*

LINEの弁護士への無料法律相談を試した体験談

更新日: 家計

弁護士

LINEで弁護士に無料相談できるサービスが始まりましたね。週刊アスキーあたりがいち早くアップし、Yahoo!ニュースで取り上げられたことでバズりました。

始まったばかりということで評判・口コミがあまりないので早速相談してみました。LINEの弁護士への無料法律相談の体験談についてまとめます。


アトム法律事務所に無料相談

無料相談を始めたのは「アトム法律事務所」です。アトムといえば優待族的にはコロワイドの子会社ですが、一般的には鉄腕アトムですかね。

まず「LINE」のID検索で「@atombengo」を検索し、アトム法律事務所のLINE@アカウントを友だちに登録します。

LINEのID検索の手順

LINEのID検索の手順

LINEのID検索の手順

続いてLINEで友達になったアトム法律事務所のアカウントにメッセージを送るだけです。

Yahoo!ニュースで取り上げられたので相談が殺到しており、現在は弁護士がすべての相談に回答できない状況になっているようです。

そのため、現在は「刑事事件、逮捕の相談」以外の新規の相談はお受けできないというメッセージが有りました。

日付が5/13時点だったので、現在は刑事事件以外解除されているかもしれません。ただ、ちょうどいい機会だったので、刑事事件で専門家でも意見がわかれている事柄について聞いてみました。

冤罪に万が一遭遇した場合の対応について質問しました。弁護士の岡野さんが回答してくれました。大阪府出身、第二東京弁護士会所属の方でした。アトム法律事務所の法人代表の方でした。

LINEの弁護士無料相談

昔に岡野さんが記事を書いた日経ビジネスオンラインへのリンクを張ってくれました。参考になりました。お礼のレスをしたらスタンプを返してくれました。

LINEの弁護士無料相談2

法律相談は何回でも無料です。ただし、現在は大混雑のため、一人の同じ内容の相談は最大10往復程度の回答に制限しています。

無料法律相談の狙い

「なぜ無料?」という回答には以下のとおりに回答されています。

『LINEで無料相談を行うことに、社会的意義を感じているからです。

世の中には弁護士に相談できずにお悩みの方がたくさんいます。その理由は「相談料がない」「相談に行く時間がない」「弁護士事務所が遠い」などさまざまですが、いずれにせよ、弁護士に相談すれば5分で答えが出るケースも多いです。

弁護士にとっては簡単なトラブルでも、あなたにとっては人生のいち大事だと思います。そんな、あなたにとっては人生のいち大事のトラブルを、LINEで弁護士に無料相談して簡単に解決できる、仮にこのような結果を1件でも実現できるなら、それは素敵なこと、社会的に意義のあることだと思いませんか?

これが、私たちがLINEで無料相談に取り組む理由です。』

弁護士の小道具

100点満点の回答ですね。

ビジネスとしては、無料相談した案件について、民事での提訴や刑事での逮捕などに至った場合は、LINEで相談していた弁護士に頼もうかとなる方も多いと思いますので、それを狙っているのでしょう。

プライバシーに関しては、相談内容は弁護士の守秘義務にのっとって外部に漏れることがないように扱われると記載がありました。

体験談

LINEの無料法律相談の体験談としては、気軽に質問できるのでありがたいというのが第一です。

多くの自治体では無料法律相談を行っています。また、一部の健康保険組合や互助会、企業などでは福利厚生の一環として無料法律相談サービスを提供しているところもあります。

しかし、これらの無料相談は平日昼間に限定されているのがほとんどなので、24時間365日いつでもメッセージを送れるLINEでの無料法律相談には、大きなメリットがあると感じました。

自治体の無料法律相談まで辿り着けない方でも、「LINEでこういうのあるよ」という口コミで知ることができるかもしれません。その意味では良いサービスだと思います。

LINEでの法律相談以外では、弁護士ドットコムでもネット上で無料相談ができます。ユーザー登録は必要ですが、無料で法律相談できるのはメリットです。

LINEでの短文の頻繁なやり取りに適さない相談をする場合はこちらも使うと便利です。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

夫婦とスーツ姿のビジネスマン

マンション・一戸建て等の不動産の買取は売却よりいい?メリット・デメリットまとめ

マンション、一戸建て、土地など不動産の売却は、大別すると2種類があります。不動産会社の仲介によって飼

記事を読む

ペコリという姿勢の猫

問い合わせ先メール不着のお知らせ/くまポンでお得な商品が登場!

弊ブログのサイドバーにご連絡先のメールアドレスを掲載しています。以前にメールを送ったけど返信

記事を読む

ジェフグルメカード

ジェフグルメカードの使える店・おつり・換金・使い方まとめ

ジェフグルメカードという金券があります。多種多様な店舗でお得に食事できる金券です。購入・使用に手間は

記事を読む

LINEショップカード

LINEショップカードが登場!LINEでポイントを貯めてお得な特典

「LINE ショップカード」が光臨しました。LINEで飲食店・ショップなどでポイントを貯めてお得な特

記事を読む

イオン銀行

イオン銀行住宅ローンのメリット・デメリット・口コミまとめ

イオンの店舗内にある銀行「イオン銀行」は、住宅ローンも取り扱っています。無店舗のネット銀行に勝るとも

記事を読む

J's コンシェルのハンドブック

ジャックスカード保有者必見!J’s コンシェルの特典・使い方まとめ

「J's コンシェル」(ジェイズコンシェル)というお得なサービスがあります。REXカード、漢方スタイ

記事を読む

スターバックスカード シティ 東京

スターバックスカードは5,000円入金でドリンクチケットが最大の魅力!使い方まとめ!2017年最新版

スターバックスカードというプリペイドカードがあります。スターバックスの店舗でのお会計に使えるカードで

記事を読む

クオカード1000円券(オレンジのバラ柄)

クオカードのお得な使い方・無駄にしない方法・使えるお店まとめ

クオカード(QUOカード)というプリペイドカードがあります。加盟店で代金の支払いに利用できます。クオ

記事を読む

郵便局

ゆうパケットが個人でも利用可能に!ポスパケットとの違いを比較

日本郵便は法人向けに「ゆうパケット」というサービスを展開していました。クリックポストと同様に小さくて

記事を読む

はこぽす

楽天市場が「はこぽす」の郵便局・コンビニ・ヤマト運輸の営業所・駅で受け取り可能へ

楽天市場は「はこぽす」というサービスを開始しており、対象商品を日本郵便の郵便局のロッカーで受け取れま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

アメックスの当サイト限定タイアップキャンペーン
カード発行だけでAmazonギフト券5,000円分プレゼント!初年度の年会費も無料

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

セントラル短資の限定タイアップキャンペーン
最大25,000円キャッシュバック!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
SBI証券 商品開発部の杉本部長、稲葉さん
SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!

幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券

3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

OKポーズの女性医師のイラスト
三井住友カードのドクターコール24で健康・医療の相談をしてみた!個人的口コミまとめ

三井住友カードが発行しているクレジットカードの中では、「ドクターコール

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは支払いまでの猶予期間が長い!支払サイトは日本でトップクラス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードという法人カ

ビジネス
Yahoo! JAPANも導入した「通年採用」が拡大の傾向!転職がより一層便利になる方向へ

Yahoo! JAPANが「ポテンシャル採用」(通年採用)を導入すると

→もっと見る

PAGE TOP