*

投信の保有者・これから買う人必見!投資信託の選び方の注意点

child

投資の初心者や、銘柄選定の手間をかけたくない方に人気の金融商品が投資信託です。個別株式と比べるとコストが高い反面、分散投資が行き届いていることが多く、大ヤラレはしにくい無難さがあります。

しかし、投資信託を選ぶ際には注意点があります。投信の保有者・これから買う人はチェックしておきたい点についてまとめます。


投資信託を選ぶ際は過去のパフォーマンスをチェックする方が大多数だと思います。過去のパフォーマンスは必ずしも将来の成績を保証するわけではありませんけれども、参考までにチェックする必要があります。

パフォーマンスが優れていない場合はその理由、今後の見通しについて考察することが重要です。

しかし、日本の投資信託は、自己の運用パフォーマンスを、配当抜きのTOPIX(インデックス)と比較している投信が多いです。

分配金を出していない投資信託の場合は、配当込みのTOPIXと比較する必要があります。

分配金を出している投信の場合は、分配金再投資後のパフォーマンスを配当込みのTOPIXと比較する必要があります。

しかし、残念ながら、配当込みの自己のパフォーマンスと、配当抜きのTOPIXを堂々と比較している投信が多いです。

投資信託が自分の運用成績を配当なしのTOPIXと比較するのは、例えるなら、保険会社が年金保険のパフォーマンスを、金利なしの債券と比較するようなものです。これは禁止すべきという業界人の声もあります。

私はアクティブ投信の中ではひふみ投信がおすすめと言及してきました。

ひふみ投信
世の中には星の数ほどに投資信託があります。投資信託にはインデックス投信とアクティブ投信がありますね。アクティブ投信ならばひふみ投信...

やはりひふみ投信はしっかりと自己の成績を配当込みのインデックスと比較しています。良心的です。

投資信託を選ぶ際は、パフォーマンスを配当込みのインデックスと比較しているか否かも注意点の一つです。配当抜きのインデックスと比較している投信のパフォーマンスを見て、欺かれないようにしましょう。

ひふみ投信は、日本の大手格付け会社であるR&I(格付投資情報センター)が選定する「R&Iファンド大賞2015」において、 投資信託・国内株式部門で優秀ファンド賞、NISA・国内株式部門で最優秀ファンド賞を受賞しました。

3年間の運用成績を評価する「R&Iファンド大賞」では4年連続で大賞を取得しています。私も保有しており、収益は既に2倍を突破しました。もっと買っておけばよかった・・・。

自分で個別株投資をするのには抵抗があるけれども、TOPIX・日経平均・JPX400・MSCI JAPAN・野村日本株高配当70などのインデックス投信は今ひとつという方にはおすすめの投資信託です。銘柄選びの参考にもなります。

ひふみ投信

低コストのインデックス投信も無難な商品で手間をかけたくない方にはベターな運用手法です。投資信託中心の運用ならば、アクティブ投信だけではなく、インデックス投信も検討しえます。

日本株はアクティブ運用を行うとしても、外国ものについては、インデックス投資で済ませるというのも選択肢です。投資信託を保有するなら、0.1~0.2%ポイント還元となるSBI証券がおすすめです。

浴衣姿の女性2人
投資初心者におすすめの投資手法にはインデックス投資があります。TOPIXや日経平均、MSCI Kokusaiなどの株価指数に連動す...
双子の白衣のドレスを着た女性
投資信託は、投資初心者や銘柄選び、トレーディングに自信がない方に人気の金融商品です。また、投信積立(積立投資)という投資手法があり...

SBI証券のタイアップキャンペーン

現在、SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

SBI証券のタイアップキャンペーン

ネット上で自動で投資したいという場合は、ロボットアドバイザーによるアドバイスに基き上場投資信託に投資するマネラップという低コストラップ口座サービスもあります。

松本大マネックス証券CEO
「MSV LIFE」というマネックス証券の低コストラップ口座が2016年9月にスタートしました。愛称は「マネラップ」であり、最先端...

その他、ロボアドバイザーによる自動資産運用としては、「WealthNavi」というサービスもあります。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

鳥のボート

知らないと損!つなぎ売り・株主優待タダ取り・クロス取引まとめ

3月末は株主優待の権利確定が最も多い月です。株主優待は現物の株式を保有してゲットするのが基本ですが、

記事を読む

100ユーロと500ユーロ紙幣

購買力平価説と為替の関係について

ここに来て原油安でインフレ率が低下傾向となっています。しかし、ドル円の購買力平価が大局的には

記事を読む

三宅太鼓

投資本の神本はこれ!ゾーン「勝つ」相場心理学入門

世の中には幾多の投資本が存在しています。デイトレ、スイングトレード、バリュー投資、グロース投資、イン

記事を読む

あなたは誤ってませんか?勝ち組投資家と負け組投資家の違い

マネー雑誌の「ダイヤモンド・ザイ」の7月号において、1万人超のアンケートの結果が掲載されてい

記事を読む

パソコンのモニターの前で熟考する男性

してよいナンピン、ダメな難平

ナンピン(難平)という投資行動がありますね。市場価格が予想とは逆に動いた場合に追加売買を行っ

記事を読む

ジェットコースター

恐ろしい株価の急落!リスク管理とキャッシュポジションの重要性

2015年7月8~9日は株価が急激に下落しました。恐ろしいスピードでの下落でした。株式投資にはつきも

記事を読む

ボストンのビルのアメリカ国旗

東証に上場!iシェアーズ米国ハイイールド債券ETF(iBoxxドル建てLHYC)まとめ

iシェアーズ米国ハイイールド債券ETF(iBoxxドル建てLHYC)が東証に上場しました。国

記事を読む

ボールをキャッチする女性

投資家必見!SBI証券の一般信用取引に短期(5日)売りが登場

SBI証券が、2015年2月16日より、一般信用取引の新規売りの返済期限が短期(5日)となる

記事を読む

百人百色の投資法Vol.1-4

百人百色の投資法に登場した超・凄腕投資家の方々に圧倒された!勝者の考え方がわかる名著

パンローリング社という幾多の投資関連の名著をリリースしている会社があります。直近ではJACKさんの「

記事を読む

札束

利益があっても危ない銘柄がある!営業キャッシュフローは重要

ジーフットの株主優待拡充&分割で「純利益の伸びに対して営業キャッシュ・フローが悪化している点

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

アメックスの当サイト限定タイアップキャンペーン
カード発行だけでAmazonギフト券5,000円分プレゼント!初年度の年会費も無料

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

セントラル短資の限定タイアップキャンペーン
最大25,000円キャッシュバック!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
SBI証券 商品開発部の杉本部長、稲葉さん
SBI証券に取材インタビュー!あんなこともこんなことも最新情報を聞き倒しました!

幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券

3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

マネックス証券 営業本部の西尾さん、岩井さん
マネックス証券に取材インタビュー!Vol.1 日本株・IPOについて聴き倒しました!

日本の大手ネット証券の一角がマネックス証券です。1999年創業以来、次

2枚のポンタカードとおさいふPonta
コジマがPontaポイント導入!還元率0.5%!ビックカメラに導入も?

ビックカメラグループの家電量販店「コジマ」が、全店舗でPontaポイン

リクルートカード(MasterCard)
リクルートカードにMasterCardが登場!VISAとJCBとの違いを比較!

リクルートカードにMasterCardブランドが2017年1月23日に

→もっと見る

PAGE TOP