*

ANA JCB プリペイドカードはANAマイルが0.5%貯まる!メリット・デメリットまとめ

ANA JCBプリペイドカード

ANA JCB プリペイドカード」というプリペイドカードがあります。ANAマイレージクラブの機能と、JCB加盟店でお買い物できる機能があります。

国際ブランド搭載プリペイドカード兼ANAマイレージクラブカードであり、プリペイドカードとしては還元率が高いお得なカードです。

ANA VISAプリペイドカードとの大きな違いは、カード利用でANAマイルを貯めるマイルコースと、バリューを還元するキャッシュバックコースを選べる点にエッジ・優位性があります。

一定のチャージ額に応じてマイルかバリューが付与される制度もあります。ANA JCB プリペイドカードのメリット、デメリット、使い方についてまとめます。


ANA JCB プリペイドカードとは

国内外のJCB加盟店で、事前にチャージ(入金)した金額分を利用できるJCBプリペイド機能と、ANAマイレージクラブの機能が1枚になったカードです。海外でも利用可能です。

JCBは日本が誇る国際ブランドであり、2016年9月末の会員数は約1億90万(国内7757.5万・海外2333.5万)、取扱店契約数は3192.3万件(国内10,102千件・海外2182.1万件)です。会員数は1億を突破しています。

23の国・地域で発行されており、2015年度の年間取扱高は25兆5,001億円に到達しています。

我々には当たり前となっていますが、実は自国内の企業が大々的なクレジットカードのインフラを担っているというのは世界有数で凄いことです。

あのプーチン氏が絶賛している程です。ロシアは経済制裁でアメックス・VISA・MasterCard・ダイナースクラブなど外国企業から取引が打ち切られると困り果ててしまいます。

しかし、日本の場合は仮にそうなったとしても、JCBがあるので国内の決済は混乱をきたすことなく経済活動が可能となります。

世界5大クレジットカード国際ブランド(JCB・VISA・MasterCard・Amex・DinersClub)の一つとしての地歩を確立しており、中国銀聯が世界に進出するまで、長らく米国系以外では唯一のメジャー・国際ブランドでした。

近年では中国銀聯を加えて6大国際ブランドと呼ばれています。日本国産ということから「サムライカード」という呼称もあります。日本が誇る侍カード、かっこいい名前ですね^^

日本刀

2015年6月からのJCBのブランドメッセージは、日本国内では「世界にひとつ。あなたにひとつ。」であり、海外では「Uniquely Yours」です。

このブランドメッセージには、JCBがこれからも大切にしたいこと、「お客様志向」と「日本的」が反映されています。JCBの思いは以下の通りです。

それぞれの願い。それぞれの夢。お客様一人ひとりの、かけがえのない想い。

JCBは約束します。そのひとつひとつをしっかりと受けとめ、耳を傾け、かなえるお手伝いをすることを。

私たちは、日本で生まれた、ただひとつの国際カードブランドとして、「おもてなしの心」「きめ細やかな心づかい」で一人ひとりのご期待に応えていきます。

そして「便利だ」「頼れる」「持っていてよかった」と思っていただける、あなたにとっての世界にひとつを目指し続けます。

ANA JCB プリペイドカードは原則としてJCBのクレジットカードと同様にJCB加盟店での決済に使えます。インターネットでも利用可能です。カードの色はシルバー、ブルー、ピンクの3種類です。

ただし、ガソリンスタンドや有料道路料金、保険料やプロバイダ料金などの反復継続的な支払いなど、一部に使えない店舗があります。代表的な利用対象外のお店は以下のとおりです。

  • 公共料金、国民年金保険料
  • ガソリンスタンド、有料道路
  • インターネットプロバイダー
  • 携帯電話・MVNO・格安スマホ・SIM、アプリ型電話サービス
  • 生命保険、損害保険
  • 駐車場、家賃
  • 動画配信、スカパー、WOWOW、ケーブルTV、音楽配信
  • 新聞購読料
  • 飲料水宅配
  • 一部決済代行・決済サービス

各種費用

ANA JCB プリペイドカードの発行手数料は無料ですが、利用開始手数料が540円(税込)発生します。ただし、2018年3月31日までは無料で発行できます。年会費は無料です。

チャージ手数料も無料です。ライバルのANA VISAプリペイドカードは、VJ協会・オムニ協会加盟各社発行のVisaカード、MasterCardでないと200円(税込)のチャージ手数料が発生します。

チャージ手数料の側面では、JCBの方にエッジ・優位性があります。

  • 発行手数料:無料
  • 利用開始手数料:540円(税込) ※2018年3月31日までは無料
  • チャージ手数料:無料

上限・有効期限

残高上限は30万円であり、1回あたりの利用上限も30万円です。国際ブランド搭載プリペイドカードの中では高めの金額となっています。

アーロンチェアロレックスのオーバーホール4Kディスプレイなどの高額品も、ANA JCB プリペイドカードで購入することが可能です。

カード有効期限は5年、バリュー有効期限は最終利用日か最終チャージ日から2年となります。アクティベート(利用かチャージ)が2年間ないと、残高は無効となる点に注意しましょう。

カードの有効期間切れの直前に、原則として新しいカードが届きます。ただし、利用も残高も全くない場合などは、新しいカードが届かない可能性があります。

ちなみにANA VISAプリペイドカードの方は、有効期限から遡って1年間利用がない場合は、更新カードは発送されません。

チャージ方法

Web上の会員サイトでのJCBのクレジットカードによるチャージ、ローソン店頭(レジ)での現金によるチャージが可能です。

開始時点ではVISAとは異なり、Pay-easy(ペイジー)でのチャージができません。ただし、チャージ方法は順次追加予定となっています。

通常のANAマイレージクラブカードと同様に、ANAや提携航空会社の飛行機搭乗、セブン-イレブンやイトーヨーカドー等の提携パートナーの利用でANAマイルが貯まります。

また、カード利用に応じてANAマイルかキャッシュバックのいずれかを享受できます。

2種類のコースを選択可能!チャージ手数料は無料

2つの卵

ANA JCB プリペイドカードはANAマイルを貯めるマイルコースと、バリューを還元するキャッシュバックコースを選べます。VISAはマイルを貯めることしかできないので選択肢が豊富です。

マイルコース

月間利用金額合計1,000円(税込)につき、ANAマイル5マイルが自動的に貯まります。マイル付与率0.5%です。貯まったマイルは特典航空券などに交換できます。

「利用合計金額1,000円ごとにポイントは単位が大きい」と思われた方、ご安心ください!

毎月の利用額(1ヶ月間の合計)に対してポイントが付与されるので、1回ごとに999円までが切り捨てられるわけではありません。許容範囲です。

税抜ではなく、税込なのが地味なメリットです。税抜980円(税込1,058円)といった場合は端数が無駄になりにくく効率的にマイルが貯められます。

チャージボーナス」もあり、半年間のチャージ合計額が12万円以上で一律180マイル、24万円以上で一律360マイルとなります。

最大で0.15%に過ぎませんので、これはおまけですけれども、着実にお得になります。ANA JCB プリペイドカードは最大でマイル付与率0.65%となります。半年で12万円か24万円ピッタリと使う場合に還元率が最大化します。

ANAの飛行機

2016年2月1日からは、ANAマイルはANAショッピングポイントに1マイル単位で交換できるようになり、利便性がより一層向上しています。

ANAショッピングポイントは、ネット通販「ANAショッピング A-style」でのお買い物に1ポイント1円で利用可能です。

その他では、 航空券と旅行商品のWEB購入時に使える電子クーポンである「ANAスカイコイン」にも1マイル単位で交換できます。

ANAマイルは小口のマイルも無駄にすることなく利用できます。

キャッシュバックコース

月間利用金額合計200円(税込)につき1円のバリュー還元が受けられます。ANA JCB プリペイドカードの残高に上乗せされる形になります。

こちらはマイルとは異なり価値が1円を超えることはないので、還元率0.5%です。マイルよりも細かく還元があるので、利用金額が少ない場合はお得になります。

チャージボーナス」もあり、半年間のチャージ合計額が12万円以上で一律180円、24万円以上で一律360円となります。最大で0.15%で合計還元率は最大0.65%です。

ANA JCB プリペイドカードのメリット

 ANAの飛行機の窓からの景色

ANAマイルが0.5%も貯まる!

やはり最大のメリットはANAマイルが0.5%得られる点です。リアルの店舗で使えるプリペイドカードとしては高還元です。

マイルの価値には諸説がありますが、一般論としてはマイルの価値は1マイル2円という考え方が通説です。

1マイルの価値を2円と考えるならば還元率1%、控えめに1マイル1.5円と解釈したとしても還元率0.75%となります。

マイルは価値にレバレッジがかかるのが魅力的です。特典航空券へ交換すると、1ポイントの価値が数円に昇華します。

国内線特典航空券で利用すると1マイルの価値が1.5円~2円程度、国際線のビジネスクラスだと1マイル2.5~5円程度、 ファーストクラスなら7~16円程度に跳ね上がります。

クラス 1マイルの価値(目安) マイル付与率 実質還元率
普通席/国内線 1.5円 0.50% 0.75%
1.6円 0.50% 0.80%
1.7円 0.50% 0.85%
1.8円 0.50% 0.90%
1.9円 0.50% 0.95%
2円 0.50% 1.00%
国際線ビジネスクラス 2.5円 0.50% 1.25%
3円 0.50% 1.50%
4円 0.50% 2.00%
5円 0.50% 2.50%
6円 0.50% 3.00%
国際線ファーストクラス 7円 0.50% 3.50%
8円 0.50% 4.00%
9円 0.50% 4.50%
10円 0.50% 5.00%
11円 0.50% 5.50%
12円 0.50% 6.00%
13円 0.50% 6.50%
14円 0.50% 7.00%
15円 0.50% 7.50%
16円 0.50% 8.00%

審査が不要!残高のみ利用可能で使い過ぎ防止

学生のブラスバンド

ANA JCB プリペイドカードはクレジットカードとは異なり原則として審査が不要です。中学生を除く15歳以上の日本国内居住者の方なら、国籍を問わず誰でも発行して使うことができます。

ただし、所定の確認は行われます。ブラックリストに載っていたり、暴力団などの反社会組織に属している場合などは、発行できない場合があります。

クレジットカードの審査に通らない場合で、ネット通販でコンビニ払い・代引き・銀行振り込みをすることなく、お買い物したい場合に便利です。

学生の子供に使わせる用途にも使いやすいです。残高の範囲内でしか使えないので安心・安全ですね。エンドレスに課金しまくることはミッション・インポッシブルです。

また、セキュリティや使い過ぎ防止の観点でクレジットカードを使いたくない場合に便利です。

チャージ手数料無料のJCBカードからチャージして、本体のクレカの方は使わないようにすれば、セキュリティは確保できますし、使い過ぎも防止できます。

信頼性が定かではないサイトや海外のサイトにクレジットカードの番号を打ち込むのは不安な場合があります。

そういう場合には、万が一番号が流出してもダメージが小さいANA JCB プリペイドカードを使うと安心できます。

ちなみに銀行口座から直接引き落とされるデビットカードも審査なしで発行することができます。

デビットカードの中で最も高還元なのは1%の楽天銀行デビットカード(JCB)です。詳細は以下で徹底解説しています。

楽天銀行デビットカード
楽天銀行はデビットカードを発行しています。JCBとVISA、ゴールド(VISA)の三種類です。2015年4月には楽天銀行デビットカ...

ただし、楽天銀行のデビットカードはポイント還元が楽天スーパーポイントです。楽天ポイントは不要という場合は、Sony Bank WALLETが候補です。こちらは0.2%相当がキャッシュバックされます。

現金還元は非常に使い勝手がいいですね。現金還元を重視するならば三菱東京UFJ-VISAデビットも候補となります。三菱東京UFJ銀行関連の特典もあります。

三菱東京UFJ-VISAデビット
三菱東京UFJ-VISAデビットというデビットカードがあります。三菱東京UFJ銀行が発行しているVISAデビットカードです。VIS...

ソニー銀行のデビットカード「Sony Bank WALLET」は、還元率が0.5%~2%と高還元です。保有するだけで他行宛振込手数料が月1回増えるのもメリットです。

Sony Bank WALLET
 Sony Bank WALLETというデビットカードがあります。ソニー銀行が発行しているVISAブランド搭載型のデビットカードで...

住信SBIネット銀行もデビットカードを発行しています。還元率は0.6%で、ステージアップに役立つのがメリットです。

住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカード
住信SBIネット銀行がVisaデビット付キャッシュカードの取扱いを開始します。ICキャッシュカードとVisaデビット機能が1枚にな...

会員登録でセキュリティ向上

ANA JCB プリペイドカードは、会員登録(無料)を行うことで、便利なセキュリティサービスを使えます。

カードを使えないようにする「セキュリティロック」機能があり、マイページ上でいつでも簡単に設定・解除できます。

カードを使わない時は利用ロックしておけば安心です。鉄壁のディフェンスを構築できます。

また、カードの利用時のメール通知機能も使えます。カードの利用に対して本人認証を行う「J/Secure」(いわゆる3Dセキュア)にも対応しています。

Visa認証サービス(VerifiedbyVisa)とは、対象店舗でのインターネット取引の際、通常の取引情報に加え、登録パスワードを入力することで本人認証を行うサービスのことです。

ANA JCB プリペイドカードは、こうした仕組みによって安心して利用することができます。

購入完了後は、マイページ(会員専用ページ)上でカード情報をいつでも確認することができます。


ANA JCB プリペイドカードの端数を使い切りたい場合

Amazonギフト券 

ANA JCB プリペイドカードに残った端数を使い切りたい場合は、15円~50万円の範囲で1円単位で購入できるAmazonギフト券を買えばOKです。

有効期限は以前は1年でしたが、2017年4月下旬から10年間に一気に伸びたので、使いやすくなりました。

Amazonギフト券は自分用にも買えます。Amazonギフト券(チャージタイプ)ですと、直接、自分のアカウントの残高にプラスされるので便利です。

「金額を選択する」において、5,000円・2万円・4万円・9万円が選べます。また、15円~50万円までの任意の金額を入力して、1円単位で購入金額を指定できます。

購入画面には、「1円単位での金額入力欄」があるので、そこに数字を入力する流れとなります。レジの画面でANA VISA プリペイドカードのカード番号を打ち込んで、決済すればOKです。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の購入画面

例えばANA VISA プリペイドカードの残高が1,726円で、これを使い切りたい場合は、1,726円分のAmazonギフト券を購入すれば、きれいに使い切ることが可能です。

Vプリカで交換したAmazonギフト券

Amazonギフト券を買うと、ANA VISA プリペイドカードを使わなくなった場合でも、きれいに使い切って0円にすることが可能です。

Amazonギフト券(チャージタイプ)

その他のプリペイドカード

ANA JCB プリペイドカード以外にも、VISAやMasterCard加盟店で利用できるプリペイド式のカードが有ります。

最も普及しているのはauのau WALLETです。auユーザーが発行でき、MasterCard加盟店で使えます。

還元率は基本は0.5%で特約店も多いです。チャージ時のポイントと利用時のポイントを二重取りできます。

au WALLET
auの電子マネー「au WALLET」(au ウォレット)に申し込み、早速利用しました。充実した入会キャンペーン、破格の還元率、お...

ソフトバンクの契約者はソフトバンクカードが使えます。Tポイントが貯まります。還元率は0.5%~1%です。一部5%になる店舗があります。

ソフトバンクカード
ソフトバンクは「ソフトバンクカード」を発行しています。国際ブランド搭載のプリペイド式のカードであり、VISA加盟店で利用できます。...

エポスカードの保有者は国内外のVISA加盟店でクレジットカード同様に利用できる「エポスVisaプリペイドカード」や、ネット通販でつかえる「エポスバーチャルカード」を発行できます。

楽天カードのユーザーは、楽天バーチャルプリペイドカードを使えます。信頼性が定かではないサイトでの決済に便利です。

au WALLETと楽天カード
2015年以降のau WALLETへのチャージで、最も高還元なのは楽天カードです。au WALLETカードに2015年からは、この...

ローソンからはJCB加盟店で使える「おさいふPonta」が登場しました。おさいふPontaは基本0.2%と低還元ですが、時折お得なキャンペーンが開催されます。

おさいふPonta
ローソンが、クレディセゾン、JCB等と提携して「おさいふPonta」を発行しています。「おさいふPonta」は、JCBブランドのプ...

LINE Payカードは2%還元と高還元ですけれども、セキュリティの懸念等でLINEは使わないという方ですと、ANA JCB プリペイドカードが一般のJCB加盟店では屈指の高還元です。

その他、代表的な国際ブランド搭載プリペイドカードは下表のとおりです。

名前特徴
LINE Payカード還元率2%でLINEポイントが貯まる。ファミマTカードで火・土にファミリーマート店頭でチャージで還元率3%
au WALLETauユーザーが利用可能。MasterCard加盟店で還元率0.5~5.5%。ポイント二重取りが可能
ソフトバンクカードソフトバンクユーザーが利用可能。Visa加盟店で還元率0.5~1%でTポイントが貯まる。ガスト・ファミリーマート・TSUTAYAは最大5%
おさいふPontaPontaと一体型。JCB加盟店で還元率0.2%還元。ポイントアップキャンペーンも定期的にあり。
エポスVisaプリペイドカードエポスカード保有者が利用可能。ポイントをチャージしてVisa加盟店で利用可能。還元率0.5%
オリコプリペイドカードオリコカードのオリコポイントをチャージしてVisaかMasterCard加盟店で利用可能。還元率0.25%
三井住友VISAプリペイド三井住友VISAカードのポイント移行が可能。Visa加盟店で利用でき、還元率0.25%
ANA VISAプリペイドカード

0.5%のANAマイルが付与。Visa加盟店で利用可能

dカード プリペイド

Visa加盟店で0.5%のdポイント。ローソンではその他に3%還元

他のANAマイレージクラブカード一体型のカードとしては、クレジットカードの楽天ANAマイレージクラブカードがあります。

ANAマイルを貯められたり、AMCカードと同一の機能が付いています。0.5%マイル還元(楽天スーパーポイントなら1%)です。

クレジットカード利用時に貯められるANAマイルに加えて、搭載されている電子マネー払いの楽天Edyや、共通ポイントの楽天ポイントカード機能で得たポイントもANAマイルに集約できます。

楽天ANAマイレージクラブカード
楽天カードにANAマイレージクラブ(AMC)機能がある「楽天ANAマイレージクラブカード」が登場しました。決済でANAマイルを貯め...

まとめ

ANAプレミアムチェックイン

ANA JCB プリペイドカードは、信頼性が定かではないお店やネット通販でクレジットカード本体で決済したくない場合に便利です。

クレジットカードの審査に通らない場合で、ネット通販でコンビニ払い・代引き・銀行振り込みをすることなく、お買い物したい場合も便利です。

チャージ残高の上限はいずれも30万円であり、高額の決済にも十分に対応できます。5万円や10万円が上限だと、高いお買い物ができなくて不便ですので、この点はナイスです。

また、チャージした残高の範囲でしか使えないので、使い過ぎ防止の観点でクレジットカードを使いたくない場合にも便利です。

月々の利用金額に応じて、0.5%のANAマイルかキャッシュバックでお得になるのが大きなメリットです。現金だと1円も得しないので少しでも家計の足しにすることができます。

カードを使えないようにする「セキュリティロック」機能を利用して、使う時だけ解除するようにすれば、磐石のセキュリティとなります。本人認証サービスも利用できます。

ANA JCB プリペイドカードは、2017年7月31日まで入会して3,000円以上チャージすると、もれなく1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを開催します。

また、2017年6月30日までの期間中に5,000円以上チャージすると、抽選で500名に1,000マイルがプレゼントされます。

ANA JCB プリペイドカードは、JCBブランドのクレジットカードなどで、無料で購入・チャージができます。代表例はJCBオリジナルシリーズANA JCBカードJCB EITJCB LINDAです。

これらのサブカードとして使うと便利です。信頼性が微妙なお店・ネット通販や海外での支払いに便利です。

JCBのプロパーカードであるJCBオリジナルシリーズは、充実のT&Eサービス、Amazon・セブン-イレブン・イトーヨーカドー・スターバックス等のJCBオリジナルシリーズパートナーでの高還元が魅力的です。

Oki Dokiランドというモールを経由すると、Amazonだけではなく、楽天市場、Yahoo!ショッピング、LOHACOなどのネット通販がお得になるというメリットもあります。

ひまわりを持った笑顔の子供
JCBは「Oki Doki ランド」というポイントモールを運営しています。JCBオリジナルシリーズのクレジットカードの他、「Oki...

貯めた「Oki Dokiポイント」は、魅力的な多種多様な商品と交換できます。詳細、あらゆる交換先一覧については、以下にまとめています。

笑顔で草原を歩く6名
JCBオリジナルシリーズのクレジットカードは、ショッピング利用でJCBの「Oki Dokiポイント」が貯まります。一部のJCB提携...

JCBトッピング保険J-Basketなどのオプションも用意されており、ニーズに応じてサービスを追加することも可能です。

JCB PLAZAなど日本人が海外で活用できるJCBカード共通特典も充実しています。JCBオリジナルシリーズの特徴、メリット・デメリットについては、以下で徹底解説しています。

ジャンプする人々
JCBが発行しているプロパーカードには「JCB ORIGINAL SERIES」(JCBオリジナルシリーズ)というラインナップがあ...

JCBが発行しているクレジットカードの種類、おすすめカードについては、以下で丹念に分析しています。

JCBエンブレム
JCBカードというクレジットカードがあります。株式会社ジェーシービー(JCB Co., Ltd.)が発行しています。プロパーカード...

JCBオリジナルシリーズのスタンダードカードであるJCB一般カードについては、以下で徹底的に解説しています。

JCB一般カード
JCB一般カードというクレジットカードがあります。その名のとおり、JCBが発行するJCBカードです。JCBのクレジット・ヒストリー...

ゴールドカード以上のJCBカードは、GOLD Basic Serviceを利用できます。詳細は以下で徹底解説しています。

桜柄とゴールド
JCBゴールド以上のJCBカードを保有していると、「GOLD Basic Service」を受けられます。グルメ・ダイニング、トラ...

JCBゴールドは保険が充実しており、安価なプラチナカードを凌駕することもある高水準です。

海外リゾート
JCBカードという言わずと知れたクレジットカードがありますね。JCBは海外旅行傷害保険も極めて充実しているのが特徴です。JCBゴー...

空港ラウンジ、健康・介護・育児などに関する無料電話相談(24時間・年中無休)、航空機遅延費用保険、空港手荷物無料宅配、JCBゴールド グルメ優待など特典も充実しています。

JCBゴールドカード
JCBゴールドカードというクレジットカードがあります。正式名称は「JCBゴールド」です。その名のとおり、JCBが発行するゴールドカ...

JCB一般カードとJCBゴールドは最短で即日発行も可能です。迅速なカード作成が可能です。

即日発行可能なJCB一般カード・JCBゴールド
日本で生まれた唯一の国際ブランドで、世界5大ブランド(五大陸)の一角を占めているJCBのプロパーカードは、即日発行も可能です。JC...

若年層向けのJCB CARD EXTAGEJCB GOLD EXTAGEも用意されており、ポイント還元率・年会費がお得になっています。

JCBゴールドを保有して、2年連続でショッピングを100万円以上利用すると、「JCB GOLD THE PREMIER」(JCBゴールド ザ・プレミア)のインビテーションが届きます。

JCBゴールド ザ プレミア

JCBゴールド ザ・プレミアは、世界の130ヶ国・地域、約500の都市で約1,000ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスを無料で発行できます。

プライオリティパスで使えるスターアライアンスラウンジ
「プライオリティ・パス」というクレジットカードの特典があります。プレステージ会員は、世界の130ヶ国・地域、約500の都市で約1,...

搭乗する航空会社、搭乗クラスに関係なくラウンジを利用できるのが大きなメリットです。格安航空券利用時も使えます。1日に2回以上ラウンジを利用することも可能です。

通常の年会費は399米ドルであるプレステージ会員が無料となります。1ドル111.26円(2017/6/24時点)換算だと年会費44,392円が無料になります。

プライオリティ・パス

レストランの合計代金やコース料金が30%引きになる優待サービス「ダイニング30」(サーティー)も利用可能です。詳細は以下にまとめています。

土佐料理 祢保希の土佐黒毛和牛しゃぶしゃぶ
2016年3月1日より、JCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア会員限定の新グルメ優待サービス「ダイニング30」(サーテ...

また、JR京都駅ビル内にある「JCB Lounge 京都」を利用できます。ドリンク、ガイドブック・情報誌の閲覧、手荷物の一時預かり、無料Wi-Fiなどのサービスが受けられます。PC作業もOKです。

JCBラウンジ京都のソファー・インテリア
JCBの上級カードは、JR京都駅ビル内にある「JCB Lounge 京都」を利用できます。ソフトドリンクサービス、手荷物預かりなど...

JCBプレミアムステイプランという、JCB上級カード会員限定のホテル・旅館の優待を受けられます。

JCBプレミアムステイプラン
JCBの上級カード向けのトラベル特典として「JCBプレミアムステイプラン」というベネフィットがあります。日本全国の上質で人気の高い...

JCBゴールドのカード年会費とは別に、JCBゴールド ザ・プレミアのサービス年会費が5,400円(税込)かかります。

しかし、これは初年度は無料ですし、2年目以降もショッピング利用金額が合計100万円以上だと無料となります。

つまり、JCBゴールド ザ・プレミアはJCBゴールドと全く同じ年会費でプライオリティ・パスなどの特典を享受できます。コストパフォーマンスに優れた非常にお得なゴールドカードです。

JCBゴールド ザ・プレミア
JCBゴールド ザ・プレミアというクレジットカードがあります。JCBが発行するゴールドカードのグレードアップ版です。形容するならば...

JCBゴールド ザ・プレミアを入手するためには、まずJCBゴールドに加入することが必要です。

JCBゴールド 公式キャンペーン

JCBの最上位カードは「JCB THE CLASS」(JCB ザ・クラス)です。JCBの頂点に君臨しており、JCBのプロパーサービスは全て利用可能です。

JCB THE CLASSのキャッチフレーズと案内

年会費は54,000円(税込)です。家族会員の家族カードは8枚まで発行できて年会費は全て無料です。8名無料というカードは滅多にありませんね。パワフルです。

JCB THE CLASSは卓越したベネフィットが豊富です。その中でも主なメリットは以下のとおりです。

特に充実しているのは、ディズニーランド関連のオリジナル特典です。ディズニーリゾート内の会員専用ラウンジを利用できて、休憩後は待たずにアトラクションに搭乗できます。

ディズニーシーのストームライダーの後継アトラクションである「ニモ&フレンズ・シーライダー」にもJCBラウンジが設置されます。

ディズニーリゾートのモノレール
JCB THE CLASSというクレジットカードがあります。日本が誇る国際ブランドJCBの最上級カードです。ディズニー関連のベネフ...

メンバーズセレクションでは、ディズニーリゾートのパークチケット(パスポート)2枚、東京ディズニーリゾート・ギフトカード1万円分のセットが選べます。年1回は夫婦や恋人でディズニーランドかディズニーシーを満喫できます。

ディズニーリゾートのモノレール

パスポートは大人7,400円(税込)なので、24,800円相当で年会費に占める金額はなんと46%とパワフルです。抽選ですが、東京ディズニーランドのペアランチお食事券とパスポート(2枚組)とも交換できます。

ディズニーランド内の秘密のレストランでのペアランチとパークチケット2枚のセットです。レストランの料金は1人6,480円(税込)なので、合計27,760円となります。

年会費の半分はこれらの特典で元が取れてしまいます。ディズニーがお好きな方には絶大なメリットがあります。

USJのJCBラウンジを使えて、4時間待ちの大人気アトラクションを並ばずに乗れて、上質の空間で休憩できます。

USJのJCBラウンジご招待券
JCBがユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の中に、JCB LOUNGEを設置して、2016年9月2日からサービスを開始しま...

コース料理1名分無料サービスは、コンシェルジュの対応が優れている点において、他の高級カードと比較しても、エッジ・優位性があります。

グルメ・ベネフィット
JCBの高級カードには「グルメ・ベネフィット」というサービスが付帯しています。国内の厳選した有名レストランの所定のコースメニューを...

わが国が誇る国際ブランドJCBの最上位カードであり、ブラックカードと評価する声も多いです。ジョジョの奇妙な冒険で喩えると、第4部の副題「ダイヤモンドは砕けない」のようなカードです。

アメックス・プラチナ、ダイナースクラブ プレミアムカードに勝るとも劣らない卓越した魅力があります。アメプラ・黒ダイナースでも、JCB THE CLASSの魅力は砕けません。

JCB THE CLASSはまさにJCBの「世界にひとつ。あなたにひとつ。」というブランドメッセージに込められたコンセプトを体現しているスーパーカードです。詳細については、以下で徹底解説しています。

JCB THE CLASS(ザ・クラス)
わが国が誇る国際ブランドJCBの最上位カードは「JCB THE CLASS」(JCBザ・クラス)です。日本が誇る至高のプラチナカー...

JCB THE CLASSはインビテーションを待つ必要があり、取得まで時間がかかります。ただし、年収は高くなくても問題ありません。

JCB THE CLASSの特徴としては、JCBでの利用履歴が非常に重視される点が挙げられます。JCBの保有履歴が長いとインビテーションが届きやすい傾向にあります。

将来的に日本が誇る至高の煌めきを放つJCB THE CLASSへの道が開けるのが、JCBゴールドの大きなメリットの一つです。

現在、JCBゴールドカードは2017年9月30日(金)の入会まで、期間限定でお得な新規入会キャンペーンを行っています。

JCBゴールドカードの公式キャンペーン

Adsense

Adsense

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

関連記事

海外リゾート

JCBカードは海外旅行保険が卓越!ゴールドはプラチナ級!

JCBカードという言わずと知れたクレジットカードがありますね。JCBは海外旅行傷害保険も極めて充実し

記事を読む

JCBの本人認証ワンタイムパスワード

JCBが本人認証サービス(3Dセキュア)にスマホアプリでのワンタイムパスワードを導入!セキュリティがより一層堅牢化

日本が誇る世界5大国際ブランドの一角・JCBが、 ネットショッピングにおける本人認証サービス「J/S

記事を読む

au WALLETカード

au WALLET プリペイドカードには、このクレジットカードでチャージすべき!還元率6.5%も!

au WALLET プリペイドカードというプリペイド式の電子マネーカードが2014年に登場し、じぶん

記事を読む

パソコンを操作する女性

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミ!ビットコインの売買の最有力候補!FXも

bitFlyerという国内初のビットコイン(Bitcoin)の販売所(取引所)があります。三井住友・

記事を読む

Sポイントカード

阪急阪神がSポイントを開始!関西エリア中心に幅広く貯めて使える!

阪急阪神HDと エイチ・ツー・オー リテイリングは関西エリアを対象として、より「貯まりやすく」、より

記事を読む

ハートマークを作るスーツ姿の女性

AOKIがPontaとdポイントとAOKIポイントのポイント三重取りが可能に!

ビジネスやフォーマルの衣服に強みがあるアパレル企業のAOKIが、自社ポイントのAOKIポイント、Po

記事を読む

ドラッグストアでのiD決済

ドコモの電子マネー「iD」のメリット・デメリット・使い方まとめ

iD(アイディ)という電子マネーがあります。ドコモと三井住友カードが提携して運営している電子マネーで

記事を読む

dポイントクラブ

dポイントクラブは誰でも年会費無料で入会可能!メリット・特典まとめ

ドコモユーザーには会員制度「ドコモプレミアクラブ」があります。ステージに応じて、ドコモポイント付与、

記事を読む

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツがTポイント導入!オリジナルデザインのTカードを発行!

言わずと知れた高級車のメルセデス・ベンツが「Tポイント」を導入します。Tポイントのサービスが導入され

記事を読む

Apple Pay

Apple Pay(アップルペイ)のメリット・デメリット・使い方・仕組み・日本対応まとめ

いよいよApple Pay(アップルペイ)が日本対応して、わが国においても使いやすくて便利な仕組みと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


外為ジャパンの限定タイアップキャンペーン300px
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

DMM FXの限定タイアップキャンペーン
新規口座開設・5万円以上の入金・新規1lot以上の取引でAmazonギフト券10,000円分がプレゼント!

マネースクウェアジャパンのキャンペーン300px
楽天ポイント15,000円分がプレゼント!手順を徹底解説しています。

岡三オンライン証券のタイアップキャンペーン
口座開設&入金で5,000円がプレゼント!

SBI証券のタイアップキャンペーン300px
口座開設&入金で3,000円分のAmazonギフト券!

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン
口座開設だけで2,000円プレゼント!

FXプライムbyGMOのタイアップキャンペーン
当サイト限定で3,000円!最大13,000円

トライオートFXの限定タイアップキャンペーン
口座開設&取引で5,000円キャッシュバック!
NEC LAVIE Direct HZ
山形県米沢市のふるさと納税は、NEC・レノボのパソコンが激熱!2017年7月31日までインターネットで申し込み可能!

山形県に米沢市という自治体があります。米沢市はふるさと納税がかなり充実

イオンカードのロボット・AIコンシェルジュの対応イメージ
ロボット&AI技術を活用したコンシェルジュ業務・入会受付の実験がイオンカードで開始!

イオングループのイオンカード、イオン銀行が、カウンター窓口でのイオンカ

関西国際空港
関西国際空港(関空)でVisa payWaveとMastercardコンタクトレスが利用可能に!

2017年6月30日から関西国際空港(関空)で、電子マネー「Visa

鳥
【貸借速報】2017年6月末 権利確定日

2017年6月27日は6月末の権利付最終日でした。逆日歩日数は3日間で

TEPCOカード
東京電力のクレジットカード!TEPCOカードのメリット・デメリットまとめ!東京電力Switch!カードがリニューアル

TEPCOカードという東京電力の電気料金支払いがお得になるクレジットカ

→もっと見る

PAGE TOP