*

新規上場!ファンデリーのIPOの初値予想

更新日: IPO

ファンデリーのミールタイム

ファンデリー(3137)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は6月10日(水)~6月16日(火)です。上場日は6月25日(木)です。

新規上場する市場は東証マザーズです。想定価格は725円(1単元7万2500円)です。仮条件は725~765円と上振れました。

初値予想は大幅なプラスリターンです。大手初値予想会社の初値予想は1,200~1,500円となっています。

ファンデリーは、「一人でも多くのお客様に健康で楽しい食生活を提案し、豊かな未来社会に貢献します」というビジョンのもと、健康食宅配や企業向けマーケティング支援を展開しています。

監査法人は有限責任あずさ監査法人です。本社所在地は東京都北区赤羽2-51-3 NS3ビル3Fです。


ファンデリーのIPO

ファンデリーとは

ファンデリーの社名の「FUNDELY」は、FUN《面白さ・楽しさ・感動》と、DELIVERY《お届けする》という2つの英単語を合わせて作られました。

「社会に感動を届け多くの人々を幸せにする企業でありたい」という創業の想いが込められています。「DELIVERY」には、自ら進んで提案をしていくという企業姿勢の意味も含まれています。

ファンデリーは、多くの方が高齢になっても元気に就労できるような社会環境を理想としています。

健康社会をつくるためには、予防に重点をおいた社会を実現させなくてはなりません。少子高齢化社会、外食機会の増大などによる生活習慣病患者の急増から、医療費が増加しています。

このような状況の中、ファンデリーは「一食二医」を提唱しており、「一食二医」社会を実現することでお客様の健康に貢献し、活力ある社会を実現させたいと考えています。

ファンデリーは、MFD事業(健康食宅配事業)及びマーケティング事業を展開しています。2つの事業は相互に連携しており独自のビジネスモデルを構築しています。

MFD事業で構築した紹介ネットワークを活用し、マーケティング事業にて商品サンプリングを行うなど、収益源を多様化させています。

従業員数は49名、平均年齢は25.9歳、平均勤続年数は2.5年、平均給与は414.2万円です。典型的な従来型の日本企業という数字です。

MFD事業

MFD事業は、単に食事を宅配するだけではなく、栄養士によるカウンセリングサービスに注力している点が特徴です。

ファンデリーの栄養士が商品企画から販売まで手がける健康食は、冷凍の弁当の形態をとっており、「ヘルシー食」、「ヘルシー食多め」、「たんぱく質調整食」、「ケア食」の分類にわけて販売しています。 ファンデリーでは、豊富なメニューを用意しており、その種類は200種類以上にのぼります。

その中から顧客個人の疾病、制限数値、嗜好に合わせて選択できるよう、「選ぶ楽しみ」のある健康食を提供することに努めています。

また、年4回のカタログ発行に合わせてメニューの半分を入れ替えており、旬の食材を提供することで、顧客を飽きさせることなく、「食の楽しみ」を提供することに努めています。

健康食通販カタログ「ミールタイム」と「ミールタイム ファーマ」は、全国17,920箇所 (平成27年3月末現在)の紹介ネットワーク(医療機関(病院、一般診療所)12,598箇所、調剤薬局3,943箇所、保健所・介護施設等1,379箇所)において無料で配布いただいています。

これらの紹介ネットワークにおいて、生活習慣病患者が診察・栄養指導等を受ける際に、医師・管理栄養士等から直接「ミールタイム」「ミールタイム ファーマ」を配布いただき、ご自宅にて健康食をご注文いただいています。

この紹介ネットワークを構築している点で差別化を実現しています。また、本ネットワークを活用することでマーケティング事業の展開につなげており、収益源を多様化させています。

カタログ発行に加えて、健康食通販のオンラインショップを開設しており、これらの媒体を通じて、電話・FAX・WEBにて健康食を販売しています。

受注時の顧客への血液検査数値や制限数値のヒアリング及びアンケートの実施により情報を収集し、それらの情報を社内に蓄積することで、ファンデリーの商品開発に活用しています。

また、一部の商品については、ファンデリーの紹介ネットワークを活用して、医療機関で活躍されている管理栄養士に考案いただいたレシピを商品化しており、食事療法を行っている生活習慣病患者が安心してお召し上がりいただけるメニューを提供しています。

マーケティング事業

マーケティング事業は、ファンデリーのコア事業であるMFD事業の強みを活かしたビジネスです。主なサービスは下記のとおりです。

カタログ誌面の広告枠販売

主として健康志向の商品を製造・販売している食品メーカー等に対して、健康食通販カタログ「ミールタイム」「ミールタイム ファーマ」の誌面広告枠を販売しています。

ミールタイムを手に取る方の多くは、病院や一般診療所等の通院患者です。

これらの方々は、食品メーカー等がターゲットとする顧客層と合致するものであり、食品メーカー等にとっては、誌面広告は顧客に直接訴求できる有用な媒体となり得るものです。

サンプリング等の業務受託健康食通販カタログ

ミールタイムを無料で設置・配布いただいている全国の医療機関を中心とした紹介ネットワークを活用し、健康志向の商品を製造・販売している食品メーカー等の市販商品のサンプリング(サンプル配布)業務などを受託しています。

ファンデリーの紹介ネットワークを通じてサンプリングを実施しているため、健康改善を目指している患者様に食品メーカー等の商品サンプルを直接配布することが可能となります。

健康食レシピ情報サイトの運営

健康志向の商品を製造・販売している食品メーカー等の商品を使用して、エネルギーや塩分等に配慮した健康食レシピを作成し、ファンデリーのレシピサイトにて紹介するサービスを提供しています。

この健康食レシピは、ファンデリーの紹介ネットワークを活用して、医療機関で活躍されている管理栄養士に考案いただき、食事療法をされている生活習慣病患者でも安心してお召し上がりいただけるレシピを提供するとともに、食品メーカーの市販商品の利用促進に繋げています。

これにより、商品を必要としている食事療法を行っている方や健康志向の方に商品の利用を直接訴求できる場を提供することで、食品メーカーのマーケティング活動を支援しています。


業績推移

業績面では売上高は美しい右肩上がりです。経常利益・純利益は平成25年3月期に急激に伸び、その後は微増となっています。

営業キャッシュフローは純利益を下回っています。

前期の自己資本利益率(ROE)は32.2%であり、自己資本比率は70.1%です。

ファンデリーの業績推移

市場トレンド

市況面では、上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。

東証マザーズ指数は3月11日をボトムに右肩上がりとなっています。

東証マザーズのチャート(2015年2月23日~2015年5月22日)
(※マネックス証券より)

上場規模

ファンデリーのIPOの規模は最大で約8.38億円であり、東証マザーズとしても小型です。小型であればある程、初値リターンは良い傾向があります。

公開比率(オファリングレシオ)は最大で約18%と低めです。公開比率が低ければ低いほど、初値リターンが高い傾向があります。公募株式数に占める売出の割合は70%です。

貸株人かつ売出人である代表取締役阿部公祐、売出人かつ役員である宮入知喜及び利川美緒、売出人かつ株主である阿部恵一並びに社株主である阿部ふよう及び阿部美子には、原則として180日間のロックアップがかかっています。株価上昇による解除条項はありません。

また、株主である投資事業組合オリックス9号の保有株のうち348,600株、みずほキャピタル第3号投資事業有限責任組合の保有株式のうち63,000株には、原則として90日間のロックアップがかかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

また、ファンデリーは取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集株式の割当てに関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っています(制度ロックアップ)。

株主名 保有割合 ロックアップ
阿部公祐 73.36%
投資事業組合オリックス9号 8.04%
宮入知喜 5.18%
阿部恵一 4.99%
利川美緒 1.99%
みずほキャピタル第3号投資事業有限責任組合 1.45% 一部
阿部ふよう 1.07%
小島宣夫 0.82%
阿部美子 0.68%
利川正治 0.22% 制度

まとめ

業種面では健康食宅配事業ということで、高齢化社会到来の情勢下では関心が高い分野でテーマ性があります。

IPOにおいても医療・健康関連はそこそこの人気となっています。最近ではプラッツ+70.2%、アトラ+77.4%、エラン+70.3%と堅調です。

対人間の事業ではありませんけれども、日本動物高度医療センターも+44.2%と十分なリターンでした。

ファンデリーは堅調な業績推移となっており、成長性の面でも魅力があります。

上場日の6月25日は三社同時上場となります。過密スケジュールはマイナスポイントです。

しかし、目下では市況が絶好調であり、8.38億円という上場規模は東証マザーズとしても小型です。公開比率(オファリングレシオ)も低めで、需給バランスは良好です。

以上を総合考慮して、初値予想は大幅なプラスリターンです。

主幹事はSMBC日興証券です。その他は、野村證券、みずほ証券、いちよし証券、岩井コスモ証券、岡三証券で申し込めます。

岡三オンライン証券での取扱いも期待できます。口座数が少なくてライバルは少なめです。IPOを狙う際には口座を持っておくと確率が上がります。

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・弱気の4段階)

※過去1年間のIPO初値予想の履歴

銘柄名 発表時 BB直前 結果
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人 中立 中立 5.7%
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング 中立 中立 -7.7%
ムゲンエステート 中立 中立 10.0%
フリークアウト 強気 強気 250.0%
ポバール興業 中立 中立 6.6%
OATアグリオ 中立 中立 -6.3%
メドピア 強気 強気 131.3%
レアジョブ 強気 強気 169.7%
VOYAGE GROUP 強気 強気 40.0%
鳥貴族 やや強気 やや強気 120.7%
イグニス 強気 強気 342.1%
日本ビューホテル やや弱気 やや弱気 -2.3%
ジャパンインベストメントアドバイザー やや強気 やや強気 126.3%
ロックオン 強気 強気 284.6%
リアルワールド 強気 強気 79.8%
AMBITION やや強気 強気 62.0%
ジェネレーションパス 強気 強気 119.2%
リボミック 中立 やや強気 -20.4%
FFRI 強気 強気 176.5%
ホットランド 中立 中立 -1.7%
ヤマシンフィルタ 中立 中立 19.6%
すかいらーく 中立 中立 0.0%
リクルートホールディングス 中立 中立 2.3%
GMOリサーチ 強気 強気 133.3%
セレス 強気 強気 55.4%
オプティム 強気 強気 260.0%
アルファポリス 強気 強気 93.2%
エラン やや強気 やや強気 70.3%
日本ヘルスケア投資法人 やや強気 やや強気 48.1%
SHIFT 強気 強気 361.5%
CRI・ミドルウェア 強気 強気 462.5%
日本PCサービス 中立 やや強気 67.7%
トーセイリート投資法人 やや弱気 中立 11.6%
積水ハウス・リート投資法人 やや強気 やや強気 22.7%
弁護士ドットコム 強気 強気 215.4%
クラウドワークス 強気 強気 73.2%
スノーピーク やや強気 やや強気 134.3%
ビーロット 強気 強気 422.4%
GMO TECH 強気 強気 135.2%
テクノプロ・ホールディングス 中立 中立 -5.0%
アトラ やや強気 やや強気 77.4%
マークラインズ 強気 強気 77.3%
メディカル・データ・ビジョン 強気 強気 135.9%
U-NEXT やや強気 中立 31.7%
SFPダイニング やや弱気 やや弱気 -16.5%
今村証券 中立 中立 27.4%
フルッタフルッタ 強気 やや強気 51.5%
竹本容器 中立 中立 2.0%
gumi 中立 中立 0.0%
大冷 やや弱気 やや弱気 -6.7%
アドベンチャー 強気 強気 127.2%
メタウォーター やや弱気 やや弱気 -6.0%
サイジニア 強気 強気 125.8%
インターワークス やや強気 やや強気 16.7%
イーレックス 中立 中立 11.2%
データセクション 強気 強気 73.1%
綿半ホールディングス やや弱気 やや弱気 6.3%
ヨシックス 中立 中立 29.4%
東京ボード工業 やや弱気 やや弱気 -8.0%
カヤック 強気 強気 222.0%
エクストリーム 強気 強気 296.4%
MRT 強気 強気 309.4%
Keeper技研 やや強気 やや強気 49.1%
ケネディクス商業リート投資法人 中立 やや強気 13.3%
ファーストロジック 強気 強気 52.5%
ファーストブラザーズ やや弱気 やや弱気 2.5%
ホクリヨウ 中立 中立 8.9%
ALBERT 強気 強気 115.7%
シリコンスタジオ やや強気 やや強気 102.0%
コラボス 強気 強気 137.6%
エムケイシステム 強気 強気 332.0%
ショーケース・ティービー 強気 強気 193.9%
ヘルスケア&メディカル投資法人 やや強気 やや強気 54.5%
エスエルディー 強気 強気 15.3%
ヒューマンウェブ やや強気 やや強気 11.7%
イード 強気 強気 46.4%
ファーストコーポレーション やや強気 やや強気 25.0%
RS Technologies 中立 中立 -23.6%
シンデン・ハイテックス やや強気 やや強気 12.2%
ハウスドゥ やや強気 やや強気 47.2%
Aiming 中立 中立 12.2%
モバイルファクトリー 強気 強気 99.4%
日本動物高度医療センター やや強気 やや強気 44.2%
プラッツ やや強気 やや強気 70.2%
sMedio やや強気 やや強気 58.7%
サンバイオ 弱気 弱気 -14.5%
海帆 やや強気 やや強気 76.5%
Hamee やや強気 やや強気 67.2%
日本スキー場開発 中立 中立 9.9%
シーアールイー 弱気 弱気 -7.3%
三機サービス 中立 中立 37.1%
レントラックス 強気 強気 53.1%
リンクバル やや強気 やや強気 27.9%
ジグソー 強気 強気 236.4%
Gunosy 中立 中立 0.0%
デザインワン・ジャパン やや強気 やや強気 50.9%
テラスカイ 強気 強気 350.0%
ヘリオス 中立
スマートバリュー 強気
マーケットエンタープライズ 強気
中村超硬 弱気
メニコン やや強気

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

新郎新婦

新規上場!ブラスのIPOの初値予想

ブラス(2884)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2月22日(月)~2月26日(

記事を読む

マークラインズ

新規上場!マークラインズのIPOの初値予想

マークラインズ(3901)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は12月1日(月

記事を読む

KeePer技研

新規上場!KeePer技研のIPOの初値予想

KeePer技研(6036)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は1月26日(

記事を読む

フリークアウト

フリークアウトのIPOの初値予想

フリークアウト(6094・東証マザーズ)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は

記事を読む

ユニフォームネクスト

新規上場!ユニフォームネクストのIPOの初値予想

ユニフォームネクスト(3566)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2017年6月2

記事を読む

マグロの寿司

あきんどスシローが2017年に上場!IPOに備えよう!

回転寿司「あきんどスシロー」を展開するスシローグローバルホールディングスが、2017年に上場する計画

記事を読む

ニュースペーパー

新規上場!PR TIMESのIPOの初値予想

PR TIMES(3922)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は3月14日(月) ~

記事を読む

デクセリアルズ

新規上場!デクセリアルズのIPOの初値予想

デクセリアルズ(4980)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は7月13日(月)~7月

記事を読む

デジタルアイデンティティ

新規上場!デジタルアイデンティティのIPOの初値予想

デジタルアイデンティティ(6533)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2016年8

記事を読む

ファーストロジック

新規上場!ファーストロジックのIPOの初値予想

ファーストロジック(6037)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は2月2日(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


アメックス・ゴールドのバナー
外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

ダイヤモンド・ザイ 2017年9月号
ダイヤモンド・ザイ9月号に登場!5大共通ポイント大研究!株主優待目的別ベスト117

ダイヤモンド・ザイ(Diamond ZAI)9月号に掲載させていただき

イオン銀行
イオン銀行は評判・口コミ通りなのか?悪い側面まで赤裸々に公開!メリット・デメリットを徹底解説

イオン銀行というイオングループの流通系銀行があります。全国各地のイオン

モスカード
モスカードはキャンペーンとクレジットチャージがお得!最大14.5%OFF&6%還元

モスバーガーでお得に食事を楽しむストラテジーの一つが「モスカード」です

藤田観光グループ・メンバーズカードWAON
セイコーマートでWAONが利用可能に!クレジットカードとの比較、キャンペーンまで徹底解説

セイコーマートがイオンと提携して、2017年7月25日(火)より、全国

→もっと見る

PAGE TOP