*

新規上場!グローバルウェイのIPOの初値予想

更新日: IPO

グローバルウェイ

グローバルウェイ(3936)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は4月4日(月)~4月8日(金)です。上場日は4月19日(火)です。

新規上場する市場は 東証マザーズです。想定価格は2,760円(1単元27.6万円)です。仮条件は2,760~2,960円と上振れました。

公開価格は仮条件の上限である2,960円となりました。予想PERは24.4倍です。

初値予想は大幅なプラスリターンです。大手初値予想会社の初値予想は以下のとおりとなっています。

  • 5,900~6,800円
  • 6,000~7,000円

初値予想会社の直前初値予想は以下の通りとなっています。

  • 6,800円
  • 9,000円

グローバルウェイは、「キャリコネ」等のソーシャル・ウェブメディア事業と、クラウド型業務用ソフトウェアのカスタマイズ開発・自社開発した業務用ソフトウェアのライセンス販売等のビジネス・ウェブアプリケーション事業を展開しています。

監査法人は新日本有限責任監査法人です。本社所在地は東京都港区三田2-14-5 フロイントゥ三田です。

グローバルウェイの最新株価


グローバルウェイとは

グローバルウェイは、ソーシャル・ウェブメディア事業ではITシステムに対する理解を強みとして、社会人や就職活動生を対象とするインターネット情報サイト運営及びIT業界等を中心とした人材紹介サービスを展開しています。

ビジネス・ウェブアプリケーション事業においては、クラウド領域に特化したシステム導入及びソフトウェア製品の開発を展開しています。

インターネット情報サイトの利用者やクラウドシステムの導入企業にとって利便性の高いサービスを提供するため、各事業で培った技術、ノウハウを互いに活用し、企画からシステム開発、運営までを一貫して社内で手掛ける体制を構築しています。

従業員数は62名、平均年齢は36.3歳、平均勤続年数は3.0年、平均年間給与は653.7万円です。

書類を見るOL

ソーシャル・ウェブメディア事業

ワークプレイス・メディアサービスでは働く人のための情報プラットフォーム「キャリコネ」の運営をしています。

日本における求人情報掲載サイトの多くは求人企業からの情報掲載料により運営されているため、求人企業が発信する情報は広告的要素が強調される傾向があります。

これらの求人情報からは企業の働く環境の実態を把握することができず、求職者は自分に適した求人を見極めるのが困難となっています。

これに伴い、求職活動に興味を持っていても実際の活動に至らない場合や求職活動中にどの企業に応募してよいか判断がつかない場合も多く、結果として企業における採用機会の損失や採用後の定着率の低下といった雇用のミスマッチが生まれています。

このような状況において、求人企業と求職者間の情報格差を解消し、求職者の就職・転職情報に対するリテラシーを向上させるとともに、企業自身が自社の評判や評価を意識し労働環境の改善や労働者との対話を図ることを推進する目的で平成21年4月より「キャリコネ」を運営しています。

「キャリコネ」が求職者に提供する情報は「企業の年収・評判」、「企業ニュース」、「転職・求人」の3つから成ります。

「企業の年収・評判」では、「キャリコネ」会員登録時等に投稿された企業の口コミ情報を、「企業ニュース」では口コミ情報等を基にライターが取材を行った記事等を掲載しています。

また、「転職・求人」ではグローバルウェイが求人企業から直接掲載を依頼された求人情報とグローバルウェイが提携する求人情報掲載サイトの求人情報が掲載されており、大量の求人情報の中から一括して検索・応募することができる転職サービスを提供しています。

手帳を確認するOL

ワークプレイス・メディアサービスの主な収益は以下の3つの成果報酬です。

1つめは、グローバルウェイのサイト利用者が「キャリコネ」に会員基本登録又は転職サービス会員登録を行う際、提携する求人情報掲載サイト又は人材紹介会社に「キャリコネ」への登録情報を同時登録する場合に同時登録先から得る成果報酬となります。

「キャリコネ」では、「企業の年収・評判」の情報閲覧や転職サービスの利用に口コミの投稿又は職歴等の登録を伴う会員登録を必要としており、利用者が希望すれば、グローバルウェイと提携する求人情報掲載サイト又は人材紹介会社にも同時に会員登録、職歴登録を行うことができます。

2つめは、「転職・求人」を通じて提携先求人情報掲載サイトの求人に応募が行われた場合の成果報酬です。

3つめは、グローバルウェイが求人企業から直接掲載を依頼された求人情報を介して求人企業が採用に成功した場合の成果報酬となります。

「キャリコネ」は「企業の年収・評判」及び「企業ニュース」が提供する情報によって、働き方やキャリアに対する興味がありながら転職意思がまだ顕在化していない潜在的な転職者層の集客が可能です。

他の求人情報掲載サイトは求人情報の掲載を中心とするため転職する意思が顕在化した転職希望者の集客はできますが、転職する意思が必ずしも高くない潜在転職層へのコンタクト手段に乏しく、この点において「キャリコネ」は、他の求人情報掲載サイトにとって補完的な役割を担うことが可能となっています。

「リクルーティング・サービス」ではグローバルウェイ転職コンサルタントが、外資系、メディカル、コンサルティング、IT業界を中心として、求人企業及び求職者の直接依頼に基づく有料職業紹介サービスを行っています。

当サービスにおける求職者は、グローバルウェイワークプレイス・メディアサービスの情報プラットフォームである「キャリコネ」の転職サービス会員登録者やグローバルウェイの転職コンサルタントが独自にヘッドハンティングすることにより獲得しています。

求人企業についてはグローバルウェイの転職コンサルタントの営業活動を通じて獲得しており、ビジネス・ウェブアプリケーション事業の顧客網を活かしたIT業界の求人も取扱っています。


ビジネス・ウェブアプリケーション事業

ビジネス・ウェブアプリケーション事業は、クラウド型業務用ソフトウェアを顧客のニーズに併せてカスタマイズ開発するサービスデリバリ・サポートと、自社開発した業務用ソフトウェアをサービスデリバリ・サポート等の顧客にライセンス販売するプロダクト・ディベロップメントから構成されています。

近年、ブロードバンド回線やスマートフォンの普及により業務用ソフトウェアもインターネットを介してモバイル環境から利用する形態が主流となりつつあり、クラウド型業務用ソフトウェアの普及が加速しています。

株式会社MM総研による「国内クラウドサービス需要動向」によれば、国内クラウド市場は平成29年度には、約2兆円に達するともいわれています。

青空と雲

このような業務用ソフトウェアの市場動向に鑑み、グローバルウェイは業務用ソフトウェアのクラウドへの移行を支援し、企業の業務効率化やコスト削減を実現するための製品及びサービスを提供しています。

一方で、インターネットを介して提供されるクラウド型業務用ソフトウェアの導入は従来のオンプレミス型業務用ソフトウェアと比較してクラウド環境固有の知識や技術が求められるため、対応できる人材が不足する傾向にあります。

オンプレミス型とは、自社で用意したサーバに業務用ソフトウェアをインストールして利用する形態です。ハードウェアを調達し、セキュリティ管理を自社で行う必要があるため、クラウド型と比較して初期投資額が大きく導入に時間を要します。

グローバルウェイはクラウド型業務用ソフトウェア開発に特化することによって、専門技術者を育成することでサービス品質の向上に努めています。

当事業が注力するクラウド型業務用ソフトウェアの対象領域は顧客管理(CRM)、販売管理(ERP)及びデータ管理(DMP)です。

インターネットテクノロジーのイメージ図

顧客管理(CRM)領域

営業活動における商談やコールセンター等の顧客サポート業務を効率良く管理するためのソフトウェアを利用したシステム開発を行います。

CRMシステムは、フロントシステムとも呼ばれ、顧客接点となる業務が中心となり、クラウド型業務用ソフトウェアが最も普及している領域になります。

グローバルウェイでは、特にSalesforce.com社が提供する「force.com」を活用したオムニチャネルと呼ばれる顧客対応手法を提供しています。

オムニチャネルとは、実店舗やインターネット、PCやモバイル端末などの顧客接点を問わず、すべての顧客接点の情報を連携させてより良いサービスを提供しようとする考え方やその戦略のことです。

販売管理(ERP)領域

受注や発注、在庫情報を効率よく管理し、会計データを作成するためのソフトウェアを利用したシステム開発を行います。

ERPシステムは、基幹システムとも呼ばれ、企業活動のヒト・モノ・カネ・情報の管理を司るためシステムの移行が難しく、クラウド型業務用ソフトウェアの普及が遅れており、今後の新たな市場の創造が見込める領域です。

グローバルウェイでは、特にNetSuite社が提供する業務アプリケーション「NetSuite」を活用した業務プロセスの標準化や企業活動の情報の可視化を推進しています。

データ管理(DMP)領域

企業に蓄積された情報を有効に活用するためのソフトウェアを利用し、CRMやERPのクラウドシステムと連携することで、業務効率を最大化するためのシステム開発を行っています。

グローバルウェイは、異なる業務用ソフトウェア同士を接続するための高度な技術を保有しており、例えば、顧客企業において事業部毎に管理されてきたデータを連携して情報共有を効率化したり、営業活動を強化したりする仕組みを提供しています。

また、当領域では、IoTと呼ばれるインターネットに接続される様々な機器からの情報を収集し、BigDataを製品開発やマーケティング業務に活用するための開発も行います。

グローバルウェイでは、特にTalend社が提供するデータ管理ソフトウェア「Talend」を活用したデータ連携、データ統合ソリューションを提供しています。

IoTとはInternet of Thingsの略称であり、全ての「モノ」がインターネットを介して繋がり、モノ同士が人の操作・入力を介さず自律的に最適な制御が行われることを意味しています。

サーバー

サービスデリバリ・サポート

サービスデリバリ・サポートでは、顧客のビジネスモデルや商習慣に合わせた形でSalesforce.com社やNetSuite社が提供するクラウド型業務用ソフトウェアをカスタマイズして提供しています。

グローバルウェイ顧客は、事業を複数の国や地域で展開する製造業、流通業及び小売業が中心です。

グローバルウェイでは、ソフトウェア開発の経験から得た業界固有の業務ノウハウや再利用可能なプログラムを業界向けテンプレートとして活用することにより、従来のスクラッチ開発と比較して少ない開発工数で対応し、短期間でクラウド型業務用ソフトウェアを納入することが可能となっています。

スクラッチ開発とはパッケージ製品やソフトウェア部品を利用せずに、ソフトウェアを開発する手法です。設計の自由度が高く細かい機能要件に対応できる反面、長い開発期間を必要とします。

また、運用開始後はサポート契約に基づいて継続的な技術支援を提供する体制を確立しており、顧客におけるクラウド型業務用ソフトウェアの定着化と利用範囲の拡大を支援しています。

プロダクト・ディベロップメント

プロダクト・ディベロップメントでは、「Salesforce」や「NetSuite」と連携して動作するクラウド型業務用ソフトウェアを開発し、「Voxer」の名称でライセンス販売しています。

「Salesforce」や「NetSuite」が標準で提供する機能は、グローバルウェイ顧客が属する業界の商習慣や法令等に準拠できない場合があります。

グローバルウェイでは、「Salesforce」や「NetSuite」のユーザーから、特にニーズの高い機能を選別してクラウド型業務用ソフトウェアを開発し、現在はサービスデリバリ・サポートの顧客を中心に提供しています。

プロダクト・ディベロップメントにおいてグローバルウェイが開発及び販売する主なクラウド型業務用ソフトウェアは以下のとおりです。

Voxer Event Manager

本クラウド型業務用ソフトウェアは、興行やイベント等を運営する企業がスタッフのスケジュールや機材等のリソースを効率的に管理する製品であり、「Salesforce」及び「Google Apps」と連携して動作します。

Voxer Work Manager

本クラウド型業務用ソフトウェアは、通常の従業員の勤怠管理に加えてサービス業向けにプロジェクト工数の予算と実績を管理する機能を付与した製品であり、「NetSuite」と連携して動作します。

Voxer CPQ

本クラウド型業務用ソフトウェアは、精密機器メーカ等、販売品目の多い企業における見積り業務を自動化し、見積りに係る業務工数を削減する製品であり、「Salesforce」と連携して動作します。


グローバルウェイのIPOの諸データ

手取概算額については、広告宣伝費、採用費及び人件費、設備資金に充当する予定であります。具体的には以下を予定しております。

ソーシャル・ウェブメディア事業におけるグローバルウェイウェブサイトの訪問者数増加のための広告宣伝費の一部として55,820千円、ビジネス・ウェブアプリケーション事業における提携先ソフトウェア企業が主催するイベント・セミナーへの出展費用の一部として20,934千円を充当します。

また、ソーシャル・ウェブメディア事業部、ビジネス・ウェブアプリケーション事業部、管理部における人材の採用費及び人件費として117,265千円、業務効率向上を目的とした管理基幹システム構築のための設備資金として12,000千円を充当する予定です。

グローバルウェイの業績推移

業績面では売上高はうつくしい右肩上がりとなっています。経常利益・純利益は減益の年度があるものの、大局的には右肩上がりの傾向です。

グローバルウェイの業績推移

営業キャッシュフローは純利益を上回っている年度と下回っている年度があります。

前期の自己資本利益率(ROE)は27.81%であり、自己資本比率は49.67%です。配当はまだ行なっていません。

決算年月 平成23年
3月
平成24年
3月
平成25年
3月
平成26年
3月
平成27年
3月
売上高 (千円) 294,884 389,624 511,172 905,057 945,346
経常利益 (千円) 35,933 △1,490 47,417 78,240 80,581
当期純利益 (千円) 25,752 10,040 19,739 49,655 51,839
資本金 (千円) 48,160 48,160 48,160 48,160 48,160
発行済株式総数 (株) 25,864 25,864 103,456 103,456 103,456
純資産額 (千円) 81,011 91,052 110,791 160,446 212,286
総資産額 (千円) 158,443 179,035 210,119 415,133 427,384
BPS (円) 3,132.20 3,520.42 1,070.90 155.09 205.2
EPS (円) 995.7 388.22 190.8 48 50.11
自己資本比率 (%) 51.13 50.86 52.73 38.65 49.67
自己資本利益率 (%) 37.8 11.67 19.56 36.61 27.81
配当性向 (%)
営業CF (千円) 122,828 4,105
投資CF (千円) △16,062 4,401
財務CF (千円)
現金等 (千円) 199,500 208,007

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は2016年の年明けから大きく崩れましたが、2016年1月21日を底に陽線を連発して底打ちしました。

日銀の追加緩和によるマイナス金利の導入によってモメンタムが出かけましたが、再度大きく下落して2013年のバーナンキショック後の安値に接近していました。

しかしながら、再度反発して過去3ヶ月の上値を突破してムードは好転しています。このまま堅調に推移するとIPOにおいても追い風となります。

東証マザーズのチャート(2015年12月18日~2016年3月17日)
(※マネックス証券より)

上場規模

グローバルウェイのIPOの規模は最大で約4.1億円であり、東証マザーズとしてもかなりの小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公募株式数は100,000株、売出株式数は30,000株、オーバーアロットメント(OA)は19,500株です。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約13%とかなり低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は30%です。

売出人であるジュン・ヤン及び渡辺信明、並びにグローバルウェイの株主である各務正人、株式会社ディスコ、株式会社インテリジェンス、佐藤三朋、各務香奈恵、山本慶一、太田達志、黒田真行、宮内郁美、吉村英明、ウルパート ダニエル、高家学久、鶴見昌久、小山義一、氏家英男、服部晃、塲田聖及びバルビエリ アンドレアには、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

グローバルウェイの新株予約権を保有する宮内郁美、伊部祐美子、吉村英明、山本慶一、ウルパート ダニエル、鶴見昌久、下川佳孝、高家学久、小山義一、石井賢一、山本眞弓、太田達志、氏家英男、松永ハルオ、服部晃、リード イライジャ、梶川洋司、庄村純、塲田聖、バルビエリ アンドレア、小方恒紀、古瀬賢一、森裕介、西原勝也、茂木豊、森正則、小野俊樹、後藤悠太、国吉央起、藤城ハリー、糸数康文、川田詩織、大高大輔、神田真世、佐藤明日香、室井康江及び冨永ゆきには、新株予約権及び新株予約権の行使により取得した株式の売却等に関して、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

株主名 保有割合 ロックアップ
各務正人 73.36%
ジュン・ヤン 9.02%
渡辺信明 5.69%
(株)ディスコ 2.82%
(株)インテリジェンス 2.82%
佐藤三朋 1.50%
各務香奈恵 0.75%
山本慶一 0.53%
太田達志 0.34%
宮内郁美 0.27%

まとめ

グローバルウェイの事業は、「キャリコネ」等のソーシャル・ウェブメディア事業と、クラウド型業務用ソフトウェアのカスタマイズ開発・自社開発した業務用ソフトウェアのライセンス販売等のビジネス・ウェブアプリケーション事業ということで、IPOにおける業種の人気度は高めです。

予想PERは24.4倍と類似会社との比較ではまちまちとなっています。

コード 銘柄名 PER PBR
2124 ジェイエイシーリクルートメント 19.70 7.65
2301 学情 19.90 2.09
2379 ディップ 35.88 19.11
2410 キャリアデザインセンター 10.67 2.87
3679 じげん 42.97 12.66
4318 クイック 13.85 3.37
4849 エン・ジャパン 32.16 4.66
6032 インターワークス 15.87 3.97

約4.1億円という上場規模は東証マザーズとしても超小型です。上位株主には万遍なくロックアップがかかっています。

需給面では視界が良好です。東証マザーズの5億円未満の超小型IPOの初値結果は以下のとおりです。

  • ヨシムラ・フード・ホールディングス:+50.0%
  • バリューゴルフ:+151.2%
  • ラクス:+228.7%
  • アクアライン:+21.7%
  • アイリッジ:+429.2%
  • テラスカイ:+350.0%
  • エクストリーム:+296.4%
  • ビーロット:+422.4%
  • レアジョブ:+169.7%
  • フィックスターズ:+162.0%
  • シンプロメンテ:+135.3%
  • サンワカンパニー:+268.4%
  • フォトクリエイト:+126.0%
  • ウォーターダイレクト:+200.0%

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。

主幹事は大和証券です。その他は、SBI証券、SMBC日興証券で申し込めます。

証券会社名 割当株式数 割当比率
大和証券 124,800 96.00%
SBI証券 2,600 2.00%
SMBC日興証券 2,600 2.00%

SBI証券が幹事に入っているので、着実にSBIチャレンジポイントを貯めましょう。

参考まだ安全資産は定期預金と国債だけなの?IPOチャレンジポイントで確実にS級IPOをゲットできる

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。口座開設・維持は無料です。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SMBC日興証券は小口個人投資家でもIPOが当たりやすい証券会社です。口座開設をおすすめします。

SMBC日興証券の店頭
SMBC日興証券という大手証券会社がありますね。SMBC日興証券はインターネット口座もあります。「ダイレクトコース」という名前です...

今回は幹事団に入っていませんが、マネックス証券は完全抽選で小口個人投資家でも当選しやすい証券会社です。IPOにおいてはぜひ口座開設しておきたい証券会社です。

マネックス証券も当サイト限定キャンペーンを行っています。

マネックス証券とのタイアップキャンペーン

新規口座開設+5万円の入金だけで、もれなく現金3,000円または投資入門本がプレゼントされます!

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・弱気の4段階)

※過去のIPO初値予想の履歴

銘柄名(2016年)発表時BB直前結果
ラサールロジポート投資法人やや強気中立5.0%
はてな強気強気278.1%
バリューゴルフ強気強気151.2%
中本パックス中立中立0.7%
ヨシムラ・フード・ホールディングス強気やや強気50.0%
ブラス強気強気6.4%
フィット中立中立-7.9%
LITALICOやや強気やや強気88.0%
富山第一銀行弱気弱気6.4%
富士ソフトサービスビューロやや強気やや強気13.5%
昭栄薬品中立中立48.2%
ユー・エム・シー・エレクトロニクス中立中立-17.3%
アカツキ中立中立-8.0%
ヒロセ通商やや強気中立0.0%
アグレ都市デザインやや強気やや強気102.6%
アイドママーケティングコミュニケーション中立弱気-14.6%
フェニックスバイオ中立弱気-2.1%
イワキ中立弱気2.5%
グローバルグループ弱気弱気60.0%
チエルやや強気やや強気165.6%
ウィルプラスHD中立中立-8.0%
ベネフィットジャパンやや強気やや強気67.2%
エボラブルアジアやや強気やや強気48.3%
PR TIMES強気強気59.0%
ハイアス・アンド・カンパニーやや強気やや強気189.5%
丸八ホールディングス弱気弱気11.3%
エディア強気強気94.2%
スターアジア不動産投資法人中立中立-0.9%
グローバルウェイ強気強気373.0%
ジャパンミート弱気弱気3.0%
タカラレーベン・インフラ投資法人中立中立9.9%
アトラエ強気強気135.6%
ホープ強気強気130.0%
農業総合研究所やや強気強気78.1%
やまみ中立中立3.6%
AWSホールディングス強気強気235.3%
ストライクやや強気強気125.9%
ジェイリースやや強気やや強気34.5%
バーチャレクス・コンサルティングやや強気やや強気13.3%
ソラスト中立中立-6.0%
キャリアやや強気やや強気98.5%
ベガコーポレーションやや強気やや強気25.0%
コメダホールディングス中立中立-4.7%
セラク強気やや強気160.0%
LINEやや強気中立48.5%
デュアルタップやや強気やや強気127.0%
インソースやや強気やや強気55.8%
リファインバースやや強気やや強気
マリモ地方創生リート投資法人中立弱気
三井不動産ロジスティクスパーク投資法人やや強気やや強気
銘柄名(2015年) 発表時 BB直前 結果
Keeper技研 やや強気 やや強気 49.1%
ケネディクス商業リート投資法人 中立 やや強気 13.3%
ファーストロジック 強気 強気 52.5%
ファーストブラザーズ やや弱気 やや弱気 2.5%
ホクリヨウ 中立 中立 8.9%
ALBERT 強気 強気 115.7%
シリコンスタジオ やや強気 やや強気 102.0%
コラボス 強気 強気 137.6%
エムケイシステム 強気 強気 332.0%
ショーケース・ティービー 強気 強気 193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人 やや強気 やや強気 54.5%
エスエルディー 強気 強気 15.3%
ヒューマンウェブ やや強気 やや強気 11.7%
イード 強気 強気 46.4%
ファーストコーポレーション やや強気 やや強気 25.0%
RSTechnologies 中立 中立 -23.6%
シンデン・ハイテックス やや強気 やや強気 12.2%
ハウスドゥ やや強気 やや強気 47.2%
Aiming 中立 中立 12.2%
モバイルファクトリー 強気 強気 99.4%
日本動物高度医療センター やや強気 やや強気 44.2%
プラッツ やや強気 やや強気 70.2%
sMedio やや強気 やや強気 58.7%
サンバイオ 弱気 弱気 -14.5%
海帆 やや強気 やや強気 76.5%
Hamee やや強気 やや強気 67.2%
日本スキー場開発 中立 中立 9.9%
シーアールイー 弱気 弱気 -7.3%
三機サービス 中立 中立 37.1%
レントラックス 強気 強気 53.1%
リンクバル やや強気 やや強気 27.9%
ジグソー 強気 強気 236.4%
Gunosy 中立 中立 0.0%
デザインワン・ジャパン やや強気 やや強気 50.9%
テラスカイ 強気 強気 350.0%
ヘリオス 中立 弱気 22.5%
スマートバリュー 強気 強気 344.9%
マーケットエンタープライズ 強気 強気 167.0%
デジタル・インフォメーション・テクノロジー 強気 強気 246.2%
エコノス 弱気 中立 120.0% 
中村超硬 弱気 弱気 11.8%
メニコン やや強気 やや強気 73.5%
冨士ダイス 弱気 弱気 50.9%
ファンデリー 強気 強気 102.1%
ナガオカ 中立 中立 40.6%
サムティ・レジデンシャル投資法人 中立 中立  -2.9%
富士山マガジンサービス 強気 強気 126.4%
クレステック やや強気 やや強気 82.4%
平山 やや強気 やや強気 29.5%
アイリッジ 強気 強気 429.2%
デクセリアルズ 弱気 弱気 -3.1%
ジャパン・シニアリビング投資法人 やや強気 やや強気 -10.5%
イトクロ 中立 中立 4.1%
PCIホールディングス やや強気 やや強気 169.6% 
エスケーホーム 中立 やや強気 13.8%
パルマ 強気 強気 70.5%
メタップス 中立 中立 -7.9%
ラクト・ジャパン 中立 中立 0.0%
土木管理総合試験所 中立 中立 -2.4%
アクアライン 強気 強気 21.7% 
ベステラ やや強気 やや強気 25.0%
STUDIOUS やや強気 やや強気 20.0%
JESCOホールディングス 中立 中立 5.4%
ピクスタ 強気 強気 34.8%
アイビーシー 強気 強気 251.0%
ブランジスタ やや強気 強気 43.8%
AppBank やや強気 強気 45.8%
グリーンペプタイド 弱気 弱気 -8.0%
GMOメディア やや強気 やや強気 101.1%
パートナーエージェント やや強気 強気 217.5%
バルニバービ やや強気 やや強気 130.0%
日本郵政 中立 中立 16.5%
ゆうちょ銀行 中立 中立 15.9%
かんぽ生命保険 中立 中立 33.1%
ロゼッタ 強気 強気 433.1%
あんしん保証 強気 強気 292.5%
ベルシステム24HD 弱気 弱気 -5.0%
ネオジャパン 強気 強気 401.7%
いちごホテルリート投資法人投資法人 中立 中立 -1.8%
インベスターズクラウド やや強気 やや強気 93.3%
鎌倉新書 やや強気 強気  180.6%
ラクス 強気 強気 228.7%
ランドコンピュータ やや強気 やや強気 103.4%
ダブルスタンダード 強気 強気 128.8%
オープンドア やや強気 やや強気 23.3%
ミズホメディー やや強気 やや強気 156.5%
ツバキ・ナカシマ 弱気 弱気 4.5%
アートグリーン 中立 中立 46.2%
フリュー やや強気 弱気 0.6%
ビジョン 中立 中立  10.7%
アークン 強気 強気 262.1%
マイネット 強気 やや強気 19.3%
ソネット・メディア・ネットワークス 強気 強気 139.1%
ソーシャルワイヤー 強気 強気 56.9%
ケイアイスター不動産 弱気 弱気 6.8%
プロパティエージェント やや強気 やや強気 115.0%
一蔵 中立 弱気 2.1%

銘柄名(2014年) 発表時 BB直前 結果
ヒューリックリート投資法人 中立 中立 13.0%
アキュセラインク やや強気 中立 27.8%
サイバーリンクス 強気 強気 172.9%
日本BS放送 中立 中立 6.6%
エンバイオ・ホールディングス 強気 強気 126.0%
ダイキョーニシカワ 中立 中立 12.4%
日立マクセル やや弱気 やや弱気 -4.8%
ジャパンディスプレイ 中立 中立 -14.6%
ホットマン やや強気 やや強気 67.5%
みんなのウェディング 強気 強気 27.1%
ディー・エル・イー やや強気 やや強気 101.0%
サイバーダイン 強気 強気 130.0%
エスクロー・エージェント・ジャパン やや強気 やや強気 290.8%
トレックス・セミコンダクター やや弱気 やや弱気 -10.4%
丸和運輸機関 中立 中立 -8.8%
ジョイフル本田 中立 中立 -1.9%
フィックスターズ 強気 強気 162.0%
白鳩 強気 強気 46.2%
日本リート投資法人 中立 中立 4.0%
西武ホールディングス やや弱気 やや弱気 0.0%
東武住販 やや強気 やや強気 12.0%
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 中立 中立 5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング 中立 中立 -7.7%
ムゲンエステート 中立 中立 10.0%
フリークアウト 強気 強気 250.0%
ポバール興業 中立 中立 6.6%
OATアグリオ 中立 中立 -6.3%
メドピア 強気 強気 131.3%
レアジョブ 強気 強気 169.7%
VOYAGEGROUP 強気 強気 40.0%
鳥貴族 やや強気 やや強気 120.7%
イグニス 強気 強気 342.1%
日本ビューホテル やや弱気 やや弱気 -2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザー やや強気 やや強気 126.3%
ロックオン 強気 強気 284.6%
リアルワールド 強気 強気 79.8%
AMBITION やや強気 強気 62.0%
ジェネレーションパス 強気 強気 119.2%
リボミック 中立 やや強気 -20.4%
FFRI 強気 強気 176.5%
ホットランド 中立 中立 -1.7%
ヤマシンフィルタ 中立 中立 19.6%
すかいらーく 中立 中立 0.0%
リクルートホールディングス 中立 中立 2.3%
GMOリサーチ 強気 強気 133.3%
セレス 強気 強気 55.4%
オプティム 強気 強気 260.0%
アルファポリス 強気 強気 93.2%
エラン やや強気 やや強気 70.3%
日本ヘルスケア投資法人 やや強気 やや強気 48.1%
SHIFT 強気 強気 361.5%
CRI・ミドルウェア 強気 強気 462.5%
日本PCサービス 中立 やや強気 67.7%
トーセイリート投資法人 やや弱気 中立 11.6%
積水ハウス・リート投資法人 やや強気 やや強気 22.7%
弁護士ドットコム 強気 強気 215.4%
クラウドワークス 強気 強気 73.2%
スノーピーク やや強気 やや強気 134.3%
ビーロット 強気 強気 422.4%
GMOTECH 強気 強気 135.2%
テクノプロ・ホールディングス 中立 中立 -5.0%
アトラ やや強気 やや強気 77.4%
マークラインズ 強気 強気 77.3%
メディカル・データ・ビジョン 強気 強気 135.9%
U-NEXT やや強気 中立 31.7%
SFPダイニング やや弱気 やや弱気 -16.5%
今村証券 中立 中立 27.4%
フルッタフルッタ 強気 やや強気 51.5%
竹本容器 中立 中立 2.0%
gumi 中立 中立 0.0%
大冷 やや弱気 やや弱気 -6.7%
アドベンチャー 強気 強気 127.2%
メタウォーター やや弱気 やや弱気 -6.0%
サイジニア 強気 強気 125.8%
インターワークス やや強気 やや強気 16.7%
イーレックス 中立 中立 11.2%
データセクション 強気 強気 73.1%
綿半ホールディングス やや弱気 やや弱気 6.3%
ヨシックス 中立 中立 29.4%
東京ボード工業 やや弱気 やや弱気 -8.0%
カヤック 強気 強気 222.0%
エクストリーム 強気 強気 296.4%
MRT 強気 強気 309.4%

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

スノーピーク

スノーピーク(snow peak)のIPOの初値予想。株主優待に期待!

スノーピーク(7816)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は11月26日(水

記事を読む

いちごホテルリート投資法人

新規上場!いちごホテルリート投資法人のIPOの初値予想

いちごホテルリート投資法人(3463)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2015年

記事を読む

SBIボンド-SBI-PIMCOジャパン・ベターインカム・ファンド(愛称:ベタイン)

SBIとPIMCOの共同投信「ベタイン」購入でIPOチャレンジポイントと現金!

SBIボンド-SBI-PIMCOジャパン・ベターインカム・ファンド(愛称:ベタイン)という投資信託が

記事を読む

スマートニュースのトップ画面

スマートニュースが上場へ!IPOに備えよう!

  スマートニュース(SmartNews)が株式上場に向けて事業拡大を急ピッチで展開していると報道さ

記事を読む

セラミック膜ろ過システム

新規上場!メタウォーターのIPOの初値予想

メタウォーター(9551)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は12月3日(水

記事を読む

ケネディクス商業リート投資法人

新規上場!ケネディクス商業リート投資法人のIPOの初値予想

ケネディクス商業リート投資法人(3453)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間

記事を読む

ゆうちょ銀行のATM

新規上場!ゆうちょ銀行のIPOの初値予想

ゆうちょ銀行(7182)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は10月8日(木)~10月

記事を読む

コールセンターの女性のイラスト

新規上場!富士ソフトサービスビューロのIPOの初値予想

富士ソフトサービスビューロ(6188)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2月26日

記事を読む

テクノプロ・ホールディングス

テクノプロ・ホールディングスのIPOの初値予想

テクノプロ・ホールディングス(6028)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は

記事を読む

セレス

セレスのIPOの初値予想

セレス(3696)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は10月3日(金)~10

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引で楽天ポイント10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px(2015年6月末まで)
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

マネックス証券の限定タイアップキャンペーン
口座開設&入金で3,000円プレゼント!

カブドットコム証券のスペシャルタイアップキャンペーン2015年
口座開設だけで1,000円プレゼント!

セントラル短資の限定タイアップキャンペーン
最大30,000円キャッシュバックキャンペーン!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

シストレ24限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で3,000円キャッシュバック!
イオン銀行
マイナス金利でも普通預金が高金利の銀行ランキング!

マイナス金利の導入以降、普通預金の金利は極限まで低下しています。メガバ

3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

スマートニュースのトップ画面
スマートニュースが上場へ!IPOに備えよう!

  スマートニュース(SmartNews)が株式上場に向けて事業拡大を

JCB LINDA
JCB LINDAは無料で維持できる女性向けカード!メリット・デメリットまとめ

JCB LINDAというクレジットカードがあります。オシャレで可愛いデ

マクドナルド
ポケモンGOでマクドナルドが特別スポットに!マック(マクド)ではdカードがお得!

スマホやタブレットアプリ「ポケモンGO」(Pokémon GO)の日本

→もっと見る

PAGE TOP