*

新規上場!アイモバイルのIPOの初値予想

更新日: IPO

アイモバイル

アイモバイル(6535)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2016年10月11日(火)~10月17日(月)です。上場日は10月27日(木)です。

新規上場する市場は東証マザーズです。想定価格は1,240円(1単元12.4万円)です。仮条件は1,220円~1,320円と上限が上振れました。

公開価格は仮条件の上限である1,320円となりました。予想PERは19.3倍、予想PBRは2.71倍です。予想配当利回りは0%です。

初値予想は公開価格近辺です。大手初値予想会社の初値予想は以下の通りです。

  • 1,300〜1,400円(仮条件の上限比-1.5%~+6.1%)
  • 900~1,214円(仮条件の上限比-26.2%~-8.0%)

初値予想会社の直前初値予想は以下の通りとなっています。

  • 1,320円(公開価格比±0%)
  • 1,000円(公開価格比-24.2%)

アイモバイルの初値は1,230円(公開価格比-6.8%)となりました。

アイモバイルは、アドネットワーク関連事業、アフィリエイト事業、リスティング広告・ディスプレイ広告等の代理店事業、ふるさと納税推進サイトの運営等を展開しています。

監査法人は有限責任監査法人トーマツです。本社所在地は東京都渋谷区桜丘町22-14N.E.SビルN棟 2Fです。

関西支社は大阪府大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田 7F、九州支社は福岡県福岡市中央区天神2-8-30 天神西通りビジネスセンタービル9階です。


アイモバイルとは

アイモバイルは、インターネットを通じて新しい技術を創造し、多くの人が満足するサービスを提供し続けることを経営理念とし、日本を中心に、世界で貢献できる企業体を目指しています。

主軸事業は、広告主及びメディアに対して、双方の利益最大化を支援するアドネットワーク関連事業です。

その他、成果報酬型の課金モデルによるアフィリエイト事業、リスティング広告・ディスプレイ広告等の販売による代理店事業、ふるさと納税推進サイトの運営等のその他の事業といった幅広いインターネット広告サービスを展開しています。

従業員数は163名、平均年齢は28.9歳、平均勤続年数は2.0年、平均年間給与は495.4万円です。

アドネットワーク関連事業

アドネットワーク関連事業は、クリック課金型サービスです。クリック課金型サービスとは、広告がクリックされることで広告主に対して広告費が発生し、同様に広告枠を提供するメディアに対してもクリックに応じて広告報酬が発生するサービスです。

アイモバイルは、平成19年8月の設立後、約1カ月でフィーチャーフォンの広告枠を対象としたアドネットワーク「i-mobile for MB」をリリースしました。

当時、インターネット広告業界でのアドネットワークは、広告主はどこのメディアに広告が配信されているかを把握できない状態であり、広告効果を把握する事が困難とされていました。

これを解消するため、業界初の取り組みとして、広告配信先であるメディア毎の広告効果を広告主に提供しました。

これにより、広告主は効果が低いメディアへの出稿を抑える事が可能となり、また広告効果の高いメディアには、より多くの収益還元を行う事が可能になりました。

MacBook ProとiPadの画面

「広告主には最大の費用対効果を」、「メディアには最大の収益還元を」、をモットーにアドネットワーク関連事業を構築するに至っています。

平成21年9月には、フィーチャーフォンアドネットワークにおいて国内最大級の広告配信規模を確立し、平成23年1月には、PC向けアドネットワーク「i-mobile for PC」をリリースしました。

同年5月には、フィーチャーフォンとPC向けアドネットワークで得た知見をもとに、スマートフォン向けアドネットワーク「i-mobile for SP」をリリースし、現在ではマルチデバイス対応のアドネットワークとして国内最大級の広告配信規模となっています。

平成27年8月に株式会社Platform IDと共同でDSP事業の推進を目的とした株式会社Evoryを設立し、連結の範囲に含めています。

DSPとは広告主や広告代理店が、広告主の利益を最大化するために効率的にインターネット広告の買い付けをし、配信するプラットフォームです。

また、平成27年9月にスマートフォン動画広告領域でもサービスの拡充を図るため、スマートフォンに特化した動画広告プラットフォーム「maio(マイオ)」の提供を開始しました。

アフィリエイト事業

アフィリエイト事業は、広告主に対しては、広告主が求める成果(資料請求や会員獲得等)が発生した場合のみ広告費が発生し、広告枠を提供するメディアに対しては、成果が発生した分だけ広告報酬が還元される成果報酬型サービスです。

アイモバイルは、アフィリエイト事業者としては後発組ではあるものの、アドネットワーク関連事業により培った広告主基盤をベースにした営業体制を強みとして、成果の条件などを詳細にカスタマイズ可能なアフィリエイト広告配信プラットフォームである「i-mobile for AF」の企画・運営等を行っています。

代理店事業

代理店事業を営む株式会社サイバーコンサルタントは、リスティング広告、ディスプレイ広告等の販売から、メディアを活用した広告の配信・管理・運用コンサルティング業務までの幅広いサービスを、広告主に対して提供しています。

アドネットワーク関連事業とのシナジーを背景とした運用力の高さ、10年強の代理店営業により培ったノウハウと優秀な営業人員を強みとしているとアイモバイルは述べています。

その他の事業

自治体への寄附金制度「ふるさと納税」の普及促進を目的としたふるさと納税専門サイト「ふるなび」の運営を行っています。

当サイトを通じての地域PRやふるさと納税の普及促進により、各自治体の活性化を支援しています。

また、NHKアニメ「がんばれ!ルルロロ」や読売テレビ社の「宇宙兄弟」等のキャラクターデジタル化版権を取得し、取得した版権をアプリ制作会社等にライセンス提供しています。


アイモバイルのIPOの諸データ

新規発行による手取金の使途については、既存事業の競争力強化を目的としたシステム投資、新規事業の創出・拡大のための成長投資及びM&Aを含めた事業拡大のための投資に充当する予定です。具体的には以下のとおりです。

  • 既存事業の動画広告サービス及びDSP事業の拡大のためサーバー等機器の設備投資
  • 新規の広告手法の開拓及び海外展開のための成長投資
  • 類似業種・業態等を対象企業として、シナジー効果が創出されるM&A

アイモバイルの業績推移

業績面では売上高・経常利益・純利益のいずれも美しい右肩上がりです。

アイモバイルの業績推移

営業キャッシュフローは純利益を上回っています。一般論として安心感があります。

連結経営指標では、前期の自己資本利益率(ROE)は63.2%であり、自己資本比率は54.4%です。連結経営指標等は下表のとおりです。

回次 第7期 第8期
決算年月 平成26年7月 平成27年7月
売上高 (千円) 10,007,512 15,063,545
経常利益 (千円) 1,832,733 2,880,921
当期純利益 (千円) 1,132,377 1,829,763
包括利益 (千円) 1,132,377 1,833,410
純資産額 (千円) 1,980,024 3,813,434
総資産額 (千円) 4,890,639 7,007,482
1株当たり純資産額 (円) 110 211.86
1株当たり当期純利益金額 (円) 62.91 101.65
自己資本比率 (%) 40.5 54.4
自己資本利益率 (%) 57.2 63.2
株価収益率 (倍)
営業活動によるキャッシュ・フロー (千円) 1,455,896 2,128,650
投資活動によるキャッシュ・フロー (千円) 24,168 △127,632
財務活動によるキャッシュ・フロー (千円) △346,583
現金及び現金同等物の期末残高 (千円) 2,677,024 4,401,792
従業員数 (名) 104 140

提出会社の経営指標等は下表のとおりです。

回次 第4期 第5期 第6期 第7期 第8期
決算年月 平成23年
7月
平成24年
7月
平成25年
7月
平成26年
7月
平成27年
7月
売上高 (千円) 1,805,370 3,132,019 5,962,108 10,007,512 13,793,293
経常利益 (千円) 389,016 438,954 1,091,632 1,832,733 2,798,326
当期純利益 (千円) 220,335 278,486 671,702 1,132,377 1,803,259
資本金 (千円) 26,000 26,000 98,000 98,000 98,000
発行済株式総数 (株) 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000,000
純資産額 (千円) 397,458 325,944 847,647 1,980,024 3,783,283
総資産額 (千円) 835,860 1,075,726 2,259,395 4,401,945 6,761,604
BPS (円) 397,458 452,701 47.09 110 210.18
1株配当 (円)
EPS (円) 220,335 307,761 35.69 62.91 100.18
自己資本比率 (%) 47.6 30.3 37.5 45 56
ROE (%) 76.7 77 114.5 80.1 62.6
営業CF (千円) 882,326
投資CF (千円) △103,975
財務CF (千円) △150,000
現金等 (千円) 1,194,639
従業員数 (名) 36 39 60 97 127

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は4月と5月にダブルトップを形成したような気配が漂っているのが不穏でした。その後、切り返して来ましたが、6月13日から暗転して大きく崩れてしまいました。

英国離脱ショックによる暴落後、一時的には切り返しましたが、任天堂関連相場、日銀追加緩和で切り返している東証一部を尻目に東証マザーズは軟調な展開が続いています。

8月下旬を底に切り返すような動きになりましたが、7月中旬依頼のボックス相場の高値近辺で跳ね返されて、再び下落してしまいました。

日銀の金融政策決定会合で、日経平均ETFの買い入れ額を減らしてTOPIXを増やしたのを契機に、東証マザーズも動意づいています。

小型株着目の流れが強まり、切り返して再上昇する流れになると、IPOにおいてもプラス材料です。

東証マザーズのチャート(2016年6月24日~9月23日)
(※マネックス証券より)

上場規模

アイモバイルのIPOの規模は最大で約79.0億円であり、東証マザーズとしては重量級の大型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は3,330,000株、売出株式数は2,220,000株、オーバーアロットメント(OA)は823,800株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約29%とやや高めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は約40%です。

売出人かつ貸株人である田中俊彦及び売出人である野口哲也には、原則として180日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

株主名 保有割合 ロックアップ
田中俊彦 40.94%
野口哲也 39.32%
(株)アイモバイル 15.97%  
溝田吉倫 0.25%  
甲斐康浩 0.16%  
野仲正樹 0.16%  
須藤麻里 0.15%  
山本真實 0.14%  
加藤秀樹 0.13%  
冨重眞栄 0.13%  

上記のほか、アイモバイルは、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。


初値予想

アイモバイルの事業は、アドネットワーク関連事業、アフィリエイト事業、リスティング広告・ディスプレイ広告等の代理店事業、ふるさと納税推進サイトの運営等ということで、IPOにおける業種の人気度は高めです。

訴求力が高い東証マザーズネット企業の範疇に属しています。

予想PERは19.3倍、予想PBRは2.71倍であり、類似企業と比較すると標準的です。ただし、この業種は銘柄によってPERは大きく揺れ動きます。

コード 銘柄名 PER PBR 配当利回り
2122 インタースペース 14.87 2.08 0.81%
2159 フルスピード 16.78 6.34 0.00%
2459 アウンコンサルティング 103.03 3.57 0.00%
2461 ファンコミュニケーションズ 14.50 3.96 2.39%
2489 アドウェイズ 240.83 1.91 0.41%
2491 バリューコマース 18.12 1.90 2.24%
4784 GMOアドパートナーズ 28.90 1.77 1.80%
6045 レントラックス 14.98 4.06 0.85%

約79.0億円という上場規模は東証マザーズとしてはかなりの大型です。上位株主にはVCはなく、大株主ビッグ2には制度ロックアップがかかっています。

需給面では大きなマイナス要素があります。東証マザーズの35億円以上の大型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • ベイカレント・コンサルティング:-6.5%
  • グローバルグループ:+60.0%
  • ビジョン:+10.7%
  • オープンドア:+23.3%
  • グリーンペプタイド:-8.0%
  • メタップス:-7.9%
  • イトクロ:+4.1%
  • 中村超硬:+11.8%
  • ヘリオス:+22.5%
  • Gunosy:±0%
  • サンバイオ:-14.5%
  • Aiming:+12.2%
  • ファーストブラザーズ:+2.5%
  • U-NEXT:+31.7%
  • ホットランド:-1.7%
  • リボミック:-20.4%
  • ムゲンエステート:+10.0%
  • CYBERDYNE:+130.0%
  • みんなのウェディング:+27.1%
  • アキュセラ・インク:+27.8%

以上を総合考慮して、初値予想は公開価格近辺です。主幹事はSBI証券です。その他は、みずほ証券、SMBC日興証券、エース証券、マネックス証券で申し込めます。

証券会社名 割当株式数 割当比率
SBI証券 4,717,500 85.00%
みずほ証券 444,000 8.00%
SMBC日興証券 277,500 5.00%
エース証券 55,500 1.00%
マネックス証券 55,500 1.00%

アイモバイルのIPOの当選のコツについては、以下で徹底解説しています。

手を取り見つめる赤ちゃん
株には「IPO」という制度があります。新規上場株式を購入することができます。人気銘柄は抽選となり、なかなか当選しづらいのがデメリッ...

SBI証券が主幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券でIPOの引受け部門で活動していたプロにインタビューして、貴重なお話を聞きました。以下にまとめています。

SBI証券 商品開発部 杉本部長、稲葉さん (SBI証券の入口)
日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SMBC日興証券は小口個人投資家でもIPOが当たるチャンスがある証券会社です。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券の店頭
SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です...

マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選しやすい証券会社です。IPOにおいてはぜひ口座開設しておきたい証券会社です。

ライブスター証券でもIPOの取扱いを開始しています。委託幹事に名を連ねる可能性があります。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。証券総合口座の新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。信用取引口座の開設は不要です。

現物取引手数料が2ヶ月間も無料で取引でき、更に当サイト限定で、2,000円のプレゼントもあります!

取引が不要で口座開設だけで2,000円プレゼントの証券会社のキャンペーンは稀有です。まだライブスター証券に口座をお持ちでない方は、今がチャンスです。この機会にぜひ口座開設してはいかがでしょうか。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

<投資スタンス>
中立
(※強気・やや強気・中立・弱気の4段階)

※過去のIPO初値予想の履歴

銘柄名(2017年)発表時BB直前結果
シャノン強気強気320.7%
森トラスト・ホテルリート投資法人やや強気弱気1.4%
安江工務店中立中立4.0%
日宣やや強気やや強気87.5%
レノバやや強気やや強気50.0%
フュージョン強気強気151.9%
ユナイテッド&コレクティブやや強気やや強気177.8%
ロコンド中立やや弱気41.9%
ピーバンドットコムやや強気やや強気113.9%
うるるやや弱気やや弱気11.0%
ファイズ強気強気220.8%
ほぼ日強気強気128.1%
ビークリーやや弱気やや弱気0.1%
ジャパンエレベーターサービス中立中立61.8%
力の源ホールディングスやや強気強気271.7%
インターネットインフィニティー強気強気281.8%
マクロミル弱気弱気-4.3%
フルテック中立中立105.0%
グリーンズ弱気弱気8.6%
オロ強気やや強気129.5%
ソレイジア・ファーマ弱気弱気26.5%
ティーケーピー中立中立74.3%
No.1やや強気やや強気120.4%
ズーム中立中立49.9%
オークネット中立中立18.2%
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人やや弱気弱気-4.1%
スシロー弱気弱気-4.7%
ユーザーローカル強気強気325.2%
ネットマーケティングやや強気やや強気36.1%
テモナ強気強気215.9%
ウェーブロックホールディングス弱気やや弱気-3.9%
LIXILビバ中立やや弱気-5.0%
旅工房強気強気173.7%
アセンテック強気強気197.5%
ビーブレイクシステムズ強気強気361.1%
ディーエムソリューションズ強気強気184.0%
エコモットやや強気やや強気53.7%
Fringe81強気強気133.1%
SYSホールディングスやや強気強気116.0%
ツナグ・ソリューションズ強気強気112.0%
GameWithやや強気やや強気133.9%
ソウルドアウトやや強気やや強気76.1%
ユニフォームネクストやや強気強気137.1%
クロスフォー中立中立44.0%
ジェイ・エス・ビーやや弱気中立33.8
シェアリングテクノロジー強気強気
トランザス強気強気
銘柄名(2016年)発表時BB直前結果
ラサールロジポート投資法人やや強気中立5.0%
はてな強気強気278.1%
バリューゴルフ強気強気151.2%
中本パックス中立中立0.7%
ヨシムラ・フード・ホールディングス強気やや強気50.0%
ブラス強気強気6.4%
フィット中立中立-7.9%
LITALICOやや強気やや強気88.0%
富山第一銀行弱気弱気6.4%
富士ソフトサービスビューロやや強気やや強気13.5%
昭栄薬品中立中立48.2%
ユー・エム・シー・エレクトロニクス中立中立-17.3%
アカツキ中立中立-8.0%
ヒロセ通商やや強気中立0.0%
アグレ都市デザインやや強気やや強気102.6%
アイドママーケティングコミュニケーション中立弱気-14.6%
フェニックスバイオ中立弱気-2.1%
イワキ中立弱気2.5%
グローバルグループ弱気弱気60.0%
チエルやや強気やや強気165.6%
ウィルプラスHD中立中立-8.0%
ベネフィットジャパンやや強気やや強気67.2%
エボラブルアジアやや強気やや強気48.3%
PR TIMES強気強気59.0%
ハイアス・アンド・カンパニーやや強気やや強気189.5%
丸八ホールディングス弱気弱気11.3%
エディア強気強気94.2%
スターアジア不動産投資法人中立中立-0.9%
グローバルウェイ強気強気373.0%
ジャパンミート弱気弱気3.0%
タカラレーベン・インフラ投資法人中立中立9.9%
アトラエ強気強気135.6%
ホープ強気強気130.0%
農業総合研究所やや強気強気78.1%
やまみ中立中立3.6%
AWSホールディングス強気強気235.3%
ストライクやや強気強気125.9%
ジェイリースやや強気やや強気34.5%
バーチャレクス・コンサルティングやや強気やや強気13.3%
ソラスト中立中立-6.0%
キャリアやや強気やや強気98.5%
ベガコーポレーションやや強気やや強気25.0%
コメダホールディングス中立中立-4.7%
セラク強気やや強気160.0%
LINEやや強気中立48.5%
デュアルタップやや強気やや強気127.0%
インソースやや強気やや強気55.8%
リファインバースやや強気やや強気62.9%
マリモ地方創生リート投資法人中立弱気-3.8%
三井不動産ロジスティクスパーク投資法人やや強気やや強気0.5%
デファクトスタンダードやや強気やや強気41.1%
ベイカレント・コンサルティング弱気弱気-6.5%
大江戸温泉リート投資法人中立中立-4.1%
さくら総合リート投資法人中立弱気-13.2%
串カツ田中中立中立13.5%
デジタルアイデンティティ強気強気88.3%
カナミックネットワーク強気強気186.7%
ノムラシステムコーポレーション強気強気51.0%
バリューデザイン強気強気111.5%
チェンジ強気強気149.9%
シルバーエッグ・テクノロジー強気強気191.3%
シンクロ・フードやや強気やや強気41.4%
G-FACTORYやや強気やや強気54.3%
キャピタル・アセット・プランニング強気強気130.0%
KHネオケム弱気弱気-5.4%
マーキュリアインベストメント中立弱気-4.1%
ユーザーベース中立中立15.9%
九州旅客鉄道中立中立19.2%
アイモバイル中立中立-6.8%
岐阜造園中立中立3.6%
バロックジャパンリミテッド弱気弱気-5.0%
フィル・カンパニー強気強気205.3%
WASHハウス弱気中立40.9%
JMCやや強気やや強気89.2%
エルテス強気強気263.7%
スタジオアタオ中立中立25.7%
いちごグリーンインフラ投資法人中立中立-3.9%
イントラストやや強気やや強気35.6%
グッドコムアセット中立中立32.4%
キャリアインデックス中立中立1.5%
投資法人みらい中立中立-3.8%
MS-Japan中立中立5.8%
シンシアやや強気やや強気-7.1%
ZMP強気強気中止
日本モーゲージサービスやや強気やや強気39.8%
船場弱気弱気-7.5%
リネットジャパングループ強気強気92.9%
セグエグループ強気強気223.5%
イノベーション強気強気235.3%
グレイステクノロジーやや強気やや強気130.0%
エイトレッドやや強気やや強気133.9%
フォーライフやや強気やや強気31.6%
ティビィシィ・スキヤツト強気強気221.4%
銘柄名(2015年) 発表時 BB直前 結果
Keeper技研 やや強気 やや強気 49.1%
ケネディクス商業リート投資法人 中立 やや強気 13.3%
ファーストロジック 強気 強気 52.5%
ファーストブラザーズ やや弱気 やや弱気 2.5%
ホクリヨウ 中立 中立 8.9%
ALBERT 強気 強気 115.7%
シリコンスタジオ やや強気 やや強気 102.0%
コラボス 強気 強気 137.6%
エムケイシステム 強気 強気 332.0%
ショーケース・ティービー 強気 強気 193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人 やや強気 やや強気 54.5%
エスエルディー 強気 強気 15.3%
ヒューマンウェブ やや強気 やや強気 11.7%
イード 強気 強気 46.4%
ファーストコーポレーション やや強気 やや強気 25.0%
RSTechnologies 中立 中立 -23.6%
シンデン・ハイテックス やや強気 やや強気 12.2%
ハウスドゥ やや強気 やや強気 47.2%
Aiming 中立 中立 12.2%
モバイルファクトリー 強気 強気 99.4%
日本動物高度医療センター やや強気 やや強気 44.2%
プラッツ やや強気 やや強気 70.2%
sMedio やや強気 やや強気 58.7%
サンバイオ 弱気 弱気 -14.5%
海帆 やや強気 やや強気 76.5%
Hamee やや強気 やや強気 67.2%
日本スキー場開発 中立 中立 9.9%
シーアールイー 弱気 弱気 -7.3%
三機サービス 中立 中立 37.1%
レントラックス 強気 強気 53.1%
リンクバル やや強気 やや強気 27.9%
ジグソー 強気 強気 236.4%
Gunosy 中立 中立 0.0%
デザインワン・ジャパン やや強気 やや強気 50.9%
テラスカイ 強気 強気 350.0%
ヘリオス 中立 弱気 22.5%
スマートバリュー 強気 強気 344.9%
マーケットエンタープライズ 強気 強気 167.0%
デジタル・インフォメーション・テクノロジー 強気 強気 246.2%
エコノス 弱気 中立 120.0% 
中村超硬 弱気 弱気 11.8%
メニコン やや強気 やや強気 73.5%
冨士ダイス 弱気 弱気 50.9%
ファンデリー 強気 強気 102.1%
ナガオカ 中立 中立 40.6%
サムティ・レジデンシャル投資法人 中立 中立  -2.9%
富士山マガジンサービス 強気 強気 126.4%
クレステック やや強気 やや強気 82.4%
平山 やや強気 やや強気 29.5%
アイリッジ 強気 強気 429.2%
デクセリアルズ 弱気 弱気 -3.1%
ジャパン・シニアリビング投資法人 やや強気 やや強気 -10.5%
イトクロ 中立 中立 4.1%
PCIホールディングス やや強気 やや強気 169.6% 
エスケーホーム 中立 やや強気 13.8%
パルマ 強気 強気 70.5%
メタップス 中立 中立 -7.9%
ラクト・ジャパン 中立 中立 0.0%
土木管理総合試験所 中立 中立 -2.4%
アクアライン 強気 強気 21.7% 
ベステラ やや強気 やや強気 25.0%
STUDIOUS やや強気 やや強気 20.0%
JESCOホールディングス 中立 中立 5.4%
ピクスタ 強気 強気 34.8%
アイビーシー 強気 強気 251.0%
ブランジスタ やや強気 強気 43.8%
AppBank やや強気 強気 45.8%
グリーンペプタイド 弱気 弱気 -8.0%
GMOメディア やや強気 やや強気 101.1%
パートナーエージェント やや強気 強気 217.5%
バルニバービ やや強気 やや強気 130.0%
日本郵政 中立 中立 16.5%
ゆうちょ銀行 中立 中立 15.9%
かんぽ生命保険 中立 中立 33.1%
ロゼッタ 強気 強気 433.1%
あんしん保証 強気 強気 292.5%
ベルシステム24HD 弱気 弱気 -5.0%
ネオジャパン 強気 強気 401.7%
いちごホテルリート投資法人投資法人 中立 中立 -1.8%
インベスターズクラウド やや強気 やや強気 93.3%
鎌倉新書 やや強気 強気  180.6%
ラクス 強気 強気 228.7%
ランドコンピュータ やや強気 やや強気 103.4%
ダブルスタンダード 強気 強気 128.8%
オープンドア やや強気 やや強気 23.3%
ミズホメディー やや強気 やや強気 156.5%
ツバキ・ナカシマ 弱気 弱気 4.5%
アートグリーン 中立 中立 46.2%
フリュー やや強気 弱気 0.6%
ビジョン 中立 中立  10.7%
アークン 強気 強気 262.1%
マイネット 強気 やや強気 19.3%
ソネット・メディア・ネットワークス 強気 強気 139.1%
ソーシャルワイヤー 強気 強気 56.9%
ケイアイスター不動産 弱気 弱気 6.8%
プロパティエージェント やや強気 やや強気 115.0%
一蔵 中立 弱気 2.1%

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

ベルシステム24ホールディングス

新規上場!ベルシステム24ホールディングスのIPOの初値予想

ベルシステム24ホールディングス(6183)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は11

記事を読む

SBI証券 商品開発部 杉本部長、稲葉さん (SBI証券の入口)

SBI証券に取材インタビュー!IPOでネットにはないディープな情報を聞き倒しました!

日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社

記事を読む

ジェイリース

新規上場!ジェイリースのIPOの初値予想

ジェイリース(7187)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は6月6日(月)~6月10

記事を読む

ムゲンエステート

ムゲンエステートのIPOの初値予想

ムゲンエステート(3299・東証マザーズ)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間

記事を読む

ウイルプラスホールディングス

新規上場!ウイルプラスホールディングスのIPOの初値予想

ウイルプラスホールディングス(3538)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は3月7日

記事を読む

あんしん保証

新規上場!あんしん保証のIPOの初値予想

あんしん保証(7183)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は11月2日(月)~11月

記事を読む

デジタル・インフォメーション・テクノロジー

新規上場!デジタル・インフォメーション・テクノロジーのIPOの初値予想

デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)のIPOが決定しています。ブック・ビルディ

記事を読む

サンバイオ

新規上場!サンバイオのIPOの初値予想

サンバイオ(4592)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は3月23日(月)~

記事を読む

No.1

新規上場!No.1のIPOの初値予想

No.1(3562)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2016年3月9日(木)~3

記事を読む

リボミック

リボミックのIPOの初値予想

リボミック(4591)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は9月8日(月)~9

記事を読む

Comment

  1. りあ より:

    お久しぶりです。
    アイモバイル500株。JR九州200株当たりました。
    アイモバイルはドロップした方がいいでしょうか?

    • まつのすけ より:

      ご無沙汰しております^^
      アイモバイルは地雷臭が漂ってきましたね。
      キャンセルがない証券会社ですとそれも選択肢の一つだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


アメックス・ゴールドのバナー
外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

dカード GOLD
dカード ゴールドの「年間ご利用額特典」の割引がお得すぎた!高い還元率に昇華

ドコモのクレジットカードにはゴールドカードの「dカード GOLD」があ

ダイヤモンド・ザイ 2017年9月号
ダイヤモンド・ザイ9月号に登場!5大共通ポイント大研究!株主優待目的別ベスト117

ダイヤモンド・ザイ(Diamond ZAI)9月号に掲載させていただき

イオン銀行
イオン銀行は評判・口コミ通りなのか?悪い側面まで赤裸々に公開!メリット・デメリットを徹底解説

イオン銀行というイオングループの流通系銀行があります。全国各地のイオン

モスカード
モスカードはキャンペーンとクレジットチャージがお得!最大14.5%OFF&6%還元

モスバーガーでお得に食事を楽しむストラテジーの一つが「モスカード」です

→もっと見る

PAGE TOP