旧P-oneモール)でネット通販が更にお得

ポケットモール」というP-one Wiz会員が使えるオンライン・ショッピングモールがあります。従来のP-oneモールが2017年3月8日にリニューアルしました。

ポケットモールを経由して、ネット通販サイトで、P-one Wizでオンラインショッピングすると、ポケット・ポイントのボーナスポイントが貯まります。

主なサイトと特別に付与されるプラスポイントの還元率は下表のとおりです。還元率のカッコ内の数字はTポイント以外にポイント交換した場合の数字です。

商品名 ポイント付与 還元率
楽天市場 1,000円につき+2ポイント 0.6%
Yahoo!ショッピング 1,000円につき+3ポイント 1.5%(0.9%)
ポケットブックストア 1,000円につき+15ポイント 7.5%(4.5%)
LOHACO 1,000円につき+5ポイント 2.5%(1.5%)
ヤフオク! 1,000円につき+3ポイント 1.5%(0.9%)
ポンパレモール 1,000円につき+3ポイント 1.5%(0.9%)
セブンネットショッピング 1,000円につき+1ポイント 0.5%(0.3%)
SEIYUドットコム 1,000円につき+3ポイント 1.5%(0.9%)
ABCネットプリントLight 1,000円につき+11ポイント 5.5%(3.3)
スカイパックツアーズ 1,000円につき+5ポイント 2.5%(1.5%)
爽快ドラッグ 1,000円につき+2ポイント 1.0%(0.6%)
ホットペッパー グルメ 30ポイント  
じゃらん 180ポイント  
ベルメゾンネット 1,000円につき+2ポイント 1.0%(0.6%)
ニッセン(nissen) 1,000円につき+4ポイント 2.0%(1.2%)
hontoネットストア 1,000円につき+3ポイント 1.5%(0.9%)
ビックカメラ.com 1,000円につき+2ポイント 1.0%(0.6%)
ヤマダウェブコム 1,000円につき+1ポイント 0.5%(0.3%)
RaCoupon 買うクーポン 1,000円につき+2ポイント 1.0%(0.6%)
マルイウェブチャネル 1,000円につき+10ポイント 5.0%(3.0%)

注目すべきはポケットブックストアです。還元率7.5%とプラスポイントが高めです。本・CD・DVDが安く買えます。

LOHACOも2.5%と高還元です。Yahoo!ショッピングやポンパレモール、ネットスーパーのSEIYUドットコムは1.5%のプラスポイントがつきます。

例えばポケットブックストアでお買い物したら、入会から3ヶ月間はクレカの還元率と合計でなんと10%になります!それ以降も9%と驚異的な高還元です。

LOHACOなら入会から3ヶ月間は合計5%・それ以降は4%、Yahoo!ショッピングは入会から3ヶ月間は合計4%・それ以降は3%です。

楽天市場は楽天ポイント、Yahoo!ショッピング・LOHACOはTポイント、ポンパレモールはリクルートポイント(Pontaポイント)も貯まるので、三重でお得になります。

Yahoo!ショッピング・LOHACOでは、Yahoo!が出しているクレジットカード「Yahoo!Japanカード」よりも、なんとP-one Wizの方がお得です。

ポイント交換先

P-one Wizでカードショッピングすると、ポケット・ポイントが1,000円あたり1ポイントもらえ、ポケットモール経由でネットショッピングするとボーナスポイントがもらえますね。

ポイントが貯まると、商品券やTポイント・au WALLETポイント・dポイントとの交換に加えて、現金口座への振込みも選べるので現金同様の価値があるポイントです。

P-one Wizの場合はTポイント優遇があるので、Tポイントへの交換が0.5%となってお得です。Tポイント以外への交換だと約0.3%となります。

P-one Wizは100ポイントから交換できるのがメリットです。ポイントの有効期限は2年間です。交換可能な商品の例は以下のとおりです。

商品名 ポケットポイント 交換先の金額
Tポイント 100 500
ファミリーマートお買い物券1,000円分 250 1,000
銀行口座にキャッシュバック 300 900
dポイント 300 900
au WALLETポイント 300 900
Gポイント 300 900
ベルメゾン(千趣会)お買い物券 300 1,000
JALマイル 300 450
Amazonギフト券 330 1,000
ジェフグルメカード 980 3,000
ギフトカード 1,000 3,000
QUOカード 1,000 3,000
図書カード 1,000 3,000

※JALマイルは年会費3,000円(税抜)のマイルCLUBセレクトコースに入ると、300ポイント→900マイル

映画チケット、ホテルの食事券、ギフトカタログなどに交換することも可能です。

商品名 必要ポイント
イオンシネマSMT共通チケット 大人2名 800
横浜・八景島シーパラダイスアクアリゾーツパス引換券 大人1名 450
ホテル椿山荘東京
ランチお食事券
1500
ホテル椿山荘東京
ディナーお食事券
3400
ギフトカタログ「ブランセレクション」 650
ギフトカタログ「タイム」 800
ギフトカタログ「イベリス with GA」 1150
ギフトカタログ「ペパーミント with GD」 1650

P-one Wizで貯まるポケットポイントは、毎年5月1日~翌年4月1日を同一年度分として集計し、翌年度の交換期限(翌々年4月10日21:30)まで有効となります。

例えば、2016年度(2016年5月1日〜2017年4月1日)に付与されたポケットポイントの有効期限は、2018年4月10日の21:30までとなります。有効期間は約1~2年です。

ポケットポイント有効期限イメージ図

電子マネー

モバイルSuica、SMART ICOCAにはどの国際ブランドでもチャージできます。JCBのみnanaco、MasterCardのみau WALLETにチャージできます。

ただし、どの電子マネーへのチャージでも1%割引の特典の対象外です。

また、ポケット・ポイントも貯まらないので、P-one Wizでチャージするメリットはありません。楽天Edy・WAON・PASMOにはチャージそのものができません。

2016年11月6日(日)利用分までは、nanacoチャージによっても、1%OFFとポイント付与が適用されました。

ポケットカードのWebサイトにおいては対象外と明記されていますが、システムの改定が追いついてなく1.5%還元となっていました。

しかし、2016年11月7日以降は原則のとおり、nanacoチャージでは、1%OFFとポケットポイントの付与が対象外となります。

nanacoチャージの前には、本人認証サービスへの登録が必要です。会員サイトのネットカウンターのメインメニューの「本人認証サービス」→「登録/更新」を選択し、画面に沿って手続きできます。

ネットカウンターの本人認証サービス画面

nanacoやau WALLETのチャージ時に入力する本人認証サービスの暗証番号は、ネットカウンターのログインパスワードです。

電子マネーを使う場合は、普段はP-one Wizをメインカードとしつつ、他のクレジットカードからチャージしましょう。

電子マネー カード名 還元率 年会費(税抜)
nanaco リクルートカード 1.20% 無料
楽天カード 1.00% 無料
Yahoo! JAPANカード 1.00% 無料
楽天Edy リクルートカード 1.20% 無料
TOKYU CARD ClubQ JMB 1.00% 1,000
WAON イオンカードセレクト 0.5-1.5% 無料
モバイルSuica ビックカメラSuicaカード 1.50% 年1回の利用で無料
「ビュー・スイカ」カード 1.50% 477
PASMO TOKYU CARD ClubQ JMB 1.00% 1,000
ANA To Me CARD PASMO JCB 0.50% 2,000
To Me CARD Prime PASMO 0.50% 年50万円以上利用で無料
OPクレジットカード 0.50% 年1回の利用で無料
京王パスポートVISAカード 0.50% 年1回の利用で無料
SMART ICOCA エクストリームカード 1.50% 30万円以上利用で無料
楽天PINKカード 1.00% 無料
au WALLET DCカードJizile 1.50% 無料
Orico Card THE POINT 1.00% 無料

Apple Payに対応!お買い物・Suicaチャージが可能

ポケットカードとApple Pay

 iPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から、おサイフケータイに類似するサービス「Apple Pay」が利用可能になりました。

Apple Pay
いよいよApple Pay(アップルペイ)が日本対応して、わが国においても使いやすくて便利な仕組みとなりました。モバイルSuica...

モバイルSuicaに類似した仕組みで電車・バス等に乗ることができます。また、iD、QUICPayの店舗でお買い物できるようになります。

ANAスキップサービスにも対応して、iPhoneでANAの飛行機に搭乗できます。今後も対応の電子マネーは拡大していくことが見込まれます。

iPhoneでお店でお買い物をしたり、電車・バスなどに乗ることができるようになります。アップルペイは2016年10月25日から日本でサービスを開始しました。

Suicaは使えますが、PASMO、SMART ICOCA、PiTaPaには対応していません。Suica機能で改札は通過できますが、パスモの定期券は搭載できません。

iPhone 7にフェリカの読み取り機と信号をやり取りする機能を搭載されます。フェリカ対応の読み取り機があるコンビニ、自販機、改札などで、iPhoneでの決済が可能となります。

iPhone 5s・6・6s
アップルがiPhone 7にFeliCa(フェリカ)を搭載することになり、2017年に日本でスマホを使った決済サービス「アップルペ...

P-one WizはApple Payの導入当初は対応していませんでしたが、2017年3月1日からは利用可能になりました。

Apple Payに登録すると、QUICPayとして割り当てられて、全国のQUICPay加盟店でお買い物できます。ポイントも貯まります。

MasterCard、JCBブランドの場合、店舗でのお買い物だけではなく、SuicaへのチャージなどApple PayのSuicaの支払いにP-one Wizを利用することも可能です。

JR東日本が出しているiPhone用の「Suica」アプリにVISAを登録して、Suicaアプリ内で「クレジットカード」によるチャージを行う場合は、VISAでもSuicaチャージが可能です。

SuicaアプリのSuica一覧画面

しかし、Suicaチャージ・Suicaグリーン券・定期券・モバイルSuica特急券など、Suica利用分はポイント付与の対象外です。通常のモバイルSuicaと同様の取扱いとなります。

オートチャージもできません。オートチャージが可能なのはビューカードのみです。

ビューカードは1.5%還元で高還元ということもあり、Apple PayのSuicaを利用する場合はビューカードが第一候補です。

Apple PayとSuica、国際ブランドの関係については、以下にまとめています。

Apple Pay
ついに日本でも始まった「Apple Pay」。当初はクレジットカードの国際ブランドのうち、JCB、MasterCard、アメックス...

セキュリティも高く、安心に利用できるような頑健ない仕組みとなっています。個人情報は、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュア・エレメントに保管されます。

Apple Payを使っている端末を紛失した場合、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定すると、簡単にApple Payの利用を一時停止できます。

新しいiPhoneやApple Watchに、Suicaのチャージ残高や定期券を移行することも可能です。Apple Payが使えるクレジットカードについては、以下で比較しています。

Apple Payとクレジットカード
iPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から、おサイフケータイに類似するサービス「Apple P...

Apple PayのSuica機能の詳細、アップルペイでのSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードについては、以下にまとめています。

Apple PayのWalletアプリにあるSuica
2016年10月25日、ついにApple Pay(アップルペイ)が日本で始まりました。歴史的な瞬間です。QUICPayかiD加盟店...
Apple PayのWalletアプリにあるSuica
2016年10月25日からApple PayでSuicaが始まりました。iD、QUICPayでのお買い物、Suicaチャージが可能...

実際にApple Payを使ってみた感想については、以下にまとめています。

Apple Pay
Apple Pay(アップルペイ)を数日間リアル店舗、アプリ(ネット決済)、Suicaに使ってみて、良い点・悪い点が見えてきました...

付帯保険・その他

ショッピングを楽しむ女性のイラスト

P-one Wizにはショッピング保険「購入商品安心保険」が付帯します。カードで購入した商品が購入日から90日以内に、偶然な事故で破損したり盗難にあった場合、その損害額が補償されます。

年間補償限度額は50万円です。3,000円の自己負担(免責金額)があります。家族カードも同様に適用されます。

年会費無料なのにショッピング保険がついているカードはあまりありません。P-one Wizは太っ腹な補償が用意されています。安心してお買い物できますね!

もちろん、「紛失・盗難補償」もついています。カードを失くしたり、盗まれて万が一不正使用された場合でも、紛失・盗難を届け出た日の前後60日間の計121日間の損害額が補償されます。

また、インターネット取引での不正利用による損害も補償されます。安心してネット通販でP-one wizを使うことができます。

年会費無料のクレジットカードの中には、盗難補償のみが対象で、紛失時の補償はないカードもあります。盗難だけではなくて紛失も補償されるのは大きなメリットです。

また、JCBブランドについては、「JCB海外お買い物保険」 も付帯します。海外のJCB加盟店で購入した品物の、 偶然の事故による破損・盗難などの損害が、購入日から90日間、 補償されます。

こちらは年間(毎年7月1日より1年間)の限度額は50万円です。1回の事故につき1万円の自己負担があります。 事前の届け出などは不要で手間がかかりません。

利用可能枠は、ショッピングが上限200万円、キャッシングが上限150万円です。本人認証サービス(MasterCard SecureCode TM、VISA認証サービス、J/Secure TM)も利用可能です。

P-oneカード共通のメリット

レンタカー割引

トヨタレンタリース、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタル(旧マツダレンタカー)のレンタカー料金が5%割引となります。

例えば1泊2日の旅行で2万円使うと1,000円割引です。車を持っていない場合は実用的なサービスですね。

トヨタの自動車

パッケージツアーが3~8%割引

ポケットカードトラベルセンターでのお申し込み(Webか電話)で、有名旅行会社のパッケージツアーが3~8%割引になる特典があります。これは1%OFFの対象外となります。

海外パッケージツアー

JALパック、ANAハローツアーなどの海外旅行のパッケージツアーが数%の割引となります。海外旅行はまとまった料金となるため、利用する場合は割引額も大きくなってお得です。

商品名 割引率
レインボーツアー 8%
クラブメッド 8%
グローバル 8%
JALパック 5%
ANAハローツアー 5%
マッハ 5%
ハッピーツアー 5%
東武トラベル 5%
プレイガイドツアー 5%
travie 5%
パセオ 5%
ビッグホリデー 5%
ウィッティ 5%
デルタバケーション 5%
ユナイテッドホリディ 5%
クラブ21 5%
WALK 5%
スカイツアー 3%
トップツアー 3%
ベスト 3%
パノラマ 3%

国内パッケージツアー

JALパック、ANAスカイホリデー、赤い風船などの国内パッケージツアーが3%~8%の割引となります。

商品名 割引率
クラブメッド 8%
JALパック 5%
ANAスカイホリデー 5%
小田急トラベル 5%
スカイパックツアーズ 5%
マイホリデー 5%
びゅう 5%
赤い風船(日本旅行) 3%
トップツアー 3%
ビッグホリデー 3%
東武トラベル 3%
オリオンツアー 3%

これらのパックツアーを利用しているのであれば、P-one Wizを持っていると、ポケットカードトラベルセンター経由だと3~8%割引となります。これは非常にお得ですね。

使っているものがあれば、P-one Wizを持つことのメリットが増加します。

海外サポートサービス

「ポケットワールドデスク」というサービスがあります。

現地の気候・為替レート・ATMの利用方法、旅行先でのホテル・レストランなどの予約、チケット手配、万が一のこと等について、電話で日本語で相談できます。

カード・パスポートの盗難紛失やケガ・病気などの際に、各種手続き・連絡先のご案内などにも対応します。

日本時間の9:00~18:00は各滞在国から通話料無料で、電話できます。それ以外の時間帯はコレクトコールとなります。

海外おみやげ宅配サービス

出発前にカタログで申し込むと、帰国後の希望の日時に、海外のお土産が自宅に届くサービスです。旅行先でお土産を選んで持ち帰る手間がなくなるのがメリットです。

P-one Wizで利用すると会員特別価格の10%OFFでお買い物できます。カタログは以下10種類です。

  • ヨーロッパⅠ(西欧・中欧)
  • ヨーロッパⅡ(東欧/北欧/アフリカ)
  • アメリカ・カナダ
  • ハワイ
  • オーストラリア・ニュージーランド
  • 東南アジア
  • 中国・香港
  • 韓国
  • 台湾
  • グアム・サイパン

P-one Wizのデメリット

100円未満が切り捨て

P-one Wizは利用する度に100円ごとに1%割引となります。1~99円の端数は、毎回切り捨てられます。

リクルートカードのように月間の合計利用金額に対してポイントが付与されるため、端数が無駄にならないクレジットカードもある中で、毎回端数の利用額が無駄になるのは地味なデメリットです。

しかし、ポイントを貯めて交換という手間が不要なのは絶大なメリットなので、仕方ないかなという気もします。許容範囲です。

端数の利用額を無駄にしたくない場合は、月間の利用額100円ごとにポイントが貯まるリクルートカードがおすすめです。

ETCカードが有料

ポケットカードのETCカード

ETCカードの発行に1,000円、更新時1,000円の費用がかかります。ETCカードでポイントが貯まらないのもデメリットです。

ETCカードは年会費無料のクレジットカードで発行しましょう。ポイントの有効期限がなく、西友では3%OFFとなるウォルマートカードセゾン・アメックスなどは、ETC用のサブカードとして便利です。

旅行保険・付帯サービスがない

海外・国内旅行傷害保険はありません。また、ラウンジ利用や旅行時の手荷物サービスもありません。

ポケット・サポート・サービス」という健康・医療・介護電話相談、水周りの応急処置、玄関の鍵開け、夜間・休日医療機関案内、レッカー牽引・落輪引上げ、帰宅費用などのサービスがありますが、1,800円(税抜)の有料となっています。

また、「カーライフホッとライン」という故障時緊急修理サービス、レッカー現場急行サービスなどの車の緊急トラブルサービスもありますが、これも700円(税抜)の有料です。

しかし、年会費無料なのでそれはやむを得ませんよね。それらの付帯サービスが必要でしたら、上級カードを契約することになります。

海外旅行傷害保険がほしい場合は、年会費無料で自動付帯のJCB EITやエポスカード、横浜インビテーションカードをサブカードで持つのがおすすめです。無料で最高2000万円の海外旅行保険が付きます。

この3枚のカードを保有していたら、最も利用頻度が高い治療費用(傷害・疾病)の保険が充実します。合計で570万円の疾病治療・500万円の傷害治療の補償をなんと無料で確保できます。

エポスカード(EPOS CARD)
エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイ...
JCB EIT
JCB EIT(ジェーシービーエイト)というクレジットカードがあります。その名のとおり、JCBが発行するクレジットカードです。JC...
横浜インビテーションカード(ハマカード)
横浜インビテーションカード(ハマカード)というクレジットカードがあります。年会費無料で自動付帯の海外旅行傷害保険がついてくるのが絶...

審査

審査内容

P-one Wizは、日本国内在住の18歳以上で電話連絡が可能な人に限るとされています。高校生は対象外です。未成年の場合は保護者の同意が必要です。

安定的な収入があり、勤続年数が長いほど審査に有利です。逆に収入が不安定で勤続年数が短いほど不利です。女性のフリーランスやトレーダーの場合、職業を「家事手伝い」と書いて年収を記載するとクレジットカードの審査に通ったという例があります。

居住している家が、持ち家であると審査に有利です。一般論としては、自分のものではなくても家族の持ち家でもやや有利です。

これまで他のクレジットカードやカードローン、消費者金融、信販、リース、携帯電話の機種の分割料金等で遅延・滞納・延滞があった場合は、審査が厳しくなります。

遅延・滞納・延滞については、信用情報機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター)で2年間記録されて管理されており、「CRIN」というシステムで事故情報が共有されています。

クレジットカードを作成する際は、クレジットカード会社はこれらの信用情報機関を利用して審査します。ローンの借入状況、カードの保有枚数、過去の遅延・滞納・延滞などについてチェックします。

クレカ会社に提出した書類に虚偽表示があった場合、審査には大きな悪影響が及びます。年収を正確に把握することは難しいため、年収をおおよその金額に丸める程度は問題ありません。それ以外の項目は正確に申告しましょう。

遅延・滞納・延滞

クレカや携帯割賦金などの支払いが遅れたからといって、即座に滞納として信用情報機関に記録されて審査に響くわけではありません。

信用情報機関に金融事故として記録されるまでには1か月~1か月半の猶予があります。うっかり銀行口座の残高が不足して払えなかったことがあっても、通知が来てからすぐに支払っている場合は、気にする必要はありません。

過去2年以内に延滞したり、過去5年以内に自己破産したなどの金融事故情報がある場合は、審査は厳しくなります。支払いが遅れてもすぐに記載されるわけではありません。支払遅延後にカード会社から通知される期限内に支払えば問題ありません。

2年や5年の期間を過ぎると記載は消滅するため、過去に事故がある場合は、この期間を過ぎるまで待つとP-one Wizが作れるようになる可能性があります。

借入金額

借入金額が多いと、カード審査に通らない可能性が増幅します。また、一定以上の借入件数があると申請を却下するルールとなっているクレカ会社もあります。

特にキャッシングは、年収の3分の1以上の金額を貸せないため、問答無用でそれ以上の金額は却下されます。ショッピング枠は承認されても、キャッシング枠は落ちることがあります。

借入金額は大きくないに越したことはありません。ただし、ショッピング枠はOKになることもあります。借入金額があったら有無を言わさず却下となるわけではありません。

カード発行後もP-one Wizは適宜、利用枠を増やしてくれます。入会から約1年経過後に利用枠が30万円アップしました。

P-one Wizのカード利用枠増額案内ハガキP-one Wizのカード利用枠増額案内

他のP-oneカードとの比較

P-one Wizは他のP-oneカードと比べてどうなのかが気になりますよね。年会費無料のP-one FLEXY、P-one Standardとの比較をまとめました。

項目 P-one Wiz P-one FLEXY P-one Standard
ショッピング 全額払い/リボ払い(ミニマムペイメント) リボ払い 1回/分割/ボーナス/リボ払い
リボ手数料 初回無料 あり あり(リボ指定の場合)
キャッシング 一括払い/リボ払い 一括払い/リボ払い 一括払い/リボ払い
年会費 無料 無料 無料
家族会員管理費 無料 無料 200円
盗難/インターネット保障
ショッピング保険 ×
実質年利 (SR) 18.00%
(初回手数料無料)
14.95% 17.95%
実質年利(CS) 14.95~17.95% 14.95~17.95% 14.95~17.95%
請求時割引 ○(1%OFF) ○(1%OFF) ○(1%OFF)
ポケットポイント ○(0.3-0.5%) ○(0.6%) ×
還元率(通常) 1.30%~1.50% 1.60% 1.00%
還元率(入会から3ヶ月間) 2.30%~2.50% 1.60% 1.00%

P-one FLEXYは最も高還元となりますが、リボ専用カードで必ず年利14.95%の手数料が発生するため、結局は還元よりも手数料の方が高くなります。

P-one WizはP-one Standardと同様に手数料無料の全額払いで1回払いと同じように使えて、かつ最大1.5%(入会から3ヶ月間は2.5%)と還元率が非常に高いのが魅力的です。

また、家族会員の管理費がP-one Standardは200円かかるのに対して、P-one Wizは無料なのが嬉しい点です。

P-one Wizはショッピング保険も付帯します。

年会費が有料のP-one カードの中には「P-oneカード<G>」というカードが有ります。年会費は税込3,240円で、還元率1.3%(1%OFF&0.3%文のポイント)です。

P-one Wizは年会費無料で還元率1.5%ですので、P-one Wizの方がお得です。P-oneカード<G>には海外旅行傷害保険(自動付帯)、国内旅行傷害保険(利用付帯)があります。

しかし、P-one Wizを使う場合でも、旅行保険はJCB EITエポスカード等の年会費無料の自動付帯カードを保有して寝かせておけばOKです。

以上を総合考慮すると、P-one WizはポケットカードのP-oneカードの中で最も魅力的なカードです。

他の年会費無料カードとの比較

P-one Wizの年会費無料で約1.5%還元(正確には1.495%還元)は魅力的とはいえ、他にもっと高還元のカードがあるのでは?と思いますよね。

他の年会費無料で高還元のクレジットカードを比較しましょう。利用金額ごとの還元額一覧についてまとめました。

利用金額 P-one Wiz 楽天カード リクルート REX Lite
月1万(年12万) 1,794 1,200 1,440 1,500
月1.5万(年18万) 2,691 1,800 2,160 2,250
月2万(年24万) 3,588 2,400 2,880 3,000
月2.5万(年30万) 4,485 3,000 3,600 3,750
月3万(年36万) 5,382 3,600 4,320 4,500
月4万(年48万) 7,176 4,800 5,760 6,000
月5万(年60万) 8,970 6,000 7,200 7,500
月6万(年72万) 10,764 7,200 8,640 9,000
月7万(年84万) 12,558 8,400 10,080 10,500
月8万(年96万) 14,352 9,600 11,520 12,000
月9万(年108万) 16,146 10,800 12,960 13,500
月10万(年120万) 17,940 12,000 14,400 15,000
月15万(年180万) 26,910 18,000 21,600 22,500
月20万(年240万) 35,880 24,000 28,800 30,000

P-one Wizはありとあらゆる価格帯で圧倒的なNo.1です。年会費無料のカードでは還元率日本一です。

空を指す人差し指

他の高還元クレジットカードとの比較

P-one Wizは高還元とは言っても、他にも高還元カードはありますよね。そっちの方がお得では?と気になりますよね。

そこで、他の高還元クレジットカードとの比較をまとめます。

2016年3月15日まで申し込めたリクルートカードプラスはリクルートカード同様にローソンの「Loppiお試し引換券」を使うと、1ポイント1.5~3円相当の商品と交換できました。

ポイントをこれで使うなら、リクルートカードプラスは還元率は圧倒的NO.1となります。

参考リクルートカードプラスは実質還元率が3.0-6.0%!メリット・デメリットまとめ

いやいや、ポイントは現金還元が一番!という方は、REXカード漢方スタイルクラブカードという選択肢もありました。

しかし、2015年12月に漢方スタイルクラブカード、REXカード、リーダーズカードが相次いで改悪となりました。

REXカードと漢方スタイルクラブカードは還元率が1.5%となり、漢方スタイルはボーナスポイントも改悪されました。

リーダーズカードはAmazon限定デポジットへの交換時は還元率1.32%に改悪されます。

その結果として2016年2月以降はP-oneカードの還元額にも競争力が生じています。具体的にな下表のとおりです。リーダーズカードの還元額はAmazon限定デポジットです。

利用金額 P-one Wiz 漢方スタイル REXカード リーダーズ リクルート
月1万(年12万) 1,794 180 -900 -540 1,440
月2万(年24万) 3,588 1,980 900 468 2,880
月3万(年36万) 5,382 3,780 2,700 2,052 4,320
月4万(年48万) 7,176 5,580 4,500 3,636 5,760
月5万(年60万) 8,970 7,380 9,000 7,920 7,200
月6万(年72万) 10,764 10,430 10,800 9,504 8,640
月7万(年84万) 12,558 12,230 12,600 11,088 10,080
月8万(年96万) 14,352 14,030 14,400 12,672 11,520
月9万(年108万) 16,146 15,830 16,200 14,256 12,960
月10万(年120万) 17,940 18,130 18,000 15,840 14,400
月15万(年180万) 26,910 27,130 27,000 23,760 21,600
月20万(年240万) 35,880 36,130 36,000 31,680 28,800
月30万(年360万) 53,820 54,130 54,000 47,520 43,200

2016年2月以降はP-one Wizも最高クラスの高還元カードとなりました。1%は自動割引で、残り0.5%は利便性が高いTポイントというも便利です。

入会後もお得なキャンペーン

笑顔で手を叩く子供

P-one Wizはカード入会後もお得なキャンペーンを展開しています。

2015年10月31日(土)までは「お出かけするならカードでGO! AUTUMN TRIP CAMPAIGN」を開催しています。

期間中エントリーの上、下記キャンペーン対象のお支払いをカードショッピングにて合計1万円(税込)以上利用すると、抽選で最大1万円分のSuicaポイントギフトがプレゼントされます。

キャンペーンの対象は、旅行代金(旅行代理店でのご利用分)・鉄道のきっぷの購入(定期券購入/モバイルSuicaチャージ含む)・ホテル、旅館の宿泊料金・航空券・乗船券・ガソリン給油・ETCカード・タクシー・バス・レンタカーのご利用代金です。

2015年10月12日(月)までは、「ボーナス一括払いでおトク!キャッシュバックキャンペーン」があります。

エントリーのうえ、ボーナス一括払いでカードショッピングを合計1万円(税込)以上利用すると、抽選で最大1万円がキャッシュバックされます。

8月末までは、「夏だ!サマーだ!買い物だ!夏のアツアツ カードショッピングフェスティバル」が行われていました。

エントリーのうえ、カードショッピングを合計3万円(税込)以上利用いすると、抽選で最大10万円分のAmazonギフト券をプレゼントしてくれました。

P-one Wizはこのようなお得なキャンペーンが定期的に開催されています。

まとめ

P-one Wizは年会費が無料で、決済から自動的に1%OFFになり、更に0.5%のポイント(正確には0.495%)も貯まります。

合計で約1.5%(正確には1.495%)と高還元なのが優れているクレジットカードです。入会から3ヶ月間は2.5%(厳密には2.485%)です!

神威の利便性とお得さを兼ね揃えた魅力的なカードです。シンプルな1%割引はとても質実剛健で利便性が高いですし、更にポイントももらえます。身震いする程にお得なカードです。

P-oneカード Standardとは異なり、家族会員も年会費・管理料が完全無料なのが嬉しいメリットです。

こういう良いクレカを使っていくと、毎日のお買い物がお得になって、その分他のことにお金が使えるようになります。月5万円使うと年間で8,970円もお得になります。8,970円あったら色んなことができて嬉しいですね!

P-one Wizを持つと毎日が1%OFF&0.495%ポイント三昧となり、生活を楽しく豊かに彩ることができます。

ただし、P-one Wiz以外にも1.5%以上の高還元のクレジットカードはあります。詳細は以下で徹底的に解説しています。

シルエット
クレジットカードの選択基準で重要な要素の一つが還元率です。年間のクレカ利用額が多い場合は、たとえ年会費がかかっても高還元率のカード...

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

セブンカード・プラス ゴールドとセブンカード ゴールド

セブンカード・プラス(ゴールド)は年会費が無料のゴールドカード!

セブン-イレブン、イトーヨーカドーがお得になることで人気が高いセブンカード、セブンカード・プラスとい

記事を読む

My Cloud プレミアム カード

オリコがMy Cloud プレミアム カードを発行!富士通のクラウドがお得!メリット・デメリットまとめ

オリコが「My Cloud プレミアム カード」の発行を開始しました。オリコカードと富士通が提携して

記事を読む

ルミネカード

ルミネカードは還元率最大1.7%でメリット大!10%OFFも!

ルミネカードというクレジットカードがあります。おすすめのクレジットカードの一つです。ルミネでのお買い

記事を読む

P-oneカード

P-oneカード(standard)のメリット・デメリット・審査まとめ

P-oneカード(P-one standard)というクレジットカードがあります。「小額のポイントを

記事を読む

Apple PayのWalletアプリにあるSuica

Apple PayのSuicaチャージでポイントは貯まるの?Yesのクレジットカードはこれだ!

2016年10月25日からApple PayでSuicaが始まりました。iD、QUICPayでのお買

記事を読む

岡山県八塔寺ふるさと村

ライフカードの誕生月ポイント5倍(改悪後3倍)は、ふるさと納税も対象!

「ライフカード」というクレジットカードがあります。基本的な還元率は0.5%であり、特筆すべき点はあり

記事を読む

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット・特典まとめ

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードというクレジットカードがあります。年会費が無料で持てる

記事を読む

JCBゴールド法人カード(ポイント型)

JCBゴールド法人カードはGOLD Basic Serviceが魅力的!メリット・デメリットまとめ

JCBゴールド法人カードというJCBが発行しているビジネス・ゴールドカードがあります。名前からは意外

記事を読む

アメックス・グリーンとアメックス・ゴールド

アメックス・グリーンとゴールドを完全に比較!違いを隅々まで解剖

個人向けのアメックスのプロパーカードのうち、自分で申し込める代表的なカードは、アメックス・グリーンと

記事を読む

ドコモショップ

ドコモオンラインショップでお得に買うにはdカード!いつでもdポイント2倍で2%還元!

リアルのドコモショップは混雑していて待ち時間が長いことがあります。特に休日は待機時間が長い傾向にあり

記事を読む

Comment

  1. SBIカード より:

    SBIカード、ポイントキャッシュバックが、
    かなり改悪されるんですよ。
    2年目以降、年会費もかかっちゃいますし。

    SBIカード、1枚持っていますが、解約して、
    P-oneカード Standardも、WIZにしようと思います。

    • まつのすけ より:

      SBIカード大改悪ですよね。あれなら契約を続ける人はほとんどいなくなりそうで、カード事業はフェードアウトへと向かう気配という印象です。

      カード事業は赤字続きみたいですし、ギブアップなのかなあ。
      P-one WIZお得ですよね^^

  2. Meji8 より:

    いつも楽しく拝見させていただいています。

    ところで、nanacoの部分で下記リンクの「ノマド的節約術」の
    管理人さんはオペレーターにポイントは付くというのを確認した
    という旨の記事があるのですが、まつのすけさんは確認されたの
    でしょうか?

    私自身は確認しておりませんので、他人任せで申し訳ないですが、
    真偽のほど宜しくお願いします。

    • まつのすけ より:

      ブログご覧いただき、めっちゃ嬉しいです!
      また、嬉しいお言葉をありがとうございます^^

      私がポケットカードのオペレーターに電話して確認した時は、「ポイントが付かない」という回答でした。「少々お待ちください」としてしばらく保留中になった後のお話だったので、確認した上での回答だと思います。

      ポケットカードは他のカードも一律でnanacoチャージでポイントが付きませんし、Webサイトにもそのような記載があるので、ポイントは付かないと判断しています。

      • Meji8 より:

        お返事ありがとうございます。
        30代毒男としても共感して読んでおります(嬉しくない?)

        やはりきちんと確認されたうえで記事にされているのですね。
        付記した以外にもいくつかのサイトでポイントが付く旨の記事
        を散見しており、どうなのかと思った次第です。

        ポケット・ポイントに関する本家サイトには確かに対象外とありますね。
        実際使ってみて付いたらラッキーってところでしょうか。

        今年になって所有したばかりの漢方スタイルの度重なる改悪で、
        路頭に迷っており、年会費が発生する前に去るか否か思案中です。

        ただ現在はよく使うスーパーがJACCS一択なので、P-one Wizは
        対象外ですね。今はエクストリームカードに心が動いています(^o^)

        • まつのすけ より:

          共感いただき嬉しいです^^

          カスタマーサポートは人によって回答が違うことがあるので微妙ですよね。
          他のP-oneカードとの整合性を考慮すると付かないような気がします。

          JACCSだけというスーパーがあるんですね^^
          それだと漢方スタイル維持かエクストリームかで悩みそうですね。

  3. ジブハランダー より:

    「P-one Wizのデメリット」の中で「家族会員に2年目以降200円の費用が発生します。」とあります。

    一方、「まとめ」の中では「家族会員も年会費・管理料が完全無料なのが嬉しいメリットです。」とあります。

    どちらが正しいですか?

    • まつのすけ より:

      家族会員は無料です。失礼しました。デメリットの箇所をアップデートしました。

  4. たつ より:

    はじめまして。

    P-oneカード WIZ ですが、サイトの説明だと
    1%自動OFFとは別に付与されるポイントは、利用毎の1000円単位で付与されるように読み取れます。

    だとすると、1000円未満の利用だとポイントは付与されないということだし、1000円以上の利用でも端数は切り捨て扱い、ということですよね。

    もしこれが正しいなら、単純に他のカードとの還元率比較は難しいですね。

    KANPO等のように月単位でポイントが付与されるなら素晴らしいカードだと思います。

  5. たつ より:

    失礼しました。

    よく調べると、ポケットポイントは100円単位で加算されていくみたいですね。

    かなり高還元のカードですね!

    • まつのすけ より:

      はい。100円単位となります。
      1回毎に100円未満は切り捨てられますが、許容範囲だと判断しています!

      年会費が完全無料なので、そんなにクレカは使わないという方にはかなり良い高還元カードですね^^

  6. たつ より:

    現在メインはKANPOですが、
    とりあえず半年間、使ってみようかと考えております。

    返信ありがとうございました。

    • まつのすけ より:

      半年間の2.5%はかなりお得ですよね^^
      私も先日、オリコカードザポイントの半年間の2%の特典が切れたので、P-one Wizに申し込んで、到着を待っているところです。

  7. りん より:

    はじめまして。
    クレジットカード選びで悩んでいて色々調べていたらこちらのブログに辿り着き、気になっているクレジットカードの記事を読ませていただきましたがイマイチ決め切れません…。

    現在REXカードをメインで所有していましたがリクルートカードへ乗り換えをしました。
    その関係でREXカードで年間50万円利用するか微妙な所なのでREXカードを漢方に変えるかp-one wizを申し込むか悩んでおります。

    JCBが使えない所もよく行く店で何店かあり、サブカードとして使うカードを3つから悩んでいる状況です。

    この場合はp-oneカード一択でしょうか?

    • まつのすけ より:

      はじめまして!
      ご覧いただき、ありがとうございます。

      年間50万円行くかどうかであれば、個人的にはP-oneかなと思います^^

      • りん より:

        返信ありがとうございます。

        REXカードから漢方カードなら同会社のため審査も通りやすいようなので検討しておりました。
        ただ、50万円に届くか微妙な使用額ならREXカードの方が年会費が無料になる可能性もあるのでお得な気がしますが、届かなかった時に漢方より年会費が高いので悩んでました…。

        p-oneカードは出て間もないようなのですがウェブでの明細反映のスピードが気になります。

        ジャックス系は反映が遅く、支払いが翌々月になったりと色々ストレスを感じるのですが、その辺りはどうでしょうか?

        質問ばかりで申し訳ないです…

      • りん より:

        返信ありがとうございます。

        ジャックス系は利用履歴の反映が遅すぎて支払いが翌々月とかになったりするのが多く、ストレスなんですがp-oneはどうなんでしょうか?

        REXと漢方で年会費がかかるかもしれないなら漢方のが安くて良いのかなって思ったりもしたんですが年間50万程度なら漢方にするメリットって殆どないですよね…?

  8. りん より:

    申し訳ないです。
    質問反映されてないと思ってダブってしまいました(>_<)

    • まつのすけ より:

      いえいえ、恐縮です!
      P-oneについては、それ程遅いという思いを持ったことはありません。利用の反映が遅いのは、お店のシステムが原因のこともあるみたいです。
      利用の都度ではなく、締め日を設定して、締め後に一気に送信というシステム処理もあります。

      そうですね。50万円程度なら年会費無料の高還元カードでいいかなと思います^^

      ただ、現金還元を重視するなら、50万未満はREXカードライトという選択肢もあります。漢方よりも50万未満のゾーンは高還元です。
      ライトと普通のREXカードは50万円を超えるか否かでお得度が分かれます。

  9. 通行人 より:

    このカードを使っています。
    年に1度の自動車税は1%OFFされるのですが、月々の医療保険は1%OFFされずちょっとがっかりでした。

    サンリブ、マルショク、ポケットカードトラベルセンター、電子マネーチャージ、金券類、生損保等の各種保険料、ETCカードのご利用分、キャッシングご利用分は「1%OFF特典」対象外となります。また、一部対象外のお取引もございます。
    とサイトにかかれてはいるので仕方がないのでしょうか、保険料は対象としてくれても良さそうなのに。

    • まつのすけ より:

      保険料はカード会社の手数料がかなり低いんでしょうね。
      ユーザーとしては対象にしてほしいですね!

  10. void より:

    リクルートカードプラスに変わるnanacoチャージ用のカードを探し、複数の他サイトでP-oneの割引とポイント付与が記載されていたため、正に申し込む直前でした。
    情報、本当に有難うございます。
    公式サイトの情報訂正なども追いついていないとのこと、ここ数年でカードコレクターのようになってしまったこともあり、今回は申し込み自体どうしようかと思っているところです…

    • まつのすけ より:

      ご覧いただきありがとうございます!

      電子マネーは手数料率が低く、nanacoチャージは1.5%還元だと採算が厳しいのでやむを得ませんが、残念ですね。

      他にメインカードがある場合は、nanacoチャージがポイント付与の対象外だと迷いますね。

  11. 名無し より:

    今まで、nanacoチャージで現金還元される貴重なカードだったので突然、対象外になる通知がきたのは残念です。  

    いつかはこうなるかなとは思っていましたが。

    • まつのすけ より:

      1.5%還元は熱かったですね!
      ポイント対象外で1%は対象だと、まだありがたかったです。

  12. coffeetea より:

    明けましておめでとうございます。
    いつも為になる情報をありがとうございます。

    P-one Wizではどの電子マネーへのチャージでも1%割引の対象外とのことですが、
    auWALLETにおいて、Jizailカードのようにauかんたん決済でなら1%割引やポイントを得ることは出来るのでしょうか?
    また、もし可能なら決済ブランドは何を選べばいいでしょうか?

    お返事いただければ有難いです。

    • まつのすけ より:

      明けましておめでとうございます。
      ご覧いただきありがとうございます!

      P-one Wizはau WALLETのチャージで、auかんたん決済の支払い方法に指定できません。使えたら合計還元率が2%でいいですね。

      今年もよろしくお願いいたします。

      • coffeetea より:

        お返事有り難うございます。

        そうでしたか残念です。
        いつも参考にさせていただいています。
        今後もよろしくお願いします。

  13. にゃんちゅう より:

    はじめまして。豊富な情報かつ丁寧な応対で大変参考にさせていただいております。カードによってポイントの付き方に差があると知り、1.5%の還元率からP-1withを使って1年になります。こちらの表に年10万使って×1,5%で1,500pとありますが、そもそも10万の時点で−1%となり99,000、1,000円で1pなので99p、Tポイントにすると(本来100pから)×5で495pではないですか?還元率は低くとも100円で1pのカードなら10万で1,000pとなり、還元率が高くてもいくらでポイントが付くかが重要ではないかと思いますがいかがでしょうか。長文お許しください。

    • まつのすけ より:

      ご覧いただき、ありがとうございます!
      確かにおっしゃる通りかもしれませんね。私の方でもポイントの付き方を精査してみます。
      ありがとうございました。

  14. にゃんちゅう より:

    こんにちは。実際のところ先月約20万使って約200pでした。これをTポイントに交換すると×5で1,000pですが、100円で1pのカードだと2,000pになり、がくぜんとしました。現在p-1withは使用停止し、100円で1pのつくYahoo!カードを使っています。Lifeカードも誕生月は5倍といいながら1,000円で10pなので、還元率よりも付与率(?)を見るべきかなあと思います。ほかのサイトでもp-1withは高還元率ということで推されてますが、トータルでは1,5%ですがダイレクトに引かれるわけではないのでポイントはこのように半分です。身をもってお知らせします。再び長文お許し下さい。

    • まつのすけ より:

      確かにおっしゃるとおりかもしれませんね。
      ポケットカードに確認して、情報をアップデートします。
      ありがとうございました。

  15. ちゃんたむ より:

    カードの見直しを考えていましたので、まつのすけさんの情報を参考に決めて今はカードの到着を待っているところです。

    まつのすけさんの還元率は選択の目安になるのではないかと思いましたが、
    にゃんちゅうさんの経験によりますと、がっかりだったと拝見しました。
    1.5%の還元カードでにゃんちゅうさんは
    20万円の1%=2,000円は割り引かれずに
    残りの0.5%分の200ポケットポイントを付与されただけだったのでしょうか。

    2月4日のにゃんちゅうさんの10万円ですが、先に1%分を差し引いてから残りの0.5%=495Tポイントですが、先に1,000円を差し引いているために
    1000円+ 495Tポイントで10万円で、1495円を還元に
    ならないでしょうか?
    ヤフーカードは100円に1ポイントの付与ですが、
    Tポイントではないので、1ポイント1円で10万円では
    1000ポイント、 1000円分の還元ではないでしょうか。

    ライフカードの1ポイントは5円ですので
    1,000円に1ポイント(5円の価値)で誕生月は
    1,000円に1ポイントの5倍ですので、5ポイント(25円の価値)かと思います。カードによって1ポイントの価値が違っているのではないでしょうか。ヤフーカードですと
    1,000円に10ポイント(10円の価値)ですので、還元率が信頼できるものであれば、ヤフーカードよりお得になるのではないかと思います。
    使ってみて間違いでしたら、ご連絡させていただきます。

    • まつのすけ より:

      ご覧いただき、ありがとうございます。
      1%が割り引かれて99%に対して0.5%のTポイントが付与されたとおっしゃられていました。
      そうなると厳密には1.495%となりますね。
      私も実験しているところです。

  16. にゃんちゅう より:

    ちゃんたむ様、「ヤフーカードは~Tポイントではないので」とありますが、付与されるのはTポイントだと思いますが、、、。現状私はyahooカードを1ヶ月使用しましたが、1会計ごとのポイント付与で、端数分を損してしまうので、いろいろ調べてorico the pointを申し込みました。ただ、今月が誕生月でlifeカードを使っていて、oricoカードは来月からと思っています。どのくらいポイントがつくか、今からとても楽しみです。p-1 wizは完全に使用をやめました。

    • まつのすけ より:

      ヤフーカードは1会計ごとですね。1ヶ月あたりの金額に対して100円ごとにポイントが貯まるのはオリコカード ザポイントやリクルートカードで、これらが最も効率的にポイントが貯まりますね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

リボ払いと書かれた扉をノックする手
楽天カードのリボ払いを徹底解説!金額・ポイント・金利・一括などを詳細に分析

楽天カードというお得に楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカードがあ

ドコモショップ
ドコモオンラインショップでお得に買うにはdカード!いつでもdポイント2倍で2%還元!

リアルのドコモショップは混雑していて待ち時間が長いことがあります。特に

東京メトロinformation
東京メトロの「Tokyo Subway Ticket」が羽田空港でANA国内線利用者が買えるように!

24時間・48時間・72時間、東京メトロ線と都営地下鉄線の全線を使える

エムアイカード
エムアイカードのキャンペーンを徹底解説!入会時もカード発行後もお得

エムアイカードというクレジットカードがあります。三越、伊勢丹でのお買い

→もっと見る

PAGE TOP