*

マネパカードは海外旅行に超便利!外貨両替との比較まとめ

マネパカード

東証一部上場企業のマネーパートナーズがマネパカードという新しいサービスを開始しました。マネーパートナーズは「マネパの外貨両替」という為替手数料が非常に安いサービスも行っています。

マネーパートナーズはFXのサービスがメインの企業です。FXというとギャンブルというイメージもありますが、マネパカードとマネパの外貨両替は海外旅行の際に極めて利便性が高いサービスです。私も早速申し込みました。


マネパカード

マネパカードとは

マネパカードとは、1枚で5つの通貨をチャージして現地できる海外専用プリペイドカードです。海外のATMで現地通貨を引き出したり、マスターカードのマークのあるお店でクレジットカードのように支払いに利用できます。

ATMで引き出すだけではなく、MasterCardの加盟店で使えるのは便利ですね。

1枚のカードに米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨をチャージすることができます。発行手数料・年会費は無料で、カードを保持するだけだと料金は一切かかりません。

海外ショッピング

マネパカードで海外ショッピングでの利用する際に、利用手数料等はかかりません。チャージした際に為替レートに上乗せされるスプレッド(両替手数料)のみです。

円から外貨への両替レートは、パートナーズFXレートに一定のコストを加えたレートとなり、加算部分が両替手数料に相当します。1通貨あたりの手数料は概ね以下の程度です。

  • 米ドル:0.8円(80銭)
  • ユーロ:1円
  • 英ポンド:1.3円
  • 豪ドル:0.7円
  • 香港ドル:0.1円

銀行での外貨両替と比べると圧倒的に低く、一般的なクレジットカード(約1.6%~1.63%・アメックスは2%)と比較しても、概ね約50~65%程度安価です。

1通貨あたりの手数料は円ベースで固定されているので、クレジッ トカードの事務手数料のように、円安になっても円ベースの手数料が上がるわけではありません。逆に円高になった場合には下がりません。

ここ最近の円安によって、マネパカードの手数料はお得になっています。ただ、クレジットカード利用だとポイント還元がありますので、それを考慮するとクレジットカードの方がお得になる場合があります。

ただし、メインのクレジットカードを海外で利用して盗難・偽造されて不正利用されるリスクを考えると、マネパカードの利用にはメリットがあります。

また、海外旅行時に他のクレジットカードや現金を紛失・盗難・強盗などに遭った場合で、マネパカードを密かに隠しておけば、インターネットで入金して、旅を続けることが可能になります。

1回の決済あたり80万円相当額、1日あたり100万円相当額、1ヶ月あたり200万円相当額という上限があります。事故に遭遇して高額医療費がかかる場合以外のケース、相当な高額のお買い物をするケース以外では問題ありませんね。

ATM利用

マネパカードでは、ショッピング・食事等での決済のみならず、マスターカードのマークがついたATMで現地通貨を引き出すことができます。ほとんどの空港にマネパカードが利用できるATMが設置されています。

MasterCardマークが付いたATMのイメージ図

マネパカードのATM手数料は、以下の通りです。この他、現地ATM手数料が発生する場合があります。

  • ドル:2USD/回
  • ユーロ:1.75EUR/回
  • 英ポンド:1.5GBP/回
  • 豪ドル:2.5AUD/回
  • 香港ドル:20HKD/回

これは特筆すべき安さではありませんね。ただ、普通に銀行等で交換するのと比較すると、トータルコストは大きく下がります。

注意点としては、ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・香港ドル以外の通貨でカードを利用した場合、利用額の3%のクロスボーダー手数料がかかります。これらの通貨以外はコストが高くなるため、利用は控えましょう。

ATM引出には、1回あたり30万円相当額、1日あたり100万円相当額、1ヶ月あたり100万円相当額という上限があります。この制限も基本的には問題ないでしょう。

海外でのATM・CDの操作画面で用いられている基本的な用語(英語)は以下の通りです。

用語 意味
PIN (Personal Identification Number)
ID CODE/SECRET CODE/PERSONAL NUMBER
暗証番号
WITHDRAWAL/GET CASH お引出し
BALANCE INQUIRY 残高照会
ENTER/OK/YES 確認
CANCEL 取消
CLEAR 訂正
TRANSACTION 取引
SAVING ACCOUNT / CHECKING ACCOUNT 普通預金/当座預金
RECEIPT レシート
AMOUNT 金額

米ドルの場合の現地ATMの操作手順の例は以下のとおりです。

  1. ATMにカードを挿入(言語を選択する場合あり)
  2. 暗証番号(PIN)を入力
  3. 「YES」で明細書の印刷を指定
  4. 「CASH WITHDRAW」を指定
  5. 「SAVING」を選択(引き出せない場合は、「CREDIT CARD」を選択)
  6. 出金額(外貨)を入力して「CORRECT」を選択

 マネパカードへの入金

マネパカードへの入金は、三井住友銀行のお客様カード専用振込口座に振り込むことで入金できます。

マネーパートナーズのFXに口座を持っていると、FXサイトから24時間リアルタイムで入金可能な「クイック入金」機能が利用可能です。このクイック入金は入金手数料無料です。便利ですね。

空港
マネーパートナーズというFXがあります。100通貨単位で取引ができ、建玉を「現受け」して通貨で受け取ることもできます。海外旅行の際...

マネーパートナーズFXの会員専用サイトのタブ「資産管理(入出金)」にカーソルを合わせると、項目が表示されます。

上から5番目の「振替・移動」をクリックし、遷移したページで金額を入力してFX口座からマネパカードに資金移動できます。

マネーパートナーズFXからマネパカードへの資金振替

また、FX口座の外貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、香港ドル)をマネパカード口座に入金する機能も追加されました。

FX口座からマネパカード口座に振替するときに1通貨あたり0.004通貨の手数料がかかります。

FX口座からマネパカード口座への振替の最大額は100万円相当、最小額は、各通貨2.5通貨となります。

FX口座の外貨をマネパカード口座に入金

もちろん、インターネットを利用できる環境であれば、海外旅行の真っ最中に追加で入金することも可能です。

また、マネパカードの残高からFX口座に外貨を戻すこともできます。戻す際には手数料はかかりません。

マネパカードの残高をFX口座に入金

 マネパカードのメリット

銀行での外貨両替と比較すると低コストです。ICカードですので偽造やカード情報を盗まれたりせず不正利用を防止できます。

クレジットカードの海外キャッシングのように利息が発生しないので、繰り上げ返済する手間が省ける点もメリットです。

また、カードショッピング保険で、カードで購入した商品が破損・盗難した場合でも保険の範囲内(総額50万円)で補償されます。

万が一の紛失・盗難に遭った場合でも、カード会員専用サイトでセキュリティロックすることもできますし、24時間365日対応のサポートデスクに連絡すると、連絡時点の残高が補償されます。

メインのクレジットカードで携帯電話料金や公共料金などを支払っている場合、そのカードを海外で盗難・紛失して停止すると、カード再発行後に手続きをすべてやり直さなければいけません。

海外でマネパカードを利用するようにすると、こうしたリスクのヘッジになります。

プリペイド型カードなので、au WALLET同様にクレジットカードのような与信審査はありません。マネパカードは日本在住で16歳以上なら誰でも申し込めます。

大学生などの子供が海外留学をする機会があれば、海外送金の代わりにマネパカードに入金して使うように することもできます。

最近は楽天銀行などのネット銀行だと海外送金の手数料も安くなってきました。

しかし、楽天銀行でも一律750円の手数料に加えて、場合によっては円貨送金手数料(リフティングチャージ)の上乗せ(3,000円)、海外中継銀行手数料を送金人負担とした場合の手数料(1,000円)なども発生します。

マネパカードだと為替手数料以外のコストはかかりませんし、ネットで入金できるので便利です。利用履歴も日本国内でも確認できます。

 マネパカードのデメリット

3%のクロスボーダー手数料は高めなので、ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・香港ドル以外の通貨では利用しないようにしましょう。

また、カード再発行手数料が1,000円/回(税抜)、不要になった場合の日本での出金手数料が500円/回(税抜)、利用明細書発行手数料が400円/回(税抜)かかるのもデメリットです。

カードの暗証番号(PIN)を忘れた場合、暗証番号の照会・通知はできません。 忘れた場合はカードの再発行手続きが必要になり、1,080円(税込)が必要となります。

ただ、普通に使う分には不要の費用です。海外ATMキャッシングでは現地ATM手数料が発生する場合があるのが、クレジットカードの海外キャッシングと比較したデメリットです。

マネパカードはプリペイドカードで純粋なクレジットカードではないため、MasterCard加盟店でも、一部の店舗では使えない場合があります。これはau WALLETと同じ仕組みです。

 キャンペーン

マネパカードは口座開設の先着5,000名にオリジナルトラベルセット(アイマスク、ピロー、室内履き、耳栓)がプレゼントされました。私もいただきました。

マネパカード入会キャンペーン品物(オリジナルトラベルセット)

マネパカード入会キャンペーンのオリジナルトラベルセットの説明

マネパカードとマネパの外貨両替との比較

成田国際空港内の京成たびるーむ

マネパの外貨両替・空港受取りサービスとは

マネパカードを提供しているマネーパートナーズは、外貨両替・空港受取りサービスも展開しています。

銀行窓口や外貨ショップで現金を外貨に両替した場合と比較すると、米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフランは約90%〜約98%OFFの手数料で外貨両替が可能なサービスです。韓国ウォンは約30%OFFです。

FX企業ならではの圧倒的にお得なレートで外貨に交換できます。

米ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフランの場合、両替レートはパートナーズFXレート±0.2円(20銭)です。外貨受取には、1回あたり事務手数料500円がかかります。

受取可能空港は、成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港です。

比較まとめ

ドルを例にすると、マネパカードのコストは1ドルあたり0.8円、外貨両替のコストは1ドルあたり0.2円+1回の交換当たり500円です。

ドル円124円で換算すると、損益分岐は834ドル(約103,416円)です。これ未満だとマネパカードの方が安く、これを超えるとマネパの外貨両替の方が安くなります。

外貨両替の場合、事前にウェブで手続きをしたあとに、日本の4つの空港のトラベレックスかたびるーむで受け取る必要があり、手間がかかります。

空港の交換場所は24時間営業ではありません。

マネパカードは現地のATMで引き出すことも可能ですし、クレジットカードのように決済に利用することもできます。

また、外貨両替は受取金額の上限があります。3,000ドル、3,000ユーロ、3,000ポンド、3,000スイスフラン、300万ウォンです。月に2回までという回数制限もあります。

マネパカードの場合、ショッピング利用の場合の上限、1回の決済あたり80万円相当額、1日あたり100万円相当額、1ヶ月あたり200万円相当額です。ATM引出の上限は、1回あたり30万円相当額、1日あたり100万円相当額、1ヶ月あたり100万円相当額です。

上限はマネパカードの方が遥かに高いです。

外貨両替の受取可能空港は、成田・羽田・関西・中部だけであり、札幌・仙台・新潟・岡山・広島・福岡では受け取れません。

マネパカードは受け取り空港は無関係ですので、成田・羽田・関西・中部以外からの旅行でも全く問題なく使えます。

まとめると、日本の空港で概ね10万円以上の外貨を交換する場合は、外貨両替の方が安価です。ただし、現地のショッピング利用、ATM引き出しが可能で、セキュリティ面の配慮もあるのはマネパカードの大きなメリットです。

クレジットカードのATMキャッシングとの比較

海外のATM

クレジットカードで海外のATMでキャッシングしてお金を引き出した場合、為替取扱事務手数料がかかりません。クレジットカード会社が設定する為替レート()で外貨を引き出せます。

ただし、15~18%程度の利息がかかります。キャッシングは多くのカードでは繰上返済が可能であり、数日後に繰上返済した場合は利息は500円未満で済むことは多いです。

数日間で繰上返済ができるなら、クレジットカードを使ったキャッシングの方が低コストになるケースが多いです。

クレジットカードによっては、ATM手数料が発生する場合もあるので、かかる場合はそのコストも考慮して、マネパカードとどちらが得か計算しましょう。

マネパカードを使って海外ATMで外貨を引き出す場合、為替手数料のほかにATM利用手数料が発生します。

米ドルの場合は1回あたり2米ドルなので、1ドル124円の場合は、「2×124円=248円」のATM手数料がかかります。現地ATM手数料がかかる場合もあります。

為替手数料は1通貨あたり0.8円(80銭)なので、例えば1,000ドルを引き出す場合は、約800円がかかります。合計で約1,048円のコストが発生します。

クレジットカードで海外ATMでキャッシングする場合は、ショッピングの場合とは異なり、1.6~2%程度の為替取扱事務手数料は不要になります。その代わりに利息(年利15~18%)が発生します。

使える海外ATMの目印は、VISAならPLUSマーク、MasterCardならCirrusマークです。どちらも使えるATMも多いです。

1ドル124円のときに1,000ドルを年利18%でキャッシングした場合、31日後に返済すると約1,896円がかかります。しかし、7日後に返済するならば約428円で済みます。

早期繰り上げ返済をするならば、ATM手数料がかかったとしても、マネパカードよりは若干コストが低くなる場合があります。

ただし、海外キャッシングを利用する場合は、繰り上げ返済を忘れると大惨事になるので注意しましょう。

海外ATMキャッシングを最も安くできるのはセディナカードです。ネット上で繰り上げ返済できるので、帰国を待たずにネットで繰り上げ返済が可能です。

笑顔の母親と子供
セディナカードというクレジットカードがあります。三井住友フィナンシャルグループの(株)セディナが発行しています。ハウスカードの「セ...

マネパカードはセディナカードと比較すると海外ATMでの現地通貨引き出しは高コストですが、繰り上げ返済の手間が発生しないのがメリットです。

海外プリペイドカード・クレジットカードの比較

キャビンアテンダント

マネパカードは便利な仕組みとなっていますが、「類似する他のプリペイドカードやクレジットカードと比較するとどう?」という点は気になりますよね。そこで違いを表にしました。

項目 GAICA
(Flex機能付き)
マネパカード クレジットカード
申込資格 日本在住で13歳以上 日本在住で16歳以上 カードによる(18歳以上・安定収入など)
審査 不要 不要 必要
国際ブランド  VISA MasterCard VISA・MasterCard・JCB・Amex・Diners Club等
ATM引出し手数料(/回) 米ドル :無料
ユーロ :無料
英ポンド:無料
豪ドル :無料
香港ドル:無料
米ドル :2米ドル
ユーロ :1.75ユーロ
英ポンド:1.5英ポンド
豪ドル :2.5豪ドル
香港ドル:20香港ドル
カードによる
現地ATM手数料 かかる場合あり かかる場合あり 請求されない
為替手数料 3.5%~4.0% 為替レートで変動(概ね0.7%~0.9%程度) 国際ブランドによる(概ね1.5%~2.3%程度)
ショッピング特典 日本国内では1.0%-1.5%キャッシュバック ポイント・マイル等
ICチップ 搭載 カードによる
ショッピング保険 50万円迄 カードによる
払戻・振替 新生銀行の外貨預金口座 マネーパートナーズのFX口座
暗証番号忘れた場合 再通知可能(手数料216円) 再通知不可(カード再発行1,080円) 再通知可能(手数料は無料が大多数)
カード再発行 540円 1,080円 カードによる
注意事項 新生銀行の口座がないとATM手数料・払い戻し手数料が発生 マネーパートナーズのFX口座がないとクイック入金不可 ATMキャッシングは繰上げ返済を忘れると高コスト

マネパカードと新生銀行グループのGAICA(Flex機能付き)を比較すると、為替手数料、国内ショッピングでの還元、ショッピング保険、ICチップ搭載はマネパカードが上回っています。

ATM手数料が無料である点、13歳以上ならば申し込める点、新生銀行の外貨預金口座に無料で払い戻しが可能な点はGAICA(Flex機能付き)が上回っています。

マネパカードとクレジットカードを比較すると、海外でのショッピング利用時のポイント等の付与、現地ATM手数料が請求されない点はクレジットカードが上回っています。

しかし、為替手数料、16歳以上ならば申し込める点は、マネパカードが上回っています。

余った外貨は日本国内で利用可能!キャッシュバックも

2016年6月1日(水)からは、マネパカードを日本国内のMasterCard加盟店で、円でのお買い物に利用できるようになりました。

海外旅行で使いきれなかった外貨は、一度ペイバックしてから円に両替(手数料無料)して、再度カードにチャージし、国内ショッピング限度額を設定することで、日本国内でのショッピングに利用できます。

しかも嬉しいキャッシュバックがあります。当月内に売上確定した明細に対して、翌月10日(休日の場合は翌営業日)にマネパカード未チャージ残高にキャッシュバックされます。

条件 キャッシュバック率
マネパカード口座がある場合 1.0%
マネパカード口座とマネーパートナーズのFX口座の
両方がある場合
1.2%
マネパカード口座があり、
マネーパートナーズで月間100万通貨以上のFX取引
1.5%

端数を使い切りたい場合は、Amazonギフト券が便利です。1円単位で利用金額を指定できるので、マネパカードの残高と同じ金額を買えばきれいに使い切れます。

Vプリカ
VISA・MasterCard・JCBなどの国際ブランドを搭載しており、原則としてクレジットカードのようにお買い物できるプリペイド...

マネパカードで余った外貨を日本で使う場合、まずは「ペイバック」を行います。カード会員専用サイトにログインして、マネパカードにチャージした外貨をペイバックして未チャージ残高に戻します。

マネパカードのペイバック画面

次に未チャージ残高内の外貨を円に両替します。外貨から円に両替する際には、FXの取引レートで両替できます。為替コストが低くてお得です。

マネパカードの円への両替画面

未チャージ残高内の円貨をカードにチャージします。

マネパカードのカードへ再チャージ画面

最後に、「カード情報(明細・残高・停止)画面」→「各種変更TOP」→「利用限度額変更」と進み、国内ショッピング限度額を設定します。

マネパカードの利用限度額変更画面

ページの下部に進むと入力画面があります。当初は0円に設定されており、任意の限度額を変更すると使えるようになります。限度額の変更は翌日の0時に反映されます。

マネパカードの利用限度額入力画面

まとめ

マネパカードは年会費無料、安心のセキュリティ、銀行での外貨両替と比較した場合は低コスト、与信審査なしなどがメリットのお得なプリペイドカードです。

多額を交換する場合は、マネーパートナーズの外貨両替・空港受取りサービスの方がお得になりますが、マネパカードは現地のショッピング利用、ATM引き出しが可能な点がメリットです。

クレジットカードのATMキャッシングは繰上げ返済をうっかり忘れると大ダメージとなります。マネパカードはそのような心配が無用です。1枚持っていれば数多くの国で使えます。

海外旅行時にはメインはクレジットカードを使う場合でも、サブカードとして保有しておくと安心です。

2016年6月からは余った外貨は日本国内で使えるようになり、利便性が増しました。日本国内での利用は1%~1.5%のキャッシュバックもあります。

端数が無駄になることもありません。Amazonギフト券を買えば、きれいに使い切ることも可能です。

海外旅行では万が一のトラブル時に慌てない準備をするのが大事ですね。その観点でマネパカードは便利なカードです。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

楽天銀行プリペイドカード(JCB)

楽天銀行プリペイドカード(JCB)のメリット・デメリット・デビットカードとの比較まとめ

楽天銀行が「楽天銀行プリペイドカード(JCB)」というJCBプリペイドカードを2017年1月16日か

記事を読む

dポイントカード

dポイントをザクザク貯める方法・お得な使い方まとめ

NTTドコモの「dポイント」は、ドコモユーザーではなくてもお得に使える共通ポイントです。従来のドコモ

記事を読む

iPhone 5s・6・6s

ついにiPhoneにおサイフケータイ導入!FeliCa搭載でアップルペイを2016年10月から開始!

アップルがiPhone 7にFeliCa(フェリカ)を搭載することになり、2017年に日本でスマホを

記事を読む

吉野家の牛丼アタマの大盛

吉野家がTポイント導入!Tカード提示でお得にポイントが貯まり、使える!

言わずと知れた牛丼屋の雄「吉野家」が「Tポイント」を導入します。Tポイントを貯めることも、使うことも

記事を読む

JCBエンブレム

JCBから「ポイントおまとめサービスPOICHI」が登場!共通ポイントがJCB加盟店で楽々導入へ

JCBが新サービス「ポイントおまとめサービスPOICHI」を2016年11月にリリースする予定です。

記事を読む

MoneyT Global(マネーティーグローバル)

JTB MoneyT Globalのメリット・デメリット・類似サービスとの比較まとめ

MoneyT Global(マネーティーグローバル)という海外プリペイドカードがあります。マネパカー

記事を読む

Vプリカ

Vプリカ・LINE Payカード・おさいふPontaなどのバーチャルカード・プリペイドカードの端数をお得に使い切る方法!

VISA・MasterCard・JCBなどの国際ブランドを搭載しており、原則としてクレジットカードの

記事を読む

WAON POINTカード

WAONポイントカードは、イオンの共通ポイント「WAON POINT」がザクザク貯まる!

イオンが2016年6月から新しい共通ポイント「WAON POINT」を開始しました。現金やギフトカー

記事を読む

nanacoカード3枚

REXカードを保有していると、還元率1.0%でnanacoチャージできる!

高還元カードの中でも高い人気を誇るカードの一つが、現金還元で還元率1.5%で人気のREXカードです。

記事を読む

ライフ

ライフから電子マネー「LaCuCa」(ラクカ)が登場!ポイント二重取りが可能

ライフコーポレーションが、ポイントカードと一体化の電子マネー「LaCuCa」を導入しました。「ラクカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

アメックスの当サイト限定タイアップキャンペーン
カード発行だけでAmazonギフト券5,000円分プレゼント!初年度の年会費も無料

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

ネットマーケティング
新規上場!ネットマーケティングのIPOの初値予想

ネットマーケティング(6175)のIPOが決定しています。ブック・ビル

東海道新幹線
スマートEXのメリット・デメリット、エクスプレス予約・プラスEXとの比較まとめ

「スマートEX」というサービスが2017年9月より始まります。Suic

冬の山
【逆日歩速報】2017年2月末 権利確定日

2017年2月末の権利付き最終日の逆日歩が発表されました。貸借銘柄は、

オークネット
新規上場!オークネットのIPOの初値予想

オークネット(6533)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング

→もっと見る

PAGE TOP