*

マネーフォワード(Money Forward)はおすすめの家計簿・資産管理アプリ・Webサービス!

更新日: 家計, 金融機関

お金を出す男性

家計簿・資産管理などの家計管理アプリ・Webサービスが多数あります。上手く活用して家計や資産を効率的に管理して財産を形成していけたらいいですよね。

家計管理についてご質問がありました。結論から言うと、おすすめのアプリ・WebサービスはMoney Forward (マネーフォワード)です。マネーフォワード、その他のアプリ・サービスについてまとめます。


無数のサービスがある中で、よく名前が挙がる代表的な家計管理アプリ・Webサービスは以下のとおりです。

  • Money Forward (マネーフォワード)
  • Money Look (マネールック)
  • Moneytree (マネーツリー)
  • Monex One
  • Zaim(ザイム)

その中でおすすめなのは、Money Forward (マネーフォワード)です。最も使い勝手がよいアプリ・サービスです。

マネーフォワードは一度金融機関の口座情報やネット通販のアカウントを登録するだけで、複数の口座情報を一括管理でき、情報も自動更新されるWebサービス・アプリです。

登録できる金融機関等の種類も非常に多様であり、主要なものはほとんど網羅されています。Windows、マックではブラウザで利用でき、iPhoneやAndroidアプリもあります。

家計簿機能

マネーフォワードは、銀行の入出金履歴、クレジットカードの利用履歴、公共料金、Amazon・楽天での購入履歴を自動で情報取得して家計簿を作成してくれます。

履歴の性質に応じて、デフォルトで用意されている項目に自動的に振り分けられます。手で修正することもできますし、科目の振り分けルールを登録することもできます。

マネーフォワードの家計簿

私は家計簿をつけていません。昔に3ヶ月ほど家計簿をつけたことがあるのですが、細かくつけてもそのデータは結局あまり使いませんでした。「1ヶ月の収入と支出の金額総額をざっくりとチェックできればOK」という私のようなタイプだと、マネーフォワードの自動分類で十分だと思います。

マネーフォワードの自動収支作成

自動分類した結果が気に入らない場合は、一度分類・振り分けのルールを登録したら次回以降はそのように振り分けられるので便利です。

私は証券会社への入出金や他の自分の銀行口座への振込みは振り分けなしにして、家計簿に反映しないようにしています。それ以外はデフォルトの自動分類のままです。個人的には1ヶ月に総額でいくら使ったのかさえ把握できればいいので。

クレジットカードではなく現金払いする時もありますよね。それを細かく記録したい場合は手で入力することもできますし、「ReceReco(レシレコ)」というアプリと連携して、レシートを自動で登録することもできます。

ReceRecoはレシートを撮影するだけで、その場でレシートの認識処理が行われ、内容が動入力されるiPhone・Androidアプリです。

過去の収入、支出のグラフ化機能もあります。

マネーフォワードの過去の支出の推移

資産管理

マネーフォワードが秀逸なのは資産の集計です。銀行・証券会社・電子マネーなどを集計して、預金、現物株式、信用取引、投資信託、FX、年金などの項目ごとにポートフォリオが作成されて、複数の金融機関を統合した資産合計の状況を可視化できます。

マネーフォワードの資産の内訳

できれば資産のうち国内株式・外国株式といったところまで分類してくれると最高です。

保有銘柄の一覧も出て、評価損益、残高、騰落率、金融機関などでフィルタリングして並べ替えることもできます。複数の証券会社を使い分けている場合は、保有銘柄一覧を一発で見れるので便利です。

不動産の評価額などマネーフォワードでは収集できない情報も入力でき、家計のバランスシートをチェックすることもできます。

マネーフォワードのバランスシートチェック

資産推移もグラフで表示されます。現在の資産状況、資産推移を見やすい形式でチェックできます。

マネーフォワードの資産推移

使い勝手

使いやすさも秀逸であり、直感的な操作が可能でストレスを感じません。証券会社で例えるとGMOクリック証券のような操作性です。

私はWebサービス・アプリの操作性には比較的厳しく、使い辛いと即座にさようならとなるタイプなのですが、マネーフォワードは◎です。

直感的な操作が可能で迷う場面が少なく、スムーズに操作できます。家計簿で以前の月を参照する際は1ヶ月ごとに戻る必要があり、一気に戻ることができないのが唯一の難点です。

個人的には昔の家計簿を参照することはほとんどないので、許容範囲です。


デメリット

セキュリティ

マネーフォワードの最大のデメリットは、セキュリティのリスクがあることです。金融機関のIDとパスワードを入力する必要があるので、それが漏れたら大惨事となります。

この点、マネーフォワードは情報の送受信には256 bit SSL暗号化通信を採用し、公開鍵は現在利用可能な方式の中で、最高水準の暗号方式「2048bit」を採用しているとPRしています。

データはマネーフォワードのサーバーで全て暗号化して保管されます。原則として取引に必要なパスワードは入力不要です。

この手のサービスで情報漏えいが発生したら、一斉に退会者が相次いで一発KOとなりますので、セキュリティ面はかなり気を使っているとは思います。ただし、セキュリティを重視するならば利用は控えた方がいいでしょう。

無料だと登録できるのが10社まで

また、無料プランだと登録できる金融機関が10社までと限定されていることです。銀行、証券、クレジットカード、Amazon・楽天、電子マネー、ポイントを登録していくと10社を超えてしまう方も多いでしょう。

10社超を登録する場合は有料の「プレミアムサービス」への加入が必要となり、月500円の料金が発生してしまいます。

反応が遅い

マネーフォワードのデメリットは、Web上で入力したり、家計簿の項目を変更したり、金融機関の情報更新した時に反応が若干遅いことです。

ローカルのソフトと比べると止むを得ないかなと思いますが、レスポンスについては今ひとつです。無料で使っているので仕方ないと割り切っています。

家計簿を細かく頻繁に入力したい人にはあまり向いていないかもしれません。

無料とプレミアムサービスの違い

マネーフォワードの無料版と有料版のサービス内容の差は下表のとおりです。

項目 通常版 プレミアムサービス
利用料金 無料 500円/月
データの閲覧期間 1年前まで 無期限
金融機関連携数 10件まで 制限なし
各金融機関のデータ一括再取得 ×
グループの作成 1つまで 複数可能
お金のコンサル団 ×
未来シミュレーター「よそQ」 ×
マンスリーレポート ×
プレミアムデータバックアップ保障サービス ×
プレミアムサポート ×
サービス継続性保証(SLA)  
スマホアプリの広告表示 あり なし
CSVダウンロード ×

このうち特にポイントなのは、データの閲覧期間と金融機関連携数です。データを無制限に保管しておきたい場合、10社以上に登録する場合はプレミアムへの登録が必要となります。

「各金融機関のデータ一括再取得」はできると便利そうですが、マネーフォワードは再取得しないと永遠に情報が更新されないわけではなく、定期的に情報を更新してくれます。「任意のタイミングで一括更新したい」というニーズが強い場合以外は、無料版で十分だと思います。

その他の項目は正直あまり不要であり、無料版で十分かなと思います。

他の家計管理アプリ・Webサービスとの違い

Money Look (マネールック)

マネーフォワード以外で最も利用者が多いと思われるのは、Money Look (マネールック)です。

ただ、情報の更新に「全口座更新ボタン」をクリックする必要があったり、注意のダイアログがいちいちポップアップされたり、明細を見る場合の画面遷移が多かったりする点に不満が残ります。

マネールックの口座

保有銘柄の一覧は見ることができず、金融機関ごとに表示するしかないのも微妙です。操作性がマネーフォワードと比較すると見劣ります。

ただし、マネールックは無料で金融機関の登録数に上限がありません。無料で使いたくて登録が10社を超える場合はマネールックが有力な選択肢となります。

データはパソコン内に保存されるので、業者のサーバーには預けたくなくて、自分のパソコンは信頼できる場合もいいかもしれません。

MONEX ONE

マネックス証券がMONEX ONEという資産管理のサービスを行っています。マネックス証券の会員画面から利用できます。

家計簿の機能はなく、資産管理に特化されています。MONEX VISIONと連携してリターンやリスク、自分のポートフォリオの有効フロンティア上の位置、アドバイスなども表示されます。

しかし、他の証券会社で保有している国内上場の外国株ETFが「国内株式」と表示されて、いちいち手で修正する必要がある点がマイナスポイントです。

マネーフォワードのように保有銘柄の明細の一覧も見れません。各金融機関ごとに画面遷移する必要があります。

MONEX ONEも金融機関の登録数に上限がありません。家計簿機能は不要で、無料で使いたくて登録が10社を超える場合はMonex Oneが有力な選択肢となります。

Zaim(ザイム)

ZaimはMonex Oneとは逆で資産管理の機能はなく、家計簿に特化されています。

家計簿を細かく頻繁に入力したい方には向いているかもしれません。

資産管理の機能が不要で、無料で使いたくて登録が10社を超える場合はZaimという選択肢もあります。

まとめ

マネーフォワードは、資産の一括管理、家計簿の自動作成が簡単に可能です。幾多の口座情報を自動で集約してくれるのは神威の利便性があります。

また、資産内訳・資産推移・バランスシートのチェック、収入・支出の推移などをチェックすることができます。

使い勝手も上々です。金融機関等が10社で収まる方にはマネーフォワードはおすすめの家計簿・資産管理アプリ・Webサービスです。インターネット上での評判・口コミも良好です。

個人事業主・中小企業経営者の方は、マネーフォワードが提供しているクラウド会計ソフト「MFクラウド会計・確定申告」が便利です。

マネーフォワードと同様の金融機関・クレジットカードの自動読み込みがあり、仕訳を自動で作成してくれます。経理業務が一気に楽になります。

マネーフォワード確定申告

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

T-DMの封筒

T-DMからポルシェの招待者限定イベント「シャトー パナメーラ」の案内が届く

Tポイントを貯めるのに必要なTカードを保有していると、「T-DM」というダイレクトメールが届くことが

記事を読む

ゴディバのチョコ

ゴディバのチョコを驚くほど安い値段で買う方法!バレンタイン・ホワイトデーのお返しに最適

バレンタインデー、ホワイトデーのお返しに大人気のチョコの一つがGODIVA(ゴディバ)です。ゴディバ

記事を読む

メールの形をした雲

楽天銀行のメルマネ(かんたん振込)は無料!便利!ネットの友達に簡単に送金

楽天銀行には通常の銀行振り込みとは別に、メルマネ(かんたん振込)という振込方法があります。最近話題の

記事を読む

イオン銀行

イオン銀行の投資信託口座開設キャンペーンが熱い!嬉しい1,000円♪

7月に入ったのに涼しい今日この頃ですね。しかし、イオン銀行で熱いキャンペーンが始まりました!イオン銀

記事を読む

休暇村奥武蔵のロビーの窓際に寝そべったところ

休暇村奥武蔵のブログ的口コミ!

休暇村奥武蔵に行きました。休暇村奥武蔵は2013年にオープンした首都圏に1番近い休暇村です。ピカピカ

記事を読む

イオン夏の生活応援プレミアムギフトカード

イオンがプレミアムギフトカードを発行!1万円で11,000円分!2016年夏の生活応援

「企業版のヘリコプター・マネー」と形容できるビッグ・ディールが飛び込んできました。我らのイオンが20

記事を読む

コインと葉っぱ

三菱東京UFJ銀行が「MUFGコイン」を発行!ヘリコプター・マネーの中では仮想通貨に要注目

三菱東京UFJ銀行が仮想通貨「MUFGコイン」を2017年の秋に広く一般の利用者向けに発行すると報道

記事を読む

いきなりステーキの写真

いきなりステーキは肉マイレージカードがお得!チャージで1~3%還元

ペッパーフードサービスの立ち食いステーキ店「いきなりステーキ」が全国に店舗を急拡大しています。立ち食

記事を読む

ソフトバンクのSUPER FRIDAY (2)

ソフトバンクの「SUPER FRIDAY」が熱い!毎週、牛丼・アイス・ドーナッツがタダ取り可能

 ソフトバンクが携帯電話サービス開始から10周年感謝をこめて、「SUPER FRIDAY」という熱い

記事を読む

スマートフォンを見る笑顔の女性

アプリ「スマホサイフ」が登場!メリット・デメリット・使い方まとめ

Tポイントを運営しているCCCグループからiPhone・Androidスマホのアプリ「スマホサイフ」

記事を読む

Comment

  1. under より:

    こんにちは、
    リクエストに応えて頂きありがとうございました。
    毎回有用な情報をありがとうございます。

    現在SBI銀行からの流れで今月からマネールックを使用していますが
    マネーフォワードも平行して使ってみます。
    保有銘柄が一覧できるのは良いなと思いました。
    登録が10種なのでポイントサイトなどは省いて厳選してみます。

    セキュリティーの面についてはそれぞれ考え方が違うのですね。
    口座番号流出は本当に怖いと感じてます。

    マネールックで使いづらいと感じたのがブラウザのクロームでは全機能が使えないことです。
    一括更新はIEとファイヤフォックスしか対応してない様です。
    (更新のためにIEたちあげてます。)

    • まつのすけ より:

      保有銘柄の一覧が最高です^^

      SBI証券、松井証券(10万円以下)、マネックス証券(米国株)、GMOクリック証券(トレーディング)、カブドットコム(一般信用など)と複数の証券会社を使っているので、一覧化できるので使っています。

      口座番号流出は怖いですよね。
      そのリスクがあるのが最大の難点ですが、あまりに便利なので使っています。

      マネールックはクロームだと全機能が使えないんですか!
      今はクロームのシェアがかなり高くなっているので、非対応の機能があるのは微妙ですね。

  2. とも より:

    こんばんは、Money forwardは課金して使っています。
    昔は課金せずに使っていましたが登録金融機関の制限はなかった気がします。
    その後変わったのでしょうか。
    投信、株式、FXの内訳が見れるとリバランスなど考えやすくていいですよね。
    インデックスの投信かETFしか取引していないので今一番欲しい機能です。

    • まつのすけ より:

      今年の2月か3月から無料だと登録制限がかかるようになりました。今までが太っ腹すぎたのかなと思います。10社までというのは程々の良いバランスだと思います。

      資産配分を決めて厳密に守ることはしてないのですが、とっているリスク量と資産のバランスは把握したいと考えているので、アセットクラスごとに振り分けてくれて比率を把握できるとありがたいです^^

  3. under より:

    マネーフォワードとてもいいですね。
    正直マネールックと比べて見やすくて使いやすいです。
    保有銘柄の件もそうですが
    家計簿機能が素晴らしいです。
    カードの決済と銀行の引き落としが他はダブルカウントになってましたが
    マネーフォワードはちゃんと連携してくれます。
    カードの使用もその日毎個別に家計簿へ記載されるので
    日々のお金の流れはあまり気にしてませんでしたが
    マネーフォワードを使うといやでも目につくので効率的に節約できそうです。

    ありがとうございました。

    • まつのすけ より:

      マネーフォワード使いやすいですよね^^
      カード、Amazon・楽天の利用、銀行引き落としがいずれも重複されずにちゃんと調整してくれますよね。
      カレンダーでいつ入金があっていつ出金したのかが一目瞭然なのでホント便利です!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

銀座和光
銀座レストランウィーク 2017年はお得で美味!ダイナースクラブカードは先行予約可能

ダイナースクラブカードは春と秋の年2回、「銀座レストランウィーク」とい

桜の花と団子
【前年の株不足&逆日歩・今年のMAX】2017年3月末 権利付最終日

2017年3月末の優待について、昨年の株不足(融資残高-貸株残高)、逆

鉄道のレール
目ぼしい電車・バスの定期券の株主優待まとめ!3月末も少ない銘柄で完結可能

3月末の株主優待のデメリットは権利確定の企業が多すぎることですね。資金

楽天カード(JCB・VISA・Mastercard)
楽天カードの国際ブランドを丹念に比較!JCBとVISAとMastercardの違いを解剖

楽天カードの国際ブランドには、JCB、VISA、Mastercard(

→もっと見る

PAGE TOP