*

三菱東京UFJ-VISAデビットはキャッシュバックが魅力!メリット・デメリット・使い方まとめ

更新日: デビットカード, 銀行

三菱東京UFJ-VISAデビット

三菱東京UFJ-VISAデビットというデビットカードがあります。三菱東京UFJ銀行が発行しているVISAデビットカードです。

VISA加盟店で利用可能でキャッシュバックがあること、使い過ぎる心配がないこと、ショッピング保険があることなどがメリットです。

三菱東京UFJ-VISAデビットの年会費、キャッシュバック(ポイント)、メリット、デメリットについてまとめます。


三菱東京UFJ-VISAデビットの年会費

img_デスクを取り囲み談笑する人々

三菱東京UFJ-VISAデビットとは、世界200以上の国と地域のVisa加盟店・ネットショップでお買い物ができるデビットカードです。

利用代金は普通預金口座から即時に引き落とされます。

日本国内に居住されている、15歳以上(中学生を除く)の普通預金口座をお持ちの個人・個人事業主の方なら誰でも利用できます。

気になる年会費は、初年度は無料です。2年目以降は1,080円(税込)ですが、年間の利用金額が累計10万円以上だと、翌年の年会費も無料になります。

また、年会費の請求月末日時点で本人会員の年齢が23歳以下の場合、翌年の年会費が無料となります。15歳~23歳の時期は年会費は無料で使えます。

24歳以上でも初年度は年会費無料で、年10万円以上を利用すれば翌年度は年会費が無料ですので、ずっと無料でつかえます。

カード・フェイスは、ブラック・ホワイト・レッドの三種類です。ルイ・ヴィトンのような模様がオシャレです。

三菱東京UFJ-VISAデビット

国際ブランド付きデビットカードであり、搭載されているのが使いやすいVISAなのがメリットです。全世界で利用できてポイントが貯められるのが大きなメリットです。

JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外での利用時は使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMasterCardを持たざるを得ません。

三菱東京UFJ-VISAデビットなら、地球上のあらゆる所で使える圧巻の決済力があります。

事実、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが56%で圧倒的なNo.1となっています(NILSON REPORT 2016年4月)。

  1. Visa:56%
  2. MasterCard:26%
  3. UnionPay(銀聯):13%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

利用金額に応じて、自動キャッシュバック!

ピアノを弾く笑顔の女性

三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードは、毎月の利用金額の0.2%が自動でキャッシュバックされます。

前月のショッピング利用金額に応じて、毎月25日(銀行休業日の場合は翌営業日)に銀行口座に自動的にキャッシュバックしてくれます。

クレジットカードと比較すると還元率は低いですが、現金同様のデビットカードなので少しでもお得になるのは嬉しいですね。

デビットカードの中には年間50万円とか100万円使わないと特典が得られないものもあります。三菱東京UFJ-VISAデビットはお得です。

しかもポイントを貯めて交換という面倒な作業が不要です。シンプルな現金還元のキャッシュバックは嬉しいですね!

前年のご利用金額に応じて、キャッシュバック率がアップします。前年ショッピングご利用20万円以上の場合+0.05%となり、利用30万円以上の場合は更に+0.05%となります。

これとは別に誕生月の利用は更に+0.1%となります。入会後3ヶ月間はキャンペーンで還元率が0.2%アップします。

まとめると、1年目は、入会後3ヶ月間は0.4%(誕生月の場合は0.5%)、それ以降は誕生月が0.3%還元、それ以外の月は0.2%還元となります。2年目以降は、下表のとおりです。

前年の利用金額 誕生月 誕生月以外
20万円未満 0.30% 0.20%
20万円以上30万円未満 0.35% 0.25%
30万円以上 0.40% 0.30%

ショッピング保険と不正利用時の補償がある!

お店でショッピングする女性

三菱東京UFJ-VISAデビットにはショッピング保険があるので、安心して買い物ができます。年10万円以上の利用でずっと年会費無料で使えるのに、ショッピング保険があるのは嬉しいですね!

年会費が有料なのにショッピング保険がついていないクレジットカードは数多くあります。

三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードを利用して購入した品物の破損・盗難などの損害について、購入日より60日間補償されます。

上限は年間100万円で、1事故あたり5,000円の自己負担があります。ゴールドカード並みの充実した保障が付帯しています。

偽造・盗難カード等が第三者によって不正利用された場合の補償もあります。連絡日から60日前まで遡り、その日以降に発生した障害について、年間100万円を限度に補償されます。

デビットカードの中には、盗難補償のみしかついていないカードも多いです。三菱東京UFJ-VISAデビットは偽造の際にもしっかりと補償されます。三菱東京UFJ-VISAデビットは安心して使えるカードです。

海外ATMで現地通貨を引き出し可能

海外のビーチのlifeguard

三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードは、世界200以上の国と地域にある230万台以上の「VISA」あるいは「PLUS」マークのついたATMから、現地通貨で預金が引き出せます(VISAのATM検索)。

利用可能なATMは銀行だけでなく、主要な国際空港やショッピングセンターなどにも設置されています。

海外ATMの引出し手数料は1回あたり108円(税込)です。Visaの定める為替レートに海外事務手数料(3.0%)を上乗せしたレートで円と外貨を交換することになります。

一部のATMにおいて、別途現地金融機関所定の使用料がかかる場合があります。これは三菱東京UFJ-VISAデビットに限った話ではなくあらゆるデビットカード・クレジットカード共通です。

「Visa」と「Plus」のロゴ

海外でのATM・CDの操作画面で用いられている基本的な用語(英語)は以下の通りです。

用語 意味
PIN (Personal Identification Number)
ID CODE/SECRET CODE/PERSONAL NUMBER
暗証番号
WITHDRAWAL/GET CASH お引出し
BALANCE INQUIRY 残高照会
ENTER/OK/YES 確認
CANCEL 取消
CLEAR 訂正
TRANSACTION 取引
SAVING ACCOUNT / CHECKING ACCOUNT 普通預金/当座預金
RECEIPT レシート
AMOUNT 金額

海外ATMで現地通貨を引き出す手順の一例は下表のとおりです。

手順 備考
(1)カードを挿入 挿入やスライドの方向に注意
(2)言語を選択 現地語と英語を選択するのが一般的
(3)暗証番号を入力 4桁の数字
(4)取引の種類を選択 CASH WITHDRAW(現金の引出) を選択
(5)口座の種類を選択 SAVINGを選択。CREDIT CARDはNG
(6)引出金額を現地通貨の金額で入力 確認画面が表示される場合あり
(7)現金と利用明細を受け取り 取引継続か否かを確認される場合あり
(8)カード受け取り 忘れないように注意

使い過ぎが防止!クレカ嫌いの方に最適

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ-VISAデビットでお店で買い物すると、三菱東京UFJ銀行の預金口座からすぐに引き落とされます。

預金残高を超えた支払いができません。クレジットカードだと使い過ぎるという方ですと、使い過ぎを防止できます。

また、使い過ぎることはなくても、クレジットカードを使った金額は一時的に負債となり、もし支払日に引き落とせないことになると、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。

このような仕組みが嫌でクレカを持たないという方も多いでしょう。しかし、三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードにはこのようなデメリットは無く、現金同様に使えます。

クレジットカードの利便性・お得な還元と、現金同様の仕組みが両立しています。

デビットカードを使うと、即座にメールが送られてくるようになっているので、すぐに確認できて安心・安全です。使い過ぎているかどうかは一目瞭然なので、使い過ぎを防止できます。

ATMの手数料を支払う機会が減少

セブン銀行のATM

最近はほとんどのお店でデビットカードを使えます。三菱東京UFJ-VISAデビットで日常の買い物をしていくと、ATMでお金をおろす機会そのものが減っていきます。

三菱東京UFJ銀行は、預金残高等合計が10万円以上またはEco通帳またはMUFGグループのクレジットカードの利用が無い限りは、ATMの時間外手数料が発生します。

また、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等の提携先コンビニの手数料を無料にするためには、預金残高等合計が30万円以上または給与振込み(10万円以上/月)が必要です。

これらの条件を満たしていない場合は、夜間・早朝や、コンビニでのATM利用は有料になってしまいます。

三菱東京UFJ銀行
最近はネット銀行も増えてきています。しかし、口座振替は都市銀行・ゆうちょ・JAバンク等しかできないというケースが依然として多いこと...

しかし、三菱東京UFJ-VISAデビットで日常の買い物をしていくと、ATMでお金をおろす機会そのものが減るため、ATM手数料を支払わなければならない場面が減少します。

ATM手数料が発生しなくなることによって、その分、他のことにお金を使えるようになります。一ヶ月当たり300円ATM手数料を減らせたら、年間3,600円です!

おシャレなカフェのランチに3回いけますし、吉野家の牛丼なら9回食べられます。

三菱東京UFJ銀行に口座を持っていてATM手数料を支払っている方は、三菱東京UFJ-VISAデビットに切り替えるとお得です。

煩わしい小銭・紙幣の管理が不要に

小銭

スーパーやコンビニやディスカウントストアでお買い物すると、支払額1,537円といった端数になることが多いです。

そういう時に千円札で支払うと、小銭が山のように出てお財布が重くなってしまいます。したがって、できる限り手持ちの小銭をうまく組み合わせて、お釣りが出ないようにしますよね。

しかし、小銭をいちいち探すのは手間がかかるし、時間もかかります。混んでいる時だと無言のプレッシャーも感じますよね。

また、現金で支払いをしていると、どんどんお財布の中のお金が減っていくので、定期的にATMでおろして補充する必要があります。ATMが混んでなければいいのですが、お昼や夕方などの時間帯は長蛇の列になっていることも多いです。

銀行ATMに並ぶ列

日常の支払いをカード払いにすると、財布の中の現金はあまり減らないので、ATMを使う頻度は減少します。いちいちATMに並んでおろす時間と手間が省けます。

三菱東京UFJ-VISAデビットがあれば、これらの意味のない時間と手間を省いて、その時間を好きなことや楽しいことに使って、人生を楽しむことができます!

デメリット

三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードのデメリットは、キャッシュバックの還元率が低いことです。

還元率が最も高いデビットカードは、楽天銀行デビットカード(JCB)であり、1%で楽天スーパーポイントが付与されます。

楽天銀行デビットカード
楽天銀行はデビットカードを発行しています。JCBとVISA、ゴールド(VISA)の三種類です。2015年4月には楽天銀行デビットカ...

イオン銀行のデビットカードは還元率0.5%でイオンでの5%OFFの特典があります。

イオン銀行
イオン銀行が2016年から「JCBデビット付きICキャッシュカード」を発行開始しました。「イオン銀行キャッシュ+デビット」という名...

ただし、ポイント還元ではなく、キャッシュバックなのがメリットなので、現金還元を重視する場合は候補のデビットカードです。

銀行口座に自動的にキャッシュバックされるのは嬉しいですよね。いちいちポイントを貯めて交換という手間が不要になります。

その他、おすすめのデビットカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

4つのデビットカード
デビットカードという決済に使える銀行のキャッシュカード一体型カードがあります。銀行の預金口座の残高から利用時に即時に引き落とされる...

また、クレジットカードには付帯していることが多い、海外旅行傷害保険などの旅行保険がないのはデメリットです。

海外旅行保険がほしい場合は、年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯するJCB EIT、エポスカード、横浜インビテーションカードをサブカードで持つと、無料で自動付帯の海外旅行保険が得られます。

これらのクレジットカードは自動付帯なので使う必要はありません。家に寝かせておくだけでOKです。

JCB EIT
JCB EIT(ジェーシービーエイト)というクレジットカードがあります。その名のとおり、JCBが発行するクレジットカードです。JC...
エポスカード(EPOS CARD)
エポスカード(EPOS CARD)という丸井のクレジットカードがあります。サブカードとして利用すると最高にお得なカードです。マルイ...
横浜インビテーションカード(ハマカード)
横浜インビテーションカード(ハマカード)というクレジットカードがあります。年会費無料で自動付帯の海外旅行傷害保険がついてくるのが絶...

Android Payが利用可能に

2016年12月13日(火)から、日本でも「Android Pay」(アンドロイドペイ)が使えるようになりました。

電子マネー、ポイントカード、ギフトカードを登録でき、一元管理することが可能なのがメリットです。

スマホのAndroid Payに追加した電子マネーには、Googleアカウントに登録したクレジットカードやデビットカードでアプリ上でチャージできて便利です。

対象端末はOSがAndroid 4.4(KitKat)以降のAndroid端末で、かつ、おサイフケータイ対応の端末です。

当初は楽天Edy楽天ポイントカード、TOHOシネマズのポイントカードなどに対応しています。

Android Payの楽天Edy画面

Android Payの楽天Edyの利用では、0.5%のポイントかANAマイルも貯まって便利です。

貯まるポイントは楽天スーパーポイントPontaポイント、エポスポイント、ヨドバシゴールドポイント、マツキヨポイント、エディオンポイント、.moneyなどがら選べます。

Android Payの楽天EdyでANAマイルを貯める設定画面

Android Payの導入にあたっては、三菱東京UFJ銀行、三菱UFJニコスと協力しており、アプリやWebでの決済にも対応予定です。

2017年には、Android Payに対応する電子マネーの種類が増える予定となっています。その他、詳細は以下で徹底解説しています。

Android Pay
2016年12月13日(火)、ついにGoogleの「Android Pay」(アンドロイドペイ)が日本に光臨しました。電子マネーに...

ライフステージ別活用法・利用シーン

三菱東京UFJ銀行の公式チャンネルが、ライフステージ別の三菱東京UFJ-VISAデビットの活用方法について動画をアップしていました。

新社会人

新社会人は色々と必要なモノが多いですよね。クレジットカードだとついつい預金額以上のモノを買ってしまいがちです。また、新生活で家計の状況ががらりと変わります。

当面は給料の範囲内で生活する習慣を身につけるのが重要なので、デビットカードだと家計管理が助かります。

主婦

主婦はお買い物の機会が多いので、小銭が出ないデビットカードを使うと、財布が重くならずに済みます。また、いくら使ったのかがすぐにわかるデビットカードは家計管理がしやすいです。

まとめ

三菱東京UFJ-VISAデビットは、日本最大の都市銀行である三菱東京UFJ銀行のデビットカードであり、信頼性が高くトラブル時のサポートに安心感があります。

デビットカードで、利用時はメールがすぐに来て残高を確認できるので、使い過ぎる心配がありません。

現金同様に使えて、利用金額に応じてキャッシュバックされます。また、不正利用時の補償やショッピング保険があります。

ATMで現金を引き出す手間や、小銭を探したり管理する手間がなくなり、とても便利です。カード払いしていくと、現金を引き出す機会が少なくなるので、ATM手数料が必要になるケースも少なくなります。

クレジットカードにはないデビットカードならではのメリットがあり、三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードにしかないメリットもあります。お得さと安心さを兼ね揃えたデビットカードです。

特にクレジットカードを持ちたくない方には、三菱東京UFJ-VISAデビットは大きなメリットがあります。

2017年5月31日まではお得な入会キャンペーンを開催しています。もれなく1,500円がプレゼントされ、更に抽選で1万円が当たります。

▼三菱東京UFJ-VISAデビットの公式サイトはこちら▼
三菱東京UFJ-VISAデビットカード

三菱東京UFJ銀行はデビットカードではなく、ICクレジットカードも発行しています。

三菱東京UFJ-VISAと三菱東京UFJ-VISAゴールド
ICクレジットカード「三菱東京UFJ-VISA」というクレジットカードがあります。年会費が完全無料、銀行ならではのおトクな特典、ポ...

その他クレジットカードを比較検討したいという場合は、以下のクレジットカード一覧をご参照ください。おすすめクレジットカードについて徹底的にまとめています。

クレジットカードを見せるショッピング中の女性
「生活費の支払いでクレジットカードを有効活用していきたくてアドバイスをほしい」とコメント頂きました。生活費を良いクレジットカードで...

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

新生銀行の取引レポートホルダー

Tポイントプログラムがお得!新生銀行でTポイントがザクザク貯まる!

新生銀行という銀行があります。リアルの店舗もネットバンキングもあり、利便性が高い銀行です。新生銀行の

記事を読む

ソニー銀行のキャッシュカードとソニーバンクウォレット

ソニー銀行(MONEYKit)は便利でお得なネット銀行!メリット・デメリットまとめ

ソニー銀行というネット銀行があります。ソニーの子会社であるソニーフィナンシャルホールディングスの銀行

記事を読む

英語で「いいね!」という雲の図

楽天銀行の「Facebookで送金」は無料!便利!SNSの友達に簡単に送金

楽天銀行には通常の銀行振り込みとは別に、「Facebookで送金」という振込方法があります。最近話題

記事を読む

紙飛行機を投げる親子

自分宛ての振込みでポイントが得られる銀行まとめ!

銀行の中には、他の銀行から振込があると、nanaco・楽天・TSUTAYAなどの利便性が高いポイント

記事を読む

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブン銀行 デビット付きキャッシュカードが登場!JCBデビットカードでnanacoポイントが貯まる!

セブン銀行が2016年10月17日(月)から「セブン銀行 デビット付きキャッシュカード」の発行を開始

記事を読む

VIEW ALTTE(ビューアルッテ)

「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)は手数料無料で便利!エキナカのATM!

ビューカードのエキナカATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)は、利便性が高くて便利なATM

記事を読む

楽天銀行カード

楽天銀行カードまとめ!楽天カードとの違い・切り替え方法を徹底的に比較!

楽天銀行カードという楽天銀行が発行しているカードがあります。クレジットカードと楽天銀行のキャシュカー

記事を読む

ソニー銀行

ソニー銀行が「優遇プログラムClub S」を開始!振込手数料無料などがメリット

ソニー銀行は2017年1月4日(水)から「優遇プログラムClub S(クラブエス)」を開始します。外

記事を読む

SMBCデビット

SMBCデビットは三井住友銀行のVISAデビットカード!メリット・デメリット・使い方まとめ

SMBCデビットというデビットカードが2016年10月21日から発行開始しました。三井住友銀行と三井

記事を読む

VisaデビットTカード

スルガ銀行Tポイント支店のVisaデビットTカードでTポイントが貯まる!お得なキャンペーンも

スルガ銀行がTポイント支店を開始しました。銀行の取引でTポイントが貯まるのが特徴です。「デビットTカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

銀座和光
銀座レストランウィーク 2017年はお得で美味!ダイナースクラブカードは先行予約可能

ダイナースクラブカードは春と秋の年2回、「銀座レストランウィーク」とい

桜の花と団子
【前年の株不足&逆日歩・今年のMAX】2017年3月末 権利付最終日

2017年3月末の優待について、昨年の株不足(融資残高-貸株残高)、逆

鉄道のレール
目ぼしい電車・バスの定期券の株主優待まとめ!3月末も少ない銘柄で完結可能

3月末の株主優待のデメリットは権利確定の企業が多すぎることですね。資金

楽天カード(JCB・VISA・Mastercard)
楽天カードの国際ブランドを丹念に比較!JCBとVISAとMastercardの違いを解剖

楽天カードの国際ブランドには、JCB、VISA、Mastercard(

→もっと見る

PAGE TOP