*

積立NISAのメリット・デメリット・比較・お得な使い方まとめ

積み立てられた薪

若年層らの投資促進のために創設するNISA(少額投資非課税制度)に新しい枠組みである「積立NISA」が導入される方向です。

非課税となる限度額が通常のNISA(年120万円)の約3分の1である年40万円となる代わりに、年数が通常のNISA(5年)の4倍の20年間となります

2017年度与党税制改正大綱に盛り込まれ、2018年1月から導入されます。正式名称は「非課税累積投資契約に係る非課税措置」です。

対象商品は販売手数料・解約手数料・信託報酬が低く、毎月分配型でないものが基本となります。

積立NISAのメリット、デメリット、普通のNISA・ジュニアNISAとの比較、お得な使い方についてまとめます。


少額非課税制度の全体像

NISAとは、株式・投資信託などへの投資で得た利益(キャピタルゲイン・インカムゲイン)が非課税となる制度です。NISAの非課税期間は5年、年間の上限枠が120万円です。

現在は2023年までの10年間(2027年終了)限定の制度となっています。非課税投資枠総額は最大600万円(年120万円×5年)となります。

ただし、5年目には持っている資産をロールオーバー(新しい5年間のNISA枠への繰越)することが可能です。NISAについては、以下で徹底解説しています。

街角の日差し
NISAという株式・投信・REIT等のキャピタルゲイン・配当の税金が、年間で最大100万円保有分まで0になる制度が2014年から始...

19歳までの子供限定の非課税投資制度「ジュニアNISA」もあります。年間非課税投資枠は80万円(5年で最大400万円)です。

非課税期間は最長5年間で、18歳までは途中払出しに制限があるのがNISAにはない制約となっています。ジュニアNISAの詳細については、以下で徹底解説しています。

観覧車に乗る子供
2016年から「ジュニアNISA」という制度が開始します。親や祖父母が子供の代理で購入した株式や投信などの売却益・配当金・分配金が...

積立NISAとは

2018年に導入される方向の「積立NISA」は、NISA・ジュニアNISAと比較して非課税期間が4倍の20年となるのに対して、毎年の投資上限は年40万円に少なくなります。

積立NISA口座で買える投資対象は、長期の分散投資に適したものに限られて、投資方法は定期的・継続的な方法に限定されます。一定期間ごとに自動的に投資信託を購入する「積立投資」が対象です。

具体的には信託期間が20年以上、毎月分配型でない等の要件を充足した商品です。対象の商品は今後、金融庁が金融機関と協議して決まります。

購入・解約手数料、信託報酬が低い公募株式投信とETFに限定される方向です。販売手数料は公募株式投資信託は0%、ETFは1.25%以下に限られます。

信託報酬は公募株式投信は最大1.5%、ETFは0.25%以下とする方針となっています。積立NISAの対象は、投信全体の1%以下の50本前後です。

アクティブ投信はインデックス投信よりも条件が厳しく、5年以上の運用実績、50億円以上の残高、資金流入超過の期間が3分の2以上などの条件が加わります。

2017年4月時点で対象候補となるアクティブ投信は以下の8本です。

  • ひふみ投信
  • セゾン資産形成の達人ファンド
  • さわかみファンド
  • 日生日本株ファンド
  • ハッピーエイジング・ファンド30
  • 結い2101
  • ハッピーエイジング・ファンド40
  • ハッピーエイジング・ファンド50

積立NISAでは1年40万円×20年で合計800万円分が非課税となります。非課税の総枠はNISAよりも200万円大きくなります。

現行のNISAとの併用は不可能であり、NISAと積立NISAはどちらかを選択することになります。ジュニアNISAとの併用はOKです。

例えば自分は積立NISA、子供はジュニアNISAで合計で年120万円の非課税枠を利用するという方策もあります。

NISA、積立NISA、ジュニアNISAの違いを比較します。

事項 NISA(成人) 積立NISA ジュニアNISA
利用できる年齢 20歳以上 20歳以上 0歳~19歳
年間非課税投資枠 120万円 40万円 80万円
非課税投資総額 600万円(120万×5年) 800万円(40万×20年) 400万円(80万×5年)
投資対象 上場株式等(ETF・REIT含む)、公募株式投資信託 信託期間が20年以上、非毎月分配型等の商品 上場株式等(ETF・REIT含む)、公募株式投資信託
投資方法 定期的・継続的な方法 制限なし 制限なし
投資可能期間 2014年1月1日~2023年12月末まで 2018年1月~2037年12月末まで 2016年4月~2023年12月末まで
※2023年以降も口座開設者が20歳に到達するまでは非課税保有を継続可能
非課税運用期間 投資した年から最長5年間(ロールオーバー可能) 投資した年から最長20年間 投資した年から最長5年間(ロールオーバー可能)
払出制限 なし なし 18歳まで途中払出に制限(災害等やむを得ない場合は非課税での払出が可能)
口座名義人 本人 本人
運用口座の管理 本人 本人 親権者等が代理
金融機関変更 可能 未定(可能?) 不可
住所確認 以下の年数経過時に住所等の確認
・口座開設から10年経過日
・それから5年経過ごと
なし なし

積立NISAは非課税期間が長くなるので、「投資信託や株主優待株を持ちっぱなしにする」という投資スタンスの場合で、投資する金額は100%年60万円以下に収まるという場合に向いている制度です。

ただし、現行のNISAも5年経過後にロールオーバーして、非課税期間を延長することが可能です。具体的には、保有する株式・投信等を翌年設定される非課税枠に移管することができます。

NISAのイメージ
楽天証券より)

今のNISAの投資対象期間は2023年までとなっていますが、これが延長された場合は、積立NISAを利用するメリットは乏しくなります。

システム対応が迫られる金融機関はコストアップにつながる要因であり、システム投資がペイする程に利用者が増えるかどうかという問題があります。他方、システム会社にとっては特需となります。

個人的には今のNISAの期間を延長して恒久化してくれるのを希望します。日本がNISA導入に際してロールモデルとなったイギリスのNISAも、当初は期限があったものの、導入後に恒久化されました。わが国でも恒久化を期待したいところです。

積立NISA口座で非課税対象となる商品は、NISAと基本的には同一で、その中から長期投資に資すると認定された商品となります。ちなみにNISAの対象は以下のとおりです。

  • 上場株式(上場新株予約権を含む)
  • ETF(上場投資信託)
  • 上場REIT(不動産投資信託)
  • 公募株式投資信託の受益権
  • 外国上場株式等日銀出資証券
  • 上場優先出資証券
  • 上場新株予約権付社債

預金、国債、社債、公社債投資信託は、非課税の対象とはなりません。一度使った非課税枠は、売却した後に再び使うことはできません。

例えば、40万円を投資して8年で売却したら、残っている12年間の非課税枠の期間は非課税となりません。

新しく積立NISA口座を開設しても、既に保有している株式や投信は非課税となりませんし、積立NISA口座に移すこともできない可能性が高いです。

将来的な検討課題として、複数の制度があるNISAの一本化が挙げられています。確かに複雑ですし、各社もシステム維持コストなどが発生してしまいます。

一本化されたNISA制度の恒久化を期待します。年40万円~120万円(合計600万~800万)程度の非課税枠が恒久化されると、誰でも使いやすくて資産形成の貯蓄・投資を促す制度となります。

積立NISAのデメリット

考える女性

損益通算が不可能

積立NISAで損失が生じても、他の口座で得た売却益・配当・分配金などとは、損益通算ができません。

特定口座の損益が+100万円、積立NISA口座が-100万円だと、約20万円の税金が取られてしまいます。このデメリットはNISAと同様でしょう。

配当・分配金が課税される場合あり

積立NISA口座で購入した上場株式の配当金や、ETF、REITの分配金を非課税とするためには、証券会社で配当金や分配金を受領する「株式数比例配分方式」を選択する必要があります。通常のNISAと同じです。

この方式以外で配当金・分配金を受け取った場合は、配当が非課税にならない点がデメリットです。

例えば、上場株式が12月決算銘柄である場合には、配当基準日(12月31日)までに証券会社を通じて証券保管振替機構に取り次ぐ必要があります。余裕をもって証券会社で手続きするのが無難です。

売買損失の最大3年間の繰越ができない

通常の特定口座・一般口座は売買損失が発生した場合は、確定申告すると損失を3年間繰り越すことが可能です。

しかし、積立NISA口座で損失が出た場合でも、損失の繰越はできません。

資産が値下がりした状態で積立NISA期間が終了した場合

例えば、積立NISAで投資した40万円の資産がNISA終了時に20万円に下落していたら、取得価格が20万円になります。

その後に30万円で売却したら、10万円が利益とみなされて、約2万円が課税されてしまいます。なんと損失が出ていても課税されるという戦慄的な陥穽に嵌まってしまいます。

複数の金融機関に申し込んだ場合

積立口座の開設を複数の金融機関で申し込んだ場合、税務署では、この交付申請手続の受付時順に処理が行われ、最初に交付申請の手続を受付けた金融機関に対して非課税適用確認書を送付するスキームになると思われます。

最も希望する金融機関で積立NISA口座の開設ができなくなるリスクがあります。したがって、積立NISA口座の開設・取引を希望しない金融機関に対して、積立NISA口座の開設申込の取消しの連絡をするのが無難です。

金融機関から税務署への申請手続、税務署での処理が行われ、いったん、金融機関で積立NISA口座が開設されると、積立NISA口座の開設を取り消すことができなくなると思われます。

積立NISA口座に適した商品

○・△・×を示す女性のイラスト

積立NISA口座は非課税期間が20年間なのがエッジ・優位性なので、20年にわたって持ちっぱなしにできるコアの部分の投資に使うのが無難です。

投資信託やETFが万人向けです。投資信託を持ちっぱなしにする場合は、信託報酬が低いインデックス投信が無難です。1%のコストの違いが5年とか10年積み重なると、かなりの違いとなります。

この点は積立NISAでは低手数料の商品に限定されるので問題はありません。株主優待株への分散投資も、株式が積立NISAの対象となれば候補となります。

ただし、投信や分散投資は大勝が難しい傾向があるので、節税メリットも乏しくなります。銘柄選択に自信のある方は、個別株式で大きく利益を出すのがベストですので、株式が対象となれば個別株式も候補です。

大きく利益が出れば出るほど、享受できる非課税のメリットが大きくなります。例えば、薬王堂(3385)は、2008年の安値77.7円(分割後)から、2016年には2,496.7円まで上昇しました(+3113%)。

なんとテンバガーを通り越してトリプル・テンバガー(30倍)となっています。サッカーで喩えると、トリデンテ(三又の槍)のような破壊力があります。

薬王堂のチャート
楽天証券より)

安値で38.85万円分買って高値で売却した場合、税率20.315%で計算するとなんと約245.5万円もの税金がかかりますが、積立NISAの場合はこれが0円になります。

利益を大きく出せば出す程に非課税の効果も大きくなるので、腕に自身のある方は個別株で勝負するというのも選択肢の一つです。

もう一つの候補はIPOです。家族口座を総動員してIPOに申し込むのが、手間を許容できるならば実施を検討し得ます。

数十万円というリターンが期待できるIPOに当選した場合は、税金が大きくなりますし、損する可能性がほとんどなく、損益通算のデメリットも回避できるので、積立NISA口座に入れることを検討し得ます。

長期投資の積立NISAのイメージとは異なりますけれども、IPOも積立NISA口座での投資において有力候補です。

毎年9~11月頃はマーケットが軟調になる傾向にあり、押し目買いの好機となる年が多いので、9~11月頃になって枠が残っていたら、その枠を株式・投資信託に投資するというストラテジーは有力だと考えます。

私はNISA口座において、この方針で臨んでいます。基本的にはIPO、9~12月に枠が残っていたら、マーケットの動向に応じて株式・投信を購入します。

各証券の積立NISAの特典・キャンペーンの比較

秋の紅葉(いちょう)

多様な証券会社(ネット証券・対面証券)が積立NISAにも対応することが予想されます。少なくても主要ネット証券5社は対応するでしょう。

NISAに準じたオリジナルの特典が用意されることが期待できます。NISAでの特典は以下のとおりです。

金融機関名 国内株式等 外国ETF 外国株 住民票
取得代行
その他
SBI証券 売買無料 買い無料 通常の手数料 無料 住民票取得代行が無料
最大10万円プレゼント
楽天証券 売買無料 買い無料 通常の手数料 無料 住民票取得代行が無料
マネックス証券 売買無料 買い無料 買い無料 無料 住民票取得代行が無料
松井証券 売買無料
カブドットコム証券 買い無料 500円プレゼント、
通常口座の売買手数料割引

SBI証券は大手証券会社に引けをとらない幅広い商品ラインナップを取り揃えており、しかもコストは低いです。100万の資産運用でも大活躍します。

特にPTS、IPO、立会外分売、一般信用売り、投信保有で付与されるSBIポイント、住信SBIネット銀行との連携には絶大なメリットがあります。

チャンピオンズ
幾多のネット証券がある中で、おすすめのネット証券の一つがSBI証券です。私もフル活用しています。数多くのメリットがある証券会社です...

デイトレーダー、スイングトレーダー、バリュー投資家、グロース投資家、インデックス投資家などありとあらゆる投資家が有効活用できる、総合ネット証券です。

活用していくと、リターンが着実に向上します。私はSBI証券がなかったら困り果ててしまいます。

2016年7月には、SBI証券に取材に行き、株式会社SBI証券 商品開発部の杉本部長、稲場さんにインタビューしました。

杉本部長は以前にSBI証券のIPO引受け部門で活動していたことがある方です。IPOを知り尽くしたプロから、貴重なIPOに関するお話を伺えました!

SBI証券 商品開発部 杉本部長、稲葉さん (SBI証券の入口)
日本の幾多のネット証券の中で、ここ最近では、SBI証券は唯一、IPOで主幹事証券を担ってきた証券会社です。また、幹事証券としての引...

続いて以下では、IPO以外のあらゆるサービスについても、株式・外国株式から投資信託、FXまで色々と聞き倒しています!

SBI証券 商品開発部の杉本部長、稲葉さん
幾多のネット証券がある中で、日本で最も人気があるネット証券がSBI証券です。ネット証券でNo.1の口座開設数、NISA口座数はネッ...

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

口座開設時に以下の項目(無料)に申し込めば、SBI証券に入金するだけで自動的に振り替えられるので面倒な手間はありません。

SBI証券の口座開設申込画面

SBI証券の口座開設・維持・入出金は無料です。まだ口座をお持ちでなければ、この機会にぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。ネット証券としては破格のキャンペーンです。

SBI証券のタイアップキャンペーン

岡三オンライン証券でもNISA口座、ジュニアNISA口座があり、積立NISAの導入も考えられます。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン

岡三オンライン証券は事前入金不要のIPOが魅力的なネット証券です。老舗証券の岡三証券グループのネット証券で安心感・信頼性も高いです。

岡三オンライン証券の田村篤史さん
岡三証券グループにはネット証券「岡三オンライン証券」があります。使い勝手がよくて投資に役立つツールに定評のあるネット証券です。この...
岡三オンライン証券の田村篤史さん
創業10周年を迎えた岡三証券グループの専業オンライン証券「岡三オンライン証券」に取材したインタビューの続きです。取引ツール、特殊注...

岡三オンライン証券は、当サイト限定タイアップでお得な入会キャンペーンを行なっています。口座開設と5万円以上の入金だけで5,000円がプレゼントされます。

ネット証券のキャンペーンとしては破格の内容でおすすめです。まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に開設してみてはいかがでしょうか。

ライブスター証券でもNISA口座、ジュニアNISA口座の取扱いがあり、投資信託のひふみプラスを取り扱っています。

ライブスター証券はネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのがメリットです。やはり手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

浴衣姿の女性2人

インデックス投資のメリット・デメリットまとめ

投資初心者におすすめの投資手法にはインデックス投資があります。TOPIXや日経平均、MSCI Kok

記事を読む

話しあう男性

JCRとR&Iの格付格差(レートスプレッド)は、社債購入前に要チェック!

格付格差(レートスプレッド)を見ると、社債・金融機関・保険会社・事業会社の格付について認識を

記事を読む

昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ!

昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ!は超・実践的!

著名投資家のv-com2さんが、東証一部昇格狙いの株式投資や、株主優待に関連した株式投資についてまと

記事を読む

motorcycle

内閣支持率が急落!株価との驚くべき関係の真実

夕凪さんの日本証券新聞のコラムで、「日本では内閣支持率が40%を超えていると株価にプラスに働く傾向が

記事を読む

楽天証券セミナーに藤巻健史降臨!氏の主張は?

本日、楽天証券サービス開始15周年記念投資セミナーが両国国技館で開催され、竹中平蔵氏と藤巻健

記事を読む

食事をする家族

100万円からの資産運用でもIPOは有効!

住宅ローンや子育てなどで資金に余裕がなく、資産運用に回せるのは100万円程度というご家庭も、特に20

記事を読む

アルバムを見る老夫婦

確定拠出年金(iDeCo)のメリット・デメリット、企業型・個人型の違いまとめ

確定拠出年金(401k)という制度があります。絶大な節税メリットがあり、所得税・住民税を大きく減税す

記事を読む

指を指す女の子

東証一部昇格候補の予想!2017年5月の銘柄一覧

2014年の10月に東証一部昇格候補の予想銘柄一覧をアップしました。幸いリストの銘柄の多くが東証一部

記事を読む

3つのいちご

逆張りで株式・投資信託を買っていい3つの条件

先日に「名人、天井売らず底買わず」というエントリーをアップして、高値から下落を始めてから売り、底値か

記事を読む

東京証券取引所

個人型の確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関まとめ!2017年

企業型の確定拠出年金は企業が提携した金融機関が提示する商品から選ぶしかありません。個人型については、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


アメックス・ゴールドのバナー
外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
マクドナルドの店舗
マクドナルドがクレジットカードやSuica・nanaco等を導入!ポイント二重取りが可能へ

マクドナルドで2017年下半期からクレジットカード、nanaco、Su

3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

青空と鳥
【貸借速報】2017年7月末 権利確定日

2017年7月26日は7月末の権利付最終日でした。逆日歩日数は1日間で

ラグジュアリーカードと新生銀行のキャッシュカード
新生銀行の最上級ステータス「新生プラチナ」はメリット大!ラグジュアリーカードを保有するだけで取得可能

金属製の上級の質感が人気のラグジュアリーカード(Luxury Card

宮古島の透き通る海
【前年の株不足&逆日歩・今年のMAX逆日歩】2017年7月末 権利付最終日

2017年7月末の優待について、昨年の株不足(融資残高-貸株残高)、逆

マネックス証券のロゴ
マネックス債(マネックス証券の社債)を徹底分析!2017年7月の第35回 夏祭り!気温参照型クーポン付

マネックス証券が個人向け社債を発行します。愛称はマネックス債です。今回

→もっと見る

PAGE TOP