*

高配当が人気の株式!みずほFG(みずほ銀行)の株価の動向を徹底分析

更新日: 株式

みずほ銀行

言わずと知れたみずほフィナンシャルグループ(8411)は高配当株式の代表です。低額で購入可能で高配当であることから人気が高い銘柄です。NISAでも人気です。

みずほフィナンシャルグループとは

第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が統合して、日本の金融危機のピークの2003年に設立されました。

3大フィナンシャル・グループの一翼であり、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券などが傘下にあります。

2014年3月末の連結総資産は約175.8兆円です。

かつてはリテール部門とホールセール部門を分離させて、二つの銀行をFG傘下に置いているという世界的にも稀有な形態の金融機関でした。


「旧三行がポストを分け合うためには、銀行を二つにせざるを得なかった」という大人の事情がありました。

この体制に対しては投資家・金融庁からの評価は低く、時価総額は三井住友FGを大きく下回り、長らく三大メガFG最下位を独走しています。

FG、BK、CBを舞台にした緻密で巧みなトライアングル人事は芸術的領域に達していました。

サブプライム危機では、モルガン・スタンレーが本格的な危機を迎えたわずか数日前に、モルスタからサブプライムCDOを大量に買って大損失を出したという逸話もありました。

市場では「損失だけはグローバル・クラス」と囁かれました。

世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たちから引用します。

「最後のカモ、みずほ証券」

「みずほ証券は、いまだにみずほにしか分からない理由で、アメリカのサブプライム債券を扱う賢いトレーダーという体裁を身にまとい、モルガン・スタンレーの手から、サブプライムに裏づけされたCDOを10億ドル分受け取った。」

その後も深刻なシステムトラブル等の問題もあり、重い腰を上げて抜本的な組織改編に乗り出し、ワン・みずほを目指して2013年7月にみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が合併しました。

今後の行く末に注目が集まっています。

みずほ銀行
photo by Chris Gladis

各種データ

売上高・利益

2013年度の純利益は6,880億円と過去最高益となり、会社の従前計画を上回る着地となりました。

与信費用の戻入益発生、株式損益改善、みずほ証券の増益、国際部門収益や非金利収支の増加などが寄与しました。

利ざやに対する圧力が比較的一貫して続き、預貸スプレッドは低下したものの、利ざやの縮小は貸出の伸びでカバーされました。貸出の伸びが平残で+4.2%、末残では+2.6%となりました。

決算期 経常収益 業務純益 経常利益 純利益 一株利益
2010/03(実) 2,817,625 327,127 239,404 16.29
2011/03(実) 2,716,791 588,498 413,228 20.47
2012/03(実) 2,715,674 648,561 484,519 20.62
2013/03(実) 2,913,005 750,376 560,516 22.96
2014/03(実) 2,927,760 987,587 688,415 28.18
2015/03(予) 550,000 22.42

キャッシュ・フロー

決算期 営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2010/03(実) 13,432,719 -14,153,529 231,801 -720,810
2011/03(実) 6,051,517 -1,667,457 155,051 4,384,060
2012/03(実) 4,163,027 -6,175,676 -680,652 -2,012,649
2013/03(実) 5,858,617 -749,691 -283,872 5,108,926
2014/03(実) -2,286,042 10,607,483 -305,744 8,321,441

 利益率・CFマージン

経常利益率、純利益率、ROEといった指標は他のメガFGと遜色ない数字になっています。

決算期 経常利益率 純利益率 CFマージン ROE
2010/03(実) 11.6% 8.5% 476.7% 8.5%
2011/03(実) 21.7% 15.2% 222.8% 10.5%
2012/03(実) 23.9% 17.8% 153.3% 10.5%
2013/03(実) 25.8% 19.2% 201.1% 10.3%
2014/03(実) 33.7% 23.5% -78.1% 11.1%
2015/03(予)

 一株利益・一株配当・配当性向

一株当たり利益は右肩上がりの傾向ですが、2015年3月期は減益の予想を会社は出しています。

ただし、今後、債務者区分が改善する企業が増えると、前期同様に引当金の戻入益が予想よりも多く発生して、与信費用は会社計画より低くなる可能性があるでしょう。

コンセンサス予想は会社予想より高く、上振れ余地はあります。

配当は前期は増加し、2015年3期も増配を計画しています。配当性向は概ね30%を基本にしているようです。

仮に一株当たり利益が2014年3月期並みに着地すると、一株配当9円までの増配余地が出てきます。

そうなるとここ数ヶ月買った人は、配当利回りは4.3~4.6%近くまで上昇します。

決算期 一株利益 一株配当 配当性向
2010/03(実) 16.3 8.0 49%
2011/03(実) 20.5 6.0 29%
2012/03(実) 20.6 6.0 29%
2013/03(実) 23.0 6.0 26%
2014/03(実) 28.2 6.5 23%
2015/03(予) 22.4 7.0 31%

指標

みずほの予想配当利回りは3.40%(配当性向31%)です。株主優待はありません。

PBR0.81倍、予想PER9.19倍、自己資本比率-BIS14.35%です。

指標面では割安感がありますが、大手銀行としては世界標準的です。イメージはよくないですが、投資対象としては悪くはないでしょう。

相場全体の停滞が続くと景気敏感株であるみずほの株価も重い推移となるでしょうが、相場環境の好転時の株価の反発余地は高いでしょう。日本株全体の動向に左右される銘柄です。

過去2年間の株価のチャートは以下の通りです。

みずほFG(みずほ銀行)の最新の株価

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

指を指す女の子

東証一部昇格候補の予想!2016年11月の銘柄一覧

2014年の10月に東証一部昇格候補の予想銘柄一覧をアップしました。幸いリストの銘柄の多くが東証一部

記事を読む

シリコンウェーハ

RS Technologiesの株価・株主優待まとめ!優待新設で東証一部昇格へ!

RS Technologiesという「地球環境を大切にし、世界の人々に信頼され、常に創造し挑戦する。

記事を読む

竹で作ったけん玉

竹本容器の株価・株主優待まとめ!優待新設で東証一部昇格へ!

竹本容器というプラスチック容器、ガラス容器の企画・開発・製造・販売、プラスチック容器原材料の販売を行

記事を読む

ドバイの高層ビルの夜景

大和インベスター・リレーションズの大和IRモニタークラブは無料で個別株式投資に有益!

個別株投資においては、銘柄を発掘するのが重要ですね。言うは易く行うは難しです。良い投資対象の企業を発

記事を読む

あいホールディングス

あいホールディングスは業績と株価が美しい右肩上がり!

私の投資スタイルはイベント投資、株主優待株への分散投資が基本です。しかしながら、非株主優待株を中長期

記事を読む

JALの株主に対する四半期報告書

JAL(日本航空)の株価・株主優待まとめ!

JAL(日本航空)という言わずと知れた航空会社があります。ANAと並ぶ日本の代表的なエアラインですね

記事を読む

クオカード1000円券

ファーストコーポレーションが株主優待を新設!東証一部昇格へ

ファーストコーポレーションという東京、神奈川、埼玉、千葉で分譲マンション建設事業を展開している企業が

記事を読む

ANA VISON 2014

ANA HD(全日空)の株式・株価予想・株主優待まとめ

株主優待が人気のANAホールディングス(9202)の株式・株価予想・株主優待についてまとめます。全日

記事を読む

立会外分売は高勝率!

立会外分売とは、大口の売り注文を受けた証券会社が若干のディスカウントをつけて購入する投資家を募集

記事を読む

寿司

東証1部昇格にリーチ!ライドオン・エクスプレスが株式分割&株主優待実質改善

ライドオン・エクスプレス(6082)が、「投資単位あたりの金額を引き下げることにより、投資家の皆様が

記事を読む

Comment

  1. mushoku2006 より:

    詳細な分析、ありがとうございます。m ( _ _ ) m
    買ってから言うのもアレなんですが、
    配当利回り以外には、
    みずほはぶっちゃけ取り得がないように思います。

    三井住友の方が割安に見えてしかたがない。
    株価がもう少し安定して推移してくれれば、
    喜んで買うんですけどねえ・・・・・・。
     ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

    • まつのすけ より:

      三井住友、結構値動きがありますよね。
      あんまりボラが激しいと疲れます。
      マイルドに右肩上がりが理想ですね^^

  2. ミキオ より:

    いつも拝見させて頂いておりますが、機関投資家に勤務されているだけあって自分のような素人にはとても及ばない緻密な分析で、とても参考になります。今後も拝読させていただきます。

  3. ひろみんみん より:

    いつも楽しみに拝見しています。
    みずほは持っていたため、特に興味のあるところでした。
    最近は、インフレに備えたくて思案していて、
    長期保有できそうな銘柄を探しています。
    これからもブログのほうよろしくお願いします。

    • まつのすけ より:

      ありがとうございます!
      個別銘柄についても言及していきたいと思います。
      今後とも宜しくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

アメックスの当サイト限定タイアップキャンペーン
カード発行だけでAmazonギフト券5,000円分プレゼント!初年度の年会費も無料

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

JALの飛行機
JALカードでマイルが貯まらない支出対象一覧!

日本を代表する航空会社の一角が日本航空(JAL)です。近年では政府専用

マクドナルド
マクドナルドが全店でdポイント導入!最大で約13%還元!

マクドナルドが2017年3月1日から全店舗でdポイントを利用可能になり

お店でショッピングする女性
ヤフーカードのショッピングガード保険を極めよう!安心・安全でお買い物できる!

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)というYahoo! JA

マネックス証券 営業本部の西尾さん、岩井さん (2)
マネックス証券に取材インタビュー!Vol.4 債券・FX・マネックスラボツール・その他サポートについて聴き倒しました!

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次

→もっと見る

PAGE TOP