*

マメタスはお釣りで資産運用ができるアプリ!メリット・デメリットまとめ

更新日: 投資信託・ETF, 金融機関

クレジットカードを見せるショッピング中の女性

ロボアドバイザー・資産運用サービス「WealthNavi」(ウェルスナビ)が、おつりで資産運用ができるアプリ「マメタス」を2017年5月末から開始します。

マメタスは、日常のクレジットカードによるお買い物の「おつり」を貯めて、1ヶ月に1回、国際分散投資を行うアプリです。

リスクはあるものの、「長期・積立・分散」によってタイミングリスクを抑制して、オーソドックスで平均的に、世界の経済成長の果実を獲得することが期待できます。

マメタスの内容、メリット、デメリットについてまとめます。


マメタスとは

マメタスを運営する「WealthNavi」(ウェルスナビ)は、フィンテックの金融テクノロジーを駆使した資産運用サービスです。

全く手間をかけずに世界の富裕層・機関投資家が行っている国際分散投資が可能になります。ウェルスナビについては、以下で徹底的に解説しています。

ハイタッチする外国人ビジネスパーソン
WealthNavi(ウェルスナビ)というロボアドバイザーによる自動資産運用サービスがあります。ロボアドバイザーの診断結果に基づい...

マメタスはクレジットカードによるお買い物のお釣りで、ウェルスナビの世界基準のクラシックな国際分散投資が可能になります。

世界の経済活動全体に対する分散投資は、中長期的に世界経済の成長率を上回るリターンを期待できます。

運用資産額が大きくて自身の買いで株価が大きく上がってしまうため、流動性が低い中小型株に思うように投資できない機関投資家や富裕層の間では、標準的な資産運用として定着しています。

さらに、積立投資を行うことにより、株価変動・為替変動などのリスクのタイミングの分散を図っています。スマホアプリのマメタスはこのようなクラシカルな国際分散投資が可能になります。

スマホを持ちながらOKポーズをする女性

マメタスを利用すると、毎日のクレジットカードでの買い物の「おつり」が、ロボアドバイザーにより資産運用されることになります。

毎月1回、貯まった「おつり」を銀行口座から自動的に引き落として、WealthNaviの仕組みで分散投資が実施されます。

マメタス

投資の内容はユーザーの目標金額・リスク許容度に応じて変化します。一例としてリスク許容度が5段階中4と判定された私の場合、ポートフォリオは以下のとおりでした。

  • 米国株 35.0%:Vanguard Total Stock Market ETF(VTI)
  • 日欧株 26.6%:バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)
  • 新興国株 8.5%:バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)
  • 米国債券 14.9%:iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)
  • ゴールド 10.0%:SPDR Gold Trust(GLD)
  • 不動産 5.0%:iShares Dow Jones US Real Estate ETF(IYR)

メリット

小口で定評が高い米国ETFに投資可能

マメタスを利用すると、流動性が高くて安定性に定評が高い米国市場のETFに、極めて小口のお金で分散投資を行うことができます。

ネット証券でETFを買う場合は、少なくても1銘柄10万円以上でないと手数料率が高くなってしまうので、小口で国際分散投資が可能となる点がマメタスのエッジ・優位性です。

スマホでサクッと投資ができるお手軽さがあります。評判・口コミが良いETFに、一度設定したら何の手間もかけずに投資できます。

笑顔のビジネスマン

ニーズに応じて複数の選択が可能

お釣りの金額は、100円・500円・1,000円の端数から選択可能です。ユーザーニーズに応じて細かく選択できます。

例えば170円の商品をクレジットカードで購入した場合、100円なら30円、500円なら330円、1000円なら830円が「おつり」としてマメタスに貯まります。

1回の買い物で1円~999円のお釣りが発生して、1ヶ月間のお釣りの合計額で投資を実施することになります。

お釣りの単位 1回あたりのお釣り
最小金額 中央値 最高金額
100円 1円 50円 99円
500円 1円 250円 499円
1,000円 1円 500円 999円

例えば1~5日に1回、お釣りの中央値(平均)のお買い物を行った場合、1ヶ月間(30日)に投資に充当される金額は下表のとおりとなります。

お釣りの単位 お買い物の頻度
1日1回 2日に1回 3日に1回 4日に1回 5日に1回
100円 1,500 750 500 375 300
500円 7,500 3,750 2,500 1,875 1,500
1,000円 15,000 7,500 5,000 3,750 3,000

サービス当初はiOS10.0以上のiPhone・iPad等のiOSアプリで利用できますが、Android版も後日ローンチ予定です。

当初は「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」で既に資産運用を開始し、積立を設定している方が利用できます。WealthNavi、WealthNavi for SBI証券にも順次対応予定です。

マメタスのお釣りを投資にまわす仕組みは、マネーツリーで取得した利用明細が活用されています。

知識・手間なく分散投資が可能

花火をする仲間たち

WealthNaviは「長期・積立・分散」による資産運用を自動化によって、20代~50代の現役世代の資産運用をサポートしています。

2016年7月の正式リリースから9ヶ月で、申込件数1万8,000件、預かり資産100億円を突破し、23017年5月17日時点では申込件数21,000口座を突破とモメンタムが加速しています。

自分で個別株を選定したり、ネット証券で投資信託やETFを色々と買ったり積み立てる手間をかけたくない方には便利なサービスです。

個別株投資は難易度が高めであるのは事実であり、誰でも簡単に勝てる訳ではありません。一定のセンス・投資リテラシーと研究が必要です。したがって、無難なのはマメタスやウェルスナビのようなサービスとなります。

マメタスを利用すると、ノーベル賞を受賞したポートフォリオ理論などに基づいた資産運用アルゴリズムで、高度な知識や手間なしに自動で国際分散投資を行うことができます。

ロボアドバイザーが最適ポートフォリオを作成して運用してくれるので、個人投資家が陥る心理的な壁に邪魔されることなく、適切な資産配分の維持や積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

中核となる技術については特許も取得しています。「リバランス機能付き自動積立」や「自動税金最適化(DeTAX)」機能は、ネット証券で自分で投資信託・ETFを購入する場合は享受できないメリットです。

ビジネスの相談・ミーティング

マメタスの導入趣旨について、ウェルスナビの創業者・CEOである柴山和久氏は以下の旨を述べています。

「国内の企業は退職金が減少しており、年金にも不安が募っている状況下、資産運用への関心が高まっています。

しかし、最初の1歩が踏み出せないという傾向があります。日本では個人金融資産1,800兆円の半分以上が預貯金に充てられており、これは他の先進国と比較しても突出して高い割合です。

貯蓄から投資への流れを進めることで、個人金融資産の配分をよりバランスのとれたものに移行することができます。

マメタスは、投資や資産運用は怖いないし損しないか不安で、自分には縁がないと思う方々を対象にしています。日常生活の中に資産運用サービスを連結することは、社会的な意義にもつながると考えています。

普段の買い物は現金が中心という方々にも、こうしたサービスを機にクレジットカード、デビットカード、あるいはApplePayのような新しいサービスを使い始めてみようかと思ってもらえる可能性があります。」

ウェルスナビは従業員の過半数がエンジニアという「モノづくりができる金融機関」であることが特長です。

最新のテクノロジーを駆使して、誰でも利用しやすくて、透明性・客観性の高いフィデューシャリー・デューティーを徹底したサービスづくりを心掛けています。

マメタスは住信SBIネット銀行との業務提携に伴うサービスとなっています。一歩先に進んだ画期的な制度であり、資産運用サービスの基準を変えて一新する程のインパクトがあります。

住信SBIネット銀行にまだ口座をお持ちでない場合は、SBI証券と同時に口座開設するとお得です。口座開設・維持手数料は無料で口座維持に一切費用はかかりません。

なんと当サイト限定タイアップキャンペーンで、3,000円分のプレゼントがあります。マイナス金利の時代には破格のキャンペーンです。

SBI証券のタイアップキャンペーン

口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。住信SBIネット銀行との同時口座開設も可能です。

当サイト限定キャンペーンで住信SBIネット銀行と同時口座開設

デメリット

マメタスのデメリットは、クレジットカードのお釣りが運用にまわる仕様なので、毎月投資する金額が確定していないことです。

自分が想定しているよりも多い金額を投資してしまったり、あるいは少ない金額しか運用にまわらなかったりする可能性があります。

1ヶ月間に投資する金額をしっかりと確定したい場合は、やはり本家のウェルスナビの利用が望ましいです。

ハイタッチする外国人ビジネスパーソン
WealthNavi(ウェルスナビ)というロボアドバイザーによる自動資産運用サービスがあります。ロボアドバイザーの診断結果に基づい...

手間を掛けて様々な情報収集を行って、入金や発注の手間をかけることが許容できるならば、ネット証券で投資信託・ETFを買うことも選択肢となります。

SBI証券マネックス証券楽天証券カブドットコム証券には投資信託保有でポイントが得られる仕組みもあります。その他、おすすめのネット証券については、以下で丹念に分析しています。

東京証券取引所
インターネットが生活の隅々まで浸透しています。証券取引もオンラインのネット証券が低コストで便利です。IPO・PO・BO取引に本格的...

まとめ

マメタスを提供しているWealthNavi(ウェルスナビ)はフィンテックの金融テクノロジーを駆使した資産運用サービスです。全く手間をかけずに国際分散投資が可能になります。

目標金額とリスク許容度の設定、最適ポートフォリオの自動構築、自動発注、分配金の自動再投資、自動積立、自動リバランス、自動税金最適化と全てを自動で行うことができます。

WealthNaviでは原則として3か月ごとに最新の市場データによって最適ポートフォリオを更新することで、変化し続ける市場に適応しています。

計画の策定から発注、リバランス、最適ポートフォリオの更新、税金の最適化までサポートがある点が卓越しており、高品質・低コストのETFを活用して最適な国際分散投資が可能です。

仲間たち (1)

インターネットバンキングでのクイック入金、積立投資では入金手数料は無料で、出金手数料も無料です。完全無料で入出金が可能です。

クラウドファンディング、ソーシャルレンディング業者は出金手数料が高額な業者が目立ちます。しかし、ウェルスナビでは24時間365日いつでも出金手続きができます。

特定口座にも対応しており、ウェルスナビが税金の計算や納付を行ってくれるので、確定申告は原則として必要ありません。

他のロボアドバイザー自動運用サービスでは、特定口座に非対応のサービスもあるので、WealthNaviには卓越したメリットがあります。

クレカ/電子マネーで買い物すると、100円未満のお釣り(99円以下分)が自動でウェルスナビに積み立てられて、500円到達ごとにロボが自動投資するサービスも2017年春に登場予定となっています。

フィンテックカンパニーとして、イノベーティブなサービス、利便性の追求を絶え間なく行っており、個人投資家に資する仕組みを提供しています。

斬新なサービスを続々と導入しており、今後もさらなる発展が期待できる企業です。

WealthNaviと契約していれば、経済・金融環境・社会構造の変化に対応して、PDCAサイクルを絶えず展開して長期投資することが可能となります。

現在、WealthNaviではお得な資産運用開始キャンペーンを行なっています。通常は100万円のところ30万円から利用可能になります。また、最大3ヶ月間、手数料の半額がキャッシュバックされます。

WealthNavi 公式キャンペーン

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

JPX日経インデックス400入れ替え銘柄各社予想一覧!採用候補・除外候補まとめ

今年から開始した新たなインデックス、JPX日経インデックス400の指数採用銘柄の入れ替えに注

記事を読む

お金を出す男性

マネーフォワード(Money Forward)はおすすめの家計簿・資産管理アプリ・Webサービス!

家計簿・資産管理などの家計管理アプリ・Webサービスが多数あります。上手く活用して家計や資産を効率的

記事を読む

マネックス証券社長とtradable ApS CEO

ついに新FXプラットフォーム「tradable」が日本上陸!お得なキャンペーンも

マネックス証券が新しいFXプラットフォーム「tradable」をリリースしました。「エンタメ

記事を読む

スマートベータ運用(投資信託・ETF)の本質

スマートベータ(スマートβ)とは、株価指数に連動した騰落率(ベータ)を目指すインデックス運用

記事を読む

マネックス証券のゼロETF

マネックス証券がゼロETFを開始!米国ETFの売買手数料が無料に

マネックス証券が2017年2月27日から、米国ETFの株式売買委託手数料を実質無料とする「ゼロETF

記事を読む

ひふみ投信

ひふみ投信は好パフォーマンスで良心的開示!アクティブ投資信託の中ではおすすめ!

世の中には星の数ほどに投資信託があります。投資信託にはインデックス投信とアクティブ投信がありますね。

記事を読む

岡三オンライン証券の田村篤史さん

岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.2

創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビュー

記事を読む

サングラスをかけて遠くを見る女性

楽天証券の確定拠出年金・個人型(iDeCo)のメリット・デメリットまとめ

確定拠出年金(401k)という制度があります。愛称は「iDeCo」(イデコ)です。絶大な節税メリット

記事を読む

住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカード

住信SBIネット銀行の個人的口コミ!メリット・デメリット・意外なお得な使い方まとめ

住信SBIネット銀行というネット銀行があります。簡単な工夫で振込手数料やATM手数料を無料にできて、

記事を読む

トルコ国旗

FXのトルコリラ/円のスワップポイント徹底比較!ランキング1位はあそこ!2017年最新版

FXには多様な高金利通貨があり、ロングするとスワップポイントを得られます。その中でも一際スワップポイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

たわむれる犬と猫
【前年の株不足&逆日歩・今年のMAX逆日歩】2017年5月末 権利付最終日

2017年5月末優待について、昨年の株不足(融資残高-貸株残高)、逆日

ポイントのイラスト
オリコカードのポイント、オリコポイントと暮らスマイルの違いを比較!

オリコカードにはオリコポイントと暮らスマイルというポイント制度がありま

アルマーニ銀座店のVIPルーム
ファインショッピングはVIP待遇で秀逸な特典!アメックス・プラチナのお買い物ベネフィット

アメックス・プラチナにはラグジュアリーブランド店でのショッピング時に、

Galaxy S8とS8+
Galaxy S8 / S8+ / Feelのサイズ・大きさ・重さの比較まとめ

ドコモからサムスンのGalaxy S8とS8+、Feelが発表されまし

→もっと見る

PAGE TOP