The Goal

某機関投資家で働く会社員のブログです。経済、資産運用、IPO、株主優待、保険、クレジットカードなどについて発信

KDDI(au)が株主優待を変更!カタログギフト導入&行政指導発動で端末購入クーポン廃止

更新日: 株主優待

KDDIの株主優待

KDDIという通信事業者がありますね。auブランドで携帯電話や光回線などを提供しています。東証1部上場企業です。

NTTドコモにはない特徴としては、株主優待を実施していることです。この度、子会社の沖縄セルラー電話とともに、株主優待を変更しました。KDDI(9433)の株価・株主優待・株式についてまとめます。


KDDIの株主優待

KDDIは『ライフデザイン企業への変革を目指す当社が注力している、物販サービス 「au WALLET Market」に対するご理解を一層深めていただくとともに、当社株式への投資魅力を高めることで、より多くの方々に、より長期的に保有いただくこと』を目的として、次回の2017年3月31日から株主優待制度を変更します。

これまでは「2,500円相当のau WALLET Market 商品詰め合わせ」、「au端末購入時に利用できる優待券5,000~2万円」の株主優待でした。

商品詰め合わせは100株以上一律でであり、au端末割引クーポンは保有株式数によって異なりました。

  • 100株以上:5,000円相当
  • 1,000株以上:10,000円相当
  • 2,000株以上:15,000円相当

2017年3月期からは、au端末割引クーポンが廃止されます。総務省が実質0円撲滅に血眼になっており、「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関する総務省による是正指導」を踏まえた措置となります。

「これを使ったら0円になるやんけ」という話ですね。実質数千円はOKで実質0円はNGという線引きがなされているようです。

この点については、廃止ではなく、ソフトバンク同様に月額基本料金からの割引という形にもできたので残念です。

代替措置として、au WALLET Market 商品詰め合わせが拡充されます。100株の場合の金額が500円アップして、1000株以上も導入されました。

更に長期保有優遇も付帯しています。権利確定日は3月末です。

  • 100株以上:3,000円相当(5年以上保有で5,000円相当)
  • 1,000株以上:5,000円相当(5年以上保有で10,000円相当)

ちなみに沖縄セルラー電話(9436)の株主優待の内容も、KDDIと完全に同一となります。

ちなみに2,500円相当だった2016年は北海道産ゆめぴりか、ビーフカレー・ハンバーグ、クランベリージュースでした。このセット以外のものを選ぶことはできませんでした。

しかし、2017年3月期からは、「au WALLET Market 商品カタログギフト」 が送られてきます。日本全国の特産品から好きなものを選べるようになります。

これはポイントが高いですね。奥さんが不要なものが届いたら、文句を言われて逆効果となるケースもあるかもしれませんけれども、カタログギフトなら喜んでくれる可能性が極めて高いでしょう。

私には無関係な話で想像の領域で恐縮です(´;ω;`)

現時点での予定としては、3,000円コースの例として「山形の極み」 プレミアムデザートジュース 、5,000円コースの例として「近江牛」すき焼用モモ肉200g、10,000円コースの例として神戸牛ビーフハンバーグ10個が挙げられています。

KDDIの株主優待(au WALLET Market 商品カタログギフトの例)
(※適時開示情報より)

KDDIの株価

auショップ

KDDIは日本国内ではNTTグループに次ぐ総合通信事業者です。2016年3月期の事業別の売上高(外部顧客向け)構成比は、パーソナル76%、バリュー4%、ビジネス12%、グローバル6%、その他1%です。

2000年10月に国内長距離通信が主力のDDI、国際通信が主力のKDD、そして関東・東海地区の移動通信事業が主力の日本移動通信(IDO)の3社が合併して誕生しました。

2001年3月に移動通信子会社のエーユー(au)を株式交換方式で完全子会社にした後、同年10月にはKDDI本体に吸収合併しました。

2005年10月には完全子会社だったツーカーグループ3社も吸収合併して、固定通信事業の拡充のため2006年1月に法人向け固定データ通信事業大手のパワードコムを吸収合併しました。

2007年1月には東京電力の光通信事業を承継し、2010年2月にはケーブルテレビ最大手のJCOMへ出資し、持分法適用関連会社とした後、2013年4月には連結子会社にしました。

2016年3月にはテレビ通販最大手のジュピターショップチャンネルを連結子会社化して、業容拡大を図っています。

近年ではau WALLETに力を入れて決済分野でも存在感を増してきています。


売上高・利益

売上高は減収、経常利益は減益の年度もあるものの、大局的には右肩上がりの傾向となっています。

1株配当は右肩上がりとなっています。配当性向は過去数年は28%~37%で推移してきました。現在は35%超が目安となっています。

決算期 売上高 営業利益 経常利益 純利益 EPS 1株配当 配当性向
2013/03(実) 3,662,288 512,669 514,421 241,469 126.4 34.4 28%
2014/03(実) 4,333,628 663,245 662,887 322,038 132.9 43.3 33%
2015/03(実) 4,270,094 665,719 662,867 395,805 158.0 56.7 36%
2016/03(実) 4,466,135 833,358 819,185 494,465 197.6 70.0 35%
2017/03(予) 4,700,000 885,000 - 540,000 217.7 80.0 37%

端末機の値引き販売を抑制せざるを得なくなった効果が予想以上に強く、利益面はウハウハで2桁増での最高益更新が見込まれています。

低料金の移動通信サービスを提供する仮想移動通信事業者の攻勢はあるものの、コンテンツの立地化による通信量の増加に伴う顧客単価上昇、付加価値サービスの契約数増など事業環境は良好です。

スマートフォン顧客数の増加、料金プランの多様化、コンテンツ強化そして、au WALLETの普及などにより、モバイル契約者の1人当たり月間売上高(ARPA)は着実に増加しています。

今年5月に利益成長と株主還元に焦点を当てた中期経営目標が発表され、配当性向を「30%超」から「35%超」に引き上げました。

利益成長の柱はM&A(合併、買収)であり、今後3年間で5000億円規模のM&Aが計画されています。主な対象は金融や物販などの非通信事業となっています。

KDDI(au)が持つ経営基盤(契約者、各種サービス会員、auショップ等)を活用して、食品、日用品、電気、保険、ローンなどの「au経済圏」の流通総額で2兆円超を目指しています(前期実績は7,300億円)。

KDDIは「通信企業からライフデサイン企業への変革を目指す」としています。

リスク要因としては、今後、料金値下げの世論が盛り上がり値下げを迫られること、同業他社が本格的な低料金プランを導入したり、MVNOが普及することにより、解約率が上昇したり値下げを迫られることです。

キャッシュ・フロー

営業キャッシュフローは純利益を常に上回っています。一般論としては安心感があります。

決算期 営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2013/03(実) 523,908 -472,992 -140,249 50,916
2014/03(実) 772,207 -546,257 -105,643 225,950
2015/03(実) 968,752 -635,745 -310,528 333,007
2016/03(実) 884,538 -667,917 -299,003 216,621

利益率・CFマージン・ROE

利益率、キャッシュフロー・マージンも、日本企業の平均値からすると良好な水準です。ROEは合格ラインと言われている8%の2倍近くになっています。

株主としてはいいね!となります。他方、消費者としては、もう少し通信料金下げてとなりますね。

実質0円が禁止されて販促費が浮いているはずなので、パケット通信料の値下げに充当してほしいところです。

安価な20GBプランの新設はナイスですけれども、テザリングが有料(1,000円)というのがいただけません。無料は数ヶ月の期間限定というのはケチですね。

そこを恒久化してくれれば評価できます。ドコモ・ソフトバンクと比較した差別化にもなるので、20GBプランのテザリング無料化を激しく期待します。

最新のROEを分解すると純利益率11.07%、総資産回転率0.80倍、財務レバレッジ(総資産÷自己資本)1.75倍です。

財務レバレッジはやや低めで、業種からは資産から売上を作る回転率(資産効率)は業種からは標準的で、売上から利益を作る利益率は高めとなっています。

決算期 経常利益率 純利益率 CFマージン ROE
2013/03(実) 14.0% 6.6% 14.3% 11.2%
2014/03(実) 15.3% 7.4% 17.8% 13.0%
2015/03(実) 15.5% 9.3% 22.7% 13.7%
2016/03(実) 18.3% 11.1% 19.8% 15.5%
2017/03(予) - 11.5% - -

指標

100株保有の場合、KDDIの株主優待利回りは満額換算すると0.93%です。5年以上長期保有すると1.55%です。

予想配当利回りは2.48%(配当性向37%)であり、配当+優待利回りは約3.41%です。

PBR2.43倍、予想PER15.66倍、自己資本比率57.2%です。有利子負債は1兆476億円、現金等は1920億円、営業CFは8845億円です。

株価は短期はトリプルボトム(?)、中期はボックストレンド、長期は右肩上がりで足元ではやや停滞中となっています。KDDIの過去3ヶ月・2年間・5年間の株価チャートは以下の通りです。

KDDIの過去3ヶ月の株価チャート

KDDIの過去2年間の株価チャート

KDDIの過去5年間の株価チャート

株主優待の投資はSBI証券で行なっています。SBI証券はリーズナブルな取引手数料以外にも、一般信用取引、IPO、PTS取引、充実の商品ラインナップ、充実の投資情報など多数のメリットがあります。

SBI証券はメリット絶大!キャンペーンも魅力!個人的口コミまとめ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社で...
SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。ネット証券でNo.1の口座開設数、NISA口座数はネット証券...

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

手数料の安さを重視する場合は、ライブスター証券の活用も検討し得ます。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのが絶大なメリットです。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

岡三オンライン証券は岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.2
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで5,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

岡三オンライン証券は岡三RSSなどの取引ツール、事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.1
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です...
岡三オンライン証券に取材!気になる最新情報をインタビューしました!Vol.2
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで5,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

  • follow us in feedly

-株主優待

Copyright© The Goal , 2017 All Rights Reserved.