*

エクストリームカードで貯めたGポイントをメトロポイント経由でANAマイルに交換する手順を徹底解説!

エクストリームカードとソラチカカード

ジャックスの1.5%の高還元クレカ「エクストリームカード」と、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を併用すると、一般加盟店で1.35%のANAマイルを獲得する方法があります。

エクストリームカードのポイント→Gポイント→メトロポイント→ANAマイルという手順で移行することになります。

メトロポイント→ANAマイルは通常は1対0.6(60%)ですが、ソラチカカードを保有していると1対0.9(90%)のレートでマイルに移行できるのが肝になります。

メトロポイント→ANAマイルは「ソラチカルート」と呼ばれており、陸マイラーの中では黄金の橋となっています。

絶大なメリットが有る手法ですけれども、デメリットは若干手間がかかることと、最初はわかりづらくて、取っ付き難い点です。

しかし、一度やってみたら直ぐに慣れます。食わず嫌いでいるのはもったいないです。そこで、Gポイント→メトロポイント→ANAマイルの手順を徹底的にわかりやすく画面キャプチャ付きで解説します。


Extreme Cardポイント→Gポイント

Extreme Card(エクストリームカード)

エクストリームカードを使っていくと、毎月のカードショッピング利用合計金額1,000円(税込)ごとに10 Extreme Cardポイントが得られます。

エクストリームカードのカードスペック詳細については、以下で徹底的に解説しています。

Extreme Card(エクストリームカード)
Extreme Card(エクストリームカード)というクレジットカードがあります。Tポイントが貯まるクレジットカードとしては日本一...

貯めたExtreme Cardポイントは2,000ポイント以上、2,000ポイント単位で交換できます。20万円利用するとANAマイルに移行できるようになります。

エクストリームカードの会員サイトのログイン画面

会員サイト(インターコムクラブ)にログインして、左サイドバー画面中ほどの「Extreme Cardポイント」欄の「商品引換のご案内」を選択して、「Gポイントに移行」という画面中央のボタンを選択します。

次の画面では、画面下部の「申し込む」という緑のボタンを選択します。GポイントIDを持っていない場合は、その上の左側から会員登録を行います。

GポイントIDはあり、Gポイントにジャックスのアカウントの初回登録がお済みでない場合は、Gポイント初回登録を行います。申し込むボタンの右上です。

インターコムクラブのGポイント交換画面

申し込むをクリックすると、交換するポイントの口数入力画面に遷移します。1口2,000ポイントとなるので、申し込む口数(1とか2など)を入力して、「確認画面へ」を選択します。

そして、申込事項を確認して「申し込む」を選択すると、Gポイントへの交換が終わります。

Extreme CardポイントからGポイントへの交換は翌日以降に反映されます。移行申し込み後はキャンセルできません。

Gポイント→メトロポイント

東京メトロinformation

次にGポイントからメトロポイントに交換します。Gポイントにログインして、メニューバーの右端の「ポイント交換」を選択します。

Gポイントトップページ

するとGポイントを交換できる交換先一覧画面が出ます。画面中央に検索スペースがあります。

メトロポイントは人気の交換先なので、大抵「メトロ」というレコメンドワードがあるので、それを選択すればメトロポイントが出てきます。

ない場合は検索したり、左サイドバーの「Gポイントを交換」を選択して、一覧からメトロポイントを選択してもOKです。

Gポイント交換先一覧画面

注意点はここで「ANAのマイル」を絶対に選択してはならない点です。直接ANAマイルに交換すると、30Gポイントがたったの10マイルにしかなりません。

まずはメトロポイントです。メトロポイントを選択して「交換する」という青いボタンをクリックします。

Gポイントのメトロポイントへの交換画面

初めてGポイントからメトロポイントに交換する場合は、初回登録の画面に移るので、案内に沿ってメトロ会員番号の入力等の手続きを行います。

2回目以降はメトロ会員番号などが自動表示されるので、「確定する」を選択します。

Gポイントのメトロポイントへの交換確定画面

「交換Gポイント数」という欄に交換したいGポイント数を入力します。交換できる最大ポイント数は右側の欄に書かれています。

Gポイントのメトロポイントへの交換ポイント入力画面(手数料あり)

Gポイントからメトロポイントへの以降には5%の手数料(Gポイント)が発生しますが、申請後4ヶ月後末月まで対象サービス利用で手数料がバックされます。

適当なアプリを1つダウンロードしたり、楽天市場やYahoo!ショッピングなどで1回お買い物するだけでOKなので、手数料無料のハードルは極めて低いです。

なお、既に無料条件をクリアしている場合は、「手数料実質0円の対象」旨が表示されます。交換完了後、1日以内に手数料(Gポイント)がバックされます。

Gポイントのメトロポイントへの交換ポイント入力画面(手数料無料)

次の画面で「確定する」を押すと、手続きが完了します。

Gポイントのメトロポイントへの交換最終完了画面

なお、初回の交換時のみ、電話認証が必要です。固定電話はもちろん、携帯電話でも通話料は無料なのでご安心ください。

Gポイントの電話確認画面

自分の電話番号を入力して「同意して次へ」を選択します。すると050から始める電話番号が画面右側に表示されるので、そこに電話をかけます。2-3コール後、自動で電話が切れて認証完了となります。

Gポイントの認証完了画面

180秒以上経過して認証用電話番号に電話をかけると通話料が自己負担となるので、3分以内に電話をかけましょう。

Gポイントの交換申請をすると、メールでも連絡が来るので安心です。

Gポイントの交換申請案内メール

Gポイントからの交換を毎月15日までに申請すると、翌月の11日にメトロポイントが利用できるようになります。

16日以降に交換を申請した場合は、翌々月の11日にメトロポイントが利用可能になります。交換に必要な期間は1~2ヶ月となります。


メトロポイント→ANAマイル

空を飛ぶANAの飛行機

Gポイントがメトロポイントに変身したら、いよいよメトロポイントからANAマイルに移せます。

ソラチカカードを保有している状態での「メトロポイント→ANAマイル」は、ジョジョで喩えるとキラークイーンのような一撃必殺の破壊力があります。

「ソラチカルート」という言葉が生まれるほどの神通力を誇ります。陸マイラーであれば、足を向けて寝られない神威があります。

ソラチカルート開通のマストアイテムであるソラチカカードについては、以下で徹底的に解説しています。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)というクレジットカードがあります。ANAカードには幾多のカードが...

まずはTo Me CARD会員専用サイトにログインして、メニューバー中央の「メトロポイント移行申請」を選択して、画面右の「他のサービスへの移行」の「ANAマイレージクラブ」を選択します。

メトロポイントのANAマイルへの移行画面

続いてANAマイルに移行するメトロポイント数を入力します。1度に移行できるのは2万ポイントまでとなります。

2万ポイントを18,000マイル(1対0.9)で移行できるので、1年間にANAマイルに移行できるメトロポイントは24万ポイント迄となります。

240,000 メトロポイント→216,000 ANAマイルが年間の上限となります。

ANAマイルに移行するメトロポイント入力画面

するとメトロポイント移行申請の入力内容確認画面に遷移するので、内容を書くにして「送信する」を選択すればOKです。

メトロポイント移行申請完了画面

メトロポイント移行の申し込みからANAマイルとして利用できるようになるまでは、約1~2ヶ月かかります。

メトロポイントからANAマイルへの移行結果明細1

私は2016年からANAマイルを本格的に貯め始めました。現在は毎月MAXの20,000 メトロポイントをせっせとANAマイルに移行しています。

メトロポイントからANAマイルへの移行結果明細2

ルーティンワークとなるので、Googleカレンダーで毎月のスケジュールに登録すると、忘れることがなくて便利です。予定がある日はメールで通知してもらうようにする設定も可能です。

このようにすると、一度も飛行機に載っていなくても、ザクザクとマイルが貯まっていきます。マイルは搭乗で貯めるのが基本ですけれども、地上でも貯めることができます。

ANAマイル数

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

国内線の特典航空券だと1マイル1.5円~2円程度と価値が1.5倍~2倍に上がります。

国際線のビジネスクラスで利用すると1マイルの価値は2.5~5円程度、 ファーストクラスだと7~16円程度に跳ね上がります。まさに投資におけるGU(ギャップ・アップ)です。

人気路線のビジネスクラスは特典航空券が取りづらいのが難点ですけれども、ANAの場合は上級会員資格を取得すれば、格段に取りやすくなります。

ANAマイルをフル活用するならば、やはりSFC獲得が重要になってきますね。

ANA PREMIUM CHECK-INの入り口

こうして考えてみると、エクストリームカード、ソラチカカードは本当にお得ですよね。ザクザクとマイルを貯めて無料で飛行機に乗ることができるようになります。

これらのような良いクレジットカードを使えば、長い目で見れば100万円・200万円といったリターンを得ることができます。

空前の低金利の時代には、1.35%マイル付与率のパワーは絶大です。しかも、お得な入会キャンペーンも開催しています。

エクストリームカードとGポイントを活用すると、お得な生活を送ることができ、浮いた分を貯金したり他のことに使えるようになり、人生を豊かに彩ることができます。

エクストリームカード 公式キャンペーン

なお、少額のリボ払いを発生させてソラチカカードと2枚持ちするという手間をかければ、ANA VISA/マスター一般カードは最大1.57%、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードが最大1.71%になります。

ANA VISA 一般カード
ANA VISA/マスター一般カードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行しているANA...
ANA VISAワイドゴールドカード
ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行し...

年会費が高いANAカードでは、ANA VISAプラチナ プレミアムカードが、ソラチカカードとの併用でマイル付与率が最大約1.94%も貯まります。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード
ANA VISAプラチナ プレミアムカードというクレジットカードがあります。ANA(全日空)と三井住友カードが提携して発行している...

ANAカードは、ANA VISAカードANA MasterCardが、ソラチカカードとの併用でマイル付与率を格段に上げることができて魅力的です。ANA VISA SuicaカードANA東急カードでもOKです。

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカードANAダイナースクラブ プレミアムカードだと、年会費は高いものの、カード利用だけで2%のANAマイルを得られます。手間が一切かからない点にエッジ・優位性があります。

あらゆるANAカードの比較については、以下で徹底的に解説しています。

ANAカード一覧
ANAカードというクレジットカードがあります。全日本空輸(ANA)が大手クレジットカード会社と提携して発行している航空カードです。...

2015年2月24日からは、1マイルからANA SKYコインに交換できるようになったので、ANAマイルを無駄なく消化できるようになりました。

ANA SKYコインは、ANAのWebサイトで航空券・旅行商品の支払いに使える電子クーポンです。

JALの2,000マイルでスタジオアリス撮影券、通販サイトで使用できるクーポン、カタログギフトクーポン等と交換できる制度(JALミニマイル特典)も良い制度ですが、1マイルから交換できるANAのマイル制度も良いシステムです。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

ビジネスの協議

100円毎にポイント切り捨てのクレジットカードの損得を考察!

アメックス・ゴールドを作成して使い始めています。アメックスは利用金額100円毎に1ポイントが付与され

記事を読む

外国のウエディング

JCBカードが隠れ高還元に!JCB ORIGINAL SERIESパートナーの還元率まとめ

JCBオリジナルシリーズというJCBのプロパーカードがあります。日本発の国際ブランドのプロパーカード

記事を読む

ポンタで交換した商品

超お得!Ponta(ポンタ)のLoppiお試し引換券を徹底解説

Loppiお試し引換券(ロッピーお試し引換券)とは、ローソンの店頭にある端末「Loppi」で、Pon

記事を読む

JAL・JCBカード プラチナ

JAL・JCBカード プラチナのメリット・デメリット・お得な使い方まとめ

JAL・JCBカード プラチナというクレジットカードがあります。JAL(日本航空)とJCBが提携して

記事を読む

R-styleカード

R-styleカード(アールスタイルカード)のメリット・デメリット・使い方まとめ

R-styleカードというクレジットカードがあります。「アールスタイルカード」と読みます。還元率は最

記事を読む

アメックス・グリーンとJCBゴールド

アメックス・グリーンとJCBゴールドカードの違いを比較!2017年

日本における年会費1万円前後のゴールドカードの代表例が、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス

記事を読む

au WALLET

au WALLET(au ウォレット)のメリット・デメリット・使い方まとめ

auの電子マネー「au WALLET」(au ウォレット)に申し込み、早速利用しました。充実した入会

記事を読む

Orico Card THE WORLD(オリコカードザワールド)

Orico Card THE WORLD(オリコカードザワールド)のメリット・デメリットまとめ

オリコが発行しているゴールドカードの中に「Orico Card THE WORLD」(オリコカードザ

記事を読む

UnyOilカード

UnyOilカードが登場!メリット・デメリット・使い方まとめ

ジャックスから「UnyOilカード」が登場しました。JACCSとバロンパークが提携して発行しているカ

記事を読む

JQ SUGOCA

イオンカードのJQ SUGOCAは国内のショッピング保険が付帯!年会費無料のJQカードの中で最もお得

 JQ SUGOCAというクレジットカードがあります。JR九州が各カード会社と提携して発行しています

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

iPad mini 4
【3/25・26限定で復活】ふるさと納税でiPad等のタブレットが続々と終了!ゲットする最後のチャンス!?2017

ふるさと納税でiPadなどのタブレットがもらえる自治体があります。ふる

ダイナースクラブ プレミアムカードで発行したプライオリティ・パス
プライオリティ・パスが無料のクレジットカード一覧!家族・同伴者まで徹底解説

「プライオリティ・パス」という空港ラウンジのサービスがあります。プラチ

窓辺に足をかけて考える男性
みんなのクレジットに行政処分!ソーシャルレンディングのリスクを徹底解説

「みんなのクレジット」という投資商品があります。maneo、SBIソー

桜の花びらと子供の手
手間なしの金券関連の株主優待まとめ!3月末は権利確定が多すぎるので厳選

3月末の株主優待のデメリットは権利確定の企業が多すぎることですね。細か

→もっと見る

PAGE TOP