*

DMM mobileはデータSIM・音声ともに最安値!

更新日: 格安SIM・MVNO, 通信費

DMM mobile

DMM mobile(DMMモバイル)というMVNOがあります。話題の格安スマホ・格安SIMです。「全プラン業界最安値」を掲げているお得なプランが特徴です。

SIMカードのみの販売もありますし、スマホとのセット販売(いわゆる格安スマホ)もあります。NTTドコモのLTE/3G網のサービスエリアで利用できます。

プランが多種多様で、自分の使い方に応じて自由自在に契約内容を選べるのが特徴です。内容、価格、他の格安スマホ・格安SIMとの比較についてまとめます。


DMM mobileのサービス内容

プラン内容

DMM mobileは、データ通信・SMSのみの「データSIMプラン」と、音声通話付きの「通話SIMプラン」があります。通話SIMプランにはMNPが可能です。

高速通信容量は、1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GBの7種類から選べます。当初は2GBがありませんでしたが、登場しました。また、他の格安スマホ・SIMに対抗して値下げしてリーズナブルになりました。

また、高速通信容量を最大3枚のSIMで分け合える「シェアコース」もあります。こちらは8GB・10GBから選べます。

通信速度は、高速通信ONの設定時は、下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsです。高速通信OFF時は最大200Kbpsです。

NTTドコモのMVNOなので、エリアはドコモと同じです。NTTドコモの回線を確保しているIIJmio(MVNE)を経由してDMMがサービスを提供しています。

通信速度は規格上の最大値であり、利用機器、電波の状態、回線の混雑状況、エリアなどによって通信速度が低下します。これはどの携帯電話会社でも同じです。

SIMカードごとに、高速通信容量を超過した時や高速通信OFFの設定時(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。

これはBIC SIMやIIJmioと同じシステムです。高速通信容量が残っていれば、短期間にいくら使っても速度制限はかからないので良い仕組みです。

スマホでインターネット通信する女性

対応SIMカードは、標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの三種類です。iPhone 6/6 Plus(SIMフリー版/docomo版)、iPhone 5S(SIMフリー版/docomo版)、iPhone5C(SIMフリー版/docomo版)は動作確認端末です。

Nexus、Xperia、AQUOS PHONE ZETA、GALAXY、ARROWSなどのAndroidにも一通り対応しています。また、SIMフリーのiPad Air 2、iPad mini 3等のiPad、Nexus 7、YOGA TABLET、DellVenue ProなどのAndroid・Windowsタブレットにも対応しています。

サービス開始当初は、楽天モバイル同様に料金プランの変更ができないのが大きなデメリットでしたが、プラン変更も可能となりました。

最初は2GBで申し込んでも、意外と使うようになって3GBほしくなる場合はあると思いますし、スマホとタブレットの2つにSIMを指したい場合も出てくるでしょう。プラン変更ができるのはメリットです。

余った基本データ通信量は翌月へ繰り越し

1ヶ月で使い切れなかった基本データ通信量は、翌月に繰り越されます。無駄なく使えるので嬉しいですね。2ヶ月後以降は繰り越されません。

基本データ通信量を超過してしまった場合も、追加チャージを購入すれば継続して高速データ通信を利用できます。さらに、購入した追加チャージは購入分がなくなるまで3ヶ月間利用できます。

追加チャージは、100MBが200円、500MBが1,000円(3月末まで600円のキャンペーン)、1,000MBが2,000円(3月末まで1,100円のキャンペーン)です。

テザリングとバースト機能

テザリングは不可という格安スマホ・SIMも多いですが、DMM mobileは、テザリングが可能です。タブレットやモバイルPCをお持ちの場合はとても便利です。

200kbpsの速度制限がかかっている場合でも、DMM mobileでは低速状態でもはじめの一定量だけ高速通信で読み込みを行う「バースト機能」があるので、テキストメインのサイトならすぐに読み込みができます。

速度制限時も通信量が低いサイトやアプリであれば、比較的快適に利用可能です。

バースト転送機能

最低利用期間・解約手数料

データSIMプランの最低利用期間は、利用開始日を含む月の末日までです。解約手数料はありません。

通話SIMプランの最低利用期間は、利用開始日の翌月1日から12ヶ月間です。例えば、2015年1月11日利用開始の場合は、2016年1月末日迄です。

この期間内に解除する場合は、解約手数料が9,000円(税抜)かかります。MNP対策ですね。

料金

各プランの料金は下表の通りです。価格は税抜です。データSIMプランには、SMS機能は付帯されていません。SMS機能を希望する場合は、SMSオプション(150円/月)に申し込めばOKです。

通信容量 データSIMプラン 通話SIMプラン シェアコース
1GB 480円 1,260円
2GB 770円 1,380円
3GB 850円 1,500円
5GB 1,210円 1,910円
7GB 1,860円 2,560円
8GB 1,980円 2,680円 1,980円~
10GB 2,190円 2,890円 2,190円~
15GB 3,600円 4,300円 3,600円~
20GB 4,980円 5,980円 4,980円~

シェアコースはSIMを最大3枚まで使えます。通話SIMを1枚加えるごとに+700円が発生します。具体的には下表のとおりです。

  8GB 10GB 15GB 20GB
データSIMプランのみ 1,980円 2,190円 3,600円 4,980円
通話SIMプラン1枚 2,680円 2,890円 4,300円 5,980円
通話SIMプラン2枚 3,380円 3,590円 5,000円 6,680円
通話SIMプラン3枚 4,080円 4,290円 5,700円 7,380円

データSIMプランでSMS機能を利用する場合は、SMSオプション(150円/月)が必要です。

また、高速通信なしで最大通信速度が200Kbpsの「ライトプラン」もあります。データSIMプランが440円、通話SIMプランが1,140円です。いずれも税抜です。

SNS・メール・軽いスマホ向けサイトしか見ないので、高速データ通信は不要という方に向いています。

DMMはDMM mobileの全プランで業界最安値を目指しており、他社がDMMより安いプランを出した場合は、一時的なキャンペーンを除いて対抗して安くすることを表明しています。

自然故障、破損、水漏れのトラブル時に補償がある「端末交換オプション」(月額350円)、セキュリティソフトが使える「セキュリティオプション」(月額250円・最大2ヶ月無料)、2つのオプションがセットの「安心パック」(月額500円・最初の最大2ヶ月300円)もあります。

音声通話・音声オプション

通話料金は20円/30秒、テレビ電話は36円/30秒です。楽天のアプリ「楽天でんわ」を使って電話をかけた場合は、費用を安く抑えられます。加入・維持費用は無料で電話をかけない限り一切費用はかかりません。

SMS受信料は無料です。SMS送信料は、国内は3~30円/通です。海外への送信は50~500円/通(非課税)、海外で送信した場合は100円/通(非課税)です。

音声通話機能の可否は以下の通りです。キャッチホンと留守番電話は当初は使えませんでした。

しかし、IIJmioは使えるようになり、DMM mobileも対応しました。留守番電話は月額300円、キャッチホンは月額200円です。

機能 可否
キャッチホン(割込通話)
留守番電話
転送電話
国際ローミング
国際電話
迷惑電話ストップサービス
遠隔操作

DMM mobileのスマホセット(格安スマホ)

端末とセットの格安スマホも用意しています。一括で買うこともできますし、24回払いで支払うこともできます。実質0円の制度はありません。端末代を単純に24分割して毎月支払うだけです。

端末は以下の6種類が用意されています。一括価格(税込)と分割(税込)は同じ価格です。

スマホ名 一括 分割(税込)
ASUS ZenFone 2 Laser 27,800円 1,251円/月 × 24ヶ月
AQUOS SH-M01 46,800円 2,106円/月 × 24ヶ月
freetel XM 28,800円 1,296円/月 × 24ヶ月
LG G2mini 32,400円 1,458円/月 × 24ヶ月
HUAWEI Ascend G6 19,800円 891円/月 × 24ヶ月
ASUS MeMO Pad7 35,000円 1,575円/月 × 24ヶ月
HUAWEI Ascend Mate7 49,800円 2,241円/月 × 24ヶ月
ASUS Zenfone2 2GB 36,800円 1,656円/月 × 24ヶ月
ASUS Zenfone2 4GB 47,800円 2,151円/月 × 24ヶ月
HUAWEI P8 Lite 28,600円 1,287円/月 × 24ヶ月

しかし、セットの格安スマホよりも、端末とSIMを別々に買った方がオトクな場合もあります。少し高い金額を出せば、しょぼい端末ではなく、ヌルサクの良い端末も使えます。

なお、Xperia Z3 Compactは、2014年11月に発売されたばかりの機種ながら、新品同様の未使用品の白ロムが一時は3万円台後半で購入できました。ドコモ系のMVNOで利用できます。現在は在庫減少に伴い値上がりしています。

Xperia A4が出ましたが、機能・スペックではXperia Z3 Compactとほとんど変わりませんが、Android5.0を搭載してデザインが微妙に変わっているくらいです。Z3 Compactも近々5.0にアップデートします。

現在は安価な端末ですと、ディスプレイが大き目の5.5型がよければ、比較的リーズナブルなASUSのZenFone2が候補となります。

2015年8月にはZenfone2の廉価版である「ZenFone2 laser」が登場しました。こちらは5インチと持ちやすさと見やすさが両立しています。

レーザーオートフォーカス機能で写真撮影が素早く可能であり、スリープ状態からダブルタップで起動するのが大きなメリットです。

FOMAプラスエリア対応で、デュアルSIM対応でどちらのSIMでもLTE接続ができます。日本における対応バンドが幅広いのがメリットです。

同じ価格帯のHuawei P8 Liteと比較するとバッテリーが2400mAhと200mAh大きく、CPUがSnapdragon 410でHuawei P8 Liteよりもやや強力で、カメラのフォーカス機能が優れています。

約28,000~29,000円前後のスマホとしては候補の一つです。価格はDMM mobileの税込30,024円よりも、Amazonの方がやや安くなっています。


SIMフリースマホ ZenFone 2 Laser

他の格安MVNOとの比較

基本的にはセット購入するよりも、SIMと端末は別々に購入したほうが若干お得です。以下はSIM単品の価格を比較します。

格安SIM・MVNOには多様な種類があります。まず各サービスについて特徴をまとめます。

サービス名 特徴
DMM mobile 料金最安値水準
IIJmio 評判の良さNo.1
mineo コミュニティが活発で運営が良好。auプランは速度も速め
UQ mobile 速度が安定して速い傾向にある格安SIM
Wonderlink パナソニックの格安SIMで速度が速い傾向
楽天モバイル 楽天スーパーポイントが貯まる。通話定額オプションあり
日本通信(高速定額) 無制限だが、速度はかなり遅め
NifMo niftyの格安SIM
OCN 5GBでSIMを5枚まで発行可能
ビックカメラ BIC SIM ビックカメラのWi-Fiサービスを無料で利用可能
BIGLOBE SIM 12GBという大容量プランがあり
U-mobile 無制限のプランが有る。速度は遅め

1GBの比較(データのみ・音声通話付)

DMMモバイルのデータプラン1GBの価格はfreetel mobile(税抜670円)を190円下回り、税抜480円で日本最安値です。

音声通話付きプラン(1GB)は税抜1,260円であり、freetel mobileネットし放題1GB電話プラス(税抜1,270円)よりも10円安いです。

DMM mobileは、他社が値下げした場合、対抗して値下げすることを宣言しています。

NiFmoはDMMモバイルの1GBの税抜590円よりは40円高いですが、通信容量が0.1GB多いです。NifMoの1.1GBのデータのみプランも最安値の水準です。

スマートフォンを見る女性
NifMo(ニフモ)という格安スマホ・格安SIM・MVNOがあります。大手インターネットサービス会社のニフティが運営しています。S...

格安データSIMとの比較(約3GB)

DMMモバイルのデータ高速プランと他のデータSIMとの比較を表にしました。UQ Mobileはau、その他はNTTドコモ回線のMVNOであり、価格は1ヶ月あたりの8%消費税込みです。

サービス名通信容量通信速度制限価格(月)最低利用期間解約金
DMM mobile2GB3日あたり366MB831なしなし
DTI SIM3GB3日あたり1GB907なしなし
DMM mobile3GB3日あたり366MB918なしなし
Wonderlink3GB3日あたり366MB96111ヶ月8,294
楽天モバイル3.1GB3日あたり540MB972なしなし
OCN3GBなし972なしなし
NifMo3GB3日あたり650MB972なしなし
ビックカメラ BIC SIM3GB3日あたり366MB972なしなし
IIJmio3GB3日あたり366MB972なしなし
UQ Mobile3GB3日あたり1GB1,058なしなし
日本通信(高速定額)3GB未公表1,2745ヶ月8,640

※未公表ですが、非常に速度が遅いという評判が多いです。

速度制限時のスピードはU-mobileが128kbpsで他が200kbpsです。Wonderlinkも使い切るまで速度制限はありません。

DMM mobile(3GB)は2GBと4GBの間の料金で、2GBを超えることはあるけど、3GBは超えないという方にピッタリです。他社が容量を増額しましたが、DMMモバイルが値下げしたことにより、最安値を奪還しています。

速度も混雑時は1Mbps前後のこともありますが、3~30Mbps出ることも多く、IIJmioと大きくは変わりません。

格安音声SIMとの比較(約2~3GB)

以下は音声SIMの比較表です。mineoはau、その他はいずれもNTTドコモ回線のMVNOであり、いずれも30秒21円での音声通話が可能です。

サービス名通信容量通信速度制限価格(月)最低利用期間解約金
DMM mobile2GB3日あたり366MB1,490約12ヶ月9,720
DTI SIM3GB3日あたり1GB1,609約12ヶ月10,584
DMM mobile3GB3日あたり366MB1,620約12ヶ月9,720
mineo3GB3日あたり3GB1,7171年10,260(MNPのみ)
楽天モバイル3.1GB3日あたり540MB1,7281年10,584
NifMo3GB3日あたり650MB1,728約6ヶ月8,640
ビックカメラ BIC SIM3GB3日あたり366MB1,728翌月末(12ヵ月-利用月数)×1,080
IIJmio3GB3日あたり366MB1,728翌月末(12ヵ月-利用月数)×1,080
BIGLOBE SIM3GB3日あたり600MB1,7281年8,640
OCN3GBなし1,9446ヶ月8,640
日本通信(高速定額)3GB未公表2,1385ヶ月8,640

※高画質動画等、大容量のダウンロード及びストリーミングでの連続通信については、時間帯によって制限をかける場合がある。

DMM mobileは2GBと3GBのどちらでも最安値となっています。解約金・最低利用期間の面でも他社と大きくは変わりません。

5GBの比較(データのみ)

データのみの5GBの比較は下表の通りです。OCNは5枚シェアが可能(別途、毎月の追加料金は必要)です。

サービス名通信容量通信速度制限価格(月)最低利用期間解約金
DMM mobile5GB3日あたり366MB1,306なしなし
DTI SIM5GB3日あたり1GB1,316なしなし
楽天モバイル5GB3日あたり
1GB
1,566なしなし
OCN5GBなし1,566なしなし
Wonderlink5GB3日あたり366MB1,577なしなし
U-mobile5GB未公表1,5986ヶ月6,480
NifMo5GB3日あたり1.1GB1,641なしなし
ビックカメラ BIC SIM5GB3日あたり366MB1,641なしなし
IIJmio5GB3日あたり366MB1,641なしなし
mineo5GB3日あたり3GB1,706なしなし

他社が容量を増額したことにより、苦しい状況となりましたが、対抗して値下げしたことにより、DMM mobileが200円近い差をつけて最安値となりました。5GBは特にお得感があります。

5GBの比較(音声通話付き)

音声通話付きの場合の5GBプランの比較です。OCNは5枚シェアが可能(別途、毎月の追加料金は必要)です。

サービス名通信容量通信速度制限価格(月)最低利用期間解約金
DMM mobile5GB3日あたり366MB2,062約12ヶ月9,720
DTI SIM5GB3日あたり1GB2,073約12ヶ月10,584
U-mobile5GB未公表2,1386ヶ月6,480
楽天モバイル5GB3日あたり1GB2,3221年10,584
OCN5GBなし2,3226ヶ月8,640
BIGLOBE SIM6GBなし2,3221年8,640
mineo5GB3日あたり3GB2,3651年10,260(MNPのみ)
NifMo5GB3日あたり1.1GB2,3846ヶ月8,640
ビックカメラ BIC SIM5GB3日あたり366MB2,397翌月末(12ヵ月-利用月数)×1,080
IIJmio5GB3日あたり366MB2,397翌月末(12ヵ月-利用月数)×1,080

DMMモバイルが5GBでも最も安いです。楽天モバイル・OCN・IJmioといったライバルに200円近い差をつけて最安値です。

複数の端末で容量を共有する場合は、5GBの中ではOCNが最もいいと思いますが、共有しない場合は、DMM mobileが最も価格競争力があります。

U-mobileは、速度が遅い場合が多いという評判・口コミが多いです。BIGLOBEも速度は遅めという評判が多いです。

格安データSIMの比較(7GB~無制限)

次は7GB以上のデータSIM大容量プランの比較です。

サービス名通信容量通信速度制限価格(月)最低利用期間解約金
DMM mobile7GB3日あたり366MB2,008なしなし
Wonderlink7GB3日あたり366MB2,020なしなし
DMM mobile8GB3日あたり366MB2,138なしなし
日本通信(高速定額)3GB未公表2,1385ヶ月8,640
DMM mobile10GB3日あたり366MB2,365なしなし
DTI SIM10GB3日あたり1GB2,376なしなし
NifMo10GB3日あたり2.2GB2,430なしなし
楽天モバイル10GB3日あたり1.7GB2,440なしなし
OCN10GBなし2,484なしなし
mineo10GB3日あたり3GB2,721なしなし
ビックカメラ BIC SIM10GB3日あたり366MB2,764なしなし
IIJmio10GB3日あたり366MB2,764なしなし
BIGLOBE SIM12GBなし2,916なしなし
U-mobile無制限未公表2,6786ヶ月6,480
DMM mobile15GB3日あたり366MB3,888なしなし
DMM mobile20GB3日あたり366MB5,378なしなし

DMM mobileが最も安価であり、しかも僅差ではなくかなり安い状況でしたが、他社が容量を増額したり値下げすることにより、一時的に最安値ではない状況となる時期もありました。

しかし、いずれも即座にDMMモバイルが対抗して値下げしたことにより、7GB・8GB・10GBでは最安値をキープしています。7GB・8GBで十分ならDMM mobileがお得です。

7GBはぷららが値下げして一時期的に最安値となりましたが、DMM mobileがすかさず値下げして最安値を奪還しました。

2015年7月にはパナソニックのサービスであるWonderlinkが最安値の7GBプランを導入しましたが、DMMモバイルがすかさず値下げして最安値を奪還しています。

DMM mobileは他社の値下げには徹底対抗しています。既存の契約者にも適用されるのが嬉しいです。

3日あたりの制限は楽天モバイルやNifMoより低めですが、DMM mobileは、余った通信量の翌月への繰越、通信容量が余っていたら通信速度制限なしというメリットがあるので問題ありません。

日本通信とU-mobileは無制限ですが、ヘビーユーザーが集中する場合は通信速度が遅くなる懸念があります。実際に速度が遅いという評判が多いです。

よほど動画をかなり見たり、クラウド音楽をかなり聞いたり、PCでの通信をしたりするヘビーユーザー以外は、無制限の使い放題ではなく、7GBや10GBのプランが望ましいです。

格安音声SIMの比較(7GB~無制限)

次は7GB以上の格安音声SIM大容量プランの比較です。

サービス名通信容量通信速度制限価格(月)最低利用期間解約金
DMM mobile7GB3日あたり366MB2,786約12ヶ月9,720
DMM mobile8GB3日あたり366MB2,894約12ヶ月9,720
日本通信(高速定額)無制限未公表3,0025ヶ月8,640
DMM mobile10GB3日あたり366MB3,121約12ヶ月9,720
DTI SIM10GB3日あたり1GB3,132約12ヶ月10,584
楽天モバイル10GB3日あたり1.7GB3,1961年10,584
U-mobile無制限未公表3,2186ヶ月6,480
OCN10GBなし3,2406ヶ月8,640
mineo10GB3日あたり3GB3,3801年12,420
ビックカメラ BIC SIM10GB3日あたり366MB3,520翌月末(12ヵ月-利用月数)×1,080
IIJmio10GB3日あたり366MB3,520翌月末(12ヵ月-利用月数)×1,080
BIGLOBE SIM12GBなし3,6721年8,640
NifMo10GB3日あたり2.2GB3,780約6ヶ月8,640
DMM mobile15GB3日あたり366MB4,644約12ヶ月9,720
DMM mobile20GB3日あたり366MB6,458約12ヶ月9,720

DMM mobileが値下げで最安値をキープしています。

DMM mobileは、余った通信量の翌月への繰越、バースト機能、通信容量が余っていたら通信速度制限なしというメリットが有り、BIC SIMとIIJmioの10GBよりも料金は安いです。

楽天モバイルよりも料金が安いため、7GBで十分ならばDMM mobileが有力です。DMMモバイルの場合は月々の請求額に対して10%のDMMポイントが付与されるのがメリットです。

10GBでもDMMモバイルが最安値です。

日本通信とU-mobileは無制限ですが、ヘビーユーザーが集中する場合は通信速度が遅くなる懸念があります。実際に速度が遅いという評判が多いです。

各格安SIMの特徴について再掲します。

サービス名 特徴
DMM mobile 料金最安値水準
IIJmio 評判の良さNo.1
mineo コミュニティが活発で運営が良好。auプランは速度も速め
UQ mobile 速度が安定して速い傾向にある格安SIM
Wonderlink パナソニックの格安SIMで速度が速い傾向
楽天モバイル 楽天スーパーポイントが貯まる。通話定額オプションあり
日本通信(高速定額) 無制限だが、速度はかなり遅め
NifMo niftyの格安SIM
OCN 5GBでSIMを5枚まで発行可能
ビックカメラ BIC SIM ビックカメラのWi-Fiサービスを無料で利用可能
BIGLOBE SIM 12GBという大容量プランがあり
U-mobile 無制限のプランが有る。速度は遅め

DMMモバイルの速度の評判・口コミ

DMM mobileは価格面ではかなりお得です。問題は速度です。MVNOはNTTドコモの回線を使っているとはいえ、確保している帯域・通信設備と接続している人の数・通信容量で、通信のスピードと安定性は変わってきます。

MVNO各社が確保している帯域・設備と通信数のバランスによって、同じNTTドコモの回線でも速度が早かったり遅くなったりします。また、普段は快適でも加入者が多いエリアでは遅くなったりもします。

イメージ的には自動車と道路です。

自動車が多ければ多いほど渋滞しやすくなります。道路が1車線だと渋滞しやすくなり、車線数が増えれば増えるほど渋滞しにくくなります。道路の質が良ければ良いほどドライブが快適になります。

自動車の数が加入者の数、車線数がMVNOが確保している帯域です。質が通信設備です。帯域が太ければ速度が低下しにくく、通信設備が頑健だと処理が早くてアクセスが多い時もユーザーが快適となります。

この点、DMM mobileはどうかというと、問題ないという評判・口コミがあります。ビックカメラのBIC SIMとそれほど変わりない状況です。

キャンペーン

DMM mobileは現在は入会キャンペーンを実施しています。毎月の請求額に対して10%の「DMMポイント」がプレゼントされます。DMMのオンライン・ビデオ・サービスなどに利用可能です。

DMMグループのFX会社・DMM FXでは、当サイト限定キャンペーンで、Amazonギフト券10,000円分がプレゼントされるキャンペーンを行っています。詳しくは以下で解説しています。

参考当サイト限定タイアップ!DMM FXで10,000円分のAmazonギフト券の口座開設キャンペーン

DMM FXの限定タイアップキャンペーン

まとめ

DMM mobileのデータプラン1GBの価格は税抜630円で日本最安値です!あまり使わないけど高速通信がほしい方にはいいでしょう。音声プランも最安値です。

2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GBも値下げで最安値となりました。最大通信速度が200Kbpsの「ライトプラン」だと、データSIMが440円、通話SIMが1,140円と非常に安価です。

データの2GBのみは2015年4月末まではWonderlinkが一時的キャンペーンで756円と最安値でしたが、キャンペーンが終了しました。5月からはDMMモバイルが最安値となっています。

DMMモバイルの場合は月々の請求額に対して10%のDMMポイントが付与されるというメリットもあります。

1GBプランならDMMモバイルが最も魅力的です。タブレットに1GBプランを使ったり、WiMAX等のモバイルルーターのサブとしてDMMモバイルを使うと便利です。

他の容量でもDMMモバイルが最安値でお得ですし、元請けはIIJmioなので、基本的なサービス内容は、評判がよいIIJmioとビックカメラBIC SIMと同一です。

DMM mobileは格安SIM・格安スマホと契約するなら有力な候補です。以下からのご入会で入会キャンペーンが適用されます。

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

自宅で携帯電話で話す女性

SIMロック解除って美味しいの?メリット・デメリット・今後の動向まとめ

2015年5月1日からSIMロック解除の義務化が開始しました。今月以降に発売される新機種では

記事を読む

海辺を歩く家族

ドコモ光・ドコモ光パックのメリット・デメリットまとめ

NTTドコモが、光ファイバーの高速固定回線「ドコモ光」、ドコモ光とスマートフォン・携帯電話のセットの

記事を読む

auひかりのルーター

auひかりから「ずっとギガ得プラン」登場!KDDIが長期優遇導入

2015年3月1日から、光ファイバーの「auひかりホーム」において、3年契約を条件に、契約期

記事を読む

NTTドコモのケータイ

セット割引の超お得な技!NTTドコモの携帯電話とNTTの光回線のセットが開始

総務省の有識者会合で、NTT東日本・西日本の固定通信の光回線と、NTTドコモの携帯電話の両方

記事を読む

スマートフォンでデータ通信する女性

パナソニックのSIM「Wonderlink」LTE Iは速度が速い!

パナソニックが格安データSIMに参入しています。その名も「Wonderlink」(ワンダーリンク)で

記事を読む

iPhoneに映る夕日

iPhone SEの大きさ・サイズ・重さの比較まとめ

AppleからiPhone SEが発売されましたね。機能面では5sから格段の進化を遂げています。6s

記事を読む

スマートフォンを操作する女性

mineoは快適な速度に加えて多機能な格安スマホ・SIM!評判が良いMVNOの一角

mineo(マイネオ)という格安スマホ・SIMがあります。安価な光回線の「eo光」を販売しているケイ

記事を読む

b-mobile SIM 高速定額

日本通信から使い放題の格安SIM「b-mobile SIM 高速定額」が登場!比較まとめ

日本通信から格安SIM「b-mobile SIM 高速定額」が生誕しました。NTTドコモのLTEネッ

記事を読む

UQ Mobile

UQ mobileはMVNOではダントツで速度が速い!対応機種で使うなら有力な選択肢

UQ mobileというMVNOがあります。KDDIが子会社のUQコミュニケーションズを通じて提供し

記事を読む

Galaxy S7 edge

Galaxy S7 / S7 edgeのサイズ・大きさ・重さの比較まとめ!

サムスンからGalaxy S7とS7 edgeが発表されました。2016年の最新のフラッグシップモデ

記事を読む

Comment

  1. ミキオ より:

    いつもながら濃い情報ありがとうございます。ほんとすごい人ですね。

  2. a より:

    OCN:
    音声対応SIMカードには、利用開始月を1ヵ月目として6ヵ月目までの最低利用期間があります。最低利用期間中に音声対応SIMカードを解約される場合、解約違約金(8,000円(不課税))がかかります。

  3. まっぴい より:

    私はDMM.mobileを利用していますが、留守電機能は現時点(2015.9.14)ではまだユーザーに正式案内されていないと思います。ずっと待ってるんですけどね。

    • まつのすけ より:

      IIJmioは使えるようになり、DMM mobileも対応するという話が出ていましたが、現在は利用できない状況となっていました。ありがとうございました。

    • まっぴい より:

      WEBに記載がありました、留守電機能は10月下旬に開始予定となっていますね。

      • まつのすけ より:

        リリース予定のサービス一覧に掲載されていましたね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引で楽天ポイント10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px(2015年6月末まで)
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

マネックス証券の限定タイアップキャンペーン
口座開設&入金で3,000円プレゼント!

カブドットコム証券のスペシャルタイアップキャンペーン2015年
口座開設だけで1,000円プレゼント!

セントラル短資の限定タイアップキャンペーン
最大30,000円キャッシュバックキャンペーン!

SBI FXトレードのタイアップキャンペーン
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント!

シストレ24限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で3,000円キャッシュバック!
イオン銀行
マイナス金利でも普通預金が高金利の銀行ランキング!

マイナス金利の導入以降、普通預金の金利は極限まで低下しています。メガバ

3人の女性
お得な口座開設キャンペーンまとめ!限定タイアップキャンペーンも!

FX・証券会社のお得な口座開設キャンペーンについてまとめます。10,0

JALカード一覧
JALカード(JAL CARD)を徹底的に比較!

JALカードというクレジットカードがあります。日本航空(JAL)が大手

CLASS ONE 渋谷店のコンシェルジュデスク
H.I.S.エグゼクティブメンバーズクラブ「CLASS ONE」に無条件で入会する方法!

旅行会社H.I.S.には「CLASS ONE」というエグゼクティブメン

リゾートの露天風呂でリラックスする女性
新規上場!大江戸温泉リート投資法人のIPOの初値予想

大江戸温泉リート投資法人(3472)のIPOが決定しています。ブック・

→もっと見る

PAGE TOP